確定拠出年金 退職金 違い。 確定拠出年金(401k)とは何か?概要やメリット・デメリットをわかりやすく解説

退職金前払いと確定拠出年金、どっちを選ぶのがお得?

確定拠出年金 退職金 違い

確定拠出年金と中退共 中退共という制度を知っていますか?退職金制度のひとつで、昭和34年に誕生しました。 似た制度に確定拠出年金というものがあり近年はこちらが注目されていますが、中小企業にとっては中退共のほうが馴染みがあるのではないでしょうか。 中退共 中退共の目的は、従業員の福祉増進や企業の振興、そして発展に寄付すること。 この根底には、企業側の相互共済、そして国の援助退職金制度が確立することにあります。 しくみは、• 事業主が中退共と退職金共済契約を結ぶ• 事業主は掛け金を支払う• 従業員が退職すると退職金が支払われる。 一番のメリットは、 安全であり確実、有利であることでしょう。 しかも管理が簡単ですから利用しやすい点もメリットになります。 掛け金は毎月口座振替になりますが、加入後は面倒な手続きがいりません。 事務処理も不要なので、管理が簡単といわれています。 また 掛け金の額は16種類から選択可能。 そのうえいつでも変更できるため、状況に合った掛け金の支払いができるというわけです。 ちなみに、 掛け金の最低月額は5,000円。 最高30,000円になります。 パートやアルバイトでも2,000円〜4,000円で加入できるので助かります。 確定拠出年金 以上が中退共になります。 では、 確定拠出年金はどうでしょうか?2014年からスタートしたこの制度は、加入することで老後の資産に役立てることができるようになります。 個人型と企業型に分類されますが、個人型であれば老後の自分年金が充実しますし、所得税を支払っている方であれば住民税と合わせた税金の負担が軽減されます。 企業型であれば、万が一会社が倒産しても従業員の年金資産を保護してもらえます。 企業型の場合、会社より従業員の掛け金を増やすことができますから、会社側の負担を減らしてはじめることができます。 また 退職金や福利厚生などに充てることができるため、従業員が安心・満足に働けるというメリットもあります。 メリット・デメリット では、 確定拠出年金と中退共ではどちらが良いのでしょうか?こればかりはそれぞれの運用次第になりますから、やはりきちんとメリットとデメリットを理解する必要があります。 たとえば、2つに共通しているのは払ったときの 経費化や福利厚生の充実などです。 これらはどちらも共通しています。 しかし、退職してからすぐに退職金として受け取れる中退共に対し、 確定拠出年金は60歳を過ぎるまで給付を受けることができません。 ですから、どちらが良いとは一概に決めることはできないでしょう。 2017年現在•

次の

確定拠出年金と退職金の違いって?【お金のプロが疑問を解決!】| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

