プラモ ニッパー。 【プラモデル工具】オススメのニッパーと、正しい使い方とは?

【プラモ初心者必見】プロモデラーがおすすめする便利なツールを大紹介!GWはガンプラなどのプラモ作りに挑戦!

プラモ ニッパー

【 もくじ 】• 1.パーツをキレイに切り離せるニッパー ニッパーも安いのから高いのまで色々ありますけど、それぞれ使いやすさが大きく違ってきます。 写真は左がタミヤの「薄刃ニッパー」、中央はタミヤの「モデラーズニッパー」、右は100円ショップで買ったニッパーです。 「薄刃ニッパー」が一番刃が薄くて刃の合いも良く、動きもスムーズで切れ味が良いです。 「モデラーズニッパー」は薄刃ニッパーより刃が厚く、精度もちょっと劣る感じ。 動きはスムーズです。 100均のニッパーは切れ味が悪いし、何より刃先が厚くて細かいパーツのカットには向いてないです。 ゲートの断面は薄刃ニッパーが一番キレイです。 モデラーズニッパーは千切ったような感じ、100均のは押しつぶしたような感じでしょうか。 実際に使ってると、「薄刃ニッパー」が一番使いやすく、細かい部分のパーツもストレス無く切り離せます。 もう10年以上使っていて若干ガタが出てますけど、通常使ってる分には不自由なく、耐久性も問題無いと思います。 「モデラーズニッパー」は通常のパーツであればそこそこ使えますけど、細かいパーツのカットは使いにくいです。 100均のニッパーは切れ味悪いし、何より刃が厚すぎるのでちょっと使えないです。 他社からも色々発売されてますけど、迷ったらタミヤの薄刃ニッパー買っておけば間違いないと思います。 amazonでも高評価です。 部品を切り離す時は、基本的に部品からちょっと離れたところをカットして、残ったゲート跡はデザインナイフでカットして仕上げるのが、一番失敗が少ないです。 確実にキレイにしておきたい場所の場合は、さらに800~1200番程度のペーパーで均してやれば、ゲート跡の処理はほぼ問題無いと思います。 ゲートを残し気味にカットするのは、ギリギリで切り取ると左の写真のように、ゲート部分がめくれてしまう場合があるからです。 特に ゲートが太い場合になりやすいです。 こうなるとパテ埋めして修正するしかないので、カットした部分が完成後に目立つ場所にある場合は、多少面倒でもゲートを少し残し気味にしてカットして、デザインナイフ等で仕上げるのが安全です。 こういう丸まった部分もギリギリでカットすると、右の写真みたいに部品の一部もカットしてしまう場合があるので要注意。 細かな部品の場合は、タミヤの薄刃ニッパーであればギリギリをカットしてもゲート跡はあまり目立たないので、問題無いと思います。 個人的には、確実にキレイに処理したい場所の場合は、ゲートを残し気味にしてデザインナイフやペーパーで仕上げて、そこそこで良い小さな部品などは普通にギリギリでカットしてます。 ただ、ぎりぎりでカットした場合でも、デザインナイフやペーパーで軽く均しておく場合が多いです。 あと、細くて折れやすい部品は、端の方から切り離していくと折れにくいと思います。 3.透明パーツの切り離し方 透明パーツは 通常のパーツに比べて脆く、ヒビが入りやすいので、ギリギリでカットすると、左の写真のように白くめくれてしまいやすいです。 こうなると修正のしようが無く、完成後に見えない所なら問題無いですけど、見える場合はどうにもならないです。。 