仁漫画最終回。 漫画『JIN

仁と咲は結婚しないの?最終回のドラマと原作漫画の違いを詳しく解説!

仁漫画最終回

もくじ• ドラマ「JIN-仁-」のネタバレ ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました! 気になる箇所へ飛んでみてくださいませ! 現代に戻った仁先生はある人物と出会う 仁先生は橘咲を求めて、橘家があった場所へと向かう・・・。 橘医院の前で茫然としていると 「うちに何か用ですか?」 とある女性から話しかけられる。 その女性を見た仁先生はハッっとする。 その女性は友永未来(中谷美紀)の姿だったのだ。 そこでしどろもどろしてしまう仁先生ですが 「橘咲さんって・・・いらっしゃいましたか?」 と聞くと、確かにこの橘医院には橘咲が居た・・・ということで中に通してもらい、数々の写真を見せてもらう。 咲は、病に苦しんだあと、兄の恭太郎(小出恵介)が林の中で薬を見つけ、それを与えたら嘘のように咲の病気は治った。 「そんな日本昔話みたいなことってあるんですね」 と笑う女性(中谷美紀)。 そして写真を見ていると、龍馬の写真や、咲の写真が出てくる。 明治の時代で女医だったことは珍しいのに、咲の名はあまり残らなかった・・・とのこと。 それから家族写真が出てきて、咲が子供を抱いていた。 「この子は・・・?」 と聞くと、その子は養子で、咲は生涯独身だったそうです。 その子供の名前は・・・安寿。 「咲が友人の子を引き取ったんです。 亡くなられたご両親の意向もあったようで・・・」 と話す女性。 つまりその両親というのは、野風(中谷美紀)たちのことです。 咲は、野風の子供を育てていました。 そして、咲の手紙が出てきます。 仁先生は咲の手紙を預かり、女性(中谷美紀)に名前を聞く。 女性の名前は、橘未来でした。 仁先生が最初に居た現代に居た友永未来が、友永ではなく、橘になっていました。 橘咲からの手紙全文ネタバレ 〇〇先生へ 先生、お元気でいらっしゃいますでしょうか。 おかしな書き出しであることを深くお詫び申し上げます。 実は、感染症から一命をとりとめたあと、どうしても先生の名が思い出せず・・・。 先生がたに確かめたところ、仁友堂にはそのような先生はおらず、仁友堂は我々が興したものだと言う。 わたくしもまた、次第にそのように思うようになりました。 夢でも見ていたのかなと。 ある日のこと、見たこともない奇妙な銅の丸い板を見つけたのでございます。 その板を見ているうちに、わたくしは、おぼろげに思い出しました。 ここには、先生と呼ばれたお方がいたことを。 そのお方は、揚げ出し豆腐がお好きであったことを。 涙もろいお方であったことを。 神のごとき手を持ち、なれど決して神などではなく、迷い傷つき、お心を砕かれ、懸命に治療にあたる・・・仁をお持ちの人であったこと。 わたくしはそのお方に、この世で一番美しい夕日をいただきましたことを、思い出しました。 もう何も、お顔も思い出せぬそのお方に、恋をしておりましたことを。 なれど、きっとこのままではわたくしはいつか全てを忘れてしまう。 この涙のわけまでも失ってしまう。 何故か耳に残っている修正力という言葉。 わたくしはこの思い出をなきものにされてしまうと思いました。 なれば・・と筆をとったしだいでございます。 わたしくがこの出来事にあらがう術はひとつ、この思いを記すことでございます。 〇〇先生 あらためてここに書き留めさせていただきます。 橘咲は先生を、お慕いもうしておりました。 橘咲 橘咲からの手紙を受けて仁は思う 「私もですよ・・・咲さん。 」 「私も、お慕いもうしておりました。 」 この思いをいつまでも忘れまいと思った。 けれど、俺の記憶もまた、全て時の狭間に消えていくのかもしれない。 歴史の修正力によって・・・。 龍馬(内野聖陽)の言葉を思い返す。 「わしらは、おるぜよ」 「みえんでもきこえんでも」 「いつの日も先生とともに」 それでも、俺はもう忘れることはないだろう。 この日の美しさを・・・。 当たり前のこの世界は、誰もが戦い、もがき苦しみ、命を落とし、勝ち取ってきた無数の軌跡で編み上げられていることを、俺は忘れないだろう。 そして、更なる光を与えよう。 今度は、俺が未来のために・・・この手で・・・。 そして、仁先生のいる病院に橘未来が緊急搬送されてくる。 病状は、友永未来と同じ。 そして、仁が執刀する・・・。 「JIN-仁-」の更なる続編は作られる? 「JIN-仁-」は、メインキャストである大沢たかおさんと綾瀬はるかさんのゴシップによって共演NGとか色々なことを週刊誌が報じました。 しかし、もう完結編が放送されから10年近くの月日が流れています。 当時のことはなかったことにして、今回の「JIN-仁-」の再放送の好評ぶりから、もしかしたら続編が計画されるかもしれません。 しかし、原作漫画の方ではこの後のことはないので、仁先生は再び過去に戻ってしまうのか・・・。 完結編の最後、橘未来の手術から・・・また何らかのきっかけで過去と現代が繋がるのか・・・。 何にしても、「JIN-仁-」は今の終わり方のまま、続編はなくても良い・・・と思ってしまいます。 しかし、続編が制作されるなら、それも見てみたい・・・複雑の心境ではありますが、「JIN-仁-」の今後を見守りましょう! 【関連記事】.

