ニキビ 跡 治療。 ニキビ跡レーザー治療を受けるのはちょっと待って!費用やリスクを冷静に分析!

ニキビ治療・ニキビ跡治療|東京銀座スキンケアクリニック

ニキビ 跡 治療

そのためクレーター跡の治療と言っても、 その状態によって治し方はいろいろあるんですね。 基本的にクレーターが浅く小さいほど、早くキレイに治すことができます。 一方、深く大きいクレーター跡の場合は、治るまでに時間がかかったり完璧に消えないことがあることを覚えておきましょう。 クリニックでは、肌にどの種類のクレーターニキビ跡があるのかを見て、ぴったりの治療法を選んでいきます。 治療法の前に、まずはクレーター跡にどのような種類があるのかを見てみましょう。 凹みの深さで見るニキビ跡の種類 浅いクレーター:浅斑状瘢痕 せんはんじょうはんこん 表皮から真皮の浅い部分までにおさまる 凹みが浅めのクレーター跡のことです。 浅いから目立たないというわけではなく、浅くても形によっては深いものよりも目立つこともあります。 しかし、このクレーター跡は浅いので治しやすく治療後の効果をしっかりと実感できます。 ・針治療 ・ピーリング 深いクレーター:深真皮瘢痕 しんしんぴはんこん 真皮層の深い部分までが凹んでしまっている状態のクレーター跡。 皮膚の深い部分までが傷ついてしまっている状態なので、クレーター跡の中でも治すのが大変なニキビ跡です。 もちろん目立たなくすることはできますが、完璧に消えない可能性もあります。 ・レーザー治療 ・FGF注入 凹みの形で見るニキビ跡の種類 アイスピック型 アイスピックを刺したように肌に小さな穴が開いたようなクレーター跡。 直径が2mm以下で、基本的に皮膚の深くまでが傷ついてしまっている場合が多いです。 見た目が毛穴と似ているので、 毛穴と勘違いしている人も多いのが特徴。 ・レーザー治療 ・FGF注入 ローリング型 へこんでいる面積が広いのが、ローリング型のクレーター跡です。 直径が4mm以上で大きいですが、 丸くゆるやかにへこんでいるのでそこまで目立ちません。 へこんだ部分が少し波打って見えることがあります。 ・レーザー治療 ・針治療 ボックスカー型 クレーター跡の代表的な形で、箱のように四角く肌がへこむのが、ボックスカー型のクレーター跡です。 大きさはまちまちですが、へこんでいる皮膚の底が平なので、 深い浅いに関わらずかなり見た目が目立ちます。 ・レーザー治療 ・針治療 ・ピーリング クレーターニキビ跡に効果的な治療法 クレーターニキビ跡に効果的な治療法には、レーザー・針・注入などいくつか種類があります。 これらの治療法は、それぞれ• 施術回数• 痛みの強さ• ダウンタイムの長さ などが違うので、治療法を決めるときは自分の要望をしっかりとドクターに伝えることが大切です。 特にクレーターニキビ跡の治療は痛みが強かったり失敗のリスクもあるので、慎重に選びましょう。 レーザー治療 クレーターニキビ跡の代表的な治療法と言えるのがレーザー治療。 浅いニキビ跡でも深いニキビ跡でも治すことができるのが特徴です。 レーザー治療は• 細胞を刺激して肌を活性化させていくタイプ• 肌の表面を削って凹凸を滑らかにするタイプ 以上の2つのアプローチ方法があります。 1つ目の方法は肌への刺激が少ないですが、内側から少しずつクレーター跡を改善していくので、完全にニキビ跡が治るまでに複数回の施術が必要です。 一方2つ目の方法は、皮膚の表面に直接働きかけるので効果は1回で得られますが、痛みがかなり強いのが難点になります。 どちらの方法にもメリット・デメリットがあるんですね。 それぞれのアプローチ法でよく使われているレーザーはこちら。 細胞を刺激して肌を活性化させていくタイプ フラクセルレーザー ブリッジセラピー クールタッチレーザー 肌の表面を削って凹凸を滑らかにするタイプ 炭酸ガスレーザー 機械ごとにレーザー光の届く深さ・1回の効果の高さ・施術回数・痛み・価格など細かい点が違うので、自分のニキビ跡の状態にあったものを選びましょう。 