急性 胃腸 炎。 急性大腸炎(大腸カタル)の原因と症状

[医師監修・作成]急性胃腸炎とは?原因、症状、検査、治療、食べ物など

急性 胃腸 炎

急性胃腸炎で食事を制限すべき理由 急性胃腸炎になったらまず、食事だけは絶対に注意を向けなければなりません。 発症してしまう原因はさまざまなのですが、その原因によらず胃や腸などの消化器官で異常をきたしています。 もし刺激のある食事をしてしまうと、弱っている胃腸に大きなダメージを与えてしまうこともあります。 よって食事の制限をしなければならないのです。 好きな食事をとれないことはとてもつらいですが、1週間ほど我慢すれば、だいたい治ることがほとんどですので、ぜひ注意していきましょう。 食事制限の3ステップ 近年の医療研究の発展により、急性胃腸炎での食事制限への考え方も大きく変わってきました。 従来では、• 発症したら、絶食をするべき。 乳製品は控えるべき などの考え方が主流でした。 しかし、現在では以下のように考え方が変わってきています。 できるだけ早い段階で食事を再開する• 乳製品を摂取しても大丈夫• スポーツドリンクなどの経口補水液を多く摂取する どうして、このように考え方が変わってきたのでしょうか?ここでは、急性胃腸炎になってしまった場合の食事制限について3つのステップに分けて詳しくお伝えしていきたいと思います。 ステップ1:経口補水液を多く摂取する 急性胃腸炎を発症したばかりで、まだ腹痛や下痢などの症状が激しい場合は食事はできるだけ控えるようにしましょう。 このときは、胃腸がとても弱っています。 胃腸自身は炎症に対抗したり、自らの機能を低下させないように必死なので、食事を消化する暇がないのです。 もしこのような状態のときに、食べ物を送ってしまったら余計に 胃腸に負荷をかけてしまい、症状が悪化してしまうので注意しなければなりません。 ただし、栄養をとらなければ、そもそも胃腸も活動をすることができません。 また、私たちの体のほとんどは水分でできているので、水分もしっかり摂取しなければなりません。 そこで、発症したての段階では、経口補水液といって、食塩とブドウ糖を水に溶かした飲み物を摂取することをおすすめします。 経口補水液の作り方は以下の動画を参考にしてみてください。 また、市販されている スポーツドリンクなどでも代用することができます。 しかし、経口補水液と比べて塩分が少なく、糖分が多いので、できれば経口補水液を飲むようにするといいですね。 また、これらは必ず常温または少し温めて飲むようにしてください。 冷やしてしまうと、お腹に悪影響になってしまいます。 このような水分補給は、急性胃腸炎が完治するまではずっと大切なことになってきます。 特に、下痢などの症状があらわれる場合は 脱水症状の危険性があるからです。 下痢を起こすと体の中から水分や塩分が一気に失われてしまいます。 これを防ぐために経口補水液を十分に摂取しなければなりません。 昔はできるだけ胃腸に負荷をかけないように絶食の期間を長くするべきだと考えられていたのですが、近年では 栄養不足による症状の悪化のほうが深刻だと考えられるようになったため、できるだけ早い段階で食事を再開することが勧められているのです。 基本的に1日経過したら、ステップ2にうつって、徐々に食事を再開していきましょう。 ステップ2:食べやすい食事をとる 経口補水液で水分をしっかり補給しつつ、胃腸を休めることができたら、徐々に食事を再開していきましょう。 まずは、流動食など比較的食べやすく、胃腸に負荷をかけないような食事をしていきます。 ヨーグルト• プリン• おかゆ• うどん などがおすすめです。 ヨーグルトなどの乳製品は昔は控えるべきだと考えられていたのですが、近年では特に問題がないと考えられています。 乳酸菌などお腹に良い成分が入っていますね。 また、これらの食事はできるだけ 薄味にするようにしてください。 味が濃すぎたり、辛い食べ物は控えるべきです。 胃腸に刺激を与えてしまい、治りかけていた胃腸炎が悪化してしまう恐れがあります。 さらに、栄養をとることが目的ですので、 できるだけいろいろな食材を食べるようにするといいですね。 毎回ヨーグルトだけ、とか、おかゆだけ、ではなくいろいろな食事を心がけるとより良いです。 このような食事を2~4日行って、症状がだいぶ治まってきたと感じたらステップ3にうつりましょう。 ステップ3:通常の食事 この段階になると、通常の食事をとることができるようになります。 我慢していた分、食事がきっとおいしく感じられるはずです! ただし、食べ過ぎたり、刺激が強いものを食べるのは控えるようにしましょう。 また、消化が悪いものもできれば避けたほうがいいです。 さらに、アルコールの摂取は控えるべきです。 胃腸にとても刺激を与えてしまい、危険です。 まとめ 急性胃腸炎での食事について詳しくお伝えしました。 食事に注意することが治療への第一歩ですので、十分に気を使うようにしましょう。 また、急性胃腸炎はストレスが原因で発症してしまうことが多くなってきています。 このような原因で発症してしまう理由やその症状については以下でお伝えしているので、併せてご覧いただくとより理解が深まるはずです。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