次の

JIN―仁―の漫画のネタバレと結末(最終回)!ドラマ原作の無料試し読みやあらすじも

仁漫画最終回

咲の手紙を読み終わった南方仁のセリフは台本に用意されていなかったんです! このシーンの台本の仁のセリフを空白になっていました。 実は、大沢たかおさんは、本番で初めて「咲の手紙」を読んだんです! 仁最終回の重要なラストのこのシーンに、ぶっつけ本番で挑んだ 大沢たかおさん。 全くの予備知識なく挑みたいと望んだのは、大沢さんの 仁に対する 熱い気持ちからだったそうです。 『咲の手紙』を読んで、思わずでた言葉・・・ 私もですよ、咲さん。 お慕い申しておりました。 多くの視聴者が、仁と咲の幸せを願ったに違いありません。 時空を飛び超え、出会って、愛し合った2人が、生涯を添い遂げることはありませんでした。 しかし、お互いのことを大切に想う気持ちは、未来に繋がったのです。 なんて良い話なの~! 感動する! でも、切ない~! 愛し合っていても、結ばれない2人の運命・・・ しかしお互いの心に、歴史の『修正力』すら及ばない、深い絆ができたのですね。 仁最終回アドリブのセリフを生み出した大沢たかおの演技力 JIN-仁-完11話 23/24 橘咲は、先生をお慕い申しておりました(咲) 私もですよ。 咲さん。 役者魂というのでしょうか、大沢たかおさんは、南方仁になり切っていたからこそ自然に出てきた 『お慕い申しておりました』 二人の想いが、繋がった瞬間 いや、ずっと…想い合っていたことが、わかった瞬間 「お慕い申しておりました」の意味は? 現在、「慕う」(した・う)という言葉は、あまり使いませんね。 この言葉は、「恋しく思う」= 恋心 を含んでいます。 幕末という時代設定的に「好き」という直接的な表現がなかったと考えます。 昔の人が、「好きです」と言いたい時に使う言葉ということですね。 では、この「お慕い申しております」の中に、どれくらいの気持ちが含まれるのか? 日本人の感情を表に出さない性格を考えると、想像できますね。 この言葉は「 好きで好きで震える 」の気持ちでしょう! 最上級の「愛してる」も含まれるほどの パワーワードです。 愛をこんなに上品に表現できる言葉あるなんて、私はこれまで知りませんでした! 日本語にはこんな素敵な言葉があったんですね。 仁と咲の間にある百数十年の時間の隔たりは、やっぱり現実で、だからどんなにお互いの心が通いあっても、この悲しい現実は乗り越えられない。 だから南方仁は、「愛してる」という一般的な愛情表現を選ばなかったんだろうな。 江戸の時代にタイムスリップした南方仁だけが伝えられる愛の言葉「お慕い申しておりました」が出てきたんだと思う。 最終回めっちゃ泣かす。 咲様からの手紙、本番で初めて読んだんだってさ。 「私もお慕い申し上げてました」はアドリブなんだってさ。 大沢さんは、咲の手紙を読み、心から咲への愛を言葉にしました。 その後、こんなナレーションで締めくくっています。 ボロボロと泣きながら、告げる仁。 この思いをいつまでも忘れまい、と思った。 けれど、俺の記憶もまた、全て、時の狭間に消えていくのかもしれない。 歴史の「修正力」によって。 それでも、俺はもう忘れることは無いだろう。 この日の美しさを。 当たり前のこの世界は、誰もが戦い、もがき苦しみ、命を落とし、勝ち取ってきた、無数の奇跡によって編み上げられていることを。 俺は忘れないだろう。 そして、新たな光を与えよう。 今度は、俺が未来のために。 chiebukuro. yahoo. そんな当たり前を生きられることの有難さ。 まさに、仁から学ぶべきことが、沢山あるような気がしました。 今 まさに脅かされる、『当たり前』の日々。 日本が直面しているコロナ感染症の危機を、仁先生の陣頭指揮のもと、正しく恐れましょう。 