シロ ナガスクジラ 英語。 シロナガスクジラ

シロナガスクジラ

シロ ナガスクジラ 英語

Among whale species, number of blue whales is rapidly decreasing Prior to the time when whale capturing technology was sophisticated, it was difficult to capture them due to its immensity and rapidness. Therefore change in the number of blue whales was rarely seen as a problem. However, as the technology to capture them became more sophisticated, blue whales were subject of commercial hunt. Because of its enormous body size, large amount of whale oil could be extracted. Up to date, many blue whales are captured, their number is far less than used to be, and they are designated as endangered species. This is one situation where mankind is responsible for. 接続語のUp to date や、prior to the time などを入れると、各文のつながりが英語っぽくなります。 Among whales, especialy the blue whale, there is a sever decrease in population. The blue whale being very fast for their size, was difficult to catch with the previous whaling techniques. For that reason, there were few problems with the population. But whaling technology has developed as time has passed, and the blue whale has became the target for whaling. Due to the largness of the blue whale, a large amount of fish oil can be obtained. Due to the large increase in hunting blue whale, the population has severly decreased, and faces extinction. This is an example how humans are responsible It is a blue whale that a decrease in the number of individuals is especially intense in the whale. It was difficult to capture it because the blue whale moved at the body huge and up high speed before the whale fishing technology developed. Therefore, it was a little that the number of individuals was assumed to be a problem. However, the whale fishing technology developed, and the blue whale became a whale fishing object, too, when becoming modern. Because the body is huge, the blue whale can obtain a large amount of whale oil. Because a large amount of blue whale had been captured, the number of individuals decreased sharply, and became a threatened species. This is a case responsible of man.

次の

[B! 英語] シロナガスクジラ

シロ ナガスクジラ 英語

