マイマイ ネオ。 アルバリン顆粒水溶剤

クリオネ瓶詰めは一般家庭で飼育できるの? 専門家の見解は

マイマイ ネオ

有機リン系 [ ]• DDVPまたは(dicrohorvos)• 殺虫プレート、殺虫プレート、パナプレート、ベーパーセクト、グリーンキラーエース、パラノン• DEPまたはトリクロルホンまたは(trichlorfon)• ネグホン、マゾテン、ディプト• CYAPまたは(cyanohos)• サイアノックス• MEPまたは(fenitrothion)• スミチオン、プレミアムスミチオン、スミパイン、ガットサイドS、ガットキラー、ゴキアウトMC2、STジェル2、サッチューコート• ピリミホスメチル(pirimiphosmethyl)• アクテリック• (Chlorpyrifos)• ダーズバン、レントレク• クロルピリホスメチル(Chlorpyrifosmethyl)• レルダン、ザーテル• (diazinon)• ダイアジノン、エキソジノン、ショットガン、ダイヤ• MPPまたは(fenthion)• バイジット、チグホンスポット、うじ殺し乳剤、フローティング、バイテ、バイテックス、T-7. 5バイセフト乳剤50、マウント• ピリダフェンチオン(pyridaphenthion)• オフナック• (malathion)• マラソン• エチルチオメトン(ethylthiometon)• TD、ダイシストン• (acephate)• オルトラン、スミフェート、ジェイエース、アリアトール• (Isoxathion)• カルホス、カルモック、ネキリエースK• CVMPまたはテトラクロルビンホス(tetrachrorvinphos)• ガードサイド• アザメチホス• アルファクロン• PAP• エルサン、パプチオン• プロチオホス• トクチオン、トヨダン• プロフェノホス• エンセダン• DMTPまたはメチダチオン• スプラサイド• ジメトエート• ジメトエート• (Phoxim) 有機塩素系 [ ]• 芳香グリーンキラー(単味剤)• エスゾール、芳香うじ殺しゼット、うじ殺し、ゾル(との混合剤)• 強力グリーンキラー、オルホス(有機リン系との混合剤)• うじ滅ヤクレット、コンソール(クレゾール、有機リン系との混合剤) 以下はに農薬登録失効により使用が禁止された。 BHC• 1、ヘキサチン3(初期)、錠、金鳥BHC、金鳥リンデン香• DDT、バルサン粉剤 合成ピレスロイド系 [ ]• (etofenprox)• ベクトロン、トレボン、サニーフィールド、アースガーデンT、スパレン、メトロフェン、サンプレザー、エコロフェン、レナトップ• (allethrin)• ピナミン、金鳥の渦巻、アース渦巻香• (permethrin)• エクスミン、アディオン、ガードベイトA、園芸用E、ガーデンアースB、ヤシマペルタッグ、ETB、金鳥ULV乳剤E、ベニカS、ダーナムライン、フォートレオン• シハロトリン(cyhalothrin)• サイハロン• (cyfluthrin)• バイスロイド、バイオフライ、レスポンサー• (resmethrin• クリスロン(各種混合剤の一成分)• (phthalthrin)• ネオピナミン(各種混合剤の一成分)• (phthalthrin)と(resmethrin の両成分を含むもの• 、アースジェット、Aダブルジェット• (Furamethrin)• 金鳥かとりマット• (Cyphenothrin)• ゴキラート、パウダースルー、ミラクンGX• (Cypermethrin)• アグロスリン• (phenothrin)• スミスリン、金鳥粉剤、金鳥ULV乳剤S、ミラクンS、サンスポット• (Bifenthrin)• テルスター• (Transfluthrin)• ヤブ蚊バリア• メトフルトリン(metofluthrin)• 、エミネンス、キンチョウリキッド、パワー森林香、ブラリー香• プロフルトリン(profluthrin)• フェアリテール、ピレウォッシュ• シクロプロトリン(Cycroprothrin)• シクロサール、シクロパック• (imiprothrin)• プラル、ゴキジェットプロ、エヤローチP• エムペントリン(empenthrin)• ベーパースリン、金鳥ハエ取り線香、チャッポリン• テフルトリン(tefluthrin)• フォース• フルバリネート(fluvalinate)• アピスタン、マブリック• フルシトリネート(flucythrinate)• ペイオフ• フェンバレレート(fenvalerate)• スミサイジン、(各種混合剤の一成分)パーマチオン