今回はクレーター跡の治療でよく使われているレーザー4つを紹介します。 フラクセルレーザー 引用: 内側からクレーター跡にアプローチするレーザーで、もっとも初期のころに誕生した機械です。 レーザーで目ではわからないほど小さな穴を肌にあけながら細胞に刺激をあたえて、皮膚の再生を促します。 1回の施術で、レーザーをあてた部分の10%の皮膚が新しいものに生まれ変わります。 チクチクとした痛みがありますが、 レーザーの中では痛みが少ないほうです。 すごく細い針を刺している感じ。 いくつかあったローリング型のクレーターニキビ跡がほとんど消えていますね。 ブリッジセラピー アンコア 引用: ブリッジセラピーも内側からクレーター跡にアプローチするレーザーで、フラクセルレーザーと同じく皮膚に穴をあけて皮膚の再生を促します。 フラクセルレーザーとの違いは、レーザーが炭酸ガス CO2 でできていること。 他のレーザーでは届かない肌の奥深くまでの治療ができるので、 かなり深くできてしまったクレーターニキビ跡を改善するのにおすすめです。 ビクっとなる。 ボックスカー型のニキビ跡がかなり目立っていましたが、ほとんどわからない状態に治っています。 クールタッチレーザー 引用: こちらも内側からクレーター跡にアプローチするレーザー。 スポンサーリンク 肌内部にレーザーの熱を与えることで、お肌の細胞を活性化します。 冷却ガスの力で、痛みも弱く 施術後の肌へのダメージが少ないのがメリットですね。 麻酔を使える。 頬に広がってかなり目立っていた凸凹が、ほぼ完ぺきに消えていますね。 肌にハリも出ています。 炭酸ガスレーザー 引用: 外側から直接クレーター跡にアプローチするレーザーです。 炭酸ガスで肌を削り、凸凹が目立たないようにすることができます。 複数回の治療で内側から少しずつ肌を治していく他のレーザーと違い、 1回でクレーターを治すことができるのが大きなメリット。 しかし、かなりの痛みがあるので耐えられない方もいます。 金額 ¥10,000~¥30,000前後 施術回数 1回で終わることが多い 痛さ 麻酔を使ってもかなり痛む。 耐えられない人もいるレベル。 おすすめのニキビ跡 凹みが深いもの 引用: 炭酸ガスレーザーで治療をした方のビフォーアフターです。 アイスピック型のニキビ跡がたくさんできていましたが、肌が滑らかになり目立たなくなっています。 針治療 クレーターニキビ跡には針による治療も効果的です。 針を刺すので痛みはありますが、レーザーに比べると 肌に与えるダメージが少なく安全性が高いのが特徴です。 今回は針治療の中でも有名な2つの方法を紹介します。 ダーマローラー 引用: 肌をふっくらさせてくれるコラーゲンは、クレーターを治すときに欠かせない存在。 人間の体は、傷を治すときにコラーゲンが同時に作りだされる仕組みになっています。 このメカニズムに注目したのが、ダーマローラーなんですね。 コラーゲンを増やすために、極細の針がついたローラーで意図的に肌を傷つけます。 人工的にコラーゲンを注入する方法もありますが、ダーマローラーは 自力でコラーゲンを増やしてニキビ跡を修復していくことができるのが大きな魅力です。 施術回数 1ヵ月に1回、合計5~6回 痛さ かなり痛む。 出血もあり。 おすすめのニキビ跡 凹みが浅めのもの 引用: ダーマローラーで治療をした方のビフォーアフターです。 まだ跡は残っているものの、凹みの深さがかなり浅くなっていますね。 この程度ならメイクで隠すことができそうです。 イントラセル 皮膚に極細の針をさして、電流を流す方法です。 ニキビ跡のできている皮膚内部だけに電気を流すので、 レーザー治療に比べヤケドや腫れなどが少ないのが特徴。 費用は高いですが、1回の効果が高いのでトータルすると安く済ませることができます。 ボックスカー型やアイスピック型のクレーターニキビ跡がかなり目立っていましたが、1回の治療でもかなりクレーターの凹みが目立たなくなっています。 FGF注入 FGFは人体で作られるタンパク質の一種。 