スターターバッテリー。 ジャンプスターターのおすすめランキング10選。バッテリー上がりの救世主

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

スターターバッテリー

【特長】12V・24V対応の超ハイパワーポータブルエンジンスターター。 こんなに小さいのに10,000ccのエンジンが始動可能です。 4tトラックならば楽々連続始動。 24V車両でエンジン始動後、そのまま繋いでおくと車両からの急速充電が行えます。 自己放電が極めて少ないので、半年以上使用せずにしまい込んであっても、エンジンの始動が可能です。 車両の状態によっては始動できない場合があります。 片手で持ち運びできるサイズと13. 5kgの軽さを実現。 5【ケーブル長 m 】1. 12V専用シガーライターソケット搭載し、レジャー用12V電源としても使用可能。 DC24Vバッテリーのトラック、バス、農機建機等のジャンプスターターもできる。 突然起こるバッテリーあがりにすぐ対応できるのが、ジャンプスターターです。 USB DC5V 2A出力端子付きなので、スマートフォンなどの充電も可能。 電源供給のみ。 コンパクトで軽量タイプで使用しやすい。 整備業にうれしい「バックアップ電源機能」 本格的な非常用電源としてマルチな機能を搭載。 点灯、点滅、SOS切替式LEDライト付です。 USB出力付なのでスマホや携帯、タブレットPCの充電も可能です。 セーフティーケーブルは保護機能 逆接・ショート・過熱・過負荷・異電圧・逆流・過放電・オートパワーオフ 付です。 【用途】デジカメ、携帯電話、PCタブレットなどの充電や簡易電源として、トラック、乗用車、オートバイ、モーターボートのセルスタートなど、LEDハンディーライトとして【仕様】最大セルスタート A :12V【トラスコ品番】820-2902【材質】ABS【質量 kg 】1. 5時間 ACアダプター 、12時間 シガープラグ充電器 【バッテリー電圧 V 】3. 大型トラック13000ccディーゼル車も一発始動できます。 点灯、点滅、SOS切替式LEDライト付です。 USB出力付なのでスマホや携帯、タブレットPCの充電も可能です。 セーフティーケーブルは保護機能 逆接・ショート・過熱・過負荷・異電圧・逆流・過放電・オートパワーオフ 付です。 【用途】デジカメ、携帯電話、PCタブレットなどの充電や簡易電源として、トラック、乗用車、オートバイ、モーターボートのセルスタートなど、LEDハンディーライトとして【仕様】最大セルスタート A :12V【トラスコ品番】820-2903【材質】ABS【質量 kg 】2. 5時間 ACアダプター 、12時間 シガープラグ充電器 【バッテリー電圧 V 】3. リチウムではなく鉛を使用したジャンプスターターで安定した実力、製品の寿命において他を圧倒する存在! 一度使ったら手放せない一品!。 従来のスターターでは不可能だった車両のオルターネーターからの急速充電が可能! 1回の始動に必要な電力は3〜5分でカバーします!。 極寒地での使用に最適な超低温性能!。 シガレットプラグ充電が可能。 リチウムバッテリーのスターター VS 鉛バッテリーのスターター。 ・高低温に強い。 ・鉛の方が安全性が高い。 ・車両バッテリー 鉛 との相性が抜群!。 オルタネーターからの急速充電に耐えられる。 ・メカニカルではなく、素材にパワーがあるので、そのまま使える。 ・プラグかぶりでもねばりがあるので、エンジンが始動できる【用途】イザというときのエンジンスターターとして。 バッテリー交換時のバックアップ電源として。 大電流用途の電源として。 寒冷地のマルチ電源に! 一度使ったら手放せない一品!。 従来のスターターでは不可能だった車両のオルターネーターからの急速充電が可能! 1回の始動に必要な電力は3〜5分でカバーします!。 極寒地での使用に最適な超低温性能!。 シガレットプラグ充電が可能。 スイッチ機能、逆接警報機能、サージ防止機能が搭載。 バイクなどのバッテリー上がり始動支援ができます。 エアーコンプレッサー装備により車・バイクなどの空気入れができます。 LEDライト付きで緊急の作業もバッチリ!。 USB出力端子付きでスマホへの充電やデジカメの充電も可能。 シガーソケットを装備しているので12V仕様の電気製品が仕様可。 本体の充電方法は家庭用電源100V又はカーシガレットより可能。 8【適合車】4000ccクラスまでの自動車、バイク【最大使用圧力 MPa 】0. セルスタートでエンジンを再始動。 バッテリー上がりでエンジン始動ができない場合、3ステップでエンジン始動を行うことができます。 安全に使えて、壁掛け収納もできる。 滑り止めクッションつき。 壁掛けなど収納に便利な紐通し穴つき。 超簡単安心・安全。 8段階自動充電制御で最適な充電をおこないます。 従来のバッテリー充電器と異なり、バッテリーの状態を診断しながら、バッテリー容量に応じた適正な充電をおこなうので、バッテリーを痛めることなく、常に最適なコンディションに保つことが出来ます。 