モコー。 中古車

モコ(ウルトラマンジード) (もこ)とは【ピクシブ百科事典】

モコー

暗い部屋。 画面に映されたウェブサイトを眺める。 うだつのあがらない毎日を過ごしている。 夜、一人でインターネットを徘徊する。 面白いものを求めて。 読者は常に刺激を求めている。 俺はウェブメディアの編集をしている。 面白そうな記事やライターを集め、アクセスを稼ぐのが仕事。 「この記事なんていいんじゃないか?」「そうだな」「まるでギャグ漫画日和みたいなツッコミじゃないか」「これもいいぞ、やっぱり今は『興味』の時代だよ」「ああ」 「どうだ?」 「…少し上品すぎませんか?」 「なにか…」 「強烈なのが欲しい。 激しいのが」 担当ライターとの打ち合わせ。 実力はあるのだが、イップスに陷っているようだ。 「どうでしたか?僕の記事、通りそうですか?」 「ああ、会議の評判は良かった。 掲載に関しては、まだ確定じゃないから何ともいえないが」 本当は多分、通らない。 会議での評判は芳しくなかった。 その場しのぎの嘘でしかない。 気の毒だと思ったが、申し訳ないとは思わなかった。 こういう役目も俺の仕事だ。 「…安心しました」 「最近、よく分からなくて」 「面白い記事ってなんなんですかね」 「……」 「そうだな」 ライターの顔には宿命的に染みついた影があった。 友人から面白いサイトがあるという話を聞いた。 そのサイトは53秒しか閲覧ができないらしい。 それ以上はアクセスが遮断される。 面白い、らしい。 「アクセスできた」 「最近、このサイトのフリークが急増してるんだって」 「ただし53秒だけだから」 「見る時はすぐ保存したほうがいいよ」 画質が悪い。 仮面を被った真っ黒い男が座っている。 うしろの壁には奇妙な粘土のようなものが貼り付けられている。 肉と人形が映る。 「これは?」 「俺もよくわかんないんだけど、この人形がマイクで生肉の音を拾っている。 らしいよ」 「人形がマイク…?」 「そもそも肉から音なんて聞こえるわけがない」 「うん」 「でもそうしてる。 面白いでしょ」 「…」 アクセスが遮断された。 「これで終わり。 このサイト、最近流行ってるらしいよ」 「ヤスミノさん、こういうの興味あるでしょ?」 読者は常に刺激を求めている。 同僚に声をかけられた。 「見たか?この記事、これ面白いぞ」 俺は笑えなかった。 ライターの言葉が頭をよぎる。 「面白い記事ってなんなんですかね」 俺もそう思う。 ネットをうろつきまわる。 「俺が欲しいのはもっと…」 「現代的なやつ」 「今の記事じゃ甘すぎる」 ? ブラウザに覚えのないタブが開いてる。 オモコローム? 開く。 あのサイトだ。 勝手にサイトが開いているなんて奇妙だったが、不思議と俺は冷静だった。 前見た時と同じ部屋に、同じ黒い男が座っている。 見てる途中でアクセスが遮断された。 再び担当しているライターと打ち合わせ。 知っていたことだが、こいつの記事は通らなかった。 それを伝え、次回のネタを話し合う。 俺だって本意じゃない。 担当の記事は掲載したい。 もう慣れたが、それでもたまにどうしようもない虚脱感に襲われる。 いつまでこんなことをしなくちゃいけないんだ? 「悪い。 今回は通らなかったが…次回はいけると思う」 「いいんです。 それよりヤスミノさん、見てください」 「たすけてくださいたすけてくださいたすけてください」 「知ってます?」 「たすけてくださいたすけてくださいたすけてください」 「これ、最近流行ってるサイトでみた人形…」 「僕、オモコロームが好きなんです」 「たすけてくださいたすけてくださいたすけてください」 「…その人形はどうやって手に入れた?いや、それより…オモコロームってなんなんだ?」 「ピアシングしてくれませんか?」 「たすけてくださいたすけてくださいたすけてください」 「ピアシング?」 「ピアスの穴を開けたいんです」 「たすけてくださいたすけてくださいたすけてください」 「何を言ってるんだ、急に」 「僕、オモコロームに行こうと思うんです」 「たすけてくださいたすけてくださいたすけてください 」 ピアスとあのサイトに何の因果関係があるんだ?と口に出しそうになる。 彼の目を見た。 ぬめったような眼球の表面は、青白く鈍い光を反射させた。 一方で不思議な恍惚さをたたえていた。 直感的に、彼が変わってしまったことを悟った。 彼はにっこり微笑んで、オフィスから立ち去った。 その薄笑いは網膜にへばりついて引き剥がすことができなかった。 「編集長、オモコロームってサイト、知ってますか」 しかめ面が浮かびあがった。 深く刻まれる眉間の皺。 