確定拠出年金 退職金 違い

退職金の外部積立を行う場合、企業はあらかじめ定められた給付を支払うために必要な掛金を拠出します。 約束した給付に対して積立が不足した場合、企業には掛金の追加負担等が生じます。 企業型の確定拠出年金の場合も、企業が掛金を負担するという点は同様です。 ただし確定拠出年金においては掛金の算出方法がはじめから固定され、なおかつ拠出限度額が月額 55,000 円 年額 660,000 円 に定められています。 また確定給付型など他の企業年金制度を導入している場合には、拠出限度額は月額 27,500 円 年額 330,000 円 となります。 さらに、確定拠出年金では、規約で定めることにより掛金に関して「マッチング拠出」や「選択制 DC 」を導入することが可能です。 「マッチング拠出」が導入されている場合、「拠出限度額と会社が負担する掛金との差額」かつ「会社の掛金額を超えない金額」の範囲で、掛金を従業員が上乗せすることができます。 「選択制 DC 」が導入されている場合、定められた退職金などの積立相当額を給与として受け取るか、企業型 DC に拠出するか、従業員が選択することができます。 このように確定拠出年金の場合は規約の内容によっては、掛金に関して従業員側がなんらかの選択を行うことができる点が、退職金とは異なっています。 退職金と確定拠出年金-運用の違い 退職金の運用は、社内で準備する場合、社外に積み立てる場合などがありますが、いずれの場合も企業が運用責任を負う形となります。 一方、確定拠出年金の場合、従業員の自己責任において運用を行うことになり、運用に関して直接的に企業側の責任が問われることはありません。 つまり従業員は自分自身でどの運用商品を選ぶのか、それぞれの商品をどのくらい購入するのか決めなければならないというわけです。 ただし、「確定拠出年金の運用は従業員の自己責任だから企業側は何もしなくてもいい」というわけではありません。 確定拠出年金を導入した企業には、「適切な運用商品の選択肢を提供すること」と「従業員が適切な運用を行えるよう、投資教育を行うこと」が求められます。 退職金と確定拠出年金-給付の違い 給付においては、まず受け取り方の違いがあります。 会社から直接支給される退職金の場合、退職時に一括支給されますが、確定拠出年金の場合は、一時金として一括で受け取るか、年金として分割して受け取るか、一時金と年金を組み合わせて受け取るかを選択できます。 さらに、給付額の算定方法も異なります。 退職金の場合、退職金規程等によって定められたところにしたがって給付額が決定され、退職金として支給されることになります。 他方、確定拠出年金では、拠出額と運用実績の元利合計が給付額となるため、各自の状況や運用によって給付額は異なってきます。 もうひとつ考えておきたいのが、給付のタイミングです。 退職金の場合、定年退職以外の転職などによる退職の場合でも、退職金規程等によって定められたところにしたがって給付額が決定され、退職金が支給されます。 確定拠出年金が退職金と大きく異なる点の1つは、一部の例外を除き、通常は60歳以降でなければ引き出しができない =給付されない という点です。 このため、60歳以前で転職などを行った場合、確定拠出年金からなんらかの支給が行われることはなく、転職先にそれまで運用してきた資産を移管することになります。 なお、転職先に確定拠出年金制度がない場合には個人型確定拠出年金 iDeCo に資産を移換することができます。 退職金と確定拠出年金-税金の違い 退職金を受給した場合、退職所得として扱われ、退職所得控除の対象となります。 一方、確定拠出年金は、受け取り方によって税制上の扱いが変わるため注意が必要です。 一時金で受け取る場合には退職金と同様に退職所得となり、退職所得控除の対象となりますが、年金で受け取る場合には、受け取る年ごとにその年の雑所得となり公的年金等控除の対象となります。 現在の税制においては、退職所得が優遇されており税負担が軽い傾向にありますが、実際どれくらいの税金を支払うことになるかは、退職時に他に受け取る一時金があるかどうか、また退職後の公的年金や他の所得がどれくらいあるかなど、各自の状況によって変わってきます。 状況によっては支払わなければならない税金の額が大きく変わる場合もありますので、受給する前にしっかり計算したうえで受け取り方を選択することが必要です。 なお、確定拠出年金においては掛金が全額所得控除の対象となる他、利息・配当・運用益は非課税となります。 マッチング拠出や選択制DCが導入されているケースにおいては、これらの点も考慮すると良いでしょう。 退職金と確定拠出年金の違いを正しく理解して、将来の備えを ここまで見てきたように、退職金の場合は会社側が準備し、退職時に支給するもので、従業員側でなんらかの対応や選択が必要ということはあまりありません。 一方、確定拠出年金の場合はマッチング拠出や選択制DCのように掛金の拠出に選択肢があったり、運用を自己責任で行う必要があったり、受け取り方によって税金が変わったり…と、従業員側になんらかの対応が求められるシーンも多く、正しい理解や知識を持っておくことが重要となります。 近年、多くの企業が確定拠出年金を導入しており、退職金と併用されるケースだけでなく、退職給付制度を確定拠出年金に一本化するケースも多くなってきています。 この機会にぜひ退職金と確定拠出年金の違いを正しく理解するとともに、自社に確定拠出年金が導入されている場合には、規約の内容やご自身の資産運用状況を確認してみてはいかがでしょうか。 クミタテル編集部 クミタテル編集部が退職金や確定拠出年金などの情報をご紹介していきます。 特に、バブル入社世代が続々と 60 歳を迎える 2020 年代後半に向けて、シニアの雇用をどう継続し、戦力として活用していくのか、あるいはいかに人材の代謝を促進するのか、速やかに自社における方針を策定し、施策を実行していくことが求められます。 多くの日本企業における共通課題であるイグジットマネジメントの巧拙が、今後の企業の競争力を左右するといっても過言ではありません。 シニア社員を「遊休人員化」させることなく「出口」へと導くイグジットマネジメントを進めるために、まずは現状分析をおすすめします。

次の

「確定拠出年金」と「厚生年金基金」の違いとは?

