基本情報 過去問。 基本情報技術者試験ドットコム

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験

基本情報 過去問

基本情報技術者試験合格のための参考書とは 基本情報技術者試験合格には、午後対策が重要 試験は午前問題と午後問題に分かれていて、合格にはどちらも合格基準点 通常6割 以上の得点が必要だ。 普通に独学で勉強すれば、午前問題の合格基準点をクリアすることは難しくない。 合否を決めるのは午後問題なのである。 よって、午前問題はさっさと終わらせ、午後問題はじっくり勉強するという戦略が必要である。 データ構造及びアルゴリズム、ソフトウェア開発分野の勉強が重要 ほとんどの基本情報技術者試験の参考書は、試験全体の基礎的な事項を網羅する参考書(基本書)の位置付けである。 よって基本書1冊読んでも午後問題の合格基準点を満足するのは難しい。 基本書では紙面の都合もあり、午後のデータ構造及びアルゴリズム分野は理解が難しく、また午後のソフトウェア開発分野の選択科目は記述がほとんどない基本書が多い。 よって、午前問題の参考書(基本書)、午後問題の参考書が必要となってくる。 合格は一発で射止める 全力で勉強して合格したら損だ! という考えを持っているのなら、そのような考え方は捨てた方がよい。 一つの目的に対して、がむしゃらに貪欲に向かう姿勢が重要だと思う。 手を抜いて合格するというより、高得点で合格するという意気込みで勉強した方が断然よい。 この試験は4人に1人しか合格しないのだから・・・ 基本情報技術者試験おすすめの参考書 午前問題おすすめの参考書(基本書) 初学者は、最初に参考書で一通り勉強した後に、問題集をすることになる。 但し、先ほど熱く語った?通り、この基本書だけでは午後の問題を解くのは難しい。 午前の問題はどちらかと言えば暗記問題であるが、午後問題は理解して解くということが必要だからだ。 よって、別途午後問題対策が必要になってくる。 そう考えると、午前問題は分かりやすく、時間をかけずにスラスラ読める教材がおすすめだ。 おすすめの参考書は下記の2つだ。 どれも午前問題対策には十分な参考書だ。 自分の好みで選べば良いと思う。 かんたん合格 基本情報技術者教科書 (インプレス) 初学者にもおすすめの参考書が、かんたん合格 基本情報技術者教科書(インプレス)だ。 難しい用語もわかりやすい言葉で書かれていて、難しいところもイラスト、図、表などで理解しやすいように工夫されている。 スラスラ読みやすく、挫折することなく最後まで学習できるのが良いと思う。 1か月と言わず、1、2週間で読み終らせるのがポイントだ。 午後問題おすすめの参考書 午後問題は、データ構造及びアルゴリズム、ソフトウェア開発の分野で配点が4割を占めている。 しかし、この分野は1、2週間勉強すればできるというような分野ではない。 この分野を中心とする午後問題に多く時間をかけ、理解することが合格のポイントになってくる。 データ構造及びアルゴリズム分野の参考書 うかる! 基本情報技術者 [午後・アルゴリズム編] (日本経済新聞出版社) 午後の問題ではアルゴリズムは配点が高く、この分野の理解ができなければ、ソフトウェア開発分野の問題も解けない。 午後問題の合否を分ける分野だといっても過言ではないと思う。 プログラム未経験者にとっては、アルゴリズムが難しく感じられる。 この分野は決して生半可な知識では歯が立たない。 うかる! 基本情報技術者 [午後・アルゴリズム編] (日本経済新聞出版社)は、難しい内容をやさしく丁寧に解説していて、データがどのように処理されていくかわかりやすく記述されている。 