ぼくたちのリメイク。 ces.massrelevance.com: ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!【電子特典付き】 (MF文庫J) eBook: 木緒 なち, えれっと: Kindleストア

「ぼくたちのリメイク」アニメ化決定!作品の魅力を紹介!キャストは?放送時期は?|漫画アニメの楽園

ぼくたちのリメイク

僕、橋場恭也はしがないゲームディレクター。 会社は倒産、企画もとん挫して実家に帰ることになる。 輝かしいクリエイターの活躍を横目にふて寝して目覚めると、なぜか十年前の大学入学時に巻き戻っていた!? 落ちたはずの大学に受かっていて憧れの芸大ライフ、さらにはシェアハウスで男女四人の共同生活と突如、バラ色の毎日に! と、意気揚々と始めてみたもののそんなにうまくはいかないみたいで…。 --このテキストは、版に関連付けられています。 著者略歴 「BOOK著者紹介情報」より 色々な活躍をして、マルチな才能をみせた、一方で器用貧乏でクリエイターとしての評価はさほどでもなかった木緒なちさんのゲーム制作時代の経験をもとに描かれています。 そのせいか、部分でリアルに描かれています。 どこかで見たような制作ものや、時間移動ものですが、青春ようそも混ぜられ、なかなか良くできています。 星4は一巻評価です。 3巻くらいでうまくまとめられていたら、ライト文芸ぽさがある作品として悪い印象は残さなかったのですが・・・。 シリーズ進むと、なぜかヒロイン候補もどきのキャラが増えていき、描きたかった焦点がぼやけてきています。 まるでギャルゲの方向に舵をきったのか、ひきのばしでもしたいかのように感じてきます。 諦めて、次のシリーズ頑張って欲しいです。 この作品そもそもアニメ化向きじゃないんですよね。 さえない男主人公の一人称視点で話が進み、リアルと言えばいいですが、キャラ薄い上に、ちょっと暗い。 語り手としてアニメなどでメインにしにくい。 バトルなども少なく、キャラデザインも地味で目立たず、受けなさそうです。 時間移動も、アニメだと話が1週間以上はあくので、わかりにくく、よほど構成がうまくないと難しい。 これをアニメで成功させようというのは、よほどの秘策がないと難しそうなんですよね。 アニメ化してしまうことは手段でしかないはずですが、アニメ化してしまえばすべてうまくいくと考えて、最終目的にしそうな駄目なことを考えて戦略持たないでほしいですね。 私はこの作品を読んで、「「さくら荘のペットな彼女」に少し似ているな」と感じました。 「様々なジャンルの天才達と一緒に暮らすことになる」「芸術系の学校・大学を舞台としている」という設定が共通していますし(こちらは芸術大学で、「さくら荘」は芸術大学の附属高校ですが)、今作のヒロインの一人・「シノアキ」の「絵の才能があり、とぼけた雰囲気を持っている」という設定は「さくら荘」の「椎名ましろ」を彷彿とさせるものがあります。 別に「パクリだ」と言いたいわけではありませんが、もしかしたら、今作は「さくら荘」の影響を受けて書かれたものかもしれません。 もちろん、「さくら荘」とは異なる箇所も色々とあります。 「主人公の橋場響也はある日突然10年前に戻って人生をやり直すことになり、一回目の人生では選ばなかった「芸術大学への進学」という進路を選ぶ」というSF的な要素がありますし、先程の記述と少し矛盾しますが、キャラクターの造形の仕方もかなり違います。 先程「天才達」と書きましたが、今作においては「響也が元々いた時代(2016年頃)において「プラチナ世代」という呼び名で天才と評価されている人達」のことであり、今作の舞台となる時代(2006年頃)においてはまだ一介の芸大生に過ぎません。 また、「さくら荘」のように「かなり奇妙な言動をする」「人間性に問題がある」という風に描かれているわけでもなく、キャラクター性もある程度は抑えられています(例えば、「プラチナ世代」の一人であるシノアキはとぼけた雰囲気を持っているとはいえ、さすがにましろのように「会話のキャッチボールが上手くできない」ほどではありません)。 それゆえに物語としてのインパクトは薄めですが、その分全体的に話がよくまとまっているように思え、少なくとも、変に奇をてらっているような印象は受けませんでした。 しかし、妙にまとまりが良過ぎて作品としての「個性」に欠ける点が見受けられます。 「主人公は人生をやり直している」「芸術大学の映像学科を舞台としている」といった「個性」を出せそうな設定自体はあるのですが、様々なエピソードがあまり掘り下げられないまま次々と展開されていくケースが多いために、そういった「設定」が「個性」に上手く結び付いていないように感じられます。 個人的には、「さくら荘」は「濃い設定に描写が追い付いていない」という印象がありましたが、それに対して本作は「描写そのものが全体的に薄い」といった感じでしょうか。 例えば、1巻の「課題としてチームで映像作品を制作する」という展開において、「ビデオカメラと間違えてスチルカメラを借りてきてしまったため、急遽スチルカメラで撮影することになる」というシーンがあるのですが、「スチルカメラとはどういうものなのか」という説明はほぼ無く、その描写を少しでもした方が良かったのではないでしょうか(映像学科の学生にとっては常識なのかもしれませんが、少なくとも私は分かりませんでした)。 文脈から静止画を撮影する機材だということはある程度は分かるのですが、具体的にどんな風に撮影できるのかイメージできないまま話が進んでいってしまっているので、結果として完成した映像作品もどのような物なのかイメージが掴み辛くなっているように感じられます。 