まるで見ず知らずの死体を見下ろすような、妙な冷ややかさがあった。 「最近流行ってるサイトらしいです。 ウチのライターも移籍するって言って…」 「知らないほうがいい」 「彼らには、お前にないものがある」 「哲学だ」 「それが危険なんだ」 「どういうことですか」 編集長は何も言わず立ち上がった。 何かに怯えているようにも見えたし、 確固たる意思を持っているようにも見えた。 俺からはそれ以上、何も聞けなかった。 「すまない」 聞き取れないほどのか細い声でそう言い残し、会議室から出ていく。 ふと通りかかった公園に視線を向けた。 オモコロームの黒い男がいた。 おもわず声をあげそうになる。 心臓が早鐘を打つ。 もうそこに姿はなかった。 見間違えだったのか、それとも幻覚か。 俺は強迫観念にとらわれている。 神経症になりかけている。 「多かれ少なかれ、みんな神経症みたいなもんですよ。 僕に言わせれば」 ライターの声が聞こえた。 俺もそう思う。 再び、ブラウザに覚えのないタブが開いていた。 オモコローム。 そこには担当していたライターがいた。 同じ部屋。 粘土の前でこちらを見据えている。 なにかが映った。 イラストだ。 見覚えがあった。 「おいなりさん」だ。 うちの編集長が書いた記事、だ。 どういうことだ? なぜ編集長のおいなりさんがオモコロームに? 「哲学だ」 「それが危険なんだ」 どういうことだ? (シーズン2に続く) Special Thanks 雨穴 らむ屋敷 原宿 マンスーン 山下ラジ男 モンゴルナイフ ギャラクシー 山本スーザン久美子.

次の

「有限会社ミトモコーセツ 松山営業所」(松山市

モコー

スズキよりOEM供給を受けるモデルであり、日産のスタイリッシュな軽ハイトワゴン「モコ(MOCO)」。 各グレードにFFと4WDを用意しており、ベーシックな「S」・「S FOUR」、インテリジェントキーや、ドアサッシをブラックアウト、リヤシートスライドを用意した「X」・「X FOUR」、メッキの縁取り仕上げの専用フロントグリル、LEDポジショニングランプとバイキセノンヘッドランプを採用し、エレガントなフロントデザインの「ドルチェX」、「ドルチェG」、「ドルチェX FOUR」、「ドルチェG FOUR」を設定。 Gグレードには日常の運転を快適にするためのターボエンジンを搭載。 特別仕様車では、フロントプロテクターや専用フォグランプを装備した「エアロスタイル」を用意。 今回、ボディカラーの変更を行った。 スズキよりOEM供給を受けるモデルであり、日産のスタイリッシュな軽ハイトワゴン「モコ(MOCO)」。 各グレードにFFと4WDを用意しており、ベーシックな「S」・「S FOUR」、インテリジェントキーや、ドアサッシをブラックアウト、リヤシートスライドを用意した「X」・「X FOUR」、メッキの縁取り仕上げの専用フロントグリル、LEDポジショニングランプとバイキセノンヘッドランプを採用し、エレガントなフロントデザインの「ドルチェX」、「ドルチェG」、「ドルチェX FOUR」、「ドルチェG FOUR」、フロントプロテクターや専用フォグランプを装備した、特別仕様車「エアロスタイル」を設定。 また、Gグレードには日常の運転を快適にするためのターボエンジンを設定し、15インチアルミホイールも採用。 今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-MG33S 658cc 5 CVT FF 4名 30. 各グレードにFFと4WDを用意しており、ベーシックな「S」・「S FOUR」、インテリジェントキーや、ドアサッシをブラックアウト、リヤシートスライドを用意した「X」・「X FOUR」、フロントプロテクターや専用フォグランプを装備した、特別仕様車「エアロスタイル」を設定。 今回、マイナーチェンジを行い、ラインアップに「ドルチェX」、「ドルチェG」、「ドルチェX FOUR」、「ドルチェG FOUR」を追加。 エクステリアには、メッキの縁取り仕上げの専用フロントグリル、LEDポジショニングランプとバイキセノンヘッドランプを採用し、エレガントなフロントデザインに仕上げた。 また、Gグレードには日常の運転を快適にするためのターボエンジンを設定し、新造形15インチアルミホイールも採用。 インテリアには、アイボリーとマルーンの2トーンカラー仕上げで且つ合皮を採用した高い質感のシートを採用した。 ボディカラーには「モコ」らしさを表現する新色の「モコピーチ」を新たに設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-MG33S 658cc 5 CVT FF 4名 30. 