なので、透明パーツは小さな部品でも必ず部品から少し離れた所を切り離して、残ったゲート跡はデザインナイフやヤスリで仕上げた方が安全です。 特にゲートが幅広いパーツの切り離しは、透明パーツの中でも注意が必要です。 こういった幅広のゲートの場合、部品から離れた所をニッパーでカットしても、部品にヒビが入ったり白くめくれたりする場合があります。 特に写真の場合はニッパーが入るスペースも無いので、こういった場合はエッチングノコギリを使ってカットしていきましょう。 写真はハセガワの「TP-3 モデリングソー」を使用。 力はあまり入れず、何度も往復させてカットしていきます。 カットできました。 残ったゲート後はある程度まではデザイナイフ等でカット。 このとき刃は新品を使い、少しずつカットしていきます。 一気にカットすると断面が白くなり、目立つ可能性大です。 切れ味の悪い刃でも白くなりがちで、キレイになりにくいです。 最後はペーパーがけでキレイにします。 写真は800番で面を整え、1200番でなめらかに仕上げてます。 エッチングのこぎりが無い場合は、Pカッターでも代用出来ます。 軽い力で何度もひっかくようにゲート部分に浅いV字溝を掘り、9割程掘れたら何度か折り曲げてそのまま切り離すか、デザインナイフ等でカットします。 リューターがあれば、ノコギリ状の円盤ディスクでカットすると、あっという間にカット出来て便利です。 4.メッキ部品の切り離し、ゲート跡処理 メッキ部品の切り離しは、アンダーゲートになっているパーツは丁寧にゲートを切り離せば、カット跡は見えなくなるので問題無いんですが・・ 問題なのは、普通のゲートの切り離し跡。 A.つや消しメッキパーツのゲート跡処理 写真の様な感じで、ゲートを切り離した所のメッキが無い状態になって、目立ってしまいますよね。 このゲート跡はつや消しのメッキなら、タミヤの「ペイントマーカー X-11 クロームシルバー」がメッキと同じような色で、比較的目立ずタッチアップできます。 ペイントマーカーはエナメル溶剤で用具の手入れをするよう記載があるので、エナメル系塗料だと思いますけど、通常のビン入りエナメルのクロームシルバーより輝きがある気がしてます。 ペイントマーカーの先に小筆をこすって塗料を移し、ゲート跡に塗ってやるとあまり目立たずに修正出来ます。 マーカーで直接塗っても問題ないですけど、付きすぎたりしないよう注意しておきましょう。 B.つや有りメッキパーツのゲート跡処理 艶有りのクロームメッキパーツは、塗装だと塗ったところが分かってしまうので、ハセガワの「ミラーフィニッシュ TF-1」を貼って処理すると、けっこう目立たずに仕上がってくれます。 「ミラーフィニッシュ TF-1」をゲート跡より少し大きめにカットして、ゲート跡部分にピンセットで貼り付けます。 あとは、綿棒等で押さえて密着させれば完成です。 パッと見は輝きも同じような感じで、けっこうパーツに溶け込んでくれてますが、近くで見ればやっぱりシールを貼ってるのは分かります。 完璧に処理したいと言う場合は、塗装するしかないかな、と思います。 ただ、「メッキシルバーNEXT」で塗装するとある程度メッキと同じ輝きが再現出来ますけど、艶有りのピカピカのメッキは塗装での再現はち無理です。 なので、メッキを剥がすかどうかはケースバイケースで対応していくと良いと思います。 関連ページ.