MEPとの混合剤 、ハクサップ マラソンとの混合剤 、ベジホン・ミカントップ ジメトエートとの混合剤• アクリナトリン(acrinathrin)• アーデント• プラレトリン• ベープリキッド、スーパースズメバチジェット、ハチノック、キルノック• テラレトリン(terrarethrin)• ノックスリン、スミロング(霧タイプを除く)• フルメトリン• バイチコール• モンフルオロトリン• スミフリーズ(各種混合剤の一成分) 有機ケイ素系 [ ]• (silafluofen)• ジョーカー、シロネン、白アリスーパー21、アリがいなくなるシャワー液、アリがいなくなる液剤、アリアトール 巣ごとシャワー カーバメート系 [ ]• NACまたは(カーバリルとも)(carbaryl)• デナポン、セビン、セビモール、ミクロデナポン、ナック、リンナックル• (methomyl)• ランネート• オキサミル(oxamyl)• バイデート• PHCまたはプロポキスル(propoxur)• サンサイド、ボルホ、バイゴン• BMPCまたはフェノブカルブ(フェノブカーブとも)(fenobucarb)• バッサ• ベンフラカルブ• オンコル• アラニカルブ• オリオン• チオジカルブ• ラービン オキサジアゾール系 [ ]• メトキサジアゾン(metoxadiazon)• エレミック(W、等家庭用くん煙剤の一成分) ネライストキシン系 [ ]• カルタップ• パダン• チオシクラム• エビセクト、スクミハンター アミジノヒドラゾン系 [ ]• アリの巣コロリ、コンバット、マックスフォース ネオニコチノイド IRAC Group4A [ ] クロロニコチル系 [ ] アセタミプリド、チアクロプリドは蜂への影響が少ない。 (nitenpyram)• ベストガード、プログラムA 今は存在しない• (acetamiprid)• モスピラン、カダン殺虫肥料、マツグリーン• イミダクロプリド(imidacloprid)• アドマイヤー、ブルースカイ、プロバド、アースガーデンC、アドバンテージプラス、ノックベイト、ハチクサン、アリダン、フォートレオン、マックスフォース クァンタム• バリアード チアニコチル系 [ ]• クロチアニジン(clothianidin)• ダントツ、ベニカ、フルスウィング、モリエート、タケロック、キシラモン• アクタラ、アトラック、カダンスプレーEX、クルーザーFS30 フラニコチル系 [ ]• ジノテフラン(dinotefuran)• アルバリン、アントム、オールスタースプレー、スターガード、スタークル、スタークルメイト、ハイポネックス原液 殺虫剤入り、ボンフラン、ミケブロック フェニルピラゾール系 [ ]• (fipronil)• プリンス、フロントライン、マイフリーガード、グリアートフォルテ、アジェンダ、ブラックキャップ、ハイパーアリの巣コロリ、シロアリフォーム、マックスフォース マグナム、ブロードライン• エチプロール• キラップ イソキサゾリン系 [ ] 農薬としては使われた事がない• アフォキソラネル• ネクスガード・ネクスガードスペクトラ• フルララネル• ブラベクト• サロラネル• シンパリカ、レボリューションプラス マクロライド系 [ ]• エマメクチン• アファーム• ストロメクトール、アイボメック、カルドメック、バイメックトピカル、ハートガード 日本以外 、イベルメック• レピメクチン• アニキ• ミルベマイシンオキシム• 、ネクスガードスペクトラ、パラミス、インターセプター• セラメクチン(selamectin)• レボリューション、ストロングホールドプラス EUのみ 昆虫成長制御剤 IGR [ ] キチン合成阻害剤 [ ] ベンゾイルウレア系 IRAC Group15 [ ]• (lufenuron)• マッチ、プログラム 今は存在しない• diflubenzuron• デミリン• (teflubenzuron)• ノーモルト• フルフェノクスロン• カスケード• クロルフルアズロン• アタブロン• トリフルムロン• ヨモベット• ノバルロン• カウンター