この他にも、2巻において、「元々歌手志望だったが自身の技術の足りなさのせいでその道を諦めて映像学科に入った「ナナコ」というキャラクター(「プラチナ世代」で今作のヒロインの一人)が「演技がわざとらしい」と批判され、それをきっかけに再び歌手の道へ進もうとする」という展開があるのですが、「その演技はどのようにわざとらしいのか」という描写がほとんど無かったり、彼女の比較対象となった演技の上手い「舞台芸術学科の子」の描写が省略されていたりと、描写の薄い点が多く見受けられます。 まあ、作者がこのようにした理由はある程度は想像がつきます。 スチルカメラの件に関しては、「映像技術を文章で表現するのが難しい」という理由があったのかもしれませんし、ナナコの件に関しては、「あくまでも書きたいのは「ナナコの歌手への道」であり、演技の件は単なるきっかけに過ぎない」と作者が思ってあえて描写を薄くしたのかもしれません(実際に、ナナコの「歌」についてはある程度は詳しく書かれています)。 しかし、そういった「描写の薄さ」や「省略」がここで挙げたもの以外にも数多く見られ、それをカバーできるほどの「作品としての個性」を打ち出しているわけでもなく、それが作品としての「凡庸さ」に拍車を掛けているように感じられます。 先程書いた通り、変に奇をてらったような印象は無いので、ある意味「安心」して読める作品と言えるかもしれませんが、個人的にはどうも読み応えに欠ける点が否めませんでした。 一応2巻まで買って読んでみたのですが、おそらくそれ以降は買わないと思います。 6巻まで読んだ上での感想です。 クリエイターがモチーフの作品にしてはラブコメの比重が非常に高い。 更にラブコメ+創作活動+やり直しタイムリープとパーツの多い作品です。 そのせいもあり1巻ごとの区切りが非常に悪い。 ですが、学園物ラブコメとしてみれば、お約束も多い中、あえて外している部分が面白い。 お約束としては学内のイベント、外泊、ラッキースケベなど良くあるもの。 外している部分は ・特定ヒロインと仲が進展すると話が終わるのをあるパーツにより個別ルートとして見せてくれるところ ・鈍感主人公ではないが、タイムリープにより産まれた目的優先のため同じ効果(完結しない)が得られているところ 主人公の未来どうなるんでしょうね。 エンディングがとても気になる作品です。 10年前に戻ってクリエイターへの道をやり直す。 タイムスリップもので使い古された題材であり、周囲より上の知識経験を使用して頭角をあらわしたり、新しい経験に一喜一憂する。 そんな醍醐味が内包された作品でした。 使い古されるくらいですし、玉石混交でありますがお約束のような(テンプレ)もあるので割と水準は高いジャンルだと思います。 この作品はそれを踏まえても高いレベルに位置していると思われます。 印象に残っているのは、ナナコ、シノアキ、元気郎の三人がそのまま流されてしまえば、そこそこ予想できる未来が用意されていて、それに反抗しようと大学に入学したという共通点を持っていることですね。 主人公である恭也の過去はそれとは逆に、第一志望であるという理由で芸大入学を辞退しています。 結果的に恭也は失敗して三人(元気郎は知らんけど)は成功しています。 流れを変えた、その先は闇ですが成功するのか、失敗するのかは分からない。 もしかしたら、変えたことによって元気郎は失敗したというケースとして存在している可能性もあります。 その成否は結局のところ、自分をどう磨いていくのか、という自己研鑽にありますよね。 自己啓発とかその辺に。 教授も言っていた通り、10年前からタイムスリップしてきた、という自覚の元行動して入れば意外と効くんだ。 みたいな。 体験していくのも、本著の美点かな、と思います。 作品個人としての感想は、序盤から中盤にかけては恭也はほぼ空気。 頭角を現すであろうアクが強い三人を紹介しており、ちょっと合わないかななんて思ってました。 私は主人公が空気が薄い作品は基本的に嫌いです。 (ちゃんと目的をもって行動しているのが理想)ですが、駅で撮影開始、となった時に起きたトラブル、それを見事解決して作品の質も上昇させた恭也の手腕。 そこはしびれました。 まぁ、製作としての腕の見せ所としておあつらえ向きの状況が過ぎたのが若干引っ掛かりますが、まだ積み上げたものが少ない一巻としてはいい落としどころだったと思います。 そういえば、恭也が入学しなかった場合、あのシェアハウスには誰がいたんでしょうね。 タイムスリップものでは結構大事ですよね。 もしかしたら河瀬川だったかもしれません。 たぶん次も買います。 読者の期待を裏切るような展開を待ってます(笑) window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. left 0,y:C. top 0,w:C. width 0,h:C. width 0,h:h. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d, x:a. x,y:a. y,t:b,k:"ewi",cl:a. f e. x,g. y,g. w,g. h,g. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d,x:a. x,y:a. getElementsByClassName b. c :b. getElementById b. id ]:h. querySelectorAll b. s ;b. t-s[c-1]. pop ;B. ns;d. 0 ,f ; clearInterval t ;d. performance ,a. registerModule "mouse move module",a. a throw"";a. open "POST",b,! 0 ;a. sendBeacon c, d b. navigator. cordova. cordova. prototype. toISOString? toISOString :a. toFixed 3.