各グレードにFFと4WDを用意しており、ベーシックな「S」・「S FOUR」、インテリジェントキーや、ドアサッシをブラックアウト、リヤシートスライドを用意した「X」・「X FOUR」、フロントプロテクターや専用フォグランプを装備した、特別仕様車「エアロスタイル」を設定。 今回の一部仕様向上では、停止前車速13km/h以下から作動するアイドリングストップシステムを全グレードに設定。 あわせて、蓄冷材内蔵の空調ユニットを採用することで、アイドリングストップ中のエアコン送風モードの冷気の持ちを長くし、エンジンの停止時間を延長させた。 さらに、全グレードに高効率リチウムイオンバッテリーと、高効率・高出力のオルタネーター(発電機)を搭載し、回生エネルギーの蓄電容量を増加させることで、発電のために使用しているガソリン消費量を抑え、燃費を向上。 これらの技術により、軽ハイトワゴンクラストップの低燃費30. 0km/Lを実現したことで、全グレードの自動車取得税、及び、自動車重量税が免税となった。 また、「X」に本革巻ステアリング、6スピーカー、フロントスタビライザー、14インチアルミホイールを採用、「S」グレードには新造形の13インチフルホイールカバーを採用し、仕様向上を行った。 さらに特別仕様車もベース車同様に、全グレードにアイドリングストップシステム、および、高効率リチウムイオンバッテリーと、高効率・高出力のオルタネーター(発電機)を搭載し、燃費を向上。 ボディカラーは「スノーパールホワイト(特別色)」を含む全6色用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-MG33S 658cc 5 CVT FF 4名 30. 各グレードにFFと4WDを用意しており、ベーシックな「S」・「S FOUR」、インテリジェントキーや、ドアサッシをブラックアウト、リヤシートスライドを用意した「X」・「X FOUR」、ターボエンジンを搭載し、14インチアルミホイール等を装備した「G」・「G FOUR」、アイドリングストップシステムを搭載した「X アイドリングストップ」をラインナップ。 エクステリアは、開放的な室内空間と面積を拡大し、開放感を高めたフロントガラスとフロントドアガラスで圧倒的な視界のよさを実現。 今回、エンジンとCVTの効率をさらに高めるなどして、「X」と「S」の燃費を23. また、「Xアイドリングストップ」では、さらにアイドリングストップシステムも進化させ、停車中だけでなく、ブレーキを踏んで時速9km以下まで減速するとエンジンをストップさせる。 これらの改良により燃費をクラストップ(全高1550mm以上のハイトワゴン軽クラス)の27. あわせて、アイドリングストップシステム搭載グレードを拡大し、従来の「Xアイドリングストップ」に加え 「Sアイドリングストップ」を新たに設定し、両グレードには専用ボディカラーとして新色「ホワイトミント」を採用。 また、ベース車と同様に燃費性能を向上させた特別仕様車「エアロスタイル」(「S」と「S FOUR」以外のグレードをベースとする)を設定。 さらに「S アイドリングストップ」をベース車とした「エアロスタイル」も追加設定した。 フロントプロテクター、専用フロントグリル(シルバー塗装)、サイドシルプロテクター、リヤアンダープロテクター、さらに専用フォグランプ(ホワイトリングイルミ付)、ルーフスポイラー、専用キッキングプレート(LED・白色発光)を特別装備としている。 ボディーカラーは、スノーパールホワイト(特別色)を含む全4色。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-MG33S 658cc 5 CVT FF 4名 23. 各グレードにFFと4WDを用意しており、ベーシックな「S」・「S FOUR」、インテリジェントキーや、ドアサッシをブラックアウト、リヤシートスライドを用意した「X」・「X FOUR」、ターボエンジンを搭載し、14インチアルミホイール等を装備した「G」・「G FOUR」、アイドリングストップシステムを搭載した「X アイドリングストップ」をラインナップ。 エクステリアは、従来型モコの特徴を継承しながら、開放的な室内空間と面積を拡大し、開放感を高めたフロントガラスとフロントドアガラスで圧倒的な視界のよさを実現。 インテリアでは、インストルメントパネルの広範囲に、艶やかなピアノブラック調フィニッシャーを採用。 インストルメントパネルと一体でデザインされた4. タッチパネル操作やiPodなどのポータブルオーディオの接続も可能。 