きめつのやいばこくしぼう刀。 【鬼滅の刃】赫刀(かくとう)の顕現条件が判明!日輪刀を赤く染める方法について

鬼滅の刃黒死牟(こくしぼう)の正体判明!まさかの双子だった!

きめつのやいばこくしぼう刀

コミック 2019. 15 2020. 18 mie96259625 gmail. com 黒死牟(こくしぼう)の「月の呼吸」と「始まりの呼吸」の関連性が判明!|無惨や無一郎、炭治郎と黒死牟の関係性を考察 「鬼滅の刃」の165話では、上弦の壱、黒死牟(こくしぼう)の経歴が少しずつ明らかになってきました。 鬼の中でも呼吸法を扱う特異な存在だった黒死牟ですが、なんと、すべての呼吸法のもとである「始まりの呼吸(日の呼吸)」の剣士に関わりがある可能性が出てきました。 そんな黒死牟の 「月の呼吸」「始まりの呼吸」の情報と、鬼殺隊剣士、時透 無一郎と炭治郎との関係についてまとめてみました。 黒死牟の能力「月の呼吸」「始まりの呼吸」とは? 黒死牟が持つ「月の呼吸」と「始まりの呼吸」とはどんな技や特徴があるのでしょうか? 呼吸法から黒死牟の能力を見ていきましょう。 黒死牟が「始まりの呼吸」の使い手であることでパワーアップされ、緩急自在に姿を消すことができる時透無一郎でさえ、即座に腕を切り飛ばされています。 上弦の鬼の中でも別格の強さといえるでしょう! そして、第178話で 「月の呼吸」は「始まりの呼吸(日の呼吸)」から派生した呼吸法であることが判明しました。 その「月の呼吸」を黒死牟から引き出したのは、他ならぬ黒死牟の弟の緑壱でした。 「始まりの呼吸(日の呼吸)」 始まりの呼吸(日の呼吸)は 、後に発生する全集中の呼吸はすべてここから派生したものです。 日の呼吸の特徴的な能力として 「透き通る世界」という物を透視する能力があります。 出典:鬼滅の刃 8巻 日の呼吸に選ばれた者は、黒死牟や炭治郎のように 生まれつき額に赤い痣が発現しています。 また、 炭治郎がつけている日輪が描かれた花札風の耳飾りが「日の呼吸の継承者の証」であることが判明しています。 このことから、黒死牟と炭治郎の祖先は、過去に浅からぬ因縁があったと考えられるでしょう。 2人はどちらも 赤い痣を持つ能力者でした。 しかし、圧倒的な強さを持つ弟の縁壱に、巌勝は激しい嫉妬心を抱いていました。 この弟への嫉妬心が、黒死牟という鬼へと変貌させた要因の一つとなったように思います。 いつの時代も、親族間の争いは、あらゆる問題の引き金となることが多いですよね。 鬼舞辻と知り合った詳しい経緯はまだ分かりませんが、いずれ判明することになるでしょう。 なお、黒死牟は、時透 無一郎に「 お前は私が、継国家に残してきた子供の末裔、つまり私の子孫だ」と伝えています。 この時、無一郎は「 黒死牟は始まりの呼吸の剣士ではないか?」と推測していましたが、12巻の99話で登場した人物が、本来の始まりの呼吸の剣士である 「継国縁壱(つぎくによりいち)」だったのではないかと推察します。 日の呼吸の継承者の証である「 花札風の耳飾り」をつけていますね。 この剣士が「大切なものを何一つ守れなかった」という言葉は、兄・巌勝の鬼化を止められなかったことを指しているのかもしれません。 出典:鬼滅の刃 12巻 出典:鬼滅の刃 12巻 なお、この剣士が話をしている「 炭吉(すみよし)」という炭屋を営んでいる男は、炭治郎の400年前の祖先のように見えます。 他の鬼とは異なり、自分と対等な位置に据えているのだからその実力は計り知れないものがあります。 鬼殺隊すべてを返り討ちにしているせいか、交戦記録が一切残っていないのも不気味です。 黒死牟・時透 無一郎・炭治郎の関係性は? 黒死牟・時透 無一郎・炭治郎の3人には、特別な結びつきがあるということが判明してきました。 この3人の関係性について見ていきましょう。 黒死牟と時透 無一郎の関係 166話において、黒死牟は「 お前は私が、継国家に残してきた子供の末裔、つまり私の子孫だ」と時透 無一郎に伝えています。 無一郎は風の呼吸法「霞」を使う剣士であると同時に日の呼吸の剣士の子孫でもあり、黒死牟と血縁関係があるのは納得できますね。 そもそも、日輪刀を握ってたった2ヶ月で柱となれたのは、日の呼吸の剣士の子孫のため特別な才能があったからとも考えられます。 悲しい予想ですが、無一郎は同系統の力を持つ黒死牟には及ばず、鬼にされてしまう気がしてなりません。 炭治郎と時透 無一郎の関係 無一郎の父親は炭治郎の父親と同じく赤い瞳の持ち主です。 そして、炭治郎の家「竈門家」には、代々伝わる「ヒノカミ神楽」という神事が存在します。 呼吸法は「日の呼吸」に関連しているようですが、詳しくは炭治郎自身も分かっていません。 どちらも赤い瞳の父親を持ち、かつ「日の呼吸」を継承するところから、 2人は遠いところで縁戚関係があるのではないかと推察します。 なお、炭治郎は「ヒノカミ神楽」を、十二鬼月の下弦の伍・累との戦闘時より用いており、全集中の呼吸で剣技に使うと水の呼吸を上回る威力を発揮します。 出典:鬼滅の刃 5巻 しかし、反動が強すぎて肉体が追いつかず、激しく消耗する点が難点です。 逆を言えば、ヒノカミ神楽を使いこなせれば、無一郎と同等の柱の実力を持てるポテンシャルを秘めているのです。 出典:鬼滅の刃 8巻 炭治郎と黒死牟の関係 先ほども述べましたが、 12巻の99話で登場した剣士が黒死牟で、一緒に話をしていた「炭吉」という男が炭治郎の祖先ではないかと推察します。 実際、このシーンは炭治郎が夢の中で回想しており、祖先の遠い記憶が炭治郎の中に残っていたのではないでしょうか。 出典:鬼滅の刃 8巻 始まりの呼吸の剣士と、炭焼きを生業(なりわい)としている炭吉との接点が何なのか明確な説明はありません。 炭吉はこの剣士を「命の恩人」と呼んでいることから、何らかのいきさつがあって、知り合いになったようです。 どういう経緯で「始まりの呼吸=日の呼吸」が炭治郎の祖先に受け継がれていったのか、物語が進むにつれて判明するでしょう。 黒死牟(こくしぼう)が持つ「月の呼吸」「始まりの呼吸」と3人の関係性のまとめ この記事では、「月の呼吸」「始まりの呼吸」の特徴や、黒死牟、時透 無一郎、炭治郎の3人の関係性をご紹介しました。 黒死牟は、無一郎でさえ全く歯が立たないほどの凄まじい能力の持ち主です。 「はじまりの呼吸」の剣士の可能性が高い黒死牟と戦うためには、炭治郎が「ヒノカミ神楽」を完璧に使いこなせることが必須となるでしょう! 黒死牟の「月の呼吸」と炭治郎の「ヒノカミ神楽」、この先、必ず激突することになるでしょう。

