アクノロギア。 【モンスト】アクノロギアの評価と運極おすすめ度

アクノロギア (あくのろぎあ)とは【ピクシブ百科事典】

アクノロギア

『』の登場人物。 CV: 概要 魔法界の歴史上、最もだったと言われる。 通称 黒魔導士ゼレフ。 かつてをする教団がと崇め、Rシステムによりを企んだ。 呪歌「」はゼレフの作り出した黒魔法であり、やなど強力な「」をたくさん作りだした。 彼の名は400年が経った今もなお、悪の心に染まった黒魔導士たちの尊崇の念をかき集めてやまないのである。 …などと思われていたのだが実はゼレフはの体を持ち、400年のあいだ生きていた。 Rシステムの建造はやがてに利用され、七眷属のが勝手にゼレフの名を騙り、反乱奴隷の頭目だったを唆したものに過ぎなかったのである。 やがて悪魔の心臓により発見され擁立されそうになるも全ての記憶を取り戻し、「祖国」へと帰還した。 ゼレフの体は「アンクセラムの黒魔術」という古い「矛盾の呪い」に掛かっている。 命を尊く思うほど人の命を奪い、をうまく使えなくなる。 命の重みを忘れれば、魔法を使うことができる。 関連イラスト 以下ネタバレにつき閲覧注意 ネタバレ 本名。 かつてミルディアン魔術学院に通い、子供にして学院創立以来のと言われるほどの魔導士だった。 幼くして亡くなったナツの死を切っ掛けに、生と死に関するを始め、その過程でRシステムやエクリプスを作り出した。 それを教授達から「弟であるナツを蘇らせるための危険思想」と指摘され、学院の処分を受ける。 その処分を通告されたその時、学院が信仰するアンクセラム神の怒りに触れて「アンクセラムの黒魔術」の呪いにかかり、教授や生徒達を死なせてしまう。 の体と周囲の生命を枯渇させる力から「死にたい」と願い、エーテリアスを生み出した。 いずれも自分を殺すには至らず「最後」に大切に保管していたナツの体を使い「END(エーテリアス・ナツ・ドラグニル)」としてした。 X686年にマグノリアの西の森で「」創設期メンバーと出会い、に魔法を教えていた。 X784年、天狼島で「妖精の尻尾」のメンバーに見つかり、ナツと再会をする。 「悪魔の心臓」の襲撃に憤り、遭遇したウルティアに島から出ていくように言うも、魔法を扱えず捕まる。 がとを襲っている時に意識を取り戻し、ザンクロウを死なせる(完全に巻き込まれた形であり、ゼレフに明確な殺意は無かったらしい)。 敗北した達の戦艦に自ら赴き、「アクノロギアを呼んだこと」と「自分に命の重みを忘れさせたこと」に対する罰としてハデスを殺した。 X791年の大魔闘演武では「」に潜入させていたオーブラを通して様子を見ていた。 そして、 この世界を滅ぼすことを決めメイビスに宣戦布告した。 「冥府の門」本拠地にてナツにENDに関して発言を残して消えた。 また、フェイスを破壊したナツの前にENDの書を回収するため現れ、最終的に必要なくなった「冥府の門」マスターをしている。 つまりこの男は、序盤最大の敵だったの頭目2人を最終的に死に追いやっているわけである。 X792年アクノロギアに彼も人間も殲滅するために再び竜王祭が始まることを告げる。 彼のもう一つの名は 「皇帝スプリガン」(醜い妖精)。 西の大陸の皇帝として君臨していたゼレフは、配下のと共にマグナリアの完滅を目指し、自らも進軍する。 イシュガルに侵攻した際、そこに現れたナツと遂に直接対決する。 そして、彼が発動した「モード炎竜王」なら自分を倒せるかもしれないと希望を感じ、死ぬ前に自分とナツに関する全ての事実を伝えた。 ナツ達が退却した後、自分を止める者がいなくなったことで迷いが消え、再び兵を進軍させる。 が発動した「ユニバースワン」の影響でに飛ばされ、そこで「妖精の心臓」から復活したかつての恋人と対面する。 の魔法で彼女を捕らえた後全員を招集し、ナツ達を迎え撃つ。 の死後、真っ先にギルドに現れたに自らの「真の目的」を明かし、ナツの本気を引き出すパーツとしてを殺そうとするが、駆けつけたナツとの最後の戦いに出る。 ナツとの戦いを「楽しい」と微笑する最中、自分を助太刀にきたに怒り彼の心臓を貫いた挙げ句、自分の手で始末した。 その事でナツの怒りを買うと弟としての情で止めようとするナツと再び戦う。 自身の目的が「ネオ・エクリプス」で400年前の自分に戻ると同時に、この世界を消滅させる事だと伝える。 自分を倒しに駆けつけたメイビスを捕らえ、彼女の全魔力を吸収する事で妖精の心臓の力を得て白魔導士へと変貌した。 そしてメイビスの口づけにによって共に光となって消滅した。

