飛鳥山公園桜画像。 都電と飛鳥山公園の桜 写真素材 [ 3715807 ]

飛鳥山碑|東京都北区

飛鳥山公園桜画像

子ども達に大人気のお城 東京都北区王子にある「飛鳥山公園」の魅力を紹介いたします。 是非遊びに訪れてください。 飛鳥山公園は北区の人気NO1スポットです 江戸時代から庶民に花見の名所として親しまれてきた飛鳥山公園。 北区を代表する公園として、区内外から訪れる人も多く人気があります。 特に3月下旬から4月上旬の桜が満開の時期は、とても華やかになります。 また、児童エリアや噴水の近くなどからは、子供達の歓声が聞こえてきます。 さらに、アスカルゴに乗車したり、D51や都電に乗って遊んだり、公園から複数の電車を見下ろせる場所があるなど、鉄道ファンにも人気があります。 詳しくは、をご覧ください。 飛鳥山公園で季節を感じてください 飛鳥山公園と言えば桜が有名で、ソメイヨシノ・サトザクラなど約600本が植えられています。 また、つつじも約10種・15000株が、さらに、京浜東北線沿いには、あじさいが約1300株植えられています。 発芽・開花・新緑・落葉・枝幹など樹木の移り変わりを通して、1年の季節を感じてください。 詳しくは、をご覧ください。 散策の際には、もご活用ください。 あすかパークレールの「アスカルゴ」が人気です 飛鳥山公園に、平成21年7月、高齢者や障害者、ベビーカー利用者でも気軽に登れる自走式モノレール方式の斜行昇降施設「あすかパークレール」が誕生しました。 車両は「アスカルゴ」と呼ばれて、子どもから大人まで人気があります。 「アスカルゴ」は、車両がかたつむりに似ており、ゆっくりと飛鳥山の山頂目指して登る姿は、利用者から可愛いと好評を得ています。 無料で乗車出来ることから、飛鳥山公園利用者やショッピング等で定期的に利用される高齢者もおり、着実にファンを増やしています。 運転時間は、午前10時から午後4時まで(強風等悪天候の場合は、安全確保のため運転を中止することがあります) 満開のつつじに沿ってゆっくりと登るアスカルゴ(無料で乗車できます)• 乗降場は、王子駅中央口を左折すると目の前に「飛鳥山公園入り口」と山頂に「飛鳥山山頂」があります。 運転日は、12月29日から1月3日までを除く毎日です。 ただし、保守管理などによる運休があります。 保守日は、毎月第一木曜日です。 点検整備のため10時から12時まで運行停止となります。 詳しくは、をご覧ください。 飛鳥山公園はどこにありますか 駅からのアクセス方法• JR京浜東北線「王子駅」中央口か南口下車すぐ• 都電荒川線「飛鳥山」「王子駅前」下車すぐ• 北区コミュニティバス【Kバス】王子・駒込ルート[8][20]飛鳥山公園下車すぐ 駐車場(普通車21台、バス4台)もあります。