エコドライブサポート機能としてファインビジョンメーター内に走行中の瞬間燃費や平均燃費の表示機能に加え、エコ運転時に点灯するECOインジケーターを搭載。 今回、スタイリッシュなエアロパーツなど魅力的な装備を加えて個性を強めた「エアロスタイル」を「S」と「S FOUR」以外のグレードに設定。 フロントプロテクター、専用フロントグリル(シルバー塗装)、サイドシルプロテクター、リヤアンダープロテクター、さらに専用フォグランプ(ホワイトリングイルミ付)、ルーフスポイラー、専用キッキングプレート(LED・白色発光)を装備。 ボディーカラーは、スノーパールホワイト(特別色)を含む全4色。 スズキよりOEM供給を受けるモデルであり、日産のスタイリッシュな軽ハイトワゴン「モコ(MOCO)」。 各グレードにFFと4WDを用意しており、ベーシックな「 S 」・「 S FOUR 」、インテリジェントキーや、ドアサッシをブラックアウト、リヤシートスライドを用意した「 X 」・「 X FOUR 」、ターボエンジンを搭載し、14インチアルミホイール等を装備した「 G 」・「 G FOUR 」をラインナップ。 エクステリアは、従来型モコの特徴を継承しながら、開放的な室内空間と面積を拡大し、開放感を高めたフロントガラスとフロントドアガラスで圧倒的な視界のよさを実現。 インテリアでは、インストルメントパネルの広範囲に、艶やかなピアノブラック調フィニッシャーを採用。 インストルメントパネルと一体でデザインされた4. タッチパネル操作やiPodなどのポータブルオーディオの接続も可能。 エコドライブサポート機能としてファインビジョンメーター内に走行中の瞬間燃費や平均燃費の表示機能に加え、エコ運転時に点灯するECOインジケーターを搭載。 今回、カラー変更を行うとともに、アイドリングストップシステムを搭載した「X アイドリングストップ」を追加設定。 Xをベースとし、燃費は25. 国土交通省の「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定とあわせて、「環境対応車普及促進税制」による減税措置に適合し、自動車取得税と自動車重量税が75%減税される。 VDC(ビークルダイナミクスコントロール)と、坂道でアイドリングストップした際などに後退を抑えるヒルスタートアシストを標準装備。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-MG33S 658cc 5 CVT FF 4名 25. スズキよりOEM供給を受けるモデルである。 今回のフルモデルチェンジによる3代目は、「上質で心地よい私のための新しい空間」をコンセプトにし、従来以上に開放感あふれる室内空間を実現している。 エクステリアは、従来型モコの特徴を継承しながら、開放的な室内空間と面積を拡大し、開放感を高めたフロントガラスとフロントドアガラスで圧倒的な視界のよさを実現。 インテリアでは、インストルメントパネルの広範囲に、艶やかなピアノブラック調フィニッシャーを採用。 インストルメントパネルと一体でデザインされた4. タッチパネル操作やiPodなどのポータブルオーディオの接続も可能。 各グレードにFFと4WDを用意しており、ベーシックな「 S 」・「 S FOUR 」、インテリジェントキーや、ドアサッシをブラックアウト、リヤシートスライドを用意した「 X 」・「 X FOUR 」、ターボエンジンを搭載し、14インチアルミホイール等を装備した「 G 」・「 G FOUR 」をラインナップ。 エコドライブサポート機能としてファインビジョンメーター内に走行中の瞬間燃費や平均燃費の表示機能に加え、エコ運転時に点灯するECOインジケーターを搭載。 エンジン、CVT、プラットフォームを一新することで大幅に燃費を向上させ、2WDのR06Aエンジン搭載車は、クラストップレベルの25. 国土交通省の「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定とあわせて、ターボを含む全グレードが「環境対応車普及促進税制」による減税措置に適合し、自動車取得税と自動車重量税が減税される。 ボディカラーは、落ち着いた品と華やかさをあわせもつ、モコベリーをはじめとする新色4色を含む、全6色を設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-MG33S 658cc 5 CVT FF 4名 25. 初代同様、スズキよりOEM供給を受けるモデルである。 