これまで記録されたシロナガスクジラの体長の中で最大のものとしては、以下のようなものがあります。 オス・・・31. 7m サウス・シェトランド諸島近辺,1926年• メス・・・33. 6m,33. 1m これらの他にも30m以上のシロナガスクジラを捕まえたというレポートは多くあるようです。 一方で30mを記録した個体の多くは、誤計測やわざと誇張されたものだと考えられています。 というか、正しいと考えられているデータのうち、28mを超えるものは稀なんですね。 そのため、30mを超える個体は殆ど居ないと考えるのが妥当のようです。 ちなみに、シロナガスクジラはメスのほうが若干大きくなるよ。 一方で、オスのほうが骨や筋肉が重いから、同じ大きさだとオスのほうが体重は重くなるよ。 大きい動物というと恐竜が思い浮かびますが、彼らと匹敵するか、それ以上の大きさになるのがシロナガスクジラなんですね。 首や尾が長く細い恐竜と、楕円形のシロナガスクジラを比べるとサイズ感の違いは圧倒的ですね。 水中は陸上と比べると重力が小さいので、このような巨体を維持することが可能だといわれています。 シロナガスクジラがいかに大きいか、おわかりいただけるのではないでしょうか・・・? 未来の話になりますが、500万世代を迎えたシロナガスクジラはさらに大きくなっているという予想もあるようです。 現段階で大きいだけでなく、今後さらに大きくなる可能性も秘めているということなんですね。 心臓の重さは・・・? 出典: シロナガスクジラの心臓の重さは180kgぐらいだといわれています。 心臓だけで標準的な人間の体重を大きく超えるんですね。 脳は人間より大きい シロナガスクジラの脳は、体の大きさに比べると非常に小さく、重さは7kg弱です。 とはいっても人間の脳の重さは最大でも1500gほどですから、人間よりははるかに大きな脳を持っているんですね。 出典: まあ暮らしている場所も違うし、それはないだろうけど。 後で紹介するけど、実際にシロナガスクジラは鳴き声でコミュニケーションをとったりする能力もあるといわれているよ。 実際になかなかの知能を持った生きものでもあるんだ。 シロナガスクジラの生態 シロナガスクジラの食べ物 シロナガスクジラの主食はずばり、 オキアミです。 他にもカイアシ類に分類される甲殻類などを食べることもあり、小魚やイカなども一緒に食べることがあります。 とはいえ、メインはあくまでオキアミです。 出典: おとなのシロナガスクジラは、1日に4000万匹ものオキアミを食べるといわれています。 シロナガスクジラは、1日に150万キロカロリーのエネルギーを必要とするといわれています。 体の大きさが違うので当たり前ですが、人間と比べるとその差は一目瞭然ですね。 昼間は深さ100mぐらいのところで狩りをすることが多く、海表で狩りをするのは夜のみになります。 オキアミを同じく主食とするミンククジラやイワシクジラなど他のクジラと餌を巡る直接的な競争関係があるといわれています。 歯はなく、 鯨鬚と呼ばれる1枚70cmにも及ぶ髭板で、オキアミをこしとるようにして栄養をとります。 髭板は左右それぞれ300枚程度が上顎の下側外縁に沿ってついています。 体型は流線型で、背びれが吻部から長く位置し、大きな後縁中央がV字に切れ込んだ尾ひれを持っています。 ブリーチング シロナガスクジラは、 ブリーチングと呼ばれる急角度で水面から飛び出す行為を行うことがあります。 このブリーチングを行うのは、主に若い個体だけです。 頭頂部には噴気孔が二つあり、大量に取り込んだ海水を吐き出すように噴気を上げます。 量・高さともに他のクジラの比ではありません。 以下の動画でシロナガスクジラのブリーチングが観察できますので、是非見てみてください。 わたしたち人間以上に長く生きられるんだね。 スゴイなあ。 シロナガスクジラは絶滅危惧種 出典: もともとシロナガスクジラは、その大きさと高速に泳げることから、捕鯨は困難な存在でした。 ですが戦前、高速捕鯨船が実用化されるとその状況は一変します。 シロナガスクジラの 鯨油を求めて世界中で乱獲が相次ぎ、30万頭ほどいたシロナガスクジラは激減してしまいました。 20世紀初頭には、人類は南極にまでシロナガスクジラを捕獲しに行くようになりました。 このように人類がシロナガスクジラを求めて捕鯨をし、シロナガスクジラの個体数は激減します。 そのこともあり戦前から徐々に捕獲規制の動きが進んでいました。 さらに戦後において、1960年台には全ての海においてシロナガスクジラの捕獲は禁止されました。 その後、ごく一部の例外を除き、シロナガスクジラの捕獲はされていません。 その背景には、シロナガスクジラが激減したことにより、共通の餌を食する ミンククジラが増殖し、ミンククジラに餌をとられてしまうことが一因であるとする報告もあります。 最強の哺乳類!?天敵はいる? 世界史上最も大きな哺乳類であるシロナガスクジラは、世界最強の哺乳類の1種としてかんがえられています。 しかし、• マッコウクジラには歯があるのに対しシロナガスクジラには歯がない• シャチは集団で狩りをするので、自分より大きな動物へ挑むこともある などの理由で、文句なしの最強とはいえないようです。

