猫 お腹 の たるみ。 猫のお腹のたるみ「ルーズスキン」

猫のお腹が膨らむのはなぜ?原因や症状と考えられる病気は?

猫 お腹 の たるみ

もくじ• ルーズスキンとは? お腹から後ろ足の付け根にかけて皮膚が伸びて垂れ下がったように見える子がいます。 お腹が膨らんでいるというよりもたぷたぷした感じで 歩くたびに揺れ動いて触るととても柔らかい感触。 これが【 ルーズスキン】というものなんです。 「アメリカンショートヘア」「エジプシャンマウ」「ベンガル」「ピクシーボブ」などの血統書の猫種に多くみられます。 また避妊手術をしたメス猫もルーズスキンのようなたるみが出ることがあります。 メス猫の場合はお腹を切開して手術をするので 勘違いをする場合がありますが、 避妊手術によるたるみは年月が経てば、たるみがなくなってきます。 私が以前飼っていた猫はオス雑種でしたが、このルーズスキンの持ち主でした。 このように横になっている時はあまりわかりませんが、 座ると皮膚がたるんでいるのがわかります。 ルーズスキンの役割とメリット 猫はジャンプしたり俊敏な動きをしますが、 瞬時に動いた時にも皮膚が引っ張られすぎないように ルーズスキンが「のびしろ」の役割をはたしてくれるんです。 そういえば、ライオンやトラにもルーズスキンを見かけますもんね。 ルーズスキンは年齢や性別に関係なく見られますが、 子猫ではほとんど見られることはなく成長とともにお腹が たぷたぷとしてきてきます。 もし子猫でお腹がたぷたぷしている場合は、 「便秘」や「食べ過ぎの為の肥満」ということが原因になります。 病気とルーズスキンの見分け方 ルーズスキンではなく太っているだけなのか、 病気が隠れている可能性があるのかの見分け方を紹介します。 病気を疑う場合 ・お腹にしこりのような「固いもの」がある ・触ると猫が痛がる(嫌がる) どうしても自分で判断ができない場合は 獣医さんに診てもらうと安心です。 海外のキャットショーでは美の証! 海外のキャットショーでは、 このルーズスキンは美の証とされています。 弾力や形などで評価をされるようです。 一見、メタボのようでだらしないイメージがあるんですけど 「猫らしさ」を表現しているんでしょうね。 ルーズスキンと病気の見分け方まとめ ただの肥満と思われやすいルーズスキンですが、 ダイエットをした後にもお腹がたぷーんとすることもあります。 痩せると余計、ルーズスキンが目立ってきますけど それはそれで「猫らしい」ということ。 何度も出産したり、避妊手術をしたメス猫もお腹の皮膚が伸びてしまいますが この場合は少しずつ戻る場合があります。 怖いのは病気を見逃してしまうこと。

次の

猫のお腹(下腹部)のたるみ

猫 お腹 の たるみ

たるみ部分が厚い• 摘むと弾力がある ルーズスキンになりやすいアメリカンショートヘアですが、肥満になりやすい猫種でもあるため、非常に分かりにくいです。 またブリティッシュショートヘアやスコティッシュフォールドなどの種類は、元々の体型が丸いため、太っているのか標準なのか判断が難しいです。 一般的なルーズスキンは猫の下腹部にある皮膚のたるみですが、肥満の場合はたるみ部分が厚く、摘むと弾力を感じられます。 猫の理想体型は、触れたときに肋骨を感じとることができるか、真上から見て猫の腰のくびれが分かるかどうか比較して体型をチェックすることです。 特に避妊・去勢手術後は性ホルモンの関係で太りやすくなるため、太らせないように食事管理する必要があります。 ダイエットをする 猫の下腹部のたるみがルーズスキンであれば、猫特有であるため特に問題はありません。 しかし、下腹部のたるみが皮膚ではなく厚みがある脂肪を感じられる、下腹部だけではなく全体的に丸みを帯びた体型、脂肪に覆われくびれが見えない・肋骨が触れないなど、明らかに肥満体型の場合や、1才頃よりも体重がはるかに増えている場合はダイエットする必要があります。 感染症予防で室内飼いが好ましいですが、その反面活動範囲が狭くなり運動不足になりがちです。 また予防で行う避妊・去勢手術もホルモンの関係で代謝が低下し、太りやすくなります。 丸みを帯びたボディーは可愛いですが、肥満になると糖尿病や尿石症などの病気にかかりやすくなったり、心臓や関節にも大きな負担をかけたりしてしまいます。 一気に食事量を減らし大きく体重を落としてしまうと、過剰な空腹感でストレスとなるなど、体にとってもよくありません。 少しずつ食事量を減らしたりカロリーが低いフードに替えたりしてみて、時間をかけて緩やかに体重を落としていけるようにしましょう。 猫の下腹部〜後肢の付け根にある皮膚のたるみはルーズスキンといい、年齢や性別、肥満に関係なく見られます。 この下腹部のたるみがあることで皮膚が突っ張ることがなく、俊敏な動きや高いところからジャンプするなどの柔軟な動きをすることができます。 また、お腹は急所であり噛まれて内臓に損傷を受けると命取りになってしまうため、下腹部のたるみがあることで噛まれても、内臓が届きにくくさせてくれる役割を持っています。 しかし、太っているかどうか見極めることが難しいですが、肥満の場合は全身的に脂肪で覆われ、触っても肋骨を感じにくかったり、くびれが見えなかったりするなどと理想体型と相違点があります。 また理想体重の目安である1才頃の体重よりも大きく超えている場合は、体重を減らす必要があるためダイエットさせることです。 このときよく間違いやすいのが腹水です。 肥満と同様に下腹部がふっくらしていますが、腹水の場合はお腹の横に広がるように膨れ、溜まっている腹水の量が多いとパンパンと張り、肺を圧迫するため呼吸が苦しくなります。 そのため、お腹が張っており過剰に嫌がっていたり、触ったときにしこりを感じたりした場合などは、ただのたるみではなく何らかの病気の可能性があるため、早めに動物病院に受診することです。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の

