バイオ ハザード レジスタンス アレックス。 『バイオハザードレジスタンス』アレックスがアネット並みに台頭してきたってマジ?

【インタビュー】「バイオハザード RE:3」&「バイオハザード レジスタンス」開発陣インタビュー

バイオ ハザード レジスタンス アレックス

廃遊園地にはテーマに応じてバラエティ豊かなエリアが存在します。 マスターマインド 新たなマスターマインドの1人はアレックス・ウェスカーです。 本作でも非情な研究者としての片鱗が窺えます。 もう1人はアンブレラの設立者であり、総帥でもあるオズウェル・E・スペンサー、スペンサー卿です。 本作は正式な『バイオハザード』ヒストリーをなぞる作品ではありませんが、崩壊直前のラクーンシティではスペンサー卿自らが実験に立ち会うようなことがあったのかもしれません。 Alex Wesker(アレックス・ウェスカー)• オズウェル・E・スペンサーはアンブレラ総帥という立場でありながら、老衰していくだけの日々に嫌気がさしていました。 その老獪さから、どんな状況下でも最善の選択が可能な神がかった存在であり、被験者たちを絶対的に脅かします。 予約受付中 『バイオハザード RE:3』で新たに再創造された登場人物たち。 現代的な解釈の造形となったコスチュームに加えて、ジルとカルロスには原作のデザインをモチーフにしたクラシックコスチュームも存在します。 パッケージ版 『バイオハザード RE:3』または『バイオハザード RE:3 Z Version』に、数量限定特典としてプロダクトコードが印刷されたチラシが封入されます。 ダウンロード版 『バイオハザード RE:3』または『バイオハザード RE:3 Z Version』を発売前に、予約購入した人へ予約特典として贈られます。 メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクションADV• 発売日: 2020年4月3日• メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクションADV• 発売日: 2020年4月3日• メーカー: カプコン• 対応機種: PS4• ジャンル: アクションADV• 配信日: 2020年4月3日• メーカー: カプコン• 対応機種: Xbox One• ジャンル: アクションADV• 配信日: 2020年4月3日• 対応機種: PS4• ジャンル: アクションADV• 発売日: 2020年4月3日• 対応機種: PS4• ジャンル: アクションADV• 発売日: 2020年4月3日• 対応機種: PS4• ジャンル: アクションADV• 配信日: 2020年4月3日• メーカー:カプコン• 対応機種:PC• ジャンル:アクションADV• 配信日:2020年4月3日• 価格:7,091円+税.