直列3気筒(54馬力)と同ターボ(64馬力)の2ユニットを搭載。 FFとフルタイム4WDの駆動方式を用意する。 トランスミッションは、前席ウォークスルーができるインパネシフトの4速オートマチックのみ。 それをベースに、フラッシュメモリータイプの専用ナビゲーションを搭載した「エアロスタイル プラスナビ」を特別仕様車として設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-MG22S 658cc 5 4AT FF 4名 22. 初代同様、スズキより「MRワゴン」をOEM供給受ける。 直列3気筒(54馬力)と同ターボ(64馬力)の2ユニットを搭載、FFとフルタイム4WDの駆動方式を用意する。 トランスミッションは、前席ウォークスルーができるインパネシフトの4速オートマチックのみ。 今回発売する特別仕様車「エアロスタイルプラスナビ」は、スタイリッシュなエクステリアパーツなどを装備した「エアロスタイル」をベースに、フラッシュメモリータイプの専用ナビゲーションを搭載したモデル。 同時に、インテリアにシックで質感のあるブラックとブラウンを組み合わせた内装色をもつ特別仕様車「ショコラティエセレクション」に、ベース車でボディカラー、モコルージュとミルクティーベージュを新たに追加した。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-MG22S 658cc 5 4AT FF 4名 21. スズキ「MRワゴン」をヘッドライト、バンパー、グリルなどデザイン変更を行ないながら、日産イメージをもったモデルとしてOEM供給受ける。 直列3気筒(54馬力)と同ターボ(64馬力)の2ユニットを搭載、FFとフルタイム4WDの駆動方式を用意する。 トランスミッションは、前席ウォークスルーができるインパネシフトの4速オートマチックのみ。 今回発売する特別仕様車「Chocolatier Selection(ショコラティエ セレクション)」は、「E」、「E FOUR」をベースに、インテリアにシックで質感のあるブラックとブラウンを組み合わせた内装色「ブラック/ショコラティエ」を採用し、落ち着きのある空間を演出したモデルとなる。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-MG22S 658cc 5 4AT FF 4名 21. 初代同様、スズキよりOEM供給を受けるモデルである。 直列3気筒(54馬力)と同ターボ(64馬力)の2ユニットを搭載。 FFとフルタイム4WDの駆動方式を用意する。 トランスミッションは、前席ウォークスルーができるインパネシフトの4速オートマチックのみ。 フロント・サイドシル・リヤアンダープロテクターを装着し、専用のカラードフロントグリル&キッキングプレートを装備した。 また、同時に、通常モデルもボディカラーについて一部入替えを実施、ラグーンターコイズを廃止し、新たにミステリアスバイオレットを設定した。 インテリアは、インパネ上面にエアコン吹出口を設けることで、前後席の温度差が少ない空調環境を実現する「アッパーベント」を、軽自動車で初めて標準装備。 吸音天井や消臭天井&シート、助手席の背もたれを前に倒すことで、長い荷物を積むときに便利なうえに、後席の子どもとのコミュニケーションがとりやすくなる助手席前倒し機構を採用した。 買い物袋やバッグなどが簡単に入る「すわるとシート開けるとBOX」というユニークな装備を取り入れている。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-MG22S 658cc 5 4AT FF 4名 21. と、銘打たれた2代目日産モコ。 初代同様、スズキよりOEM供給を受けるモデルである。 最大の特長は、乗る人が自分らしさをおしゃれに表現できるエクステリアとインテリア。 8色のボディカラーとそれにマッチする2色のインテリアカラーを採用した。 直列3気筒DOHC12バルブVVT(54馬力)と同DOHC12バルブインタークーラーターボ(64馬力)の2ユニットを搭載。 FFとフルタイム4WDの駆動方式を用意する。 トランスミッションは、前席ウォークスルーができるインパネシフトの4速オートマチックのみ。 インテリアは、インパネ上面にエアコン吹出口を設けることで、前後席の温度差が少ない空調環境を実現する「アッパーベント」を、軽自動車で初めて標準装備。 吸音天井や消臭天井&シート、助手席の背もたれを前に倒すことで、長い荷物を積むときに便利なうえに、後席の子どもとのコミュニケーションがとりやすくなる助手席前倒し機構を採用した。 