そのタンパク質を肌に注射することで肌の細胞の再生を促す方法です。 タンパク質を注入した部分がふくらむので、 深いクレーター跡の改善に効果あり。 注入後すぐに効果が出るわけではなく、2週間~1ヵ月後に肌がふくらんできたことを実感できます。 完璧に消えているとは言えませんが、細かくできた凸凹が薄くなっているのがわかります。 「ピーリング」の併用でよりクレーター跡をきれいに治せる! お肌に残った古い皮膚をはがすはがし落とすピーリング。 余分な皮膚がはがれるので 凸凹を滑らかにする効果があります。 しかし、これはあくまで肌の表面に働きかける方法です。 かなり浅いクレーターの場合はピーリングだけでも効果はありますが、基本的にピーリングだけではクレーターの治療にそれほど効果はありません。 クレーター跡の治療では、 他の治療法の効果をより上げるための併用方法として行われています。 施術回数 2週間~1ヵ月に1回、合計8回 痛さ チクチク・ピリピリなどそこまでの痛みはない。 治療法にも種類がたくさんありますので、ドクターと相談して自分にぴったりの治療法を選びましょう。 費用や痛さなど無理のない方法を選ぶことが大切です。 またクリニック治療と合わせ、 ホームケアでもクレーター跡をケアできるものを使うとより効果的です。 毎日使っているスキンケアのうち1本、クレーター跡専用のケア商品に変えるだけなので手軽にできます。 当サイトではクレーターニキビ跡の改善に効果的なスキンケアも紹介していますので、気になる人はこちらをチェックしてみてください。

次の

【ニキビ跡の赤みを消す5つの方法】赤みは自力で治せる?皮膚科治療やケア方法まとめ!

ニキビ 跡 治療

ニキビ跡の治療法まとめ。 ニキビは専門医の力を借りることと早めのケアが効果的になってきます。 正しい知識でニキビケアを! 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 皮膚科医に聞く!ニキビ跡の治療法 ニキビが膿む原因は? 教えてくれたのは…美容皮膚科タカミクリニック 本田えり医師 1日100名前後が来院する『 美容皮膚科タカミクリニック』にて、ニキビ治療・毛穴治療をメインに、シミ、しわ、たるみなどのアンチエイジング治療まで一貫して治療を行っている。 現在の肌トラブルの改善はもちろん、将来に向けて、より美しい肌で過ごせるよう治療計画の提案、スキンケア指導を含めた生活面でのアドバイスも好評。 膿んでいる黄ニキビはかなり悪化が進んだ状態! 赤ニキビが進行し、中に膿がたまった黄ニキビ(膿胞ニキビ)。 「ホルモンバランスの乱れなどで皮脂が過剰に分泌したり、角質が厚くなってしまっていたりすると、毛穴が皮脂で詰まってしまいます。 そこに、皮脂を栄養として繁殖するアクネ菌が増殖、炎症を起こした状態が赤ニキビ。 赤ニキビがさらに進行してしまい、皮膚表面にいるブドウ球菌が悪さをした状態が、中に膿が溜まった黄色ニキビです」(本田先生・以下「」内同) 膿は、ニキビ菌と戦った白血球の残骸が溜まっている状態。 ニキビがかなり悪化した状態なので、触ったら痛み、かゆみがあることも。 「ニキビ治療は、なるだけ早く皮膚科にかかるのが最善策。 潰す行為はやはり避けるべき? 「クリニックでは、専用器具で圧出して中の膿を出す処置もあります。 なので、潰すことは悪いことではありません。 ただし、ご自身で潰すのは凹みなどの傷になるリスクが高いので、やめたほうがいいでしょう。 場合によっては、赤くなって硬くなったまま残ってしまったり、余計に悪化してしまうので、なるべく触らないこと。 タカミクリニックでは、圧出が可能なニキビか可能でないニキビか判断し、可能でないにニキビには注射を行うことがあります。 黄ニキビには抗生剤の塗り薬が効果的です」(本田先生) Q:ニキビの膿が出た後はどうすれば跡が残りにくい? ニキビでいちばん心配なのが、治ったあとも肌が凹んだままになってしまったり、黒く色素沈着をすることです。 どうすれば、こういった事態を防げるでしょうか。 