読みやすい対話形式になっていて、意外と簡単に読破できる。 これを読めばアルゴリズム分野は理解が深まると思う。 ソフトウェア開発分野の参考書 基本情報技術者 表計算 とっておきの解法 リックテレコム ソフトウェア開発分野は、C、Python、Java、アセンブラ言語、表計算ソフトのどれか1問を選択する。 得意なプログラム言語があれば、それを選択するのがおすすめだが、全く経験のない人は、表計算ソフトがおすすめだ。 なぜなら残りはプログラム言語なので、初学者には難しいからだ。 一方、表計算ソフトはエクセル等を使っている人には、理解しやすいと思う。 参考書としては、基本情報技術者 表計算 とっておきの解法 リックテレコム がおすすめ。 表計算ソフトではマクロの理解が重要である。 この本はマクロの読み方、解き方が基礎から詳しく説明してあるので、マクロを苦手としている人におすすめの本である。 これを読めば、解答の導き方が理解できると思う。 午後対策の参考書 基本情報技術者 午後試験対策 (アイテック) 午後の問題は、理解しないと解けない問題が多い。 また素早く解答を導く練習をしないと試験本番では時間切れになってしまう。 午後問題を苦手な受験生は多くいると思う。 午後の問題が苦手な人は、午後問題に特化した参考書、基本情報技術者 午後試験対策 (アイテック)がおすすめだ。 午後の問題に特化した本で、必須問題となった「情報セキュリティ」、「アルゴリズム」など詳しく解説してある。 700ページもあるので相当な覚悟が必要だが、解説が丁寧で午前問題の知識を発展させながら解いていくので、午前対策の勉強にもつながる。 テーマごとに解説と演習問題があり、やればそれだけ実力がつくおすすめの本である。 おすすめの過去問 かんたん合格 基本情報技術者過去問題集 (インプレス) 試験では同じような類似問題が多く出題される。 そのため、過去問は必要である。 問題を解くことも重要だが、解説を読んでわからない問題が解けるようになることが一番重要である。 よって過去問を選ぶポイントは、解説がわかりやすいか?十分な説明がされているか?が重要ポイントである。 過去問は、かんたん合格 基本情報技術者過去問題集 (インプレス)が良いと思う。 この過去問は、導き方、解き方をていねいに解説してあり、また覚えるポイントも掲載されている。 解説を読むだけでも、十分な効果があると思う。 令和2年春試験から、午後の選択問題にPythonが追加される。 IPAが公開しているサンプル問題の解法についてていねいに解説してある。 また令和元年秋試験から、午前試験において数学に関する問題の出題が増えている。 特集で数学問題の中でも出題率の高い項目に絞り、過去問を例に解説している。 参考書、問題集を使った勉強の仕方 参考書、問題集選びはバッチリでも、実際に勉強をしなければ実力はつかない。 よって以下のことが重要である。 基本書は早く読み終えて、過去問を何回も繰り返して知識を定着させる。 午後問題の参考書は、確実に理解しながら読む。 過去問、問題集は解き方が重要であるので、解説をじっくり理解できるまで読む。 過去問、問題集は2度、3度と何回も解いて、わからないところは参考書で確認する。 試験勉強は全力を尽くす 勉強が順調に進めば、つい手を抜いて油断しがちである。 しかし試験で合格と不合格は紙一重である。 獅子は兎を狩るのにも全力を尽くす と言われている。 参考書、過去問、問題集を1回しただけで満足せず、何度も愚直に解いて合格を勝ち取って欲しい。 健闘祈ります。