ブプロフェジン IRAC Group16 [ ]• ブプロフェジン• アプロード シロマジン IRAC Group17 [ ]• シロマジン• シロマジン、トリガード エクダイソンレセプターアゴニスト IRAC Group18 [ ]• メトキシフェンジド• ファルコン• テブフェノシド• ロムダン 若幼ホルモン類似剤 IRAC Group7 [ ]• ラノーテープ、スミラブ、サイクラーテSG、槽快楽園、チャブ、PPK、バポナチョウバエ退治• アルトシッド、フロントライン、ブロードライン その他の化学殺虫剤 [ ]• オレイン酸ナトリウム(Salts of Oleic Acids)• オレート• 脂肪酸グリセリド• アーリーセーフ、サンクリスタル• カダンセーフ、ムシラップ• 多硫化石灰(calcium polysulfide)• (boric acid)• 化学用ホウ酸、ホウ酸ダンゴ、アリメツ、ゴキブリキャップ、蟻ナックス• フルベンジアミド• フェニックス• ジアフェンチウロン• ガンバ• ピメトロジン• チェス• benzyl alcohol• カメムシコロリ• リチウムスルフォネート• スーパーアリの巣コロリ• サイネピリン222• (各種混合剤の一成分) 殺虫剤用共力剤 [ ]• (各種混合剤の一成分) 粘着剤 [ ]• ポリブデン• カミキリホイホイ• 着色粘着リボン• ホリバー 冷却麻酔剤 [ ]• ハイドロフルオロカーボン• 瞬間凍殺ジェット 天然殺虫剤 [ ]• (pyrethrin)(除虫菊由来の天然)• 、パイベニカ、バラギク殺虫剤、バラギクパニック、除虫菊乳剤、除虫菊エアゾール「ES」、天然除虫菊金鳥の渦巻、ミサイルショットOP、ミラクンPY• ヒドロキシプロピルデンプン(Hydroxypropyl Starch)• 粘着くん、園芸用でんぷんスプレー、テンネンムシトール• ボルン、エアータック、カイガラタタキ、キングマシンエアゾール(エアゾル剤)• (デリス由来)• 散粉デリス• コクゾール• (nicotine sulfate)• 硫酸ニコチン、ブラックリーフ• 還元澱粉糖化物()• あめんこ、ベニカマイルド• スピノサド(放線菌由来)• スピノエース、コンフォティス、エコノサド(マクロライド系ではあるが天然物由来)• (E)-3-フェニルプロペナール(シナモン由来)• コバエバリア 生物由来の殺虫剤 [ ]• バチルス・チューリンゲンシス菌の結晶毒素()(死菌製剤)• トアロー水和剤CT• トアローフロアブルCT• バチルス・チューリンゲンシス菌の結晶毒素及び生芽胞()(生菌製剤)• デルフィン顆粒水和剤• チューンアップ顆粒水和剤• ファイブスター顆粒水和剤• ゼンターリ顆粒水和剤• バシレックスBT水和剤• ダイポール水和剤• セレクトジン水和剤• バイオッシュフロアブル• クオークフロアブル• サブリナフロアブル• ツービットDF• エスマルクDF• フローバックDF• バーティシリウム・レカニ(Verticillium lecanii Zimmermann Viegas)• バータレック、マイコタール• ボーベリア・ブロンニアティ(Beauveria Brongniartii)• バイオリサ・カミキリ• ボーベリア・バシアーナ(Beauveria bassiana)• ボタニガードES• ペキロマイセス・フモツロセウス(Paecilomyces fumosoroseus strain Apopka97)• プリファード• スタイナーネマ・カーポカプサエ(Steinernema carpocapsae)• バイオセーフ• スタイナーネマ・グラセライ• バイオトピア• チャハマキ顆粒病ウイルス・リンゴコカクモンハマキ顆粒病ウイルス• ハマキ天敵 性フェロモン剤 [ ]• ピーチフルア• シンクイコン• リトルア• フェロディン-SL• 9-トリコセン• アルファクロンプラス(アザメチホスとの混合剤) 誘引剤 [ ]• 蛋白加水分解物• プロテイン• との両剤を含むもの• ホドロン• キュウルア• キュウルア• (sotolon, sotolone)• 調査用トラップ• テンナンショウ• コバエがポットン 置くタイプ(ジノテフランとの混合剤) 忌避剤 [ ]• (deet)またはジエチルトルアミド• スキンガード、サラテクト、プレシャワー、スキンベープミスト、ムシペール、虫よけサマー、森林香• (icaridin)またはピカリジン(picaridin)• 天使のスキンベープ、虫よけキンチョールDF、お肌の虫よけ プレシャワーDF ファミリーユース、お肌の虫よけ プレシャワーPRO• モグレス• ファルネシルアセトン(由来)• ダニよけトマトパワー• 天然系置換フェノール• ナメ退治忌避粒剤• イソプロチオラン(isoprothiolane)• フジワン• (チラムとも)(thiuram)• アンレス、キヒゲン• ジラム(ziram)• コニファー• ブチルアセチルアミノプロピオン酸エチル• 虫コナーズPRO 服にかける虫よけスプレー• p-メンタン-3,8-ジオール• 虫コナーズ キッチン用 天然ハーブの虫よけ• ムカデ・アリコナーズ パウダー(シフルトリンとの混合剤)• 酢酸シンナミル• ダニよけハーブ ミストタイプ• サリチル酸ベンジル• 1プッシュ式 お部屋にダニコナーズ せんい製品防虫剤 [ ]• パラゾール、ネオパラ、パラダイヤ• ナフタレン• ネオパース、わらべ• 藤澤樟脳、和服しょうのう、きものしょうのう• タンスにゴンゴン 防虫アロマビーズ• オイル• ナチューヴォ 殺線虫剤 [ ]• DCIP(dichloroisopropyl ether)• ネマモール• D-D、D-D92、DC、テロン• ピラクルホス(pyraclofos)• ボルテージ• メスルフェンホス• ネマノーン• 酒石酸モランテル• グリンガード・エイト• ホスチアゼート• ネマトリン、ネマトリンエース、アオバ• ラグビー• メチルイソチオシアネート• トラペックサイド• パスツーリア・ペネトランス• パストリア• コンバントリン• ミルベメクチン• マツガード• パモ酸ピルビニウム• パモキサン 殺ダニ剤 [ ]• エトキサゾール(etoxazole)• バロック• チリカブリダニ• スパイデックス、カブリダニPP• ミヤコカブリダニ• スパイカルEX、スパイカルプラス• 石灰窒素(calcium cyanamid)• 石灰窒素• ビフェナゼート• マイトコーネ、ダニ太郎• アミトラズ• アピバール、ダニカット• ミルベメクチン• コロマイト、ミルベノック• キノメチオネート• モレスタン• 安息香酸ベンジル• アミドフルメト(Amidoflumet)• パンダック(各種混合剤の一成分)• (Propargite)• オマイト• (Crotamiton)• オイラックス 殺ナメクジ剤 [ ]• (metaldehyde)• ナメキール、ナメトックス、マイキラー、ナメキット、ナメクジマイマイペレット、ナメトリン、ナメハンター、ナメルト• (Iron III phosphateもしくはferric orthophosphate)• ナメトール、スラゴ、MICナメクジ退治、ナメクジ退治、ナメクジキラーF、フェラモール• (malic acid)• カダンナメクジバリア 防蟻剤 [ ]• ファーストガード 殺鼠剤 [ ]• ネズレスH• クマテトラリル• エンドックス• クロロファシノン• コロソ• ダイファシノン• ヤソヂオン• Z・P1. 00、ネズレスZ• メリーネコタリウム• テンエイテイ、固形テンエイテイ くん蒸剤 [ ]• 臭化メチル• エピヒューム、フミトキシン、ホストキシン、ティベック• チバクロン• くり専用ヨーカヒューム 天敵 [ ]• オンシツツヤコバチ• エンストリップ、ツヤコバチEF30• サバクツヤコバチ• エルカード• チチュウカイツヤコバチ• ベミパール• ククメリスカブリダニ• ククメリス• コレマンアブラバチ• アフィパール、アブラバチAC• ショクガタマバエ• アフィデント• アリガタシマアザミウマ• アリガタ• タイリクヒメハナカメムシ• オリスターA、タイリク• ハモグリコマユバチ• コマユバチDS• イサエアヒメコバチ(Diglyphus isaea)• ヒメコバチDI• イサエアヒメコバチ(Diglyphus isaea)とハモグリコマユバチの両剤を含むもの• マイネックス• ハモグリミドリヒメコバチ• ミドリヒメ• スワルスキーカブリダニ• スワルスキー、スワルスキープラス.