「ギュウギュウと指で膿を押し出してしまうと、傷にもなりやすいし治りも悪くなります。 皮膚が腫れてまた違うところにニキビができたり、赤みが強くなるリスクがあります。 皮脂が多くて若い世代の、エタノールによる刺激を受けない方が使うぶんにはいいんですが、30歳以降の女性で敏感肌や乾燥肌の方は避けたほうがいいでしょう。 ニキビ用化粧品は、エタノールやサリチル酸を配合していることが多く、皮脂を抑える作用が強いので、肌を乾燥させます。 すると、肌のバリア機能が低下、外的刺激をブロックできずにニキビを招いてしまう原因に。 外からのケアだけでなく、ビタミンCやLシステイン、トラネキサム酸といったサプリを飲むのもいいと思いますよ。 炎症も抑えますが、メラニンを作るのも抑制してくれるので、ニキビ跡の赤みが黒くなるのを防いでくれます」 ニキビ肌の人は敏感肌用コスメが正解 では、大人ニキビを繰り返す人が、普段のケアで使うべきおすすめアイテムを教えてください。 「30代以降の大人の女性なら、皮膚科のニキビ薬と一緒に、ニキビ用ではなく敏感肌用の化粧品メーカーさんが出しているスキンケアアイテムを使うのがおすすめです。 グリチルリチン酸などの炎症を抑える成分を入れているため、ニキビを予防でき、薬の刺激も抑えることができます。 ただし、クリームの使用は避けてください。 北里大学医学部卒業。 米国立保健衛生研究所(NIH)に招へいされ、メラニン生成の研究に従事。 帰国後に発表した論文が話題となり、ビタミンC療法の第一人者と呼ばれるようになる。 1999年、『青山ヒフ科クリニック』開業。 2002年にオリジナル化粧品『ドクターケイ』を発表。 肌トラブルから美容まで様々な悩みにトータルケアで応えている。 Q:ニキビが治っても、ずっと赤いままなのはどうしてしょうか? 「皮膚の内部で炎症の残骸が残っているためです。 ニキビは純粋な感染症ではなく、アクネ菌が出す菌体に対して過剰な炎症反応が起こってしまうもの。 炎症を起こした細胞が放射したサイトカインや蛋白分解酵素が残っているため、赤みが残ってしまうのです。 また、細胞を修復するために血管が開いているため、赤く見えるんです。 「赤みを抑えるビタミンC配合のローションやクリームなどをたっぷり塗るといいですよ。 また、赤いだけではなくクレーターになったダメージが深いものも、まだ赤いうちにピーリング、ビタミンC導入などのケアをしてあげることが大事。 赤いということは、まだ細胞が修復をしようと頑張っているということ。 その段階できちんとケアをしてコラーゲンを増やしてあげると、治ります。 しかし、赤みが引いたものや数年経過したクレーターは、修復しようとする力が働いていないので、なかなか治すのが難しいんです」 赤いということは、まだ肌が美しくなるチャンスが残っているということなんですね。 凹んでしまったダメージの大きいニキビ跡は、早めに病院を受診しましょう。 ニキビの赤みを早く消したい! 病院でのケアだけでなく、セルフケアも大切。 続いては、自分でできるニキビとニキビ跡のお手入れについて伺いました。 やりがちないくつかのケアについて、正しいかどうかを教えてもらいました。 冷やす、オロナインなどの市販薬は効果ある? セルフで頑張るべきスキンケアは… まず最初に、毎日のスキンケアで心がけるべきことを教えてください。 「まず、紫外線対策はしっかり行ってください。 紫外線は、炎症を招く作用があるため、ニキビがひどくなってしまうんです。 また、美白化粧品を使うなら、成分をしっかりチェックすること。 ビタミンCやトランサミン(トラネキサム酸)などの炎症を沈静化させる働きのある美白剤であれば効果は期待できます。 ただし、このような成分が入っていない美白化粧品は、ニキビには効果が見込めません」(亀山先生・以下「」内同) ニキビを冷やしたり、オロナインなどのクリームを塗るという人も多いようですが…。 「痛みを伴ったり、熱を持っているニキビは、冷やしてもいいですが、それは痛みを一時的に和らげる、という意味です。 