DC24V充電時は7段階自動充電制御になります。 ブースとモードの機能はありません。 0V、出力電流 最大 :15A【定格電流 A 】10【出力電圧 V 】 ノーマルモード DC14. 4、 スノーモード 15. 0、 ブーストモード DC18. サージの影響がなく、ECU等の故障の心配なし。 UL規格の試験で、安全性確認。 スピードチャージ。 メンテナンスフリー。 排気量:ガソリン車12V6000cc、ディーゼル車24V17000cc対応。 【仕様】 充電サイクル 10000回以上【本体質量 kg 】約3. 小型軽量なのでしまう場所を選ばず、長寿命バッテリー搭載でバッテリーあがりにいつでも対処できます。 オートセーフティ機能を備えているのでショート事故やエンジンスタート時の許容量を超えた負荷に対して自動的に回路を遮断し保護します。 ヒューズ交換は不要。 遮断後は数分で復帰します 特許出願中。 従来のスターターでは不可能だった車両のオルターネーターからの急速充電が可能! 1回の始動に必要な電力は3〜5分でカバーします!。 極寒地での使用に最適な超低温性能! 【用途】いざという時のバッテリーあがりのエンジン始動に。 アウトドア用の12V電機機器・電動工具などの12Vを使う大型電機製品の電源に。 寒冷地用のマルチ電源や釣りの電動リールやGPSの電源、電動モーターを使用する、バス釣り用の緊急補助電源などに。 【適合バッテリー】80Ah【出力電圧 V 】12【内蔵電池】純鉛シールドバッテリー 5Ah 【ケーブル長 m 】0. 逆接続を防ぐブザーが付いています。 雨にも強い新案特許の完全防滴構造です。 暗がりでもメーターの文字盤がハッキリ見える照明装置付きです。 アイランプ付ですから充電中が一目で分かります。 【用途】急速充電。 普通充電兼用及びスターター補助。 寒冷地・炎天下でも性能発揮! 充放電サイクル約20,000回の耐久性! 電池未使用の為、充電のトラブル等一切なし! セルフチャージシステム搭載! バッテリーあがりを起こした車両を内蔵されたバッテリーによりセルスタート!! 内蔵バッテリーの充電は満充電になると自動的に充電をストップします。 過充電防止回路付 充電レベルは三段階のLED表示で一目瞭然。 バッテリー交換時のバックアップ電源として。 8m 赤・黒 クリップ付【電線仕様-太さ mm 2 】1. コンパクトなスティック形状。 リキッド充填が不要な、カートリッジ装着タイプ。 カードリッジ1つで、タバコ約3. 5箱分。 2【出力電圧 V 】3. 2〜4. 5【充電時間 時間 】1【バッテリー容量 mAh 】420【充電可能回数】約300回【原材料】リキッド成分:グリセリン、エタノール、PG プロピレングリコール 、香料【使用可能回数】満充電時約700パフ 吸引時間:1. 過充電防止リミッター機能付で楽々・安心充電! 【質量 kg 】13. 3【電流 A 】セルスタート時ピーク電流:150A 10秒MAX 【入力容量】1. 【タイヤサイズ】26【変速段数】内装3段ギヤ【充電時間 時間 】約4【バッテリー容量 Ah 】5. 【タイヤサイズ】20【変速段数】シングルギア【充電時間 時間 】約4【バッテリー容量 Ah 】5. 【タイヤサイズ】20【変速段数】外装6段【充電時間 時間 】約4【バッテリー容量 Ah 】5. 家庭で充電できる電動ラッセル除雪機。 非常時、停電時、アウトドアに活躍する充電式LEDライト装備。 静かで低振動。 電動バッテリー駆動だから、とっても静か。 早朝の住宅地などでも静かに作業ができます。 雪を飛ばせないような住宅地や店舗の前等の除雪に最適です。 また、作業者にやさしい低振動。 誰でも3ステップで簡単操作。 すいすいパワフル除雪。 250Wツインモータドライブとパワフルクローラー駆動だから力を入れなくても、楽に除雪することができます。 重たい雪もパワフルに除雪できます。 家庭用コンセントで充電。 バッテリーを取り外せば、持ち運びができ、家庭用のコンセントで手軽に充電ができます。 充電器標準装備。 電源スイッチ・キータイプ。 キーを抜いておくと走行しませんので、子どものいる家庭でも安心です。 スロースタート機構。 走行スタート時はマイコン制御で最初はゆっくり、だんだん早くなり、急な発進を防ぎます。 過負荷保護機構。 クローラーに大きな負荷がかかっても、マイコン制御で走行が止まります。 オートパワーオフ機構。 電源スイッチをONにしたまま1分間放置しておくと電源が自動で切れるので、電源スイッチの切り忘れによる誤操作を防止します。 【用途】事務所、保育施設・介護施設、病院・薬局、小型店舗、流通センター。 4〜6ヶ月に1度の充電でいつでも使えます。 緊急時や、作業に便利! LED照明付き!。 いざと言う時に重宝する、LEDライトが両側に付いています。 満充電時 始動可能回数 驚異の10回以上!。 一般の鉛ジャンプスタータ平均5回を大幅に上回る10〜20回可能!。 逆接続安全保護回路。 チャージブースト機能付。 【用途】24V車 13000ccまでのディーゼル車。