次の

過去問の活用・午後対策が合格のカギ!?基本情報技術者に受かる勉強法

基本情報 過去問

こんばんは。 昨日合格発表していた(以降、FEとします)ですが、今更ながら確認してきました。 画像の通り合格です。 参考になれば幸い。 勉強方法 今回の受験目標は、最低でも午前だけは合格し、あわよくば一発合格することでした。 どうかご了承ください。 それでは午前午後それぞれについて書いていきます。 午前対策 午前の対策についてですが、とにかく過去問を解く、これだけです。 解いて解いて解きまくりました。 当然ではありますが、過去問は新しいものからだんだん古いものへと解く範囲を広げていきました。 後述するドットコムは、出題する過去問を自分で選択することができるので、適宜選択して解くと良いと思います。 午後対策 さて、みなさんが恐らく困っているであろう午後問題です。 午後問題については午前が大丈夫かなぁと思ったぐらいから勉強し始めたので、実質2週間と半分ぐらいしか勉強していません。 まず過去問についてですが、過去問題集の午後問題を4回分解きました。 流石にそれだけだとちょっと勉強不足だと思ったので、昔買ったのとデータ構造の本を引っ張りだして読んでいました。 午後問題については、いくつかの問題分野にしぼって勉強するほうがいいという人がいますが、私はこの考えには賛成しかねます。 だってどう考えても、特定の問題分野がずっと簡単である、なんてことは言えませんもの。 どの問題分野についてもある程度勉強をしておいて、なんとなーく問題の解き方を覚えておくほうがいいと思います。 少しかっこつけて言うならば、キレるカードは多いほうがいいに決まっています。 特にとか、プロジェクトマネジメントとか、とかは、文章さえしっかり読めれば基本的な計算・パズルの問題ですから、勉強しておいたほうが良いとおもいます。 また、過去問を解く時は必ず紙に書いて勉強していました。 これは要するに、試験の状況と同じ状態で解く必要があるってことです。 特にや各の問題については、その場でを読んで問題に答える必要がありますから、如何にそれらを速く読み解くかが合格への鍵になるわけです。 なので、情報の整理をする練習として、なら擬似言語の何行目から何行目はこういう処理をしているとか、条件文が選択肢だった場合はそれを実際に紙に書いてみるとか、なんなら一回紙に書いてしてみるとか、そういう作業を繰り返すとよいと思います。 私自身、これを繰り返していたことで解くのが速くなっているのが実感出来ましたし、やたら長い問題が出てもそれを噛み砕くのが楽になりました。 使った本 午前対策 使った本はこの二冊でした。 本の使い方としては、キタミ式を一週間ぐらいで読みきって、その後すぐに過去問題集を解く、といった感じ。 キタミ式はイラストがいっぱい入っていてとても分かりやすいのですが、ここ数年の過去問に出てきている内容が全て含まれているかというとちょっと微妙。 個人的な意見ですが、これ一冊だけで受かるとは思えません。 しかし過去問で分からない問題があった時、知らない単語が出てきた時の副読本としてはかなり優秀だと思います。 また、読むだけでもざっくりと知識をつけることができると思うので、最初に読んでから過去問題集に入るとスムーズに勉強できると思います。 もう片方のパーフェクトラーニング過去問題集についてですが、これは本当に勉強しやすい一冊でした。 午前問題については、の小問と回答解説が全て見開きに収まっているので、いちいち後ろのほうを見たり別冊子を見たりする必要がないのです。 解説も問題の正答についてのみ解説しておらず、選択肢の別の問題についても解説されているので安心です。 強いて文句をいうなら、午後問題の解説を丁寧にしたかったのか、矢印だらけになってグチャグチャになっていて分かりづらいところがあることでしょうか。 午後対策 過去問については午前と同様にパーフェクトラーニング過去問題集ですが、それ以外となると大体この2冊かなぁと。 前者については私物で持っていたので使ったという程度です。 に関して少しずつ噛み砕いて説明してくれる良い本なので、の勉強として使うのもいいと思います。 後者は恐らく貴重であろう、擬似言語でを説明した本です。 単純に擬似言語になれることを目的として読みました。 既にソーティング等について知識がある方は、これで擬似言語の読み方になれておくと良いと思います。 使ったサイト このサイト使いました。 基本情報技術者試験ドットコム 使用方法も至って簡単。 とにかく過去問を解きまくります。 本で勉強するのとは別に、このサイトだけで一日50問解くことを目標に毎日使っていました。 このサイトも、正答以外の選択肢について解説してくれるので、勉強が捗ると思います。 「Webブラウザで気軽に学ぶ実践SQL講座」最新記事一覧 - ITmedia Keywords の勉強についてはこの連載を使いました。 一日かる~く勉強するだけでもだいぶに対する意識が変わったのでお勧めです。 自体は午前問題でも出題されることがありますし、やっておいて損はないと思います。 おわりに というわけで、について色々書いてみました。 このページが役に立っていたなら幸いです。 ここだけの話、勉強時間がしっかり確保できたから1ヶ月だけ勉強して合格できた気がします。 これから勉強をはじめようとお考えの方は、今すぐにでも勉強を始めたほうがいいです。 追伸(2015年12月18日) 秋季試験でについても合格したので記事書きました.正直なところ,基礎的な知識がある人なら基本情報を飛ばして応用情報を受けても問題ない気がしました.参考程度にどうぞ. zyusou.