また、ニキビを温めるのは絶対にNG。 炎症を促進してしまいます。 Q:ピーリングでターンオーバーを促進するのは、赤味を早く消せますか? 「これは効果的です。 ただし、バリア機能が下がっている場合は要注意。 刺激になってより悪化してしまう恐れがあるため、自己判断でやるのはやめましょう。 じつは今日も、市販のピーリング剤を使って顔が真っ赤になってしまってうちのクリニックに駆け込んできた患者さまがいらっしゃいました。 あくまで肌質に合わせたピーリングの濃度調整が必要ですので、必ず医師の判断のもと皮膚科でやってもらってください」 他にも、肌の代謝を高めるビタミンCやB群、Eなどを摂ってターンオーバーを高める、肌のバリア機能を高めるためにしっかり保湿する、適度な運動をする、十分な睡眠を取る、高糖質・高脂質食を控える、ストレス発散などが効果的だそうです。 「レーザー治療によって皮脂分泌を抑えるというエビデンスはありません。 そのため、ニキビに効果があると断言することはできません。 ただ、ビタミンCと併用して補助療法としては良いかもしれません。 僕がいろいろな論文を調べたり、実践した結果、効果があると思えなかったので、僕のところではやってません。 たとえば、ジェネシスはミトコンドリアを活性化して、皮膚のバリア機能を上げ、コラーゲンの合成を促進するので、クレーターなどのニキビ跡に効果が期待できます。 リフトアップも期待でき、1回で1カ月は頬が上がっていますよ。 ピクセル、フラクショナルレーザーなどは、うちでも使ってます。 15年前のクレーターでも、レーザーと外用剤でのスキンケア、プラス注射などで上がりますよ。 」 できたての赤みのあるニキビ跡には、ケミカルピーリングとスキンケアだけで十分だそうです。 Q:塗り薬&飲み薬なども効果あり? 何度も出てきますが、赤みにはやはりビタミンCだそう。 「塗るのも飲むのも、ビタミンCが効きます。 うちは医療機関なので、治癒を目的として効果が期待できる塗り薬と飲み薬を処方しています。 処方して、塗布・服用してもらい2週間を目安に再度来院いただき、そのときに経過を見て、症状の緩和、薬の効き具合などを判断し、より効果の期待できる処方を提案します」 早く赤みを消したいなら、一度病院で相談してみましょう。 その後ピーリングや美白を 「炎症が治まったら、シミと同様に美白化粧品を使ってケアしてみて。 ニキビ跡クレーター最新治療法 クレーター肌にならないために!皮膚科専門医の力を借りよう! 教えてくれたのは…ウォブクリニック中目黒 総院長 皮膚科医 高瀬聡子先生 1995年慈恵会医科大学卒業後、翌年より慈恵会医科大学付属病院皮膚科に入局。 2007年ウォブクリニック中目黒を開業。 ドクターズコスメ『アンプルール』の開発・プロデュースも。 「生理前は黄体ホルモンの影響で、皮脂の分泌が増えたりイライラしやすくなります。 ニキビをストレスに感じてイライラするより、この時期はビタミンCをたくさん摂取したり、リラックスする時間を増やしたりしてやり過ごすのが正解です。 「生理が終わると、今度はエストロゲンの影響で肌の生まれ変わりが促進する時期に入ります。 このタイミングは肌のお手入れどき。 美白ケアを積極的に取り入れて色素沈着を防いだり、角質ケアをして毛穴をつまりにくくすると、ニキビの予防はもちろん美肌づくりにつながります」(高瀬先生・以下「」内同) ニキビで一番問題なのは、跡を残してしまうこと。 「この段階になるとスキンケアでは改善が難しく、クリニックの施術も限られてしまいます。 炎症が発生したらなるべく触らず、専門医にかかることをおすすめします。 ニキビは早めに治療するのが一番です。 治るまでの期間が違います」 「昨今ニキビの治療薬は進化しており、過酸化ベンゾイルを配合した薬剤などが登場しています。 また、トレチノインやグリコール酸を用いたピーリング、殺菌と肌のターンオーバー促進が望める光治療など、複数の選択肢からその方のニキビに合った治療が可能です」 そもそも、自分のニキビが白ニキビなのか、赤ニキビなのか。 