次の

【モンスト】アクノロギアの評価と運極おすすめ度

アクノロギア

攻略Twitter 攻略情報一覧• 最新ニュース・速報• ランキング 注目ランキング• その他のランキング• ガチャイベント• 定期開催ガチャ• クエスト攻略• SAO第2弾コラボ• EXステージ等• 英雄の神殿• ノマクエ・ランク上げ• システム関連• チェッカーツール• お役立ち情報• 育成素材の入手方法• 初心者おすすめ記事• 適正クエストやアビリティ・SSなどステータス情報も掲載しておりますので、『アクノロギア』の性能評価の参考としてご活用ください。 特殊な組み合わせですが3種のギミック対応力を持ち、ドレインやダッシュなども付いた、超究極キャラらしい性能と言えるでしょう。 コラボ超究極キャラとして登場! アクノロギアはフェアリーテイルコラボの超究極キャラとして登場します。 クエストの出現方法はダイナ方式なので、挑戦するにはある程度コラボクエストを周回する必要があります。 普通の降臨キャラであれば後回しで良いものの、コラボキャラのためこの機会に運極を作らないと次はもうない可能性もあります。 代用の利きづらい性能ですので、コラボ期間中に必ず運極を目指すべきキャラと言えるでしょう。 運極達成にはコラボ降臨の周回が必要 超究極ですがクエスト自体は難しくありません。 ただ出現方法がダイナ式のため、アクノロギアを運極にするにはコラボクエストをかなり周回する必要があります。 コラボ降臨キャラを全て運極にする方であればアクノロギアの運極も簡単ですが、時間がない方は運極の難易度は高いものと言えます。 アクノロギアのわくわくの実・神殿 おすすめのわくわくの実 おすすめの実 推奨理由 速必殺 やや重めのSSをより短く使用可能 同族・加撃 加撃系の中で最も強力 英雄の書は使うべき? 英雄の書のおすすめ度 C キャラが好きなら おすすめはしない 既存のクエストにおいて現状明確な使い道のないキャラです。 キャラが好きという方以外の英雄の書の使用は活躍の場ができてからで問題ないでしょう。 また、ドラゴンキラーやドレインまで搭載しており、非常に豪華な6種アビリティとなっています。 自強化で動き回った停止後に全敵に向かってメテオ攻撃を放ちます。 メテオ攻撃は属性倍率・キラーが乗るため、光属性相手であれば約32万のダメージとなります。 また、光属性のボスに対してであれば約200万ものダメージを出すことができるので、自強化部分と合わせての総火力には期待ができるでしょう。 アクノロギアの短所・弱い点 明確な使い道は少ない 希少なギミック対応力が故に、持ち物を全て活かせるクエストはほとんどありません。 それぞれのギミック対応のクエストが主な活躍の場になりますが、優先して編成することはあまり多くないかもしれません。 ダンク系の友情である上に、壁から出てくることも考慮しなければならないためある程度の慣れが必要です。 貫通タイプなのでパラドクスよりは活かしやすそうですが、理想火力を出すには各キャラの配置が大きく影響してくるため、安定して高火力が出すことは難しいでしょう。 60 ゲージ成功 38725 420. 43 キラー発動 37240 進化前のSS・友情コンボ SS(ストライクショット) 我が全てを喰らってやろう 12ターン スピードがアップ 友情コンボ ウォールスルーバレット 威力 18304 キラー 27456 壁をすり抜ける貫通属性弾をふれたキャラの進行方向に発射 モンスト攻略 関連記事 フェアリーテイルコラボ降臨キャラ アクノロギア モンストの各種リンク モンスト各種リンク !注目の人気記事! 以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前•