次の

バイオハザード レジスタンス アレックス育てまーーーーーす

バイオ ハザード レジスタンス アレックス

タイローン・ヘンリー この記事を書いた当初はAランクに位置付けていたタイローンですが、別キャラのランクが20を超えてから使う頻度が増えました。 そのうえで、 タイローンこそがSランクだと感じたのでランキングを修正します。 まず 突き蹴りが鬼強。 リキャスト早くて確定ぶっ飛ばし、タイラントすら跪きます。 突き蹴りでガンガン前線を上げて強敵を怯ませてくれる頼れるヤツで、 前線押上げは彼がいれば非常に楽になりますし、大型BOWからの離脱や打開の際にも突き蹴りは大活躍します。 この突き蹴りだけでAランクの印象です。 次回修正くらうかも 加えて、自身の体力や攻撃力が高くどんな状況化でも活躍できます。 近接キャラなので マスターマインド側の基本戦術の1つであるアーマーゾンビのスレイブ化に対して強いのも相対的に評価を上げています。 フィーバースキルも時間は短めながら、コア破壊の乱戦地帯やタイラントのフック、監視カメラのマシンガンなどに対して強力な対抗策になります。 さらに!! 瀕死の味方を起こすスピードが爆速になるスキルもあり、サポート的な能力も高いです。 マーティン・サンドイッチ 電気でも火炎でも設置地雷は範囲攻撃で、乱戦や狭い通路、追われている状況などに有効です。 最強なのはフィーバースキルの「フラッシュバン」、文句なしに使いやすいです! タイラントもウィリアムも、その他の 危機的状況に対する打開力抜群。 扉開放待ちの最後の乱戦はフラッシュバン残しで、適当に爆発系や手投げ式の閃光を買い込み、地雷置いて、適当に強い銃ブッパしてれば事故がなければ勝てる印象です。 いるかいないかで強敵や乱戦の切り抜けやすさが大きく変わります。 ただし、 敵そのものを倒せるわけではないので過信は禁物なのと、アレックスが出すヤテベオに刺さらない点に注意でしょうか。 この「敵そのものを倒す能力が低め」というのがクリーチャー主体の乱戦地帯では結構キツイのでAランクに変更しました。 ヴァレリー・ハーモン プレイ済みの方は納得していただけると思いますが、アイテム探知などに使える 「生存本能」は結構重要です。 アイテム探知といいながらスキル設定次第で警備システムや扉の向こうのゾンビの配置まで見えるため、部屋に入るかどうか・扉があいた後の危険度などをある程度予測できるのも大きいですね。 ヴァレリーを扱うプレイヤーがキーアイテムや警備ゾンビのいそうな位置をある程度把握できていればさらに強くなります。 そして フィーバースキル「スプレーヒーリング」も素晴らしい性能です。 回復や解毒に使えますが、 一番の特徴は瀕死でダウン中の味方をスプレーヒーリングですぐ起こせる点にあります。 味方が集団で瀕死になっていても一瞬で全員起こせることもあり、もはやヒーローです。 アレックスにこの解毒がまた刺さります。 注意点は体力が低かったり非力なので、自己防衛能力が低めなことでしょうか。 知識や判断力など、 プレイヤーの腕に比例して強さが変わるキャラクターだと思います。 ジャニアリー・ヴァン・サント 監視カメラの即破壊やマスターの手札コストを上昇させたりと、 直接的にマスターマインドを妨害できる唯一のキャラです。 この時点で 有用性は語るまでもなく、強力なキャラで間違いありませんが状況の変化が目まぐるしいゲーム中ではタイミングを間違ったりうまく機能させられないこともあり難しいキャラクターという印象。 相手の手札などが見えないので必ずしも最大限効果を発揮するとは限りませんが、抑止力としては非常に強力なので、いるといないではマスター側のストレスに大きな差があります。 ステージごとの各マスターマインドが使いたがる監視カメラやそのタイミングなど、全キャラを通して最も知識と経験が活きるキャラクターなので、プレイヤーの実力が上がるほどマスターマインドにとっては脅威となり、立ち回りがハマればSSランクと言ってもいい程の働きをすることも! 武器等の購入が安く行えるのもうれしいポイントですが、アイテムの所持数は少ないので武器の持ち替え等は計画的に行いましょう。 Bランク 続いてBランク! ベッカ・ウーレット 銃撃に特化したキャラクターで、 驚異的なアタッカーになりえます。 ただ あくまで銃撃なので最前線で前線を押し上げるようなプレイは苦手です。 「射撃体勢」は銃の威力が一気に上がるため強いは強いものの、 動けなくなるデメリットと照準が収束するまで待ったほうが威力が上がる仕様の2つが、AIM重視プレイヤーにちょっとしたマイナスポイントになります。 私もTPSのAIM力には自信がありますが、 肩越しカメラで止まっている時間というのはAIM力が上がれば上がるほど短くなりますから、仕様との噛み合わせがちょっと悪いですよね。 とはいえ、 むしろAIMに自信がある人じゃなくても強力な射撃で敵をなぎ倒せるという点は非常に魅力的です! 実際 AIM力はあったら助かる程度で、無くても何の問題もないゲームですからね(笑) フィーバースキル 「銃撃の嵐」は、連射力の高い銃や希少な銃、強力なもので威力を発揮します。 リロードも発生しないので、リボルバーのハンドガンで使ったりすると驚異的な連射速度で撃ち続けるためなかなか面白いです。 ここまで読んで、 私含め AIM力にモノを言わせたHS狂の皆さんは残念に思ったかもしれませんが朗報です。 ベッカのスキルに 「レティクルが収束する前にHSするとクリティカル率が上昇するようになる」ものがあるので、これで存分に暴れましょう。 ただ、 廊下などで距離が離れた状態から劣勢をひっくり返す能力や、布陣が整った時の火力は全キャラ中圧倒的に最強なのでロマンもありますよね! あとAIM狂の方にもおすすめ ベッカ専用の立ち位置や距離感を肌にしみこませないと活躍は難しいので、 ある程度慣れが必要ですが、ポテンシャルは高いと思います。 追記:様々なキャラクターでプレイを続けた結果のマイナスポイントですが、マスターマインド側の常套手段である序盤からアーマーゾンビのスレイブで近接特化キャラ以外を狙う戦術に対し非常に弱いです。 下手に近接武器を色々と買うくらいなら別キャラでいいともなりますし、エリア1で近接が松明しか買えないときは苦しい印象。 そのため 重要なのはタイローンやサミュエルといった近接特化キャラに必ず付いてくことだと思います。 今の環境だと刺さる場面が少なく、「B-」か「C」でもいい気がしてきた最近です。 Cランク 最後にCランク! サミュエル・ジョーダン 体力多めかつ近接が強力なので前線張れるのと、第3エリアのコアの破壊に強いです。 素のポテンシャルは強く、それだけで考えれば絶対強キャラの部類なんですが…ただ ダッシュパンチと鋼の拳の2つのスキルがどうにも弱く、金属バットで殴ってたほうが強い気がします。 もしかしたらまだ自分が気づいていない何かがあるのかもしれませんが、基礎能力は別として 要のスキル2つが弱すぎるのでCランクとさせていただきました。 スキルがここまで弱いと次回修正はまず間違いないと思いますので、好きな人は今のうちに練習しておいても無駄にはならないと思いますよ! 追記:でもサミュエル上手い人がパーティーに居てくれるとなんか勝てますよね。 やっぱり基礎能力が強いからスキル弱くしてバランスとってるんでしょうか? 「B-」くらいの評価でもいい気がしてる最近です。 パーティーバランスについて 以上のようなランク分けになったわけですが、最後にパーティーのバランスについてです。 3人いればなお楽。 ここまで詳細に書いてきてなんですが、 ぶっちゃけるとランクとかバランスとか気にせず好きなの使って全然いいと思います!! 楽しみましょう! 皆さんの何か参考になれば幸いです。 それでは~ Potonoi.