次の

プラモデル製作で使用するニッパーの解説|ラブプラ

プラモ ニッパー

ランナーからの切り離しやゲート処理、パーツの切断や穴開け、デカールのカットなど切断・切削は、プラモデル製作における基本作業のひとつです。 完成時の仕上がりにも影響するので、用途に応じて必要なツールを揃えましょう。 [toc] ニッパー ニッパーは、パーツをランナーから切り出したり、プラ棒や金属線などの素材をカットするときに使用するツールで、プラモ製作に欠かすことのできないアイテムのひとつです。 ニッパーには、切断対象の素材やその用途によりいろいろな種類があります。 誤った使い方をすると、パーツを破壊したり、ニッパーの刃こぼれや刃先が欠けるなど道具として使えなくなってしまうこともあるので、素材や用途に適したニッパーを使用しましょう。 プラスチックニッパー ランナーとパーツの隙間が狭い場合でもカットしやすいように、刃の部分を薄く仕上げたプラモデル専用ニッパー。 材質は特殊合金鋼で、刃は高周波焼入れ処理されているので切れ味抜群です。 また、グリップ部はゾルコーティング仕上げで滑りにくくなっています。 管理人お薦めのニッパーです! 【タミヤ】 精密ニッパーの刃先をより細く、薄く、シャープにしたニッパー。 ランナーとパーツの隙間の狭いパーツや細かいパーツのカットに最適です。 特にゲート切断時に破損しやすい細長いパーツのカットに威力を発揮します。 グリップ部は握りやすい特殊ゾルコーティング仕上げ。 【タミヤ】 強力ニッパー 主に金属線をカットするときに使用するニッパー。 特にステンレス線やピアノ線などの硬線のカットには、それらの素材がカットできるニッパーを使用しましょう。 また、強力ニッパーでプラスチックをカットするとひび割れや破損の原因になるので、使い分けが必要です。 【花園工具】 マイクロニッパー 精密機器等の組み立て・修理、電子部品等の切断用工具として開発された小型ニッパー。 銅線や軟線が切断可能で、エッチングパーツをカットできるものもあります。 また、プラスチックもカットできるプラモ製作に最適な優れものもあります。 【MINESHIMA】 ナイフ・カッター ナイフ・カッターは薄手の刃を有する刃物で、カッター、デザインナイフなどプラモ製作全般にわたり使用頻度が高いツールです。 文房具としても広く認知されているカッター以外に、切削対象や用途によって様々な形状があります。 形状別では円盤状の刃の「ロータリーカッター」やプラスチック板を切る「Pカッター(アクリルカッター)」、ペンタイプで細かい加工に適した「デザインナイフ」・「アートナイフ」、円形に切り抜ける「コンパスカッター」などがあります。 使用頻度がとくに高いデザインナイフやアートナイフは、刃先が欠けたり切れ味が落ちやすいので、刃を頻繁に交換する必要があります。 カッター 模型作りや工作に欠かせない広く一般的に使われている小型カッター。 【タミヤ】 【OLFA】 デザインナイフ カッターに比べ刃先が鋭角で、スライドマークやマスキングテープのカットなど、特に細かな部分のカットに適しているナイフ。 ペンタイプで持ちやすく、刃のがたつきがないので作業性は抜群です。 【タミヤ】 【OLFA】 モデラーズ(アート)ナイフ ゲート処理やパーティングライン消し、パテ盛り後の成形などに最適なナイフ。 刃を立てて削る作業でも刃こぼれしにくいのが特徴で、パーティングライン消しなどプラスチックを削るのに最適です。 【タミヤ】 【OLFA】 モデラーズ(アート)ナイフ PRO モデラーズ(アート)ナイフのハイグレード版。 