次の

ぼくたちのリメイク

ぼくたちのリメイク

『このライトノベルがすごい!』(宝島社刊)2018年[文庫部門]新作・第4位/総合・第6位、2019年[文庫部門]総合・7位。 2年連続TOP10入りの大人気ラノベ、待望のコミカライズ!! 選んだ人生、選ばなかった人生ーー。 その選択肢は過ぎ去ってから気づいてしまうものだけど僕は戻ってこれたんだ、10年前の選択肢に。 そう、ここから始めるんだ。 憧れた仲間たちともに僕のーーぼくたちのリメイクを!! しがないエロゲディレクター・橋場恭也28歳。 なんとか支えてきた会社はついに倒産、ゲーム作りに憧れながらもこれまでの人生を後悔していると、何故か10年前に戻っていた!? 恭也は憧れのトップクリエイターの出身芸大に進み、クリエイターへの道を今度こそ目指すが、そこで待っていたものは…。 いま何かを頑張っている「あなた」のためにある青春リメイクストーリー!! しがないゲームディレクター・橋場恭也28歳。 なんとか支えてきた会社はついに倒産、ゲーム作りに憧れながらも人生を後悔していると、何故か10年前…2006年の自分に戻っていた!? 恭也は憧れのトップクリエイターの出身芸大に進み、今度こそクリエイターへの道を目指すが…。