どのような治療が最適なのか、自身で判断するのは至難の業。 「思い込みのケアで悪化させてしまうより、ぜひ皮膚科専門医の力を借りて下さい」 ボコボコとしたクレーター肌をキレイに見せるには? 教えてくれたのは…ヘア&メイクアップアーティスト 山本浩未さん シリコン入りのベースアイテムがお役立ち 「肌の表面を整えるベースをオン。 それでも気になる凹へこみは、先にファンデーションを指先で薄くたたき込んでから、全体を塗って」(山本さん) a 肌表面の凸凹を補整し、キメを整える。 ベネフィーク|メーキャップベース(ポアレスドリーム) 30g ¥4,000(編集部調べ) b 形や大きさの異なる3種のパウダーで、磨いたような艶やかな肌に。 RMK|クリーミィ ポリッシュト ベース N 00 30g ¥3,500 ニキビ跡にしないために!皮膚科で処方される薬 病院で出される飲み薬の種類と効果 (1)抗生物質 種類・・・レボフロキサシン、ロキシスロマイシン、ミノマイシン 効果・・・アクネ菌の殺菌効果 飲む期間・・・約2週間 ただし、「抗生物質はすごく効く人と全然効かない人がいます。 薬を2週間飲んでも効かないと思ったら、抗生物質を飲むのをやめて、ピーリングなど他の手段を考えるべきでしょう」(亀山先生・以下「」内同)。 2週間は様子を見て。 「これはビタミン剤や漢方薬にも言えることですが、2~3日ですぐに薬の効果が出ることはありません。 2週間は試してみないと、その薬が自分に合っているかどうかは分からないんです」自己判断で途中でやめたりせず、医師の指示をしっかり守りましょう。 2週間経っても、ニキビが改善しないようなら、いま飲んでいる薬が自分には合っていないということ。 そのまま何ヶ月も飲み続けるなんて最善策ではないので、違う薬に変えるよう医師に相談してみてください」 Q:ニキビの飲み薬に副作用はある? 「ビタミンには副作用はありません。 抗生物質や漢方薬には、場合によっては吐き気やめまいなどの副作用が出ることがあります」 Q:思春期ニキビと大人ニキビでは飲む薬は違う? 「結論から言うと、同じものを出す場合もあれば、違うものを出す場合もあります。 思春期ニキビでも大人ニキビでも、診察をもとに患者さんひとりひとりの肌質やライフスタイルに合わせて処方しますので、思春期ニキビと大人ニキビで同じ薬を使う場合もあれば、大人ニキビでは違う薬を混ぜることがあります。 例えば大人ニキビの場合だと、ホルモンバランスの乱れが原因になっている場合があるので、ホルモンバランスを整える漢方薬を処方したり。 薬局・ドラッグストアで買えるニキビ・肌荒れ用の飲み薬やサプリ 教えてくれたのは…皮膚科医。 津田クリニック副院長 津田攝子さん 研修医時代、ひどいニキビに悩まされる。 自らの肌を治すためにスキンケア研究をスタート。 外来治療と並行して、オリジナル化粧品の開発や正しい美容法の提唱を積極的に行う。 ビタミンB&Cの合剤を! サプリメントや医薬品は選ぶなら、脂質の代謝に関わるビタミンB群や、抗酸化効果のあるビタミンCが入ったものを。 「ビタミンB群にはいくつか種類があるので、複数が合剤になったものがおすすめ」(津田先生) 1. 解毒を担う肝臓の働きを助け、肌の新陳代謝を高める。 ライオン|ペアA錠(第3類医薬品) 60錠 ¥1,440 2. 1包にビタミンC2,000mg。 水なしで飲める。 TAKAKO STYLE|theCB+ 30包 ¥6,500 3. ニキビや口内炎のためのビタミンB。 エーザイ|チョコラBBプラス(第3類医薬品) 60錠 ¥1,280 *価格はすべて税抜きです。

次の

東京アクネクリニック 横浜院

ニキビ 跡 治療