急性胃腸炎の食事はいつから再開できる?おすすめメニューを紹介

急性 胃腸 炎

Salmonella属および Campylobacter属細菌は,米国では最も頻度の高い下痢性疾患の起因菌となっている。 どちらも加熱調理が不十分な家禽肉から感染することが最も多く,無殺菌牛乳から感染する可能性もある。 Campylobacter属細菌はときに,下痢のあるイヌまたはネコから伝播する。 Salmonella属細菌は,加熱調理の不十分な卵を摂取するか,爬虫類,鳥類,または両生類に触れることで感染することがある。 Shigella属細菌は,米国における下痢の起因菌としては3番目によくみられ,通常はヒトからヒトの経路で感染するが,食品を媒介した流行も起こる。 志賀赤痢菌( Shigella dysenteriae)1型(米国には存在しない)は,志賀毒素を産生し,溶血性尿毒症症候群( )を引き起こすことがある。 大腸菌( E. coli)のいくつかの亜型が下痢を引き起こす。 疫学および臨床像は亜型によって大きく異なる:(1)腸管出血性大腸菌( E. coli)は,米国では臨床的に最も重要な亜型である。 志賀毒素を産生し,血性下痢(出血性大腸炎)を引き起こす。 この亜型の中で米国で最も頻度の高い菌株が大腸菌( E. coli)O157:H7である( )。 加熱調理が不十分な牛挽肉,無殺菌牛乳およびジュース,ならびに汚染された水が感染源となりうる。 ヒトからヒトへの感染は託児所の環境でよくみられる。 レクリエーションの場(例,プール,湖,親水公園)での水への曝露に関連したアウトブレイクも報告されている。 溶血性尿毒症症候群は重篤な合併症であり,2~7%の症例で発生し,若年者および高齢者で最も多い。 (2)腸管毒素原性大腸菌( E. coli)は,水様性下痢を引き起こす2種類の毒素(1つはコレラ毒素と類似)を産生する。 この亜型は発展途上国を訪れた人々にみられる旅行者下痢症で最も頻度の高い原因である。 (3)腸管病原性大腸菌( E. coli)は,水様性下痢を引き起こす。 この亜型は,かつては保育所における下痢症のアウトブレイクの一般的な原因であったが,現在ではまれである。 (4)腸管侵入性大腸菌( E. coli)は,血性または非血性下痢を引き起こし,主に発展途上国でみられる。 米国ではまれである。 他にもいくつかの細菌が胃腸炎を引き起こすが,米国ではその大半がまれである。 腸炎エルシニア( Yersinia enterocolitica)( )は,胃腸炎や虫垂炎に酷似した症候群を引き起こす可能性がある。 加熱調理が不十分な豚肉,無殺菌牛乳,または汚染された水から感染する。 いくつかの Vibrio属細菌(例,腸炎ビブリオ[ Vibrio parahaemolyticus]— )は,加熱調理が不十分な魚介類の摂取後に下痢を引き起こす。 コレラ菌( Vibrio cholerae)( )は,ときに発展途上国において脱水を伴う重度の下痢を引き起こし,自然災害後や難民キャンプでは特に懸念される。 Listeria属細菌は,食品媒介性の胃腸炎を引き起こす( )。 Aeromonas属細菌は,汚染された淡水または汽水での水泳または飲水により感染する。 生貝を摂取した患者または熱帯の発展途上地域を旅行した患者では, Plesiomonas shigelloidesによる下痢が起こることがある。 寄生虫 症状の特徴および重症度は様々である。 一般に,発症は突然で,食欲不振,悪心,嘔吐,腹部痙攣,下痢(血便および粘液便を伴う場合または伴わない場合がある)が発生する。 