確定拠出年金 退職金 違い

山崎俊輔 1972年生まれ。 中央大学法学部卒業後、企業年金研究所、FP総研を経て独立。 老後に向けたお金作りのアドバイスが得意。 投資教育と確定拠出年金の専門家でもある。 マンガやゲーム、アニメ好きといったオタクFPの一面もあり、マンガの蔵書は約4000冊。 今さら聞けない!確定拠出年金と退職金の違いとは? 退職金も確定拠出年金も単に「退職時にもらえるお金」という認識になっていませんか? 実はその認識は大間違い! まずは両者の根本的な違いを知りましょう。 退職金は会社まかせ 退職金は、資金準備から給付まで全て会社が責任を負って行います。 一般的には勤続年数によって受取額が増えていき、退職時に一括で受け取れます。 全てを会社にまかせていいのでラクチンですが、会社の業績に左右され、退職時の景気によっては減らされることも。 会社が倒産なんてことになれば、退職金はまずもらえないでしょう。 また、もし定年前に自己都合で退職した場合、一般的に退職金の3割程度が減額されるケースが多いです。 退職金の特徴• ・資金準備から給付まで会社責任• ・給付額は退職時の会社の業績に左右され、減らされることもある 自己都合による退職の場合は減額されることが多い• ・在職中の役職や勤続年数で、退職金額が変わってくる。 退職時に受け取れる• ・受給時に退職所得控除の対象となる 確定拠出年金は自分で運用 一方、確定拠出年金(企業型DC)の運用は自己責任。 基本的に掛金や口座管理手数料などは会社負担となりますが、運用方針や運用商品は自分で決めなければなりません。 運用というと、投資をしないといけないと誤解されがちですが、確定拠出年金の中には必ず定期預金のような元本確保型の商品もあるので、上手に組み合わせて活用すれば元本割れのリスクを気にしすぎる必要はないでしょう。 確定拠出年金は運用の手間はかかりますが、会社が不景気だろうが、倒産しようが、個人の財産として会社とは切り離されているので、その資産は確実に守られます。 ただし、老後の資産形成を目的にしているものなので、60歳になるまでは受け取れません。 また、解約はできず、定年前に転職や退職をしても、その時点では受け取れず、口座を転職先の企業型DCや個人型確定拠出年金(iDeCo)に引き継いで運用を続けていきます。 そうした制約がある分、税制面での優遇が大きいのも特徴です。 受け取り方は、一時金としてまとめて受け取ることも、年金払いで受け取ることもでき、この2つを併用することも可能です。 確定拠出年金(企業型DC)の特徴• ・運用は自己責任• ・会社の業績に左右されずに個人の財産として守られる• ・受け取れるのは60歳以降。 受け取り方法は一時金払い、年金払い、両者併用から選択可能• 確定拠出年金加入前、加入後によくある疑問にファイナンシャルプランナーの山崎俊輔さんが回答します。 確定拠出年金への加入か退職金前払いかが選べるといわれました。 入らないということは、定年時にまとまって受け取れるお金がなくなるということになるので、将来に対して不安を残すことになります。 金額的なことを考えても、前払いでもらった場合は所得税や住民税、社会保険料が引かれてしまうので、手取りとしては3割ほど減ってしまいます。 勤め先で従来の退職金から確定拠出年金制度に切り替わると聞きました。 退職金はまったくもらえないのでしょうか?それとも両方の恩恵を受けることができるのでしょうか? 会社の退職金制度によります。 確定拠出年金1本でいくという会社もありますが、退職金と確定拠出年金の2本立てにしている会社もあります。 また、過去の退職金の権利は、確定拠出年金に引き継ぐ場合と退職金として変わらない場合があります。 まずは会社に確認してみましょう。 転職します。 前職では確定拠出年金制度がありましたが、転職先にはありません。 転職先の会社に確定拠出年金制度がない場合は、基本的に個人型の確定拠出年金に移行させることになります。 口座ごと引き継ぎ、引き続き60歳まで積立・運用することができます。 あるいは、個人型に移行させたのち、月々の拠出はせずに運用指図者として運用だけを行うこともできます。 確定拠出年金は運用中のプランの見直しが必要ですか? また、どういうポイントを見て判断すればいいのでしょうか? 運用する金融商品の見直しは、基本的には年に1回あるいは数年に1回で十分だと思います。 定期預金などの元本確保型商品と投資信託などを自由に組み合わせられるので、自分にとって何割くらい投資に回すのが適切かを考え、シミュレーションしてみてください。 確定拠出年金は長期運用していくものなので、頻繁な売り買いはしない方がベターです。 確定拠出年金を受け取る時は、一時金としてまとめて受け取るのと、年金払いとどちらがお得ですか? これは受け取る時の税制によって変わってきます。 一時金の場合は退職所得控除の対象、年金払いの場合は公的年金等控除の対象となるのですが、控除額は税制改正で変わってくるので、最新の税制を見て判断するのがよいでしょう。 確定拠出年金も従来の退職金も、どちらも老後の生活に備えるものとしてできた制度。 終身雇用の時代が終わりつつある中、勤め先に確定拠出年金がある場合はしっかり活用して、会社に代わって自分の手で老後に備えていきましょう。

次の