確定 申告 コロナ。 新型コロナ予防で、確定申告の受付期限が撤廃。まだの人はチャンス

【確定申告】コロナ影響で期間の再延長決定!いつからいつまでなのか?

確定 申告 コロナ

4月17日以降も期限を区切らず柔軟に対応(国税庁発表) 国税庁は4月6日、新型コロナウイルスの感染拡大予防のため4月16日まで延長されていた今年の確定申告の期限をさらに延長し、 申告が遅れた場合でも期限を区切らず柔軟に対応すると発表しました。 当初、確定申告の期限は所得税と贈与税の期限が3月16日に、個人事業主が支払う消費税の期限が3月31日までとなっていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることから確定申告の期限は4月16日まで延長されていました。 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により期限内に申告することが難しい場合も想定されることから、国税庁は、 期限までに申告が難しい場合には、4月17日以降も期限を区切らず、柔軟に申告を受け付けるとしています。 期限に遅れる場合はどうすればいいの? 4月17日以降、遅れて申告する場合には、 申告書の余白部分に「延長申請」などと記入する必要があります。 また4月17日以降、確定申告会場を訪れて申告に関する相談をする場合は、 原則として事前予約が必要になります(現地での混雑緩和のため)。 国税庁は、会場に直接出向かなくても自宅などからオンラインで申告を簡単に行えるe-Taxの利用を呼びかけています。 e-Taxの詳細については、下記サイトをご確認ください。 くらしのマーケットに出店しませんか? 「客足が減っている」「閑散期対策をなんとかしたい」 そんな集客にお困りのあなたに、ぜひご利用いただきたいのが、予約サイト・くらしのマーケット。 くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級のサイトです。 初期費用・月額費用は完全無料! コストをかけずに集客を始めることができます。 ネット集客が初めての方にも安心! ネット集客の専門家が、みなさまの売上アップをサポートします。 ネット集客ならではのノウハウを学べる各種講座もご用意。 安心してスタートできます。

次の

2020年「確定申告」を解説、新型コロナで変わる期限や納税できない場合は?

確定 申告 コロナ

「令和元年分 確定申告特集」のウェブサイト。 本来は申告・納付期限(所得税が3月16日、個人事業者の消費税が3月31日)が表示されていたページ上部には、「新型コロナウイルス感染症の影響により、納付が困難な方には、猶予制度があります。 お近くの税務署へ、お気軽にご相談ください。 」との説明が記載されている 国税庁はすでに2月末時点で、令和元年分(2019年分)の申告所得税、贈与税および個人事業者の消費税の申告・納付期限を4月16日まで延長することを発表していた。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止の観点からの、確定申告会場の混雑緩和のための措置だ。 国税庁によると、この期限延長の結果、申告会場の混雑は例年に比べかなり緩和されており、また、申告会場での感染はこれまで確認されていないとしている。 さらに今回、各地でのCOVID-19の感染拡大状況を受け、申告会場の混雑緩和を徹底する観点から確定申告期限の柔軟な取り扱いを決めた。 なお、4月17日以降の「申告相談」については、申告会場のような先着順ではなく、原則として「事前予約制」にするなど、感染リスク防止により一層配意したかたちで行うとしている。 国税庁によれば、今年の申告実績を見ると、申告会場に出向くことなくスマートフォンやパソコンからインターネット経由で申告できる「e-Tax」の利用増加などもあって、すでに昨年の約9割の申告がなされているという。 国税庁では引き続き、e-Taxの利用も勧めている。 また、「還付申告」については5年間申告できることもあらためて案内している。 令和元年分の還付申告ならば、令和6年(2024年)12月31日まで申告可能だ。 還付申告の例としては、給与所得者や公的年金受給者で、医療費控除・寄附金控除(ふるさと納税等)・住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)により還付を受ける人を挙げている。

次の

コロナ持続化給付金について。確定申告をまだしていないのですが、5...

確定 申告 コロナ

新型コロナウイルスにより、個人の確定申告(所得税・消費税・贈与税)が4月16日まで延期することが決まりました。 では法人の申告については延長はないのでしょうか。 個人確定申告期限の延長理由 個人の確定申告が全国一律で延期となった理由は、休業等により申告作業が難しくなったことと、もうひとつは 確定申告会場に人が集まることを避けるためです。 でも書いたとおり、個人の確定申告は税務署(確定申告会場)に行って申告する方が数多くいらっしゃいます。 そこで感染が拡大すると大変なこととなりますので、史上初の全国一律の延長が決まったわけです。 では法人は? では法人の決算申告期限の延長はどうなるのか。 そもそも申告期限は法人の決算月によって決まるため、法人によって時期がバラバラとなります。 原則として決算日から2か月後が法人税及び消費税の申告期限となります。 もちろん今後の状況により3月末決算以降の会社も十分に影響がでます。 法人は「個別指定」により延長可 3月3日の国会での答弁により、法人については 「個別指定による延長での対応」になることが明らかとなりました。 個人の場合と違い社内や税理士とのやりとりで申告を行うため、所得税のように一律延長する必要はないと判断したようです。 「個別指定による延長」とは、従来からある延長方法で災害等により申告期限内に提出できない場合は延長を申請できるというものです。 手続きとしては 税務署へ理由を記載した申請書を提出する必要があります。 延長期間については災害が終わったあと2か月以内となります。 法人については基本的に税理士が申告を行いますので、決算どころではない法人は早めに税理士に相談しましょう。 まとめ 申告は個別指定ですが、助成金や借入等の特例措置は情報が錯そうしております。 常に新しい・正しい情報を入手してコロナウイルスを乗り越えましょう。 大阪本町の田税理士.

次の