次の

【楽天市場】シロアリ用土壌処理乳剤 ネオターマイトキラー乳剤 0.8L 白蟻対策 [北海道・沖縄・離島配送不可]:虫ロック 楽天市場店

マイマイ ネオ

近年、主要害虫(コナカイガラムシ類・カメムシ類)及び侵入害虫(マメハモグリバエ・トマトハモグリバエ、ミナミキイロアザミウマ、オンシツコナジラミ・シルバーリーフコナジラミ)の問題等、圃場での害虫相の変化が懸念されています。 要因として気温等の環境変化に加え、有機リン剤、合成ピレスロイド剤などの連用による弊害とも考えられます。 現在問題とされているこれらの害虫は、薬剤抵抗性を獲得するスピードが速く、なかなか防除に適した薬剤が見当たらないのが現状です。 アルバリンは新規ネオニコチノイド系(フラニコチニル系)害虫防除剤で、果樹・野菜・水稲の現在問題となっている広範な害虫防除に最適な、21世紀を担う薬剤です。 現在問題となっている広範囲の害虫に効果があります。 半翅目(コナジラミ・カメムシ類)、双翅目(マメハモグリバエ等)、甲虫目(キスジノミハムシ等)、鱗翅目(ハモグリガ・シンクイムシ等)、総翅目(ミナミキイロアザミウマ、チャノキイロアザミウマ等)の害虫に卓効を示します。 他のネオニコチノイド系に類を見ない、ユニークな殺虫特性。 ユニークな化学構造と作用機構により、きわめてユニークな特性を発揮します。 大切な作物に広く行きわたり、害虫を内側からノックアウト! 根部及び茎葉部から容易に吸収され、高い浸透移行性を有し、茎葉散布、土壌混和処理、育苗箱処理、湛水散布にて速やかに効果を発揮し、十分な残効を示します。 既存剤の薬剤抵抗性害虫にも高い効果を示します。 魚類・鳥類・天敵などに高い安全性!!• 哺乳類に対する安全性は高かく、原体・各製剤とも普通物です。 魚毒性はA類相当(原体・各製剤とも)で、ミジンコ等の水性生物にも安全です。 鳥類に対する安全性は高く、環境中で速やかに分解される自然にやさしい薬剤です。 重要な天敵であるクモ類やカブリダニに対する影響がほとんどありません。 ハダニの リサージェンスの心配がありません。 5〜4. 0L)あたり0. 5L 4回以内(但し、は種時の土壌混和、育苗トレイへの灌注及び定植時の株元散布は合計1回以内、生育期の株元灌注は1回以内、散布及び定植後の株元散布は合計2回以内) アザミウマ類 400倍 株元灌注 生育期(但し、収穫14日前まで) 1回 - 0. 5〜4. 0L)あたり0. 5L 4回以内(但し、は種時の土壌混和、育苗トレイへの灌注及び定植時の株元散布は合計1回以内、生育期の株元灌注は1回以内、散布及び定植後の株元散布は合計2回以内) ハモグリバエ類 400倍 株元灌注 生育期(但し、収穫14日前まで) 1回 - 0. 5〜4. 0L)あたり0. 5〜4. 0L)あたり0. 5〜4. 0L)あたり0. 5〜4. 0L)あたり0. 5〜4. 0L)あたり0. 5〜4. 0L)あたり0. 5〜4. 0L)あたり0. 5〜4. 0L)あたり0. 5〜4. 0L)あたり0. 5〜4. 0L)あたり0. 5〜4. 0L)あたり0. 5〜4. 0L)あたり0. 5〜4. 0L)あたり0. 5〜4. 0L)あたり0. ある軸索の末端は、次の神経細胞とシナプスと呼ばれる間隔で隔てられています。 アルバリンは害虫の神経伝達系に作用します。 他のネオニコチノイド剤に類をみない、ユニークな性能です。 シナプス前膜から放出された神経伝達物質は、シナプス後膜にあるアセチルコリン受容体と結合します。 その後、情報は再び電気信号となって、次の軸索を伝わります。 本剤の有効成分であるジノテフランは、昆虫の神経伝達系に作用して麻酔を引き起こすことにより、効果を発揮します。 現在のところ、神経シナプス後膜のアセチルコリン受容体に結合し、神経伝達を撹乱すると考えられています。 (島根大学・尾添ら、日本農薬学会25回大会講演要旨集、p115、2000年) 本剤は高い殺虫活性を示すにもかかわらず、現在知られているアセチルコリン受容体上の結合部位への結合活性は、他のネオニコチノイドに比べ極めて低いことが明らかとなりました。 (カリフォルニア大学・Casidaら、Journal of Neurochemistry Vol. 75, No. 3, 1294-1303, 2000年) このことから、これまでとは異なる結合部位が存在し、本剤はここにも結合する可能性が示唆されています。 ここに示したようなアルバリンのユニークな作用機作と化学構造のおかげで、本剤は他のネオニコチノイドに例を見ない、ユニークな性能を発揮するものと考えられます。 作用特性• 浸透移行性に優れる アルバリンは根部及び茎葉部から容易に吸収され、植物体内を移行します。 したがって粒剤散布・茎葉散布いずれも速やかに効果を発揮します。 浸透移行性及び速効性試験 [三井化学(株) 平成14年]• 供試植物:イネ(コシヒカリ)• 供試虫:ツマグロヨコバイ• 試験方法: 根部を10ppmの薬液に1時間浸漬後、薬液を含まない水耕液に移し、その直後に放虫した。 調査: 放中0. 5、1. 2時間後に死虫率を調査した。 まとめ: アルバリンは対照薬剤にくらべ、速やかに効果を発揮した。 効き目が長い 高い効果と優れた浸透移行性により、長期間の残効性を示します。 トビイロウンカに対する残効性試験(イネ) [三井化学(株) 平成11年]• 品種:コシヒカリ• 移植日:5月13日• 処理:移植当日に苗箱処理• 調査: 移植後40、48および55日にトビイロウンカ(雄10頭、雌20頭)を放飼し、同48、55および62日に各区12株について、ふ化幼虫を調査した。 まとめ: 本剤は対照薬剤に優る効果を示し、長い残効が認められた。 雨に強い 野菜茎葉散布における処理後3時間以降の降雨は、効果に影響がありません。 きゅうり/ワタアブラムシ:降雨の影響 [三井化学(株) 平成13年]• 状況:中発生• 品種:相模半白• 処理:茎葉散布• 降雨: 薬剤処理3時間後に人工降雨機で20mmの降雨を行った。 調査:処理6日後に死虫率を調査。 まとめ: 降雨に効果が低下することはなく、高い防除効果が認められた。 カメムシに高い効果 各種カメムシに対し、高い効果と吸汁阻害効果を示します。 各種カメムシに対する効果 [三井化学(株) 平成11年] カメムシの吸汁阻害効果 [三井化学(株) 平成11年]• 試験方法: 供試薬剤をアセトン溶液とし、マイクロシリンジを用いて虫体に局所施用した。 処理5日後の死虫率を求め、LD50値を算出した。 試験方法: アルバリンのアセトン溶液を、ミナミアオカメムシにマイクロシリンジを用い局所施用し、稲籾に放飼。 処理5日後に死虫率と稲籾の吸汁痕数を調査した。 試験成績• 天敵に対する影響:天敵への影響が少ない薬剤です。 キクヅキコモリグモに対する影響• 試験方法: 供試薬剤をアセトン溶液とし、マイクロシリンジで虫体に局所施用した。 調査:処理1日後に死虫率を調査• まとめ: 本剤のキクヅキコモリグモへの影響は、対照薬剤にくらべて極めて小さいことが明らかとなった。 [三井化学(株) 平成8年]• ケナガカブリダニに対する顆粒水溶剤の影響• 供試植物:ナス(千両2号)• 供試虫:ケナガカブリダニ(天敵)、カンザワハダニ• 試験方法: 薬剤処理はポット当たり5葉をマーキングし、寄生するケナガカブリダニ、カンザワハダニを計数した。 薬液(2000倍)を肩掛け式散布機器で処理。 4連制。 調査: 処理1、4、13および21日後に寄生虫数を調査。 