次の

ぼくたちのリメイク

ぼくたちのリメイク

あなたの人生〈ルート〉、作り直しませんか? 28歳ゲームディレクターが人生巻き戻して楽しい芸大ライフ!? いま何かを頑張っている「あなたの」ためにある青春作り直しストーリー! このライトノベルがすごい!2018(宝島社刊) 【文庫部門】 新作:第4位 総合:第6位 【あらすじ】 僕、橋場恭也はしがないゲームディレクター。 会社は倒産、企画もとん挫して実家に帰ることになる。 mediafactory. 主人公のレベッカは頭打ちを感じ、伸び悩んでいました。 そんな時に彼女が出会ったのが【育成者】を自称するハル。 外見はメガネをかけていて身体も細身とあまり強そうな感じはしませんが、大陸全土に名を馳せる数々の冒険者を育ててきた実績の持ち主なんです。 彼があるアイテム作りのための素材を探していると口にすれば、龍や悪魔を討伐しなければ手に入らない入手困難なものでも簡単に送られてきますし、有事の際には彼がお願いするだけで国内最強メンバーが直々に出動したりするんです。 優れた弟子達が世界各地で大活躍しているので、世界中に影響力を持つ超重要人物になっています! 弟子だけではなく彼自身もペーパーナイフで剣を断ち切ったり、歴史上で数例しか確認されていない技術をあっさり使いこなしたりと、とっても凄い人物なんですよ。 見た目は若いのになぜ弟子がいっぱいいるのか... 色々と謎も多いのですが、そこもまた魅力的ですね。 レベッカの才能を見抜いたハルが彼女を一人前に育てるというのが本作のメインストーリーでこの育成部分だけでも面白いのですが、それだけに留まらず後半で描かれる彼とその弟子たちによる規格外のバトルはとっても痛快です。 彼と彼の弟子たちが今後世界にどのような伝説を刻んでいくのか、先が非常に気になりますよ! ヒロインの白金小雪ちゃんは、男の子だろうと女の子だろうと近づく人には毒舌を飛ばす、「猛毒の白雪姫」なんて呼ばれてる女の子。 でも、そんな直哉くんの前だからこそ「猛毒の白雪姫」小雪ちゃんも、臆病な本心を素直にさらけ出せるんですよね! 本心には本心で答えなきゃですよ! 自分の気持ちをうまく表せない女の子と、女の子の気持ちにぐいぐいツッコんじゃう男の子、がっちりかみ合ってお似合いなふたりを眺めてると、なんだかニマニマして幸せな気持ちになっちゃいましたよ~! お互い想ってる同士なのに、いつも甘~くすれ違っちゃう先輩と後輩にたまらなくニヤニヤしちゃう青春ラブコメ! ラブコメのヒット作、「乃木坂シリーズ」の五十嵐雄策先生の新作だよ! 大好きな花梨先輩に喜んでもらいたい、って思う主人公の龍之介くんの目標は、一日三回、先輩を喜ばせてあげること。 いつもまっすぐに先輩を想う龍之介くんは、すごく一途で素敵な男の子なんだけど、彼のそんな想いは、花梨先輩を喜ばせるというより、大体へにゃへにゃになるまで照れさせちゃってるんだよね。 花梨先輩も、龍之介くんの前では先輩らしくふるまいたいって思ってるから、龍之介くんに照れておかしくなっちゃう回数を抑えようと頑張ってるんだ。 お互いに相手を大事に想ってるのは確かだけど、なんでかふたりのやることは絶妙なところでかみ合ってなくて……うぅ~、甘酸っぱくていいなぁ、こういう両片想い的な関係! 龍之介くんと花梨先輩のような毎日が日常だったら、いつもドキドキしちゃって楽しいだろうなぁ~!.

次の