買い物袋やバッグなどが簡単に入る「すわるとシート開けるとBOX」というユニークな装備を取り入れた。 盗難防止装置(カーアラーム)、ABS、ロードリミッター付プリテンショナーシートベルト、運転席・助手席エアバッグシステムなどを全車に標準採用する。 日産の軽自動車、MOCO(モコ)。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 搭載される660ccエンジンは、54馬力のVVT可変バルブタイミング機構付き直列3気筒DOHCと、60馬力の同インタークーラーターボの2ユニット。 トランスミッションは、足踏み式パーキングブレーキとともにサイドウォークスルーを可能にするコラムシフト4速ATのみ。 今回発売する「ブランベージュ・セレクション」は、ベースの「C」グレードに対し、専用ボディカラーのココナッツベージュ(M)を追加設定し、さらに専用インテリアとしてインストルメントパネル、シートクロス、ドアトリムクロスをホワイトとベージュでコーディネート。 日産が初めての軽自動車としてラインアップさせるのがMOCO(モコ)。 かわいらしく暖かな「モコモコ」から由来するこのモデル名は、丸みを帯びたスタイリッシュなモノフォルムを表現している。 スズキMRワゴンのOEM供給を受けながら、外観はエンブレムやウインググリル、前後バンパー、ホイールキャップ、リアホワイトレンズコンビランプ等をオリジナルデザインとし、日産ブランドを表現する。 今回、上質感のあるおしゃれなモコ専用色のモコロゼを含む計4色の新ボディーカラーを設定。 インテリアについては、ベージュの内装色におしゃれで華やかな印象のキャロットの新シート地を採用した。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 搭載される660ccエンジンは、54馬力のVVT可変バルブタイミング機構付き直列3気筒DOHCと、60馬力の同インタークーラーターボの2ユニット。 トランスミッションは、足踏み式パーキングブレーキとともにサイドウォークスルーを可能にするコラムシフト4速ATのみ。 フロントトシートをベンチシート化し、運転席、助手席間のウォークスルーを容易にしたことに加え、アームレスト付きリヤシートのスライド量を増やし、リヤのニールームを拡大した。 安全装備として全車にデュアルエアバッグ、ABS、ブレーキアシスト、ロードリミッター付プリテンショナーシートベルトを装備。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 CBA-MG21S 658cc 5 4AT FF 4名 18. かわいらしく暖かな「モコモコ」から由来するこのモデル名は、丸みを帯びたスタイリッシュなモノフォルムを表現している。 スズキMRワゴンのOEM供給を受けながら、外観はエンブレムやウインググリル、前後バンパー、ホイールキャップ、リアホワイトレンズコンビランプ等をオリジナルデザインとし、日産ブランドを表現する。 今回、上質感のあるおしゃれなモコ専用色のモコロゼを含む計4色の新ボディーカラーを設定。 インテリアについては、ベージュの内装色におしゃれで華やかな印象のキャロットの新シート地を採用した。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 トランスミッションは、足踏み式パーキングブレーキとともにサイドウォークスルーを可能にするコラムシフト4速ATのみ。 フロントトシートをベンチシート化し、運転席、助手席間のウォークスルーを容易にしたことに加え、アームレスト付きリヤシートのスライド量を増やし、リヤのニールームを拡大した。 安全装備として全車にデュアルエアバッグ、ABS、ブレーキアシスト、ロードリミッター付プリテンショナーシートベルトを装備。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 UA-MG21S 658cc 5 4AT FF 4名 18. かわいらしく暖かな「モコモコ」から由来するこのモデル名は、丸みを帯びたスタイリッシュなモノフォルムを表現している。 スズキMRワゴンのOEM供給を受けながら、外観はエンブレムやウインググリル、前後バンパー、ホイールキャップ、リアホワイトレンズコンビランプ等をオリジナルデザインとし、日産ブランドを高めている。