倦怠感,筋肉痛,および極度の疲労が起こることがある。 腹部は膨満し,軽度の圧痛を呈することがあり,重症例では筋性防御が認められる場合がある。 ガスで拡張した腸係蹄を触知することがある。 聴診では,亢進した腸音(腹鳴)が下痢のない場合にも聴取される(腸音が消失または減弱する麻痺性イレウスとの鑑別で重要な所見である)。 嘔吐と下痢が持続する場合は,低血圧および頻脈を伴う血管内液の喪失が起こる可能性がある。 重症例では,ショック(血管虚脱および乏尿性腎不全を伴う)を来す。 ウイルス感染症で最もよくみられる症状は水様性下痢で,粘液便や血便はまれである。 乳幼児におけるロタウイルス胃腸炎は5~7日間続くことがある。 ノロウイルスは典型的には急性発生の嘔吐,腹部痙攣,および下痢を引き起こし,症状は1~2日間しか持続しない。 小児では,下痢より嘔吐が著明となるが,成人では通常,下痢が著明となる。 また発熱,頭痛,および筋肉痛も起こりうる。 アデノウイルス胃腸炎の特徴は,1~2週間続く下痢である。 感染した乳児および小児では,軽度の嘔吐が起こることがあり,典型的には下痢発生から1~2日後に始まる。 約50%の患者で微熱がみられる。 アストロウイルスは,軽症のロタウイルス感染症に類似した症候群を引き起こす。 侵襲性感染症を引き起こす細菌(例, Shigella 属, Salmonella属)は,発熱,極度の疲労,および血性下痢を引き起こす可能性が高い。 大腸菌( E. coli)O157:H7感染は,通常1~2日間の水様性下痢に始まり,続いて血性下痢がみられる。 発熱はないか,あっても微熱である。 difficileの感染による疾患スペクトラムは,軽度の腹部痙攣と粘液性の下痢から,重度の出血性大腸炎およびショックまでに及ぶ。 エンテロトキシンを産生する細菌(例,黄色ブドウ球菌( S. aureus) ,セレウス菌( B. cereus) , C. perfringens)は通常,水様性下痢を引き起こす。 同様の症状を引き起こす他の消化管疾患(例,虫垂炎,胆嚢炎,潰瘍性大腸炎)を除外しなければならない。 胃腸炎を示唆する所見として,大量の水様性下痢;汚染の可能性のある食物(特にアウトブレイクが判明している時),処理されていない地上水,または既知の消化管刺激物の摂取;最近の旅行;特定の動物または同様の病状の人との接触が挙げられる。 大腸菌( E. coli)O157:H7による下痢は,感染疾患というよりむしろ出血疾患の様相を呈することでよく知られており,便がほとんどないか全くない消化管出血として現れる。 続いて溶血性尿毒症症候群が起こることがあり,腎不全および溶血性貧血の所見が認められる( )。 経口抗菌薬の最近(3カ月以内)の使用歴があれば, C. difficile感染症( )を疑う必要がある。 しかしながら,市中感染型の C. difficile感染症患者の約4分の1では,抗菌薬の最近の使用歴がみられない。 便検査 肉眼で確認できる血性下痢を呈する全患者で大腸菌( E. coli)O157:H7の検査を行うべきであり,アウトブレイクが判明している時には非血性下痢患者にも行うべきである。 同菌は標準的な便培養培地では検出されないため,特異的な培養を要請しなければならない。 代替法として,便中の志賀毒素を検出する迅速酵素活性測定が可能であり,陽性であれば大腸菌( E. coli)O157:H7または他の血清型の腸管出血性大腸菌( E. coli)の感染が示唆される。 ( 注:米国で検出される Shigella属細菌は志賀毒素を産生しない。 )しかしながら,迅速酵素活性測定は培養ほど感度が良好ではない。 