まとめ: 本剤の実用濃度ではケナガカブリダニに影響が見られず、カンザワハダニの密度は抑制された。 [三井化学(株) 平成7年]• 訪花昆虫への影響 ミツバチ・マルハナバチに対する影響については、試験結果をもとに安全日数(暫定値)を規定しています。 ・・・りんご、かんきつ、もも、なし、ぶどう、かき• 使用量にあわせ薬液を調製し、使い切ってください。 ぶどうの幼果期から果粒肥大期の散布は果粉の溶脱のおそれがあるので使用をさけてください。 つまみ菜・間引き菜には使用しないでください。 本剤をセル苗に使用する際は、調製液をセル成型育苗トレイまたはペーパーポット上方から灌注してください。 また、本剤が土壌に十分に吸収されない恐れがあるので処理直前や直後の灌水はさけてください。 かんきつの苗木に用いる場合は、今期に収穫見込のない苗木に対して使用してください。 なお、本剤を処理してから効果を発揮するまでにある程度の期間を要するため、対象害虫の発生前に予防的に処理してください。 本剤を使用したわさびの苗を畑地からわさび田に移植する場合には、使用した農薬がわさび田の水系に持ち込まれないよう、わさびの苗に付着した土を十分に洗い落としてください。 水耕栽培に使用する場合、本剤を使用した施設からの廃液をかんがい水路、排水路、河川等には絶対に流さず、適切に処理してください。 蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。 ミツバチに対して影響があるので、以下のことに注意してください。 空袋は圃場などに放置せず、適切に処理してください。 本剤の使用に当っては使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意してください。 とくに適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。 なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。 安全使用・保管上の注意• 本剤は眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意してください。 眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。 使用後は洗眼してください。 街路、公園等で使用する場合は、使用中及び使用後 少なくとも使用当日 に小児や使用に関係のないものが使用区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。 保管・・・密封し、直射日光をさけ、食品と区別し、冷涼・乾燥した所。 漏出時は、保護具を着用し掃き取り回収してください。 移送取扱いは、ていねいに行ってください。 空袋は圃場などに放置せず、適切に処理してください。

次の

マイマイガ/札幌市

マイマイ ネオ

Tag: 概要 和名(分類): マイマイガ () 学名(英名): Lymantria dispar Linnaeus gypsy moth 寄主植物: サクラ、 ウメ、 リンゴ、 クヌギ、 コナラ、 ナラ、 クリ、 ニレ、 ハンノキ、 ウバメガシ、 ヤナギ類、 クスノキ、 ポプラ、 カエデ、 ツツジ、 ナシなど100種以上が記録されている。 形態・生態: 卵から孵った若齢幼虫は糸を吐いてぶら下がり、風にブラブラ揺られながら分散することからブランコ毛虫と呼ばれる。 中齢幼虫の頭部は光沢のある橙色で全体光沢のある黄褐色〜褐色でよく目立つ。 終齢幼虫は、青と赤の突起物が目立つ(写真)。 時として森林や果樹で大発生して大きな害をだすことがある。 雌成虫は6〜9cmで全体に灰白色で小さな黒い点がある。 