次の

黒死牟(こくしぼう)

きめつのやいばこくしぼう刀

つまり、 鬼舞辻無惨を除く鬼の中では 最強の鬼なんです。 今までは鬼殺隊最強の柱でさえ、上弦の鬼との闘いには苦戦を強いられ再起不能に陥る剣士もいました。 上弦の中でも随一の実力を誇る黒死牟との闘いは、まさに死闘となります。 そしてなんと黒死牟には鬼の中でも 特別な驚くべき能力があります。 それは、鬼殺隊と 同じ呼吸法を使い剣技で闘うということ。 黒死牟はという呼吸法を使い禍々しい剣で闘います。 鬼殺隊の剣士しか使えないはずの 呼吸法を操る鬼。 どう考えても絶望的です。 最強かつ最恐の鬼を本当に倒せるんでしょうか!? そして誰が倒すのでしょう? 気になりますよね…。 Ah… and mind your step. 4人の鬼殺隊の連携した剣技の末、黒死牟の首は斬られます。 そこには4人それぞれの攻撃すべてが欠かせませんでした。 それは、 霞柱が黒死牟に刀を突きさした攻撃です! そこから、不死川玄弥が黒死牟を南蛮銃でうちます。 銃の球には黒死牟自身の血鬼術が含まれていました。 その血鬼術で、黒死牟、霞柱を一緒に固定します。 この固定は失敗してしまいますが、 2度目の固定で黒死牟が動けなくなってしまいました。 その間に決定打の 岩柱と風柱の連携攻撃 ! 岩柱が彼の武器である鉄球を黒死牟の後頭部に直撃させ、その威力を増させるように風柱の日輪刀が鉄球に振りかざされます。 鉄球の勢いと日輪刀の勢いが合わさり、そのパワーはついに黒死牟の首を断つのです。 そしてこの命を賭けたこの闘いにて、 霞柱と不死川玄弥が犠牲になります。 には感動しました。 鬼殺隊は大変大きな戦力を失いました…。 これでになります。 悲しいですね。 ですが、この戦いは貴重な柱どうしの連携を見せてくれました! 色々な意味ですごい戦いでしたね。

次の

【鬼滅の刃】175話ネタバレ!黒死牟(こくしぼう)死亡!?