一部の医療機関では,志賀毒素の検出にPCRを用いている。 抗菌薬の最近の使用歴または C. difficile感染の他の危険因子(例,炎症性腸疾患,プロトンポンプ阻害薬の使用)を有する患者には, C. difficile毒素の便検査を行うべきであるが,現在では C. difficile感染症の約25%は危険因子が同定されない患者で発生していることから,有意な病状を呈する患者には,たとえこれらの危険因子がなくとも,検査を行うべきである。 difficile感染症の診断には,これまで毒素AおよびBに対する酵素免疫測定法が用いられていた。 しかしながら,いずれかの C. difficile毒素遺伝子またはその調節因子を標的とした核酸増幅検査は,より感度が高いことが示されており,現在では第1選択の診断検査となっている。 一般検査 大半の患者で必要になる治療は支持療法のみである。 トイレまたは便器がすぐ利用できる状態での床上安静が望ましい。 経口ブドウ糖電解質液,ブロス,またはブイヨンにより,脱水の予防または軽度脱水の治療が可能である。 嘔吐している場合でも,これらの液体を少量ずつ頻回に摂取すべきであり,水分補充とともに嘔吐が軽減する可能性がある。 大腸菌( E. coli)O157:H7感染症の患者に対しては,等張性輸液を用いた水分補給により,溶血性尿毒症症候群が発生した場合の腎障害の重症度が軽減する可能性がある。 炭酸飲料およびスポーツドリンクは,ブドウ糖とナトリウムの配合比が適正でないため,5歳未満 の小児には不適切である。 母乳栄養の場合は,授乳を継続すべきである。 嘔吐が長引く場合または重度の脱水が顕著な場合は,水分および電解質の静脈内投与による補充が必要である( )。 止瀉薬は,水様性下痢(出血のない便としてみられる)を呈する2歳以上の患者では安全に使用できる。 ただし止瀉薬は, C. difficileまたは大腸菌( E. coli)O157:H7の感染患者では病状の悪化を招く可能性があるため,抗菌薬を最近使用した患者や便潜血陽性の患者には,特定の診断がつくまで投与してはならない。 5~5mg,1日3回または1日4回で投与する。 小児には,ロペラミドを使用する。 小児に対する用量は,体重13~20kgの場合は1mg,経口,1日3回,20~30kgの場合は2mg,経口,1日2回,30kgを上回る場合は12歳まで2mg,経口,1日3回である。 成人および12歳以上の小児には,最初の軟便後に4mgを,その後は毎回の軟便時に2mgを経口投与するが,24時間の投与量が16mgを超えないようにする。 嘔吐が重度で,外科的疾患が除外されている場合には,制吐薬が有益となりうる。 成人で有用な薬剤としては,プロクロルペラジン5~10mg,静注,1日3回または1日4回,プロクロルペラジン25mg,経直腸,1日2回,プロメタジン12. 5~25mg,筋注,1日3回または1日4回,プロメタジン25~50mg,経直腸,1日4回などがある。 これらの薬剤は,小児での効力が実証されていないことに加え,ジストニア反応の発生率が高いため,通常,小児に対する使用は避ける。 オンダンセトロンは,胃腸炎の患者を含め,小児および成人の悪心および嘔吐の軽減に安全かつ効果的であり,標準的な錠剤,口腔内崩壊錠,または静注用製剤として利用可能である。 2歳以上の小児に対する用量は,0. 成人に対する用量は,4または8mg,経口または静注,1日3回である。 , Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の