雄成虫はそれより少し小さく、黒色型・褐色型・中間型の3つの型がある。 雌は、樹幹の比較的低い位置に、200〜300粒からなる卵塊を産み付ける。 卵塊の表面は雌の尾端の毛で被われるため黄褐色をしている。 卵はそのまま越冬し、春4月ごろから孵化する。 コメント• この記事では久慈市が行った対策を紹介。 岩手県のマイマイガ情報 根子善照 -- 2008-08-18 月 21:10:56 こんばんは 2007年から岩手県では岩泉町の一部で大発生し 2008年は県北で大発生しました。 昭和50年の岩手県の研究報告と 最近の植物防疫の参考を載せました。 特に岩手県の研究報告は林業での防除に役立つと思います。 マイマイガ嫌い 岩泉っ子 -- 2009-05-08 金 19:37:26 昨日実家に帰省しましたが家の外にいると、洋服や車にまで、3ミリ位の小さい毛虫が大量に発生してました。 会社に帰って話すとそれはマイマイガの元になるものだと話題になりました。 岩泉の大自然がマイマイガに荒らされる!! なんとか良い方法はありませんかねえ? 母は必死に害虫駆除スプレーをしてましたが・・・・きりがない感じです。 成虫の殺し方はありませんかね・・・ 雪野 豹 -- 2009-08-08 土 00:02:20 北海道 音更(十勝支庁 中部)より投稿 今外を見ると水銀灯に白い影が・・・ 幼虫にしろ成虫にしろ薬は効かないって言うのは解ってはいるんですが・・・ いい薬はありませんか?合成でもいいのですがね・・・ 一回木腐酢を使ったんですがあまり効果が見られなかったんです。 何かいい薬はありませんか?もしくは殺し方・・・• 2ch方言はここでは通用しませんし、あちらの表現方法が普通の表現方法でない事も御了解下さい。 この様な関係で、投稿された内容が表示される様、最低限の削除を実施した上で、再度タイプして編集しました。 投稿された時点での内容と現時点で表示されている内容が、意図されたモノと違うようであれば補足して下さい。 投稿内容については上記以外の編集は加えていません。 撃退法だよ ヒロチャン -- 2009-08-12 水 21:53:47 試験的に水銀灯にセロハン(黄色)貼ったところマイマイガは全く寄って来なくなりました。 以前は悲惨な状況でしたが本当に効果があります、お困りの方是非おためしを(多少照明の照度は落ちますが問題ありません)• マイマイガ ドラゴン -- 2010-06-16 水 09:11:50 きもいですよね• 岩手は昨年夏から失速 農家 -- 2010-06-23 水 16:38:24 昨年の夏の初めは盛岡でも幼虫が多数出始めて どうなることやらというか 夜が暗くなって天体観測には良いナー と思っていたのですが 7月から流行病で壊滅しました。 今年もあまり姿を見かけません。 盛者必衰、諸行無常• 飛来する蛾への対応 商店街 -- 2011-08-27 土 11:00:06 私たちの町も大量発生に悩まされました。 思考錯誤の結果、街灯にカラーセロハン(黄色・赤のみ『赤は暗くなるのと信号と間違えるので不向き』)を貼る事で街灯に襲来する数を減らす事成功しました。 壁に着いた卵は水で流すより 生くさくなる)業務用掃除機などで早期に 時間がたつと取れなくなる)取り除くしかありません。 今年はかしわマイマイが飛んでます。 海外行き船舶は大変 tea-farm -- 2011-08-29 月 22:49:13 先日の記事ですが 各国で、入港の際にマイマイガの不在証明の提示、又は入港検査が実施されているようですね。 当事者の方は大変な事でしょう。 立場が逆なら日本も同じ事をせざるを得ないでしょうが、船舶の場合は図体がでかいのが・・・。 最近、マイマイガ幼虫の大量死が目撃されており、核多角体病ウイルスの集団感染が原因と考えられる。

次の