このnfc。 iPhoneでのNFC設定方法!便利な使い方や対応機種・機種別の違いなど解説!

NFCとは?スマホに搭載された便利な機能について解説します

このnfc

日本に存在する電子マネーや交通系ICカードなどのほとんどに搭載されているFeliCa(フェリカ)。 この「非接触型」のICチップ技術であるFeliCaは処理速度が速く、駅の改札でも大きな渋滞を起こすことなくスムーズな人の出入りがおこなえるようになっています。 そんなFeliCaと同じような技術に、「NFC(エヌエフシー)」というものがあるのをご存知でしょうか。 知っている方の中にも、「FeliCaと同じもの」というふうに思っている方がいるかもしれません。 ここでは「NFC」とはどのようなものなのかについて、FeliCaとの微妙な違いを交えながらご紹介します。 NFCとは NFCとは「Near Field Communication」の略で、日本では「近距離無線通信」などと訳されています。 名前にあるとおり、二つの機器間で無線通信をおこなうための技術です。 近距離というのは、だいたい10センチ、もしくは触れるか触れないかくらいの距離になります。 非接触型の通信機器と言われると、スイカやパスモ、おサイフケータイなどを思い出す人もいると思いますが、それらはNFCの仲間ではあるものの、いわゆる「NFC」ではありません。 その点についての詳しい説明は後述します。 NFCの機能 NFCの機能についてご紹介しましょう。 NFCが持つ機能は大きく分けて2つあります。 【認証】 一つ目の機能が「認証」です。 NFCをパスワードの代わりに用いることで本人認証できるようになります。 パスワード以外にも、スピーカーとプレイヤーなどをBluetoothでペアリングさせる際に必要なパスコードの入力を省略することができるようになります。 方法はプレイヤーとスピーカーの「NFCマーク」を接近させるだけです。 パスワードやパスコード入力の手間が省け、楽に機器同士を認証させることができます。 【通信】 NFCの機能の2つ目は、「通信」です。 Bluetoothなどでペアリングする場合、認証はNFCでおこないますが、音楽などの転送自体はBluetoothがおこなうことになります。 しかしNFCは通信をおこなえるものもあります。 それがアンドロイド端末に搭載されている「Android Beam」です。 NFC搭載のアンドロイド端末を接近させることで、データの送受信そのものをおこなうことができます。 従来の携帯電話についていた「赤外線機能」のような用途であると言えばわかりやすいのではないでしょうか。 NFCとFeliCaの違い 上項で、「スイカやパスモはいわゆるNFCではない」と書きましたが、それについて簡単に説明します。 かつて、FeliCaは単純な意味で「NFCの一種」という存在でした。 NFCには「Type-A」「Type-B」と細かい規定があったのですが、その3番目のタイプとして、FeliCaは存在していたのです。 しかし、日本のおサイフケータイや交通系ICカードがFeliCaを中心的に使うようになったことで、FeliCaがいわゆる「NFC」とは違う存在に変わっていったのです。 FeliCaは日本や香港などの一部の海外で利用されているだけで、海外の国のほとんどがFeliCaを利用していません。 海外ではNFCの「Type-A」または「Type-B」を利用しています。 日本でも自販機でタバコを購入するとき使うタスポや、パスポートなどでは用いられていますが、日常生活で使う交通系ICカードやおサイフケータイが採用しているのは上述のとおりFeliCaです。 そのためいわゆる「NFC」が日本におけるメインストリームになることはなく、「Type-A」や「Type-B」などのNFCは「海外で使われているもの」という定義を与えられることになりました。 その結果雑誌や新聞などの記事でも、NFCとFeliCaを区別するようになり、その2つは別物になっていったのです。

次の

RFIDとNFCの違いとは?

このnfc

とりあえず 新しいものを試してみたい人にうってつけの、安いオプションとなっています。 オプションを付けるとタッチパッドの上にうっすらとNFCのアイコンが付きます。 中央ボタンのすぐ下にNFCアイコンがあるんですが・・・写真ではうまく見えませんね。 肉眼でも見えにくいほどうっすらと印刷してあります。 NFCは何に対応しているのか? さて、問題は このNFCは何に対応しているのか、対応できるのか、という部分でしょう。 まずメーカーとチップを確かめてみます。 デバイスマネージャを出し、スマートカード読み取り装置を開けてみますと下記のようなデバイスになっていました。 日本のNFCカード(SuicaとかPasmoとかいろいろ)は、ほとんどSonyのFelica規格(NFC-F)を採用しています。 つまりFelica規格に対応したリーダーなら読み込めることになります。 ただ、NXPはそもそもメーカーが違うのでFelicaに対応できるかどうかはわかりません。 NXPのページはビジネスや開発オンリーで、カード残高をみるような便利機能はありません。 そこで、 SonyのFelicaドライバを無理やり入れてみることにしました。 まずソニーのサイトからFelicaポートソフトウェアをダウンロード、インストールしました。 次にソニーのPASORI用のソフト「SF Card Viewer 2」をダウンロード、インストールしました。 このソフトはSuicaとかPasmoなどの残高を表示できる便利ソフト。 ただしあくまでPASORI用。 NXPのチップに対応できるのでしょうか。 SonyのFelica用ソフトやドライバは、やはり 使用できないようですね。 Androidビーム 最近のAndroidには「 Androidビーム」というNFCでURLなどを送信する機能がついています。 これも試してみましょう。 試すのはZTE Axon 7。 NFCに対応している機種です。 画像や写真が送れたら便利だなー、と思ったので、Androidのギャラリーから転送したい写真を表示して、Android ビームを試してみましたが・・・ 「 Androidビームは大きなデータのやり取りはできません」となり、転送はできませんでした。 NFC機能はどんなものか NFCの機能を見てきましたが、結論として 普段の生活で便利になるものはなさそうです。 では何に使うことを想定しているかというと、 企業用のICカードや身分証明書などではないかと思います。 カードをかざしてログインする機能などに使うのでしょう。 ThinkPadはもともと企業内のビジネス用途を想定してるので、こういう機能がオプション設定されているんでしょうね。