急性胃腸炎と感染性胃腸炎の違いは?家族の感染予防法は?

急性 胃腸 炎

結城病院で取り扱う疾患情報• 消化器系• 内科系• 整形系• 泌尿器系• 症状から探す• その他よくある相談• 胃腸炎とは 胃腸炎とは、胃や腹部の痛み、吐気、嘔吐、下痢等の症状が起こることを言います。 通常、胃腸炎の原因は細菌やウイルスによる感染することで起こりますが、毒性の化学物質や薬の摂取が原因となることもあります。 また、発熱することもあり、頭痛や倦怠感を伴うこともあります。 一過性のものが多く「急性胃腸炎」といいます。 通常、健康な成人で胃腸炎が重篤となることはありませんが、病気にかかり衰弱している人、年少または高齢の人では、脱水や電解質のバランスの不具合が起こり、生命を脅かすことがあります。 「ロタウイルス」、「アデノウイルス」による胃腸炎は、乳幼児に多く見られます。 これらの胃腸炎は、症状のある期間が比較的短く、また、ウイルスの種類によって異なる治療が行われることも通常はないため、ウイルス検査を行うことなく、流行状況や症状から「感染性胃腸炎」として診断されることがあります。 ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、人から人へ感染する場合と、汚染した食品を介しておこる食中毒に分けられます。 感染経路としては、感染した人の便や吐物に触れた手指を介して、ウイルスが口に入った場合やウイルスを取り込んだカキやシジミなどの二枚貝を生で又は不十分な加熱処理で食べた場合などが考えられます。 また、感染した人が十分に手を洗わずに調理した食品を食べた場合や、感染した人の吐物やふん便が乾燥して、細かな塵と舞い上がり、その塵と一緒にウイルスを吸い込んだ場合が、感染経路となります。 ウイルスや細菌が体内に入ったとしても、感染する人と感染しない人がいます。 それは感染症の抵抗力となる免疫力が違うからです。 免疫力が弱っていれば、体内に入ってくる細菌が悪さをするのを止められず、胃腸炎を発症してしまいます。 胃腸炎の原因 胃腸炎の原因では、細菌性、ウイルス性、毒素型等があります。 細菌性の胃腸炎は、サルモネラ菌(卵、鶏肉等)、病原性大腸菌(牛肉等)、カンピロバクター菌(豚肉・鶏肉)などがあり、夏季に多く認めます。 ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスなどのウイルス型の胃腸炎では、冬に流行しやすく、乳幼児では重症化しやすいです。 ノロウイルスは12月にピークとなり、次いでロタウイルス2~3月にピークとなります。 患者の75%が10歳未満の小児とされています。 ロタウイルスに関しては2011年からワクチンが承認され、その予防効果が高いことからロタウイルス接種は推奨されています。 黄色ブドウ球菌(おにぎり)、ボツリヌス菌等の毒素型は、食後2~24時間に発症します。 吐気、嘔吐、腹痛、下痢などの症状を認めます。 通常、吐き気や嘔吐など口に近い側の症状が突然現れることから、急性胃腸炎は発症します。 その後、時間経過と共に、下痢や腹痛など肛門側に近い症状が現れるようになります。 胃腸炎の治療 治療は、ウイルス性のものでは対症療法が中心となります。 食中毒の一般的な予防方法を励行することと、 水分・糖分・ミネラルを適切に摂取しながら、脱水を避けることが治療の第一目標になります。 口からの水分が充分摂取できず、脱水の程度が強い場合には、点滴を行ないます。 水分摂取や下痢の症状をサポートする目的で、制吐剤や整腸剤が処方されることもあります。 ビフィズス菌やそれを増やす作用の菌製剤は、病原細菌の増殖を抑える働きがあり、治療によく用いられます。 脱水に気をつけ、水分補給をこまめに行います。 また、症状や合併症の有無などを適宜判断しながら、抗生物質が必要かどうかを判断します。 感染予防のポイント 手洗いをきちんと行うことが大切です。 特にトイレの後、調理や食事の前には、その都度、石けんと流水で十分に手を洗いましょう。 吐物やふん便は、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系の漂白剤)を使用し、適切に処理しましょう。 吐物やふん便を処理する際は、使い捨ての手袋、マスク、エプロンを着用し、処理後は、石けんと流水で十分に手を洗いましょう。

次の