次の

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

スターターバッテリー

ジャンプスターターの選び方 使う車に合わせて電圧(V数)を選ぶ ジャンプスターターを選ぶ際は、乗っている車のカーバッテリーに合わせてV数を選びましょう。 ほとんどの車は12Vのバッテリーを積んでいますが、小型のトラックなどは24Vのバッテリーを積んでいるため、それぞれに合ったジャンプスターターを使う必要があります。 異なる電圧のジャンプスターターを接続すると、故障の原因にもなるため注意しましょう。 使う車に合わせて最大電流(A数)を選ぶ 始動する車のエンジンの大きさによって、必要な電流の大きさが異なります。 普通車なら300Aほどで始動可能ですが、排気量の大きい大型車なら400A程度、また欧米車やスポーツカー、ディーゼル車、高級車などは700Aほどあると安心です。 電池容量(mAh)で選ぶ ジャンプスターターは、電池容量によって、エンジンを始動できる回数が異なります。 10,000mAh前後のジャンプスターターの場合は、15回程度始動できるものが多いです。 エンジンを始動させられるか不安な方は、電池容量が大きく、何回か挑戦できる商品を選びましょう。 保護機能をチェック ジャンプスターターには、逆接続などの事故を防ぐための、保護機能が付いた商品もあります。 保護機能がついていると、低電圧や高電圧、ショート、過充電といった事故の発生を未然に防げます。 また防水機能付きの商品なら、野外で雨が降っていても安心して使えます。 用途に合わせたサイズを選ぶ ジャンプスターターは、ガレージに常備しておくのか、車に積んでおくのか、自分で持ち歩くのかによって、適切なサイズが変わります。 持ち運びを前提として購入する場合は、小型サイズのものを選びましょう。 大きいサイズのものは、バッテリーの容量が大きかったり、LEDライトなどの付帯機能が搭載されているものが多いです。 実際の使用環境を想定して選びましょう。 モバイルバッテリーとして使える商品もチェック ジャンプスターターには、スマホなどのモバイル端末を充電できる商品もあり、非常時に備えておくのにおすすめです。 2つ以上のUSBポートが付いている商品もあり、1度に複数台の電子機器をまとめて充電できます。