おかしな書き出しであることを深くお詫び申し上げます。 実は、感染症から一命を取り留めた後、どうしても先生の名が思い出せず、 先生方に確かめたところ、仁友堂には、そのような先生などおいでにならず、ここは、私たちが興した治療所だと言われました。 何かがおかしい、そう思いながらも、わたくしも、そのように思うようになりました。 夢でも見ていたのであろうと。 なれど、ある日のこと。 見たこともない、丸い胴の板 10円玉 を見つけたので御座います。 その板を見ているうちに、わたくしは、おぼろげに思い出しました。 ここには、先生と呼ばれたお方が居た事を。 わたくしは、その御方に、この世で一番美しい夕日を頂きました事を、思い出しました。 もう名も、お顔も思い出せぬその御方に、恋をしておりました事を。 けれど、きっとこのままでは、わたくしは、いつか全てを忘れてしまう。 この涙の訳まで失ってしまう。 なぜか耳に残っている「修正力」という言葉。 わたくしは、この思い出を無き事にされてしまうと思いました。 ならば、と筆をとった次第に御座います。 わたくしがこの出来事に抗う術はただ一つ。 この思いを記す事に御座います。 橘咲は、先生をお慕い申しておりました。 chiebukuro. yahoo. この手紙を読むだけでも涙が・・・ しかし、手紙には不自然なところもあります。 例えば、この「JIN -仁- 」では、死んでしまうはずの坂本龍馬を、仁が助けようとします。 そうした「歴史を書き換える」行為に対して、「歴史を守ろうとする力」が働くと考えられます。 それが、この『咲の手紙』の中にもある『修正力』という力になるのです。 そのせいで、仁の事を誰も覚えていなかったんだね。 咲は、仁の名前を思いだしていたけれども、「南方先生」と書いてしまうと、『修正』されてしまう。 沖田総司を助けに向かう途中で、阻止しようとやってきた刺客に撃たれてしまった咲。 弾丸は取り出したものの、傷口が緑色に化膿する「 緑膿菌 」に感染してしまったのです。 現代では、当たり前に処方してもらえる抗生物質も、この時代にはありません! 咲の命を救う為に、仁は抗生物質「ホスミシン」を探します。 そして、タイムスリップしてしまうのです・・・ 一命を取り留め、目を覚ました咲は、仁の事を忘れてしまっていたのですね。 「この世で一番美しい夕日」はプロポーズのこと? かつて一度だけ、仁は 咲に想いを告げていました。 それが、夕日のシーンです。 「いっしょになってください」と、仁は咲に告げますが、咲は断りました。 この「いっしょになってください」とは、「結婚してください」と同じ意味。 まさに、プロポーズでした! この手紙を初めて読んだ大沢たかおのアドリブがあのセリフってのもすごいよね。 南方仁になり切ってたんだね 仁の感動溢れる最終回のラストシーンは、1話ごとに丁寧に積み重ねられた物語への想いが一気に溢れるものでした。 橘咲の手紙全文から、大沢たかおさんの手紙に答えるアドリブの演技も解説しました。 幕末の時代に特効薬のなかった感染症を、現代の薬で治した南方先生。 その傍で、命と向き合い、仁とともに戦った橘咲。 仁の完結編の最終回で、その2人の気持ちが時空を超えて繋がった感動のラストでした。 それがまさかの、大沢たかおさんの演技が『アドリブ』だったのは、驚きでした。 その他、手紙全文内であった 記憶を失くした経緯なども、ネタバレ解説してきました。 この「JIN -仁- 完結編」を見て、涙を流して、免疫力を上げるのもコロナ対策になるのでは? そして、普通の有難さを知り、未来に希望を持ちましょう! そんな南方先生の精神も、ドラマから学べた気がします。 All Rights Reserved. php 462 : eval 'd code on line 55.