次の

基本情報技術者合格!これが初心者王道攻略法

基本情報 過去問

12-17 基本情報技術者合格!これが初心者王道攻略法 IT・WEB系女子を目指している私ですが、 2回の受験を経て「基本情報技術者」に合格できましたので、「H27年春期試験」合格までの約1年間の試験対策の体験記を書いていこうと思います。 初回の試験失敗から学んだことや、TACの講座で参考になった知識を織り交ぜながら、文系出身・IT初心者の目線でつづっております。 スポンサーリンク 目次• 基本情報技術者試験とは 基本情報技術者試験は、情報処理技術者試験の試験区分レベル2に位置づけられる国家資格で、システム開発技術者の登竜門です。 ITパスポートが「全社会人向けのIT一般教養」的なイメージだとすると、基本情報技術者は「IT業界人向けの基礎知識」のイメージですね。 試験概要• 開催時期は年2回、春期(4月)と秋期(10月)。 午前試験(2時間30分)と午後試験(2時間30分)がある。 合格基準は 午前・午後ともに100点満点中、 60点を超えること。 難易度・合格率 難易度は、基本といいながら決して簡単では無いのが基本情報技術者試験です。 合格率は受験者ベースで20%台ですが、応募者ベースで算出すると約16%に下がり、 試験当日の欠席者が多いことがわかります。 私も2回受験しましたが、周りに少なからず空席がありましたよ~ 諸事情があるのでしょうが、たくさんの空席から 「挫折」のメッセージが感じられました(遠い目)。。。 正式な試験情報は、でご確認ください。 体験データ公開 ここで私の基本情報技術者試験体験データを公開します。 非IT系職業・プログラム経験無し• ITパスポート試験取得済み(2014年6月)• 受験回数 2回(H26秋期・H27春期)• 勉強時間 約1年(2014年6月~2015年4月)• 選択言語 表計算• H27年春期試験対策で、TACの情報処理講座「午後マスターコース」受講 成績表 1回目 (平成26年秋期) 午前(75. 00点) 午後(59. 25点) 不合格 2回目 (平成27年春季) 午前(83. 75点) 午後(67. 20点) 合 格 1回目はなんと、 わずか0. 75点足りなくて不合格という結果です。。。 初回の試験失敗から学んだことや、TACの講座で参考になった知識を織り交ぜながら、基本情報技術者試験の試験対策について書いていこうと思います。 基本情報技術者試験~午前対策 基本情報技術者の試験対策は「午前対策」と「午後対策」に分かれますが、午前対策のやり方は非常にシンプルです。 午前対策は参考書で学んだあと、過去問を繰り返し解くに尽きます。 ちなみに、 ITパスポートを取得していると、学習した内容がそのまま基礎となりますので負担が少なくなります。 基本情報技術者の午前試験は、過去の問題が繰り返し出題されているので、ある程度ベースが出来上がっていれば、試験直前でも追い込むことが可能です。 目安としては、過去問3回~4回分で合格点が採れるようになったら、一区切りして午後試験対策に進みましょう。 くれぐれも、午前試験対策だけにハマり過ぎて、午後試験対策をおろそかにしないように注意です。 ) おすすめの参考書 通称猫本と呼ばれる「柏木先生」と、定番として名高い「パーフェクトラーニング」は、範囲を過不足なくカバーしてくれる絶対安定の参考書です。 問1(小問)情報セキュリティは必須• 必須の問8(アルゴリズム)と問9(プログラミング)は配点は20点と高い ここでは、以上2点を押さえておいてください。 (問8) アルゴリズム 基本情報技術者のアルゴリズムとは 基本情報技術者試験の独特仕様の言語で、別名「疑似言語」。 プログラミングの基礎となる思考法が問われます。 経験値による個人差がありますが、初心者にはハードルが高く、習得に時間がかかるといわれています。 TACの講師の先生のお言葉 アルゴリズム習得は時間がかかるが、ある時点で悟ったようにわかる瞬間が来る。 その後は箸を使うように自分の身につく。 私の記憶ですが、講義で聞いてなるほどと思った名言です。 また、アルゴリズムでは専用の参考書が必要になりますので、早めに入手して、どんなもんか確認してみてください。 私のおすすめは「福嶋先生」です。 うかる!基本情報技術者(福嶋先生の集中ゼミ) とっつきやすいように工夫されていますが、個人的に簡単かどうかは微妙です。 でも、過去問の動画解説に散りばめられたお言葉が貴重で、ボディーブローのように?じわじわと効果を発揮しました。 基本情報のアルゴリズム問題は、例え問題がわからなくても(20点中)10点くらい取れるように配慮されていることが多々ある。 上記のようなお話が耳に残りました。 