【猫の舐めすぎハゲ対策その1】エリザベスウエア&アトピカを購入

猫 お腹 の たるみ

たるみ部分が厚い• 摘むと弾力がある ルーズスキンになりやすいアメリカンショートヘアですが、肥満になりやすい猫種でもあるため、非常に分かりにくいです。 またブリティッシュショートヘアやスコティッシュフォールドなどの種類は、元々の体型が丸いため、太っているのか標準なのか判断が難しいです。 一般的なルーズスキンは猫の下腹部にある皮膚のたるみですが、肥満の場合はたるみ部分が厚く、摘むと弾力を感じられます。 猫の理想体型は、触れたときに肋骨を感じとることができるか、真上から見て猫の腰のくびれが分かるかどうか比較して体型をチェックすることです。 特に避妊・去勢手術後は性ホルモンの関係で太りやすくなるため、太らせないように食事管理する必要があります。 ダイエットをする 猫の下腹部のたるみがルーズスキンであれば、猫特有であるため特に問題はありません。 しかし、下腹部のたるみが皮膚ではなく厚みがある脂肪を感じられる、下腹部だけではなく全体的に丸みを帯びた体型、脂肪に覆われくびれが見えない・肋骨が触れないなど、明らかに肥満体型の場合や、1才頃よりも体重がはるかに増えている場合はダイエットする必要があります。 感染症予防で室内飼いが好ましいですが、その反面活動範囲が狭くなり運動不足になりがちです。 また予防で行う避妊・去勢手術もホルモンの関係で代謝が低下し、太りやすくなります。 丸みを帯びたボディーは可愛いですが、肥満になると糖尿病や尿石症などの病気にかかりやすくなったり、心臓や関節にも大きな負担をかけたりしてしまいます。 一気に食事量を減らし大きく体重を落としてしまうと、過剰な空腹感でストレスとなるなど、体にとってもよくありません。 少しずつ食事量を減らしたりカロリーが低いフードに替えたりしてみて、時間をかけて緩やかに体重を落としていけるようにしましょう。 猫の下腹部〜後肢の付け根にある皮膚のたるみはルーズスキンといい、年齢や性別、肥満に関係なく見られます。 この下腹部のたるみがあることで皮膚が突っ張ることがなく、俊敏な動きや高いところからジャンプするなどの柔軟な動きをすることができます。 また、お腹は急所であり噛まれて内臓に損傷を受けると命取りになってしまうため、下腹部のたるみがあることで噛まれても、内臓が届きにくくさせてくれる役割を持っています。 しかし、太っているかどうか見極めることが難しいですが、肥満の場合は全身的に脂肪で覆われ、触っても肋骨を感じにくかったり、くびれが見えなかったりするなどと理想体型と相違点があります。 また理想体重の目安である1才頃の体重よりも大きく超えている場合は、体重を減らす必要があるためダイエットさせることです。 このときよく間違いやすいのが腹水です。 肥満と同様に下腹部がふっくらしていますが、腹水の場合はお腹の横に広がるように膨れ、溜まっている腹水の量が多いとパンパンと張り、肺を圧迫するため呼吸が苦しくなります。 そのため、お腹が張っており過剰に嫌がっていたり、触ったときにしこりを感じたりした場合などは、ただのたるみではなく何らかの病気の可能性があるため、早めに動物病院に受診することです。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の