次の

漫画『JIN

仁漫画最終回

もくじ• ドラマ「JIN-仁-」のネタバレ ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました! 気になる箇所へ飛んでみてくださいませ! 現代に戻った仁先生はある人物と出会う 仁先生は橘咲を求めて、橘家があった場所へと向かう・・・。 橘医院の前で茫然としていると 「うちに何か用ですか?」 とある女性から話しかけられる。 その女性を見た仁先生はハッっとする。 その女性は友永未来(中谷美紀)の姿だったのだ。 そこでしどろもどろしてしまう仁先生ですが 「橘咲さんって・・・いらっしゃいましたか?」 と聞くと、確かにこの橘医院には橘咲が居た・・・ということで中に通してもらい、数々の写真を見せてもらう。 咲は、病に苦しんだあと、兄の恭太郎(小出恵介)が林の中で薬を見つけ、それを与えたら嘘のように咲の病気は治った。 「そんな日本昔話みたいなことってあるんですね」 と笑う女性(中谷美紀)。 そして写真を見ていると、龍馬の写真や、咲の写真が出てくる。 明治の時代で女医だったことは珍しいのに、咲の名はあまり残らなかった・・・とのこと。 それから家族写真が出てきて、咲が子供を抱いていた。 「この子は・・・?」 と聞くと、その子は養子で、咲は生涯独身だったそうです。 その子供の名前は・・・安寿。 「咲が友人の子を引き取ったんです。 亡くなられたご両親の意向もあったようで・・・」 と話す女性。 つまりその両親というのは、野風(中谷美紀)たちのことです。 咲は、野風の子供を育てていました。 そして、咲の手紙が出てきます。 仁先生は咲の手紙を預かり、女性(中谷美紀)に名前を聞く。 女性の名前は、橘未来でした。 仁先生が最初に居た現代に居た友永未来が、友永ではなく、橘になっていました。 橘咲からの手紙全文ネタバレ 〇〇先生へ 先生、お元気でいらっしゃいますでしょうか。 おかしな書き出しであることを深くお詫び申し上げます。 実は、感染症から一命をとりとめたあと、どうしても先生の名が思い出せず・・・。 先生がたに確かめたところ、仁友堂にはそのような先生はおらず、仁友堂は我々が興したものだと言う。 わたくしもまた、次第にそのように思うようになりました。 夢でも見ていたのかなと。 ある日のこと、見たこともない奇妙な銅の丸い板を見つけたのでございます。 その板を見ているうちに、わたくしは、おぼろげに思い出しました。 ここには、先生と呼ばれたお方がいたことを。 そのお方は、揚げ出し豆腐がお好きであったことを。 涙もろいお方であったことを。 神のごとき手を持ち、なれど決して神などではなく、迷い傷つき、お心を砕かれ、懸命に治療にあたる・・・仁をお持ちの人であったこと。 わたくしはそのお方に、この世で一番美しい夕日をいただきましたことを、思い出しました。 もう何も、お顔も思い出せぬそのお方に、恋をしておりましたことを。 なれど、きっとこのままではわたくしはいつか全てを忘れてしまう。 この涙のわけまでも失ってしまう。 何故か耳に残っている修正力という言葉。 わたくしはこの思い出をなきものにされてしまうと思いました。 なれば・・と筆をとったしだいでございます。 わたしくがこの出来事にあらがう術はひとつ、この思いを記すことでございます。 〇〇先生 あらためてここに書き留めさせていただきます。 橘咲は先生を、お慕いもうしておりました。 橘咲 橘咲からの手紙を受けて仁は思う 「私もですよ・・・咲さん。 」 「私も、お慕いもうしておりました。 」 この思いをいつまでも忘れまいと思った。 けれど、俺の記憶もまた、全て時の狭間に消えていくのかもしれない。 歴史の修正力によって・・・。 龍馬(内野聖陽)の言葉を思い返す。 「わしらは、おるぜよ」 「みえんでもきこえんでも」 「いつの日も先生とともに」 それでも、俺はもう忘れることはないだろう。 この日の美しさを・・・。 当たり前のこの世界は、誰もが戦い、もがき苦しみ、命を落とし、勝ち取ってきた無数の軌跡で編み上げられていることを、俺は忘れないだろう。 そして、更なる光を与えよう。 今度は、俺が未来のために・・・この手で・・・。 そして、仁先生のいる病院に橘未来が緊急搬送されてくる。 病状は、友永未来と同じ。 そして、仁が執刀する・・・。 「JIN-仁-」の更なる続編は作られる? 「JIN-仁-」は、メインキャストである大沢たかおさんと綾瀬はるかさんのゴシップによって共演NGとか色々なことを週刊誌が報じました。 しかし、もう完結編が放送されから10年近くの月日が流れています。 当時のことはなかったことにして、今回の「JIN-仁-」の再放送の好評ぶりから、もしかしたら続編が計画されるかもしれません。 しかし、原作漫画の方ではこの後のことはないので、仁先生は再び過去に戻ってしまうのか・・・。 完結編の最後、橘未来の手術から・・・また何らかのきっかけで過去と現代が繋がるのか・・・。 何にしても、「JIN-仁-」は今の終わり方のまま、続編はなくても良い・・・と思ってしまいます。 しかし、続編が制作されるなら、それも見てみたい・・・複雑の心境ではありますが、「JIN-仁-」の今後を見守りましょう! 【関連記事】.

次の