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 トランスミッションは、足踏み式パーキングブレーキとともにサイドウォークスルーを可能にするコラムシフト4ATのみ。 グレード展開は、ベーシックなB、MD・CDデッキや電動格納式ドアミラー等の装備充実のQ、アルミホイールやルーフスポイラー装着のターボ付エンジンのTの計3グレードを設定。 アームレスト付きのリヤシートは、左右独立の105mmスライド機構とリクライニング機構に加え、背もたれを倒すと座面が前にスライドしながらシート格納できるダブルフォールディング機能も持つ。 安全装備として全車にデュアルエアバッグ、ABS、ブレーキアシスト、ロードリミッター付プリテンショナーシートベルトを装備。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 UA-MG21S 658cc 5 4AT FF 4名 18. かわいらしく暖かな「モコモコ」から由来するこのモデル名は、丸みを帯びたスタイリッシュなモノフォルムを表現している。 スズキMRワゴンのOEM供給を受けながら、外観はエンブレムやウインググリル、前後バンパー、ホイールキャップ、リアホワイトレンズコンビランプ等をオリジナルデザインとし、日産ブランドを表現。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 トランスミッションは、足踏み式パーキングブレーキとともにサイドウォークスルーを可能にするコラムシフト4ATのみ。 グレード展開は、ベーシックなB、プライバシーガラスやCD付の新設定C、MD・CDデッキや電動格納式ドアミラー等の装備充実のQ、アルミホイールやルーフスポイラー装着のターボ付エンジンのTの計4グレードを設定。 アームレスト付きのリヤシートは、左右独立の105mmスライド機構とリクライニング機構に加え、背もたれを倒すと座面が前にスライドしながらシート格納できるダブルフォールディング機能も持つ。 安全装備として全車にデュアルエアバッグ、ABS、ブレーキアシスト、ロードリミッター付プリテンショナーシートベルトを装備。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 UA-MG21S 658cc 5 4AT FF 4名 18.

次の

「有限会社ミトモコーセツ 松山営業所」(松山市

モコー

660 G• 660 G FOUR 4WD• 660 G FOUR エアロスタイル 4WD• 660 G エアロスタイル• 660 S• 660 S FOUR 4WD• 660 S アイドリングストップ• 660 S アイドリングストップ エアロスタイル• 660 S エアロスタイル• 660 X• 660 X FOUR 4WD• 660 X FOUR エアロスタイル 4WD• 660 X アイドリングストップ• 660 X アイドリングストップ エアロスタイル• 660 X エアロスタイル• 660 ドルチェ G• 660 ドルチェ G FOUR 4WD• 660 ドルチェ X• 660 ドルチェ X FOUR 4WD• 660 E• 660 E FOUR 4WD• 660 E FOUR エアロスタイル 4WD• 660 E FOUR エアロスタイル プラスナビ 4WD• 660 E FOUR ショコラティエ 4WD• 660 E FOUR ショコラティエ エアロスタイル 4WD• 660 E FOUR ショコラティエ エアロスタイル プラスナビ 4WD• 660 E FOUR ショコラティエセレクション 4WD• 660 E エアロスタイル• 660 E エアロスタイル プラスナビ• 660 E ショコラティエ• 660 E ショコラティエ エアロスタイル• 660 E ショコラティエ エアロスタイル プラスナビ• 660 E ショコラティエセレクション• 660 G• 660 G FOUR 4WD• 660 G FOUR エアロスタイル 4WD• 660 G FOUR エアロスタイル プラスナビ 4WD• 660 G FOUR ショコラティエ 4WD• 660 G FOUR ショコラティエ エアロスタイル 4WD• 660 G FOUR ショコラティエ エアロスタイル プラスナビ 4WD• 660 G エアロスタイル• 660 G エアロスタイル プラスナビ• 660 G ショコラティエ• 660 G ショコラティエ エアロスタイル• 660 G ショコラティエ エアロスタイル プラスナビ• 660 S• 660 S FOUR 4WD.

次の