結局、私は「悟り」に至るには修行不足でしたが、この言葉を信じて諦めなかった結果、 2回目の試験で本当にきっかり10点取ることができました。 (問9~13)プログラミング 選択問題なので、C言語、COBOL、Java、アセンブラ、表計算の中から、どの問題を選択するのかあらかじめ決めておきます。 プログラム未経験者にとって、易しいのは「表計算」です。 (選択の余地が無いとも言う。。。 ) ちなみに「計算表(けいさんひょう)」ではなく、「表計算(ひょうけいさん)」と読みますが、最初読み間違えたのは私だけかなぁ~? エクセルみたいな感じで、問題の前半は関数を頭に叩き込んで臨みますが、後半のマクロ問題はアルゴリズムの知識も必要になります。 なので、手を付けるのはアルゴリズムが先のほうが良いですよ。 また、易しいといっても、問題がロングで慣れが必要なので要注意です。 表計算用の参考書が必要で、私も使用し、定評があるのが下記のものです。 基本情報技術者 らくらく突破 表計算 問1~問7の文章問題 全部で5問解答しますが、問1の情報セキュリティは必須で、残りの4問は6問の中から選ぶ選択式です。 パーフェクトラーニング等の「過去問題集」があれば取りかかれますので、とっつきやすいです。 ちなみに理論的には、この5問が満点だと60点となりますので、アルゴリズムと表計算は0点でも合格になる計算ですが、現実的には厳しいですよね。 午後試験対策~資格の学校で学ぶ 基本情報技術者試験に独学で挑むことは、殊勝なことでありますが、本気で受かりたい場合、資格学校での講座受講も選択肢になると考えます。 私は平成26年秋期試験の午後試験で0. 75点足らず不合格になったわけですが、同時に独学に限界を感じてしまいました。 2回目の試験、平成27年度春期試験の午後対策として、私は TACの「午後マスターコース」を受講し、結果合格することができました。 この講座では、 独学では気づけないことをたくさん学び有意義でした。 先に書いたアルゴリズムの講師の先生の名言もその一つです。 ただし、受講さえすれば、楽して合格という類のものではなく、自分自身が修行を積まないとできるようにはなりません。 合格しないと、「高いお金とかけた時間が水の泡」です。 でも、そのプレッシャーにより何とか頑張れたのかもしれません(苦笑)。。。 (半年間のTAC生活と「午後マスターコース」の詳細を記事にしています。 ) 関連記事 H26秋期試験・基本情報不合格体験記 1回目の受験で不合格となった、平成26年秋期試験の試験勉強をつづります。 突っ込みどころは多々ありますが、反面教師としていただければと思います。 10月 (試験月) やる気がなくなり、何もしない。 試験当日 (午前) 知ってる問題が多数出たが、すでに忘れかけていたため、解答に時間がかかる。 知恵熱が出て、体力を消耗してしまう。 試験当日 (午後) 試験対策をしていた(問1~問7)をこなすも、朝からずっと下を向いて集中していたため、 首の後ろが激痛に。。。 (問8)アルゴリズムと(問13)表計算は 適当にマークし、最後まで粘らず帰宅。 試験結果 午後試験(59. 25点)で0. 75点足りず不合格 試験直前にモチベーションが保てず、戦意喪失してしまいました。 当日は首が痛くなって真剣に取り組まず帰宅する始末。 ぼろ負けかと思いきや、あともう少しのところまで来ていたことに目をそらしてしまったようです。。。 それでも、試験を放棄せず受験したことが、次の反省になりました。 試験当日対策 経験から言えるのは、基本情報技術者試験の白黒を分けるのは、最終的には 試験当日の作戦と気合です。 基本情報技術者試験の山場、午後試験は時間配分が命です。 最初の元気なうちにアルゴリズムとプログラミングに取り組むのが第一で、あとは制限時間内に次々問題をこなします。 その際、前の問題の出来を引きずらないことが第二のポイントです。 上記のタイムスケジュールでは15分余る設計なので、この時間で、全体の作戦立て、選択問題の選別、解答の見直し、または1問に5分程度付け加えたりします。 上記はTACでも推奨されていた、一般的な時間配分のモデルケースですが、 結局これに勝るものは無いように思えますので王道といってみました。 基本情報技術者試験試験当日の5か条• 欠席しないこと• 試験場所は確認すること(毎回同じ会場ではないです)• 午前試験でエネルギーを消耗しないこと• 午後試験は時間配分を厳守すること• 最後まで諦めないこと 以上、私の体験談を出し尽くしました。 これから試験を受ける方のお役に立てれば幸いです。 試験頑張ってくださいね! スポンサードリンク 最後までお読みいただきましてありがとうございました。 参考になりましたら、下記ボタンからSNSで拡散していただけると嬉しいです。

次の