次の

飛鳥山公園

飛鳥山公園桜画像

子ども達に大人気のお城 東京都北区王子にある「飛鳥山公園」の魅力を紹介いたします。 是非遊びに訪れてください。 飛鳥山公園は北区の人気NO1スポットです 江戸時代から庶民に花見の名所として親しまれてきた飛鳥山公園。 北区を代表する公園として、区内外から訪れる人も多く人気があります。 特に3月下旬から4月上旬の桜が満開の時期は、とても華やかになります。 また、児童エリアや噴水の近くなどからは、子供達の歓声が聞こえてきます。 さらに、アスカルゴに乗車したり、D51や都電に乗って遊んだり、公園から複数の電車を見下ろせる場所があるなど、鉄道ファンにも人気があります。 詳しくは、をご覧ください。 飛鳥山公園で季節を感じてください 飛鳥山公園と言えば桜が有名で、ソメイヨシノ・サトザクラなど約600本が植えられています。 また、つつじも約10種・15000株が、さらに、京浜東北線沿いには、あじさいが約1300株植えられています。 発芽・開花・新緑・落葉・枝幹など樹木の移り変わりを通して、1年の季節を感じてください。 詳しくは、をご覧ください。 散策の際には、もご活用ください。 あすかパークレールの「アスカルゴ」が人気です 飛鳥山公園に、平成21年7月、高齢者や障害者、ベビーカー利用者でも気軽に登れる自走式モノレール方式の斜行昇降施設「あすかパークレール」が誕生しました。 車両は「アスカルゴ」と呼ばれて、子どもから大人まで人気があります。 「アスカルゴ」は、車両がかたつむりに似ており、ゆっくりと飛鳥山の山頂目指して登る姿は、利用者から可愛いと好評を得ています。 無料で乗車出来ることから、飛鳥山公園利用者やショッピング等で定期的に利用される高齢者もおり、着実にファンを増やしています。 運転時間は、午前10時から午後4時まで(強風等悪天候の場合は、安全確保のため運転を中止することがあります) 満開のつつじに沿ってゆっくりと登るアスカルゴ(無料で乗車できます)• 乗降場は、王子駅中央口を左折すると目の前に「飛鳥山公園入り口」と山頂に「飛鳥山山頂」があります。 運転日は、12月29日から1月3日までを除く毎日です。 ただし、保守管理などによる運休があります。 保守日は、毎月第一木曜日です。 点検整備のため10時から12時まで運行停止となります。 詳しくは、をご覧ください。 飛鳥山公園はどこにありますか 駅からのアクセス方法• JR京浜東北線「王子駅」中央口か南口下車すぐ• 都電荒川線「飛鳥山」「王子駅前」下車すぐ• 北区コミュニティバス【Kバス】王子・駒込ルート[8][20]飛鳥山公園下車すぐ 駐車場(普通車21台、バス4台)もあります。

次の

飛鳥山公園

飛鳥山公園桜画像

飛鳥山公園の桜とお花見・写真 > > > 飛鳥山公園 飛鳥山公園の桜とお花見 北区の飛鳥山公園は江戸時代からのお花見スポットで、徳川幕府の第8代将軍、徳川吉宗が江戸っ子たちの行楽の場所とするために、飛鳥山に桜を植えたのが始まりです。 その後、明治6年に上野公園などとともに、日本最初の公園に指定されました。 現在はソメイヨシノや大島桜、しだれ桜など650本の桜があり、駅からも近いので平日も家族連れなどで賑わいます。 またJRの線路沿いにも桜があるので、電車からのお花見が楽しめます。 ソメイヨシノが終わる頃には関山、普賢象、一葉、福禄寿、麒麟、白雪、日暮、松月、鬱金(ウコン)、御衣黄(ギョイコウ)など180本の八重桜が咲き始め、4月下旬まで花を楽しめます。 また道路を隔てたにも桜が植えられています。 飛鳥山公園には他に紙の博物館、渋沢資料館、北区飛鳥山博物館の3つの博物館や、遊具や蒸気機関車「D-51」と古い都電がある児童公園、噴水広場などがあります。 また公園の利用がしやすいように、車イスやベビーカーでも利用できる「あすかパークレール」(無料)が設置されています。 6月なると飛鳥山公園のふもとにある飛鳥の小径で、1300株のが見頃となります。 本数 約650本 見頃 3月下旬〜4月下旬 交通 JR京浜東北線、東京メトロ南北線の王子駅、都電荒川線の王子駅・飛鳥山駅よりすぐ。 開花情報 観光情報 天気予報 住所・地図 東京都北区王子1-1-3 飛鳥山公園の桜の写真 保存されている都電(6080)と八重桜 ソメイヨシノ 関山(カンザン) 麒麟(キリン) 鬱金(ウコン) 当サイトの文章・画像の著作権は管理人にあります。 許諾なくコピー、転載、転用することを禁止します。 飛鳥山公園の桜 お花見スポットと見ごろ・写真.

次の