瞳の中の暗殺者。 名探偵コナン瞳の中の暗殺者あらすじ・結末で犯人とトロピカルランドで対峙|みやびカフェ

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 : 作品情報

瞳の中の暗殺者

瞳の中の暗殺者あらすじ 事件の発端は、白昼に2人の警察官を狙ったの連続銃殺事件から始まる。 この映画のキーワードは 『 Need not to know』 (知る必要のないこと) これは警察の上層部に深く関わる事件であることを示す隠語でありトップシークレットを意味する。 場面は変わり警察関係者の披露宴に集まったコナンや警視庁のおなじみのメンバー。 同じ会場に潜んだ犯人の凶弾に佐藤刑事が倒れ、その場に居合わせた 蘭は記憶喪失に。 捜査を進める中、過去のある事件に関係する警察や医師たちが捜査線上に浮上する。 そんな中、犯人は唯一自分の姿を見た 毛利蘭に次の狙いを絞る。 犯人に狙われることを知りつつも記憶を取り戻すために蘭は新一との思い出の場所であるトロピカルランドへ。 犯人とコナンたちの最後の決戦が始まる。 瞳の中の暗殺者のみどころ トロピカルランドでの想い出の回想シーンからゆったり目の導入。 古参ファンとしては悪くないです。 実は この演出がラストシーンに繋がってくる布石になっています。 これを知った瞬間は思わず、おっ!と見入ってしまいます。 本格派ミステリーの脚本が面白い! 独立したミステリー小説として展開できるぐらい、ストーリーがしっかりしています。 子供向けのアニメ作品とは思えない仕上がり。 初期のコナン映画は同じ傾向がありますが、近年際立ってきたアクションシーンは控えめで ストーリーで引っ張る展開はとても良いです。 特に瞳の中の暗殺者は構成の良さが際立っています。 電車のシーン半端ないって!! 蘭が入院からの外泊中に、電車のホームから犯人に突き飛ばされます。 コナンのファインプレーでギリギリセーフですが、アニメとはいえひやっとしました。 犯人半端ない。 左利きばっかり出てくる この映画の犯人は序盤で左利きと突き止められるのですが、次から次に左利きが出てくる。 ZEEBRAの言葉を借りるなら 『 東京生まれ、米花町育ち、怪しい奴はだいたい左利き』です。 それが言いたかっただけです。 少年探偵団および小五郎は早々に退場 クライマックスのトロピカルランドでは、犯人の誤認逮捕で事件解決と勘違いした名脇役たちが早々に撤退します。 迂闊すぎる!! ハワイで親父に教わったジェットボート 飛行機、ヘリコプター、拳銃の打ち方。 コナンは大体、ハワイで親父に教わってますね。 コナンの名言(告白) 犯人から必死に自分(蘭)を守ろとするコナンの姿をみて蘭が「 なぜそんなに守ってくれるのか?」と問うシーン 『 好きだからだよ。 おめぇのことが地球上の誰よりも』 これは間違いなく 『 記憶喪失の恋人に言ってみたいセリフNo. 1』 因みに蘭の反応は 『ありがとう!オマセさん。 (ニコッ)』 いや、塩対応かーい。 全体としてアクションは少なめですが、ミステリーとしての展開は素晴らしいです。 またクライマックスシーンのトロピカルランドの攻防は、遊園地という素材を活かした壮大な追い詰め合いが面白い。 特に蘭の記憶を取り戻すきっかけになるシーンは、 これは一本とられたぜっ! って感じです。 劇場版名探偵コナンシリーズの中でもかなりの名作です。 これは是非、優先的に見る価値のある作品。 過去のファン投票でも歴代トップ5に入ったのも納得ですね。 犯人はこいつだ!(ネタバレ) 犯人は『風戸京介』 天才外科医の風戸京介は手の怪我を負って心療内科に転身。 犯行の動機はわざと自分に怪我を負わせて、自分からオペを奪った同僚医師への恨み。 因みに最後は記憶を取り戻した毛利蘭にボコボコにやられます。

次の

瞳の中の暗殺者の映画は面白い?つまらないし微妙という感想・口コミをまとめ!

瞳の中の暗殺者

金ローの何が惜しいかと言うとエンディング カット される。 口コミでかなり多く見かけたのは「エンディング」がカットされる確率がかなり高いということ。 瞳の中の暗殺者では、最後の エンディング曲である小松未歩 こまつみほ)さんの「あなたがいるから」がかかるタイミングが完璧なので、カット編集してほしくないのですが、時間の都合上、残念ながらカットされてしまう可能性はあります。 他にもちょっとしたシーンがカットされてしまう可能性があるので、それはどこなのか探しながら見てみるのもいいかもしれません! カット編集はどこ? 恐らくカットされたシーン(エンドロールを除く) — お湯 Kn7uamD カットシーン コナンからの職業当てクイズ 検査シーン 退院シーン 東都大学付属病院でのコナンは小五郎の助手台詞 蘭が走り疲れたシーン ED — 祐汰 24ScarletBullet 予想通り、エンディングはカットされてしまいましたね。 時間には余裕がありそうでしたが、他にもカットシーンがたくさんあったようです。 投票1位作品なので、ノーカットで見たかったですね! 名探偵コナン瞳の中の暗殺者あらすじ 金曜ロードSHOW! : 映画『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』 — yamada4649 yamada4649ver1 警察官が連続して殺される事件が発生した。 凶悪テロ、あるいは過激派の犯行なのか!殺された二人は、いずれも警察手帳をにぎりしめていた。 この殺人事件に偶然遭遇したコナン。 警視庁からの情報がない中、遂には蘭の命までもが狙われる!ショックのあまり、記憶を失った蘭をコナンは守りきれるのか・・・。 エンディングソング小松未歩「あなたがいるから」.

次の

金曜ロードSHOW!コナン総選挙、「瞳の中の暗殺者」が1位に!(シネマズ PLUS)

瞳の中の暗殺者

やっぱ昔の作品の方がコナンは面白い。 評価が高いですね。 「犯人がわからなかった」という意見が多くみられました。 名探偵コナンは、元々推理をして犯人を見つけるのがメインのはず。 「犯人がわからない」というところが、評価の高いポイントとなっているのではないでしょうか。 今作はヒロインが狙われるという設定以外事件そのものは、ミステリー映画としては何の意外性もなく、トリックとしてもチープで面白味が希薄だった。 遊園地のボートがあんなに速度出るわけないだろう的な「ありえなーい」面がちょっとありすぎて興ざめ。 ラストの緊迫感もさほどではない。 瞳の中の暗殺者を観た個人的な感想 改めて「瞳の中の暗殺者」を見返しましたが、昔のコナンは推理していたのになーという印象が強いです。 近年の名探偵コナンの映画は「爆発」がメインになっています。 しっかり推理をしているからこそ『名探偵』のコナンと言えるのに、 知恵をほとんど使わない超コナン人に変身している最近のコナンにはがっかりです。 昔の劇場版の方がコナンコナンしていて楽しめました。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は映画「名探偵コナン 瞳の中の暗殺者」の評判・口コミや、作品を観ての感想をご紹介させていただきました。 劇場版コナンシリーズの最高傑作という方も多い「瞳の中の暗殺者」。

次の