直線刃、曲線刃、平刃の3種類の刃で幅広い用途で使えます。 滑りにくいラバーグリップを採用し、刃の固定が確実な金属製チャックはモデラーズ(アート)ナイフの替刃も使えます。 【タミヤ】 【OLFA】 Pカッター アクリル・塩ビ板などの硬質プラスチック板専用カッター。 のこぎりでの切断に比べきれいな切断面が得られます。 カッターの刃を押し付けながら引いて切り込みを繰り返し入れていき、ある程度まで切り込んだらプラスチック板を折ることで切断します。 また、スジボリにも利用できます。 折った刃先を机の上に放置したりそのままゴミ箱に捨てるのは危険です。 使用済みの刃先やナイフの刃は安全刃折器で処理しましょう。 刃がいっぱいになったらそのまま捨てる使い捨てタイプで処分も簡単です。 カッターでは切断できない金属や一定の厚みの素材が切断できますが、刃の厚み分の削りしろとなるため、素材はその分短くなります。 ニッパーの刃先が入りづらいところやクリアパーツなどをランナーからの切り出す場合にも活躍します。 また、エッチングのこは切断以外にスジ彫り用としても応用できます。 カッターのこ プラモデルの改造に便利な小型のこぎり。 カッターやデザインナイフ感覚で扱えて、刃の目が細かくカットしやすいので切断面がきれいに仕上がります。 刃は、良く切れるだけでなく硬くて粘りがあり適度にしなるので、折れずに元に戻ります。 【タミヤ】 エッチングのこ 通常のノコギリでは切り幅が広くパーツの長さが変わってしまいますが、エッチングのこなら切り幅を気にせず切断できます。 とくにタミヤの精密ノコギリは、刃のブレが少ないので軽快に作業でき、モデラーズナイフやオルファのアートナイフに装着することで確実な作業が可能です。 刃は直線形状やR形状などがあり、用途に応じて使い分けられます。 【タミヤ】 薄刃のこ 鋸職人が目立ているので、エッチングのこをはるかに超える抜群の切れ味です。 直線切り以外にも曲線切りやスジボリに適したタイプやアルミなどの軽金属の切断切り込みに適したタイプ、レジンの加工に特化し特殊なアサリを付けたタイプもあります。 【PLATZ】 その他の切削・切断ツール はさみ 手軽にかつ安全に素材を切断できるはさみ。 薄いプラ板や金属板、細い金属線やマスキングテープ、デカールなど幅広い用途で活躍します。 切断する対象物の大きさや素材などによってはさみの大小や刃先の長短の使い分けが必要になります。 また、エッチングパーツ専用ばさみやプラ板・金属板専用の切り口が反りにくいはさみもあります。 【タミヤ】 【エンジニア】 ピンバイス 精密な穴開け加工に欠かせないピンバイス。 100円ショップでも入手可能ですが、ドリル刃の交換できなかったり精度や切れ味のことを考えると模型専用品をお薦めします。 1mm~3mm程度までのドリル刃に対応したドリルチャックが付属しているタイプであれば、様々なシーンで活躍します。 【タミヤ】 【ANEX】 ポンチ・リーマ 革や布、紙などのドリルでは穴を開けにくい素材の穴開けに便利なポンチ。 10mm以下の円の切り出しに大変便利です。 マスキングテープや0. 5mmくらいまでのプラ板の穴開け、円状のスジボリにも応用できます。 【DIA T】 ドリルやポンチなどで空けた穴を拡大したり、形状を整えたりするリーマ。 円錐形の本体に刃が付いていて、手回し穴の内面を削ります。 穴のサイズを微妙に調整するときに欠かせないツールです。 プラモ製作には、孔開範囲が直径3mm~12mmくらいのものがあれば良いでしょう。 【SK11】 【エンジニア】.