次の

「NFC」とはいったい何? FeliCaとはどう違うの?

このnfc

【NFCをカンタンに説明】 今回は NFC について。 そして FeliCa との違いについても説明していきます。 NFC(エヌエフシー)とは Near Field Communication の略で、 近距離無線通信の規格のひとつです。 範囲は「10cm」程度と本当に近距離での通信が可能な非接触型の無線通信です。 「かざして通信」とも言われています。 【NFC ができること】• ・ 【ご注意】:「できること」に解説が必要な機能もあります。 詳細は各項目内容をお読みください。 そして通信データ量も少なくて済むので他の無線機器との 接続のための認証のために使われます。 例えばスマートフォンと機器や機器とを無線接続する際に必要な認証を行うために通信を行います。 予め、NFCに対応している機器の情報(パスワード等)をスマートフォンに読み込ませておくことで、パスワード入力などの必要なく認証作業を行えるため簡単に無線接続が行えます。 「認証」の例としては「ルーターとの接続」などがあります。 Wi-Fiは通信距離がそれなりに長いので接続する際にはSSIDとパスワードの入力が必要です。 しっかりとしたパスワードを入力しなければならないので面倒に感じる方も多いでしょう。 しかし NFC の機能を使うと簡単で安全に接続することが可能になります。 例えばこれはWi-Fiルーターとスマホを接続するための「NFCタグ」です。 Wi-Fiルーターに同梱されているシール状の「NFCタグ」でスマホとNFC通信が可能です。 タグにはWi-Fiルーターと接続するためのやパスワードが書き込まれており、まず NFC通信でスマートフォンで読み取ります。 難しい知識は不要です。 Wi-Fi接続時にはスマートフォンがNFCタグから読み取った情報を元に自動で認証してくれます。 筆者も実際に認証と接続をしてみましたがあまりに簡単なので驚きました。 このように近距離無線通信で必要な情報のやり取りができるのがNFCの特徴です。 通常、Wi-Fiルーターのようにパスワードで守られた無線機器との接続は「面倒でわかりにくい」ものです。 しかし「認証」のみ、NFCで行うことで難しい操作や面倒なパスワード入力を無くし、Wi-Fiルーターと接続できるようになっています。 また、スマートフォンと相性がよく最近、普及しつつあるBluetooth対応機器(スピーカーやイヤフォン等)でもNFCを使った接続認証ができる製品が増えてきています。 ご注意:認証機能が使えるのはNFCに対応している機器に限ります。 スマホをかざすだけで電子決済可能なおなじみの便利機能。 NFCと聞いて真っ先に思い出すのはこの機能ではないでしょうか。 しかし、NFC通信規格のはずのおサイフケータイですが 実際に使われているのは「FeliCa(フェリカ)」です。 「え?どういうこと?」と不思議に思いますよね。 ちょっと説明を加えましょう。 《NFC と FeliCa の違い》 実は FeliCa は「NFC規格の中のひとつ」でソニーの独自規格なのです。 しかしNFCの機能だけではおサイフケータイ等の決済はできません。 日本ではおサイフケータイやSuicaなど交通系ICカードの主流が FeliCaベース となっているため、2018年4月時点では NFCチップのみ搭載のスマートフォンではFeliCaベースの電子決済ができないのです。 なので現在、移行段階として「NFCとFeliCaの両方を搭載」から「完全にNFCへ移行」の最中となっているようです。 ご注意:こちらのAndroid ビームに関する記事内容は Android4. 0 から Android 9 までのAndroid端末での情報となります。 目の前にいる相手に連絡先を渡したい時や、写真数枚を仲間と直接シェアしたい時に役立つ「NFCを使った通信」です。 SNSやオンラインストレージが流行っている現在、あまり使う機会がないかもしれませんが、ガラケー時代の「赤外線通信」と似た感覚で使える通信機能です。 1以降はファイル転送時にBluetoothを用い通信速度が上がりました。 しかしAndroid 4. 0と4. 1以降では規格が異なってしまうため Android ビームのNFC通信はできません。 スポンサーリンク 関連記事•

次の