次の

アクノロギア (あくのろぎあ)とは【ピクシブ百科事典】

アクノロギア

その正体は400年前に起きた人間との共存を巡る竜族間の戦争 竜王祭にて、共存派のに滅竜魔法を与えられ、最終的に竜の王になった 滅竜魔導士のである。 力をつけ過ぎたことで共存派の竜まで殺し、竜のを浴び続けた結果、が竜に変化してしまったらしい。 一方、は「アクノロギアはに近く、ゼレフが滅竜魔導士をアクノロギアにした」と推測している。 人間の姿に戻ることもでき、人間時は黒いマントを纏い長髪で体中に紋様がある褐色肌の男性の姿をしている。 霊峰ゾニアにてを奇襲してアッサリと倒して去り、S級魔導士昇格試験の最中にて天狼島に出現し、達に攻撃を仕掛けた。 その際、を奇襲した時の力を出しておらず、 「遊んで」いただけであった。 ナツ達と「」との戦いでは、ENDを破壊するために現れナツの体から出現したと戦い、死闘の末、を食い破られながらもし再び姿を消した。 X792年には人間の姿でどこかのに潜伏して傷を癒していた時にゼレフと再会し、彼との会話から久々に本気を出せる時が来ることを知ると不敵な笑みを浮かべ、「」とアルバレス帝国との戦いでは竜の姿に変化し人知れず動き出す。 東方のと聖十大魔道との戦いに突如として乱入し、自分を倒そうとするゴッドセレナを人間の姿のまま撃破。 その後は「完全なる滅竜」を目指し、再び霊峰ゾニアに赴きと戦うが、彼女が発動した「ユニバースワン」でどこか遠くに飛ばされた。 そしてアイリーンの死後、「ユニバースワン」が解けたことで、フェアリーヒルズに飛ばされたエルザとウェンディの前に現れ、アイリーンが滅竜魔法の創造者であることに気付いて「我の罪」として彼女の遺体を傷つける。 一度は時の狭間に閉じ込められるものの、時の魔力を喰らうことで復活し、最終的にはナツたち滅竜魔導士と衝突し、ナツの七炎竜の鉄拳の前に敗れ去り消滅した。 今際の際にナツこそが「王にふさわしい」と称えたが、当のナツからは「王になんかなりたくねぇよ」と笑顔で返された。 魔竜 滅竜魔導士は、己の体質を各々の属性の竜に変換して身体能力を強化し、自らの属性の物質を食べることで体力回復・強化が可能で、それぞれに己の属性の物を操ることができる。 これが滅竜魔法の基本であり、滅竜魔導士はそれぞれ属性を持つ。 しかし、アクノロギアには 属性が無い。 アニメ版 原作ではあまり触れられなかったアクノロギアの過去だが、アニメ版ファイナルシーズンにおいて、これがさらに掘り下げられている。 以下ネタバレ注意。 彼のアクノロギアという名前は本名ではなく、あるドラゴンの名を自ら引き継いだもの。 そのドラゴンの名は プロトン・アクノロギア CV. 以下プロトンと呼称 プロトンは秘境モンテス・セクレタに守り神として生息しており、人類との共存を願う穏健な性格だった。 事実、この秘境では人と竜が共存を果たすことに成功している。 そんな彼には自身を治療してくれる青年医師の友人がいた。 この青年医師こそ、 竜と化す前の人間時代のアクノロギアである。 ちなみに当時の名は明かされていない。 プロトンと医師はとても親しかったが、あるときプロトンは西の大陸で滅竜魔法が生み出されたことを知ってしまい、それを医師に打ち明けた。 人と竜が争うという耐え難い現実に医師は自分の力ではどうにもできないと嘆く。 そこでプロトンは西の情勢を確かめるべく秘境を後にして旅立ったが、これがのちの悲劇の引き金となってしまう。 プロトンは滅竜魔導士の力を目の当たりにしたことで人間に対して怒り狂ってしまい、再び医師と再会した時には人間を滅ぼすべく完全に敵対することに。 プロトン率いるドラゴンたちの蹂躙によって全てを失ってしまった医師は次第にドラゴン 特にプロトン に対する憎悪にまみれていき、 とうとう滅竜魔法の会得という暴挙に踏み切ってしまう。 それからは各地を放浪しつつ会得した滅竜魔法で次々にドラゴンや共存を謳う人間たちを血祭りにあげていくが、憎しみのあまりいつしか自分自身の名を忘れてしまっていた。 それでも自分から全てを奪ったプロトン・アクノロギアの名だけは忘れられなかったため、竜への憎しみを忘れないためにアクノロギアの名を自身に刻みこんだ。 やがて前述のようにドラゴンの返り血を浴びすぎて自らの肉体が竜と化し、このときから自らを 竜王と名乗るようになる。 こうして漆黒の竜王アクノロギアが誕生した。 彼はナツに撃破されるまで、消えることのないドラゴンへの憎悪と破壊衝動のままに永き時を生き続けてきた。 その比類なき力ゆえに全世界から畏怖の対象となっていたアクノロギアだが、 結局は彼も"アクノロギア"という呪縛から逃れられなかった1人の哀しき男に過ぎなかったのである。 関連イラスト.

次の