次の

色々なニッパー使ってみた

プラモ ニッパー

「プラモデル製作に興味はあるけど、どんなツールが必要かわからない……。 」そんなプラモデル初心者の方のために、プロモデラーの桜井信之氏がおすすめする便利なツールを紹介します。 自分の時間がたっぷりとれるゴールデンウィークは、ぜひガンプラやいろいろなプラモデルを作ってみてはいかがでしょうか。 というわけで、ビギナーでも必要なもの順に数点のツールをご紹介します。 jpの販売ページが開きます。 記事公開後に変更になる場合がありますので、Amazonのサイトでご確認ください。 初心者だからといって安価で切れ味の悪いものを使うとかえって難しく、失敗率が高いのがこのニッパーといえるでしょう。 そのなかで価格と性能のバランスが優れていておすすめなのがこのニッパーです。 このニッパーの特徴は片刃タイプという点。 通常のニッパーは両側に刃が付いているので、ゲートに対して両側からアプローチしゲート中央部で切断、パーツを分離します。 この場合、パーツのカットポイントがゲート中央部となるのでカットラインがわりと目立ちます。 ところが片刃タイプのニッパーの場合刃のアプローチが片側からのため、カットポイントは刃のない側に接している箇所になります。 ですので、パチ組み派でゲート処理を行わないのであれば片刃タイプのものを選ぶのは有効でしょう。 こちらも同じ片刃のHGタイプです。 ゲート跡やパーティングラインをきちんと消してより美しく仕上げたいのであれば必需品です。 ヤスリにもさまざまな種類があるのですが、もっともベーシックなのが金属製の棒ヤスリでしょう。 このヤスリセットは「平・半丸・丸」の3本セットで、この3種類があればほとんどのパーツに対応可能。 このヤスリは対象物を切削するための目が二本交差しているためにダブルカットと言われています。 目の粗さは中目で、切削力も十分でゲートを削るには十分です。 ちなみにこちらは細目タイプ。 目が細かいので当然切削力は中目に比べ弱いですが、その代わり切削面が美しく仕上がります。 ただし細目ヤスリでゲートを1ミリ削るのはかなり時間もかかり適していません。 仕上げ用と考えるのがいいでしょう。 そこで必要なのが紙ヤスリです。 このセットは400・600・1000番のセットです。 こちらは800番の単品売り。 セットには800番が含まれていないので一緒に揃えておくといいでしょう。 プラモデル作りを進めていくと、どの番号がもっとも消費するかがわかってきますので(それぞれの作り方や好みによっても異なりますが)慣れてきたらセットではなく好みの番手を個別で購入するといいでしょう。 そこで平面が出ている板やブロックに巻きつけたり接着したりして使用することがあります。 この手間をなくして、平板状のベースに取り付けたものがこちらの商品です。 ハードタイプとソフトタイプとは、紙ヤスリが貼りつけてあるベースのことで、ハードタイプは平面や直線出しをするのに使用し、ソフトタイプがはベースに弾力があるので曲面の処理に適しています。 対象物に合わせて使いわけるといいでしょう。 接着剤も通常タイプと流し込みタイプに分かれるのですがここでは流し込みタイプをおすすめします。 流し込み接着剤も各社から発売されているのですが、入手しやすく、大変性能がいいのがこちらです。 とにかく接着剤の流し込み痕が目立ちにくく、少量の使用の場合乾燥時間も早く使い勝手がいいのが特徴。 使用方法はパーツ同士を合わせ、その隙間に接着剤を流し込み接着します。 流し込みには付属のハケを使いますが、面相筆を使用するとより接着しやすく、美しく仕上げられますよ。 瞬間接着剤にも低粘度・中粘度・高粘度・ゼリー状と数種類の粘度が存在しますが、まずは高粘度がおすすめ。 低粘度タイプはサラサラで、慣れずに使用するとモールドやスジ彫りに流れ込んでしまいこうなると修復は困難だからです。 そこで、パーツに塗布し接着後、硬化スプレーをひと吹きすることで文字通り瞬間的に接着することが可能となります。 むしろ瞬間接着剤は、この硬化スプレーとセットで使用することをおすすめします。 もともとは文具ケースなのですが、ソフトタイプで鞄に入れての持ち運びに適しています。 私はイベント会場などで実演するときなどに、このケースにツールを入れて持ち運んでいます。 自宅でもツールの保管に優れているので個人的にはおすすめの一品。 ちなみに私はケースに以下のツールを収納しており、塗装以外の工作であればほぼ対応することができます。 ニッパー• ヤスリ(金属・紙・スティック)• デザインナイフ• 各替刃• ピンセット• 接着剤(流し込み・瞬間)• 瞬間接着剤硬化スプレー• 1~3. 0まで0. 1ミリ刻みで30本)• 15センチ定規• プライヤー• エッチングプライヤー• 模型用マーカー• パーツセパレーター• ドライバー• 精密ドライバー• はさみ• エッチングバサミ• 爪楊枝• 練り消しゴム• スポイト 以上、プラモデル初心者におすすめのツール紹介でした。 みなさんもぜひ楽しいプラモ生活を送ってくださいね! 関連情報• 関連記事•

次の