次の

【インタビュー】「バイオハザード RE:3」&「バイオハザード レジスタンス」開発陣インタビュー

バイオ ハザード レジスタンス アレックス

本作のプレイレポートを掲載します。 『バイオハザード レジスタンス』はオンラインに接続してプレイする非対称対戦サバイバルホラー。 今回プレイした『バイオハザード レジスタンス』の最新バージョンでは、新マップと新キャラクターを体験することができました。 そのプレイフィールをお届けします。 新たなマスターマインドとして、あの2人が参戦! これまでにマスターマインドとして、ダニエル・ファブロンとアネット・バーキンの存在が公開されていましたが、新たにアレックス・ウェスカーとオズウェル・E・スペンサーの姿を確認できました。 『バイオハザード』シリーズのファンならご存じかと思いますが、アレックスは『バイオハザード リベレーションズ2』に登場した人物で、卓越した頭脳を持つ女性研究者。 スペンサーは『バイオハザード5』で真実が明かされたアンブレラ社の総帥です。 シリーズ屈指の重要人物である2人が、マスターマインドとして選べるなんて驚きました。 アレックスのデフォルトのデッキに設定されたスキルカードには、サバイバーをウィルスに感染させるものが複数存在。 感染させると体力を徐々に削れるので、対象をジワジワと追い詰めることができます。 最凶の手札となるアルティメットスキルカードは、B. として独自開発したヤテベオと呼ばれる食人植物。 粘液を吹きかけたり、触手で対象を体内に取り込んで絶命させたりと、サバイバーにとって大きな脅威になるでしょう。 動きは制限されていましたが、HPが多く、さらに自爆も使えるため、集めるアイテムやバイオコアの付近で使うとかなり嫌らしいかと。 スペンサーのデフォルトのスキルカードは、ゾンビ、ゾンビ犬、爆発トラップなどベーシックなものが中心ですが、アンブレラの高度な技術でカードの性能が強化されるのが特徴。 分断したり、直接ダメージを与えたりと、使い方次第で絶大な効果を発揮します。 サバイバーとしてエントリーされた2人をチェック! サバイバーとして新たに追加されたベッカ・ウーレットとマーティン・サンドイッチでもプレイ。 ベッカは自然保護官をしている女性で、射撃能力に優れたアタッカー。 マーティンは医療設備会社に勤めるメカニック。 素早いゾンビ犬や、マスターマインドの強力なアルティメットスキルカードを封じることができるのが、個人的には便利だと感じました。 これを使って、ひと泡吹かせることができるのはいいですね。 まずはトレーニングモードでルールを把握 基本的なルールやそれぞれの立場での進め方、キャラクターの特徴など覚えることは多い本作。 ただ、用意されているチュートリアルやトレーニングモードでみっちり学ぶことができます。 本作はマップの把握が重要なので、トレーニングモードで覚えてからやるのがいいかと。 キャラクターには成長要素があり、スキル、装備、アクセサリーなどを変更できるので、自分好みにカスタマイズしてプレイすることが可能です。 コミュニケーションの手段として、ボタンで操作できる簡易メッセージ&ジェスチャーがあります。 サバイバー同士の連係は重要なので使っていくこともあるかと。 プレイ経験の少ないうちは、マスターマインドの攻勢に押されがちのサバイバーですが、やることを理解して、一緒に動いたり、役割を考えて動いたりできるようになると、人数で押せるように。 異なるキャラの役割をうまく使って、マスターマインドの邪魔や繰り出してきたクリーチャーを撃退していけるようになると、おもしろくて止め時がわからなくなります。 プレイを重ねることでドンドン楽しくなっていくのは、対戦ゲームならではかと。 初めのうちは負けてもやけにならず、プレイを振り返ってみたり、上手なプレイヤーに追従してテクニックを吸収したりして、勝利を目指すのがよさそうです。 オンラインでの対戦ということで、ハードルが高いと感じる人もいるかもしれませんが、サバイバーとマスターマインドとの駆け引き、キャラごとの奥深さを楽しめるので、気になっている人はまずはキャンペーンモードの合間に、ハマったらジックリとチャレンジしてほしいです。 C CAPCOM CO. , LTD. 1999, 2020 ALL RIGHTS RESERVED.

次の