きめつのやいばこくしぼう刀

週刊少年ジャンプに絶賛連載中の吾峠呼世春先生の『鬼滅の刃』 TVアニメとしてTOKYO MX、群馬テレビ、とちぎテレビ、BS11ほか、全20局で放送が開始されました! そんな盛り上がりを見せている 『鬼滅の刃 きめつのやいば 』 最新話 155 話を読んでの感想を書きます! (ネタバレ注意です!!) 前回、猗窩座が狛治という人間だった頃のことが明らかになりました。 父を病で亡くし、自暴自棄になった狛治に声をかけたのは、素手で戦うという素流道場の師範、慶蔵でした。 そして彼の娘 恋雪の看病をすることになった狛治・・・。 では気になる続きを見ていきましょう!! 最新155話の感想とあらすじ (病で苦しむ人間はなぜいつも謝るのか) (手間をかけて申し訳ない、咳の音が煩くて申し訳ない) (自分のことは自分でしたいだろう) (一番苦しいのは本人のはずなのに) 「いつもごめんね。 私のせいで鍛錬もできないし、遊びにも行けない」 額に乗せる濡れた手ぬぐいを交換してくれる狛治に、恋雪が告げました。 (恋雪は本当に体が弱かった) (一晩中つきっきりで手ぬぐいや寝巻きを替えたり) (こまめに水を飲ませて厠に行くときは当然抱えていかなければならなかった) (もともと俺は親父の看病をしていたし、辛抱のきく体だったから、大して辛くもない) 「遊びたいとは昔から思わない。 空いた時間にそこらで鍛錬してるので気になさらず」 「でも…たまには気分転換に…今夜は花火も上がるそうだから行ってきて」 「そうですね。 目眩が収まっていたら背負って橋の手前まで行きましょうか」 「えっ?」 「今日行けなくても、来年も再来年も花火は上がるからその時行けばいいですよ」 狛治の言葉にシクシクと涙を流す恋雪。 (看病で唯一面倒だと思ったのは、会話の途中で恋雪がやたらめそめそと泣くことだった) 居心地の悪そうな表情の狛治・・・。 その後、井戸水を飲みながら慶蔵が言いました。 「あーなるほど。 ハクジのハクは狛犬の狛か。 やっぱり俺と同じだな。 何か守るものがないとダメなんだよ。 お社守っている狛犬みたいになもんだ」 (侍でもなんでもない師範がこれほどの土地と道場を持っているのは、老人が山賊に襲われたのを助け、その技にいたく感動してここを譲ったかららしい) (しかし、隣接した剣術道場は素流道場をよく思っておらず、嫌がらせをし、それで門下生が増えなかった) (だがここでの稽古と恋雪の看病で俺の心は救われた) (それから三年。 俺は十八になり、恋雪は十六になった。 伏せることもほとんどなくなり、普通に暮らせるようになっていた) そしてある日、 「この道場を継いでくれないか。 狛治」と慶蔵。 「恋雪もお前のことが好きだと言っているし」 「は?」 慶蔵の横に座る恋雪に目をやると、恥ずかしそうに下を向いていました。 (罪人の刺青が入っている自分の未来なんてうまく想像ができなかった) (ましてや誰かが自分を好いてくれる未来なんてなおさら) (もしかしたら親父が言ったように、これから真っ当な生き方ができるのか?) 二人に頭を下げる狛治。 (この時、俺は命に代えても守りたいと思った二人が) (毒殺されるなど夢にも思わなかった) (もぉぉぉぉぉ。 毒殺とかやめて。 救いようのない人生あたえないでぇぇぇ) 父親の墓参りにやってきた狛治。 道場に戻ってくると、「誰かが井戸に毒を入れた!直接やりあっても勝てないから、あいつらひどい真似を・・・」と門下生の男性。 二人の遺体を前に、花火に行った時のことを思い出した狛治。 「本当に俺でいいんですか?」 「子供の頃、花火を見に行く話をしたのを覚えていますか?」 「え?いや・・・ええと」 「狛治さんにとっては些細なお話でも、嬉しいことがたくさんありました。 来年、再来年の話をしてくれたんです。 本当に嬉しかった」 狛治の手を握る恋雪。 「私は狛治さんがいいんです。 私と夫婦になってくれますか?」 「はい。 俺は誰よりも強くなって、一生あなたを守ります」 (素敵やん。 素敵な二人やん・・・涙) (結局、口先ばかりで何一つ成し遂げられなかった) その後、隣接する剣術道場を襲撃した狛治。 門下生67名を素手で惨殺したのです。 血まみれで夜道を歩く狛治。 そこへ鬼舞辻無惨が現れました。 「鬼を配置した覚えのない場所で鬼が出たと聞いて来てみれば。 ただの人間とはなんともつまらぬ」 「どけ、殺す・・・」 狛治の頭部に左手を突き刺した鬼舞辻無惨。 「12体ほど強い鬼を作ろうと思ってるんだ。 で使える 600 ポイント( 600 円分)がすぐ貰えますので、 実質無料で可愛い恋雪ちゃんが見れちゃいます!• U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントで新刊を購入• 新刊を読む!• valuecommerce. valuecommerce.

次の