次の

[B! 英語] シロナガスクジラ

シロ ナガスクジラ 英語

8月5日の同じ日に日本とニュージーランドで起きたクジラの座礁 ・、 一見すると死に続けている海で 8月5日に、鎌倉の海岸にクジラが打ち上げられ、その後、このクジラがシロナガスクジラであることがわかり、日本で初めての座礁例となったことが報じられていました。 国立科学博物館の田島木綿子研究主幹(海生哺乳類学)は「100年以上前の文献にはあったが、実際に国内でシロナガスクジラの漂着が確認されたのは初めて。 あらゆる調査をして生態を探りたい」と話している。 この同じ日には、ニュージーランドのベイリーズ・ビーチという場所で、ザトウクジラが「まだ生きている状態」で海岸に打ち上げられました。 下がその時の動画ですが、打ち上げられた後、海岸で死亡しています。 ちなみに、日本のほうの漂着は、日本でというより、シロナガスクジラの座礁自体がとても珍しいことだと思われます。 そして、報道されていることとはあまり関係のない感慨ですが、「 これが日本に漂着したことについての印象深さ」という部分はありまして、どういうことかといいますと、シロナガスクジラというのは、英語では「ブルー・ホエール(Blue Whale)」といいます。 つまりシロナガスクジラは英語で 「青いクジラ」と書くのですね。 これは、昨年の以下の記事などでご紹介したことのある「インターネットでの自死誘導プログラム」と同じ名前なのです。 これらの記事では、私はあえて「青いクジラ」としていますが、これはシロナガスクジラのことであり、そして、海岸に漂着するなどということは極めて珍しいこの生き物が「日本に」漂着したという報道を見て、 「自死誘導プログラム(青いクジラ)が、自身の死と共に日本にやって来たのか…」 と感慨深くニュースを読んだ次第です。 まあ、そんなことはともかく、実はこの 1ヶ月くらいの間の世界の海は「死んでいる」といっていい状態でした。 もっともひどいのはアメリカのフロリダ州で、赤潮と青藻の大量発生などの要因で、とんでもない海洋生物の大量死が続いています。 今やフロリダの海岸は多くの場所が魚やウミガメなど海洋生物の死骸だらけになっているようで、文字通り「死の海」となっています。 8月2日の米国NBCニュースより ・ このフロリダの海の状態については、いずれ取りあげさせていただくことがあるかもしれないですが、「海の極端な状態のひとつ」を示しているものだとは思います。 さらには、最近1ヶ月で、下のような大量死事象や海での異変が各地で発生していました。 日付は報道のあった日です。 2018年の夏の「海の異変」 source: 07月09日 ベトナムのハノイで数百万匹の魚の大量死。 原因は不明 ・ 07月09日 インド・ゴアのビーチで夥しい数の「死んだヒトデ」が打ち上げられる ・ 07月24日 メキシコのマアウアルでイワシの大量死 ・ 08月08日 アイルランドの海岸に三頭のクジラが打ち上げられる ・ 08月07日 ヴァージン諸島のトルトラ島で魚の大量死。 原因は調査中 ・ 08月06日 ライン川のドイツとスイスの国境周辺で大量の魚が死亡しているのが発見される ・ ここに先ほどの日本とニュージーランドのクジラの座礁、そして、フロリダの毎日のように起きている海洋生物の大量死が加わります。 猛暑の場所も多いため、他にも数多くの大量死が発生しているとは思いますし、特にここ数年は、海での大量死が大変な件数となり続けていることは事実です。 理由は事例によって、いろいろだとは思いますが、しかし全体として、 「海が死に続けている」 という状態が進行し続けていることは確かだと思います。 たとえば、ちょうど1年ほど前の下の記事では、アメリカ・メキシコ湾で、 「デッドゾーン」といわれる海洋生物が生息できない海域が過去最大の面積になったことをご紹介したことがあります。 2017年の時点で、メキシコ湾のデッドゾーンは以下のような状態にまで拡大していまして、観測史上最大の面積となっていました。 2017年8月(ちょうど1年前)のメキシコ湾のデッドゾーンの範囲 ・ NOAA 私もそうでしたが、これを見れば誰でも、「 これはもうダメかもしれんね」と思うのも仕方ないところで、メキシコ湾が死に絶えるのも時間の問題だと思っていたのです。 ところが……。 つい最近、アメリカで、 「メキシコ湾のデッドゾーンの面積が大幅に《縮小》している」 ことが判明したと報じられたのです。 8月2日の米ワシントンタイムズの記事より ・ 報道によれば、 ・2017年のデッドゾーン面積 が 8,497平方キロメートル だったのが、 ・2018年のデッドゾーン面積 は 2,720平方キロメートル と、3分の1近くへと急激に縮小したのです。 昨年、過去最大を記録してからのあまりにも急激な減少で、NOAA (アメリカ海洋大気庁)も、その原因については具体的には述べることをしていません。 そういう意味では、どちらかというと、「謎の急減」というように言えるものなのかもしれません。 デッドゾーンが拡大する背景には、いろいろとあるにしても、主要な要因として、 ・陸地からの排水等の汚染 ・高い海水温度 などにより、藻を含む微生物が大量発生し、海中の酸素が奪われてしまうことにあると思われます。 それがどういうわけか「唐突に改善しつつある」ということになっているのです。 理由は明確ではないですが、しかし、「人為的にはほとんど何もしていない」ですので(陸地からの排水の状況はむしろ悪化していると NOAA は述べています)、つまり、 「自然自身の何らかの力で急激にメキシコ湾の状況が改善している」ということになると思われるのです。 この「自然自身の何らかの力」というものには、微生物などの海の生態系を含んでいます。 私はこの、 「海が死につつある状況」と「海が自力で復活していく状況」が同時に起きている という現実に、何というか、やや感動にも近い思いを持ったのですが、なぜ感動したかといいますと、最近、以下の記事で、海の微生物の力を見直していたからです。 しかし、同時に、 「どちらの《力》が勝つのだろうな」 とも思います。 海が死んでいく力のほうが強いのか。 あるいは、海が自力で回復していく力がそれを上回ることもあるのか。 このどちらかによって、海によって生かされていると言ってもいい私たち人類の未来もずいぶんと違うものになっていくのかもしれません。 いずれにしても、今、 ・海は死に向かっている ・でも、海は自力での凄まじい回復を現実化している という混沌とした現状を同時に私たちは経験しているわけで、どちらが勝つのかは、もう少し経てばわかるのだと思われます。

次の