次の

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

スターターバッテリー

この記事の目次• 後悔しないジャンプスターターの選び方4つのポイント ジャンプスターターを購入する際は以下の4つのポイントを考慮して選ぶと良いでしょう。 無駄に高いスペックは不要!用途に合ったものを選ぶ ジャンプスターターと一口に言っても 性能も価格も様々です。 5000円以下で購入出来るお手軽な物から、4~5万円する業務用までホントに幅広く存在するんですよね。 高価な業務用ジャンプスターターならあらゆる車種、あらゆる状態のバッテリー上がりを回復出来ますが、一般人には明らかにオーバースペックです。 そこまでお金出したく無いですよね。 逆に、安価なものを購入してバッテリー上がりを回復出来なかったら本末転倒です。 ですから、用途に合った自分最適なジャンプスターターを選びましょう。 具体的な選び方として挙げられるのが、 排気量が適合しているかです。 例えば、『排気量2. 5Lまでガソリン車』というような記載があれば、その範囲内のガソリン車であれば使用できます(例えば、日産シルビアは排気量2L(1998cc)なので適合しています)。 もう一つは、 バッテリー電圧ですね。 『12V車専用』みたいな表示がそれにあたります。 2t以上のトラックを除き基本的には12Vなので、 トラック乗りでもない限りは12V専用を買えば間違いないです。 四輪、二輪に関係なく基本的は12Vバッテリーが使われています。 確実にバッテリー上がりを直したいなら、最大電流(ピーク電流)が高いものを選ぶ 実は、排気量が適合しているだけでは不十分です。 なぜなら、 バッテリー上がりにはいくつかの段階があるからです。 軽度なバッテリー上がりもあれば、重度のバッテリー上がりもあるんですよね。 これを知らないでジャンプスターターを購入してしまうと「排気量が適合しているのにバッテリーが回復しない…」なんてことになってしまうんです。 具体的にどうすればいいのかと言うと『 最大電流(ピーク電流)』という項目を見ます。 最大電流の値が高いほど重度のバッテリー上がり(完全放電してしまったバッテリー)を回復できる可能性が高くなります。 目安としては 最大電流1,000A以上あれば心強いでしょう。 最大電流の記載がない商品もありますが、その場合はカスタマーサービスに問い合わせるか、購入を控えるかした方が良いでしょう。 ちなみに 『バッテリー容量』は無視でOKです。 これはあくまでスマホの充電などに必要な値で、バッテリー上がりに重要なのは瞬間的出力(最大電流)だからです。 安全性も大切!多重保護機能が備わったもの選ぶ ジャンプブースターは電気を扱う商品なので安全性は最大限に考慮したいものです。 例えば、ショート保護、逆接続保護、低電圧保護、高電圧保護、過充電保護といったものです。 これらの機能があれば 間違った接続をしてしまった場合の破損を防ぐことが出来ます。 作業が不安な初心者には嬉しい機能ですよね。 また、高温耐性や防水耐性に優れていればより安全です。 破損の危険アリ!信頼出来るメーカーから選ぶ ジャンプスターターは技術力の低い小企業でも比較的に簡単に製造する事が出来るので、 Amazonや楽天にはごみ同然の粗悪品が出回っているんですよね。 具体的な名前は控えますが、 メーカー名が違うのに商品写真が同じだったり、 不自然な日本語による高評価レビューで埋め尽くされているものは要注意です。 そういう商品はスペック明らかに低かったり破裂するリスクもあるので手を出さないようにしましょう。 ハズレを引きたくない人の為に、Amazonに売られているジャンプスターターで信用出来るメーカーをいくつか紹介します。 私が知る限りでは以上の4メーカーは信頼できます。 ただし全部中国企業です 笑。 ジャンプスターターに限らずモバイルバッテリーなんかも基本的に日本で売られているのは中国製なので、実は中国製の商品はかなり世間一般に浸透していて品質的にも悪くないんですよね。 私たちが使っているiPhoneも Made in Chinaですしね。 つまり、中国製=粗悪とは限らないんです。 AnkerのCEOはGoogleの元社員だったりします。 私が使っているオススメのジャンプスターターはこれ! 最後に私が実際に使っているジャンプスターターを紹介します。 それは先ほど名前が挙がったYABER製ジャンプスターターです。 YABER製ジャンプスターターは7. 5L以上のガソリン車に対応し、最大電流1,200A、複数の保護機能と防水対応というハイスペック性能。 それでいて価格は1万円を切るコスパの良さ。 1万円を切る価格で重度のバッテリー上がりを回復できるジャンプスターターは他にないので本気でオススメですよ。 詳しいレビュー記事も投稿していているので是非参考にしてみてください。 この記事が役に立ったという方は是非シェアしていただけると嬉しいです。

次の