ニキビができてなかなか治らないという事はよく聞きますが、ニキビ跡になるとほとんどの方が治らないと諦めがちになっているようです。 ですが、ニキビ跡になると本当に治らなないかというと、実際にはそうでもないのです。 ニキビ跡にも色々な症状があります。 赤みを帯びていたり、色素沈着してシミになっているもの、そしてクレーターになってしまったものなど・・・ その様なニキビ跡でも美容皮膚科やエステサロンでレーザー治療を受けることでかなり改善が見込めるというのです。 そうなるとレーザーに興味が湧く方も出てくると思うのです。 この記事では、ニキビ跡になった場合の、レーザー治療の内容とその料金がどれくらいかかるのかを大まかにまとめました。 また、今はあまりニキビはできなくなったけれど、10代の時にニキビが酷かったので、跡が残って皮膚が凸凹になっていたり、毛穴が開いていたり、見た目も粗いし、化粧の飲ありも悪い・・・ なんて、悩みを持っている方もいるのではないかと思います。 そんな時に自分でセルフケアでアンとかなればよいのですが、ン吉備跡というのはそう簡単には治らないものです。 そうなると自分では解決できないとなるでしょう。 そして、そんな時に頼みの綱であるのが美容皮膚科やエステサロンの「レーザー治療」ではないかと思います。 何でも、レーザー治療を受ければ、完全とはいかないにしてもかなり肌がきれいになると言われています。 いったい、レーザー治療の内容というのがどのようなものかが気になるところです。 ニキビ跡のレーザー治療には、どんな種類があるの!? では、ニキビ跡になった場合、どの様なレーザー治療が受けられるのかという事が気になるところです。 美容皮膚科やエステサロンでもここで独自性があるので一概には言えませんが、大まかにまとめるとの本国内では「フレクセルレーザー」、「ブリッジセラピー」、「炭酸ガス(Co2 レーザー」、「クールタッチレーザー」の4種類が主流という事です。 とは言え、言葉だけきてもピンとこないと思うので、それぞれのレーザー治療の特徴をまとめておきました。 従来の施術のように「面」で治療するのではなく、極めて小さい「点」で治療します。 レーザー照射で皮膚表面にミクロ単位の穴を開け角質より深い部分に作用していきます。 1回の治療につき5~15%の皮膚を入れ替えていきます。 照射した部分の古い組織は排出されるので、なめらかな瑞々しい肌に再生されていきます。 特徴としては、古くなった肌を新しく「赤ちゃんのような肌」へと生まれ変わらせるのです。 皮膚表面のバリア機能を完全に温存するのでリスクを回避し、治療直後から化粧やヒゲ剃りも可能です。 今までのレーザー治療や光治療は、肌症状の「改善」に留まっていましたが、劇的な美肌・整肌効果が得られます。 ニキビ跡だけでなく、くすみ、色素沈着、小じわ、たるみ、毛穴の開き、傷跡・火傷跡などのあらゆるトラブル肌そのものへ働きかけます。 1~2日ほど赤みがでることはありますが、ダウンタイム(治療を受けてから日常生活が普段通りに戻るまでの期間)もほとんどなく、顔はもちろんのこと、これまでの治療では施術が難しかった首やデコルテ、手の甲などへの治療も可能になりました。 治療間隔は4週間です。 ブリッジセラピー治療とは ブリッジセラピーはアンコアとも言います。 ルミナス社製ウルトラパルスC02レーザー『アンコア』によるフラクショナルレーザー治療です。 炭酸ガスレーザーを使用した最先端の肌再生治療(フラクショナルレーザー治療)になります。 皮膚の表面を点状に蒸散させると同時に、皮膚の奥深くまで円柱状の熱凝固ゾーンを形成させます。 そこから創傷治癒反応が起こり、皮膚の再生が促進されます。 その生体反応を利用したリジュビネーション治療です。 傷のない組織を周辺に残すことで、傷の治りも早く、副作用(瘢痕、赤みなど)のリスクも大幅に軽減ししています。 炭酸ガス(Co2)レーザー治療とは 炭酸ガス(Co2)レーザーは、Co2、つまり二酸化炭素を媒介して、赤外線領域の連続波・高出力パルス波を作り出すレーザー治療機器です。 CO2レーザーは遠赤外線領域にある波長10600nmの気体レーザーです。 レーザー光には、 「色に関係なく無差別に吸収される」「水に吸収されやすい」という特徴があります。 レーザー光のほとんどを、皮膚組織内の水分へと吸収させることができます。 吸収時、一瞬にして熱エネルギーが発生し、治療したい皮膚組織を気化・蒸散させることで良性の腫瘍を削り取ります。 そのため炭酸ガスレーザーは、「レーザーメス」とも呼ばれます。 血液も瞬間的に凝固するため出血はほとんどありません。 削り取られた表皮では、治癒力によって1~2週間でコラーゲン繊維や毛細血管とともに表皮が再生し、美しい肌へと生まれ変わらせることができます。 クールタッチレーザー治療とは クールタッチレーザーは、「クールタッチ」と呼ばれる単一の波長を持つ、ロングパルスNd:YAGレーザーを用いた低温度のレーザー治療です。 痛みを和らげる冷却機能がついたレーザーなので、照射した後すぐに冷却をするため痛みやヤケドが少ないというのが特徴です。 個人差はありますが、ゴムを伸ばして手に当てる程度の痛さです。 クールタッチレーザーの治療方法は、レーザーを皮膚に照射し、 真皮層の目的の部分のみにダメージを与えることで、肌細胞を刺激しコラーゲンなどお肌に有効な成分を作り出す肌細胞の働きが活性化され、内側から自然に美しい肌をつくりあげます。 この効果により治療の難しい凸凹になってしまったニキビ跡にも効果があると言われています。 ですが、実際には美容皮膚科で行うレーザー治療は、私たちが決めるというよりも担当の医師がカウンセリングで決めることになるでしょう。 そして、そこで必ず料金などの説明も受けることになるはずです。 すると、そこでまた一つ問題が出てきます。 なぜならレーザー治療というのは、保険適用外の治療になるためにそれなりの高額な費用がかかるという事です。 一概には言えませんがおおよその目安という事で上記で挙げた料金のを一通り並べておきます。 ですから、もし学生さんでなかなか料金面がネックなのであれば、先ずはご両親に損談してみると良いでしょう。 また、今回、私が調べたレーザー治療の料金ですが、あくまで参考の目安という事です。 ですから、いざカウンセリングを聞いてみたら、はるかに安いというケースもあるかもしれません。 ですから、この記事を見ている方で、料金面がネックでと考えていても、先ずは電話などでカウンセリングの予約などを取ってみてはと思います。 カウンセリングを受ければ、具体的に自分のニキビ跡のケアにどれくらいの料金がかかるか分かってくるはずです。 もし、カウンセリングを受けた時点では、料金面の工面が難しくても、後日、改めてレーザー治療を受ける時の目安にはなるはずです!! ニキビ跡でレーザー治療を受ける時のカウンセリングは重要!! 私の個人的な意見をまとめさせてもらうと、美容皮膚科やエステサロンでレーザー治療を受ける時は、かなりカウンセリングが重要になってくると思います。 なぜなら、カウンセリングこそその担当する医師の信用性が問わえるからです。 例えばですが、レーザー治療を受けることでどの様な効果が期待できるのかは勿論ですが、本当に良い医師というのはその治療に対するデメリットなども詳しく説明してくれるはずです。 例えば、治療後の肌の経過はどうかや、完全に治しきる事は出来ない時は、そのような説明があるかなどは後々、トラブルにつながる事も考えられる言事なので説明が欲しいところです。 もしですが、この記事を見ている皆さんも美容皮膚科でカウンセリングを受ける時は事前に質問内容を考えておくと良いでしょう。 例えばですが・・・• 気になる肌の悩みの治療成功率• 受けたい治療における医師の実績(レーザー治療の経験は何例かなど)• 起こりうるトラブルとその対処方法は などなどです。 そのような事を詳しく説明してくれる医師こそ治療を任せたいところです。 それに何も1軒だけでカウンセリングを終了する必要はないのです。 時には数件の美容皮膚科を回り、そこから最善と思われる美容皮膚科を選べばよいのです。 日本人の性質上、断るというのが礼儀に反するのではと思われがちですが、そんな事はありません。 少しでも肌をキレイにしたいと思えば、できることをするというのは当たり前の事です。

次の