お手間煩わせて。 間違いも多い「お手を煩わせる」の意味・使い方・例文

「お手を煩わせる」の文例3つ|ビジネス・メール・挨拶

お手間煩わせて

ビジネスシーンにおけるコミュニケーションは、丁寧かつ正確な言葉を使って行うことが大切です。 言葉の丁寧さだけでなく、内容の丁寧さなども求められることが多く、相手への気遣いや心配りも重要です。 特に、相手に何かを依頼したり、謝罪したりする際は、より丁寧な表現や気遣いをすることが大切です。 ちょっとした一言や一文があるだけでも、相手への印象が変わることもあるため、気遣いや丁寧さを表現するフレーズのバリエーションは、たくさん知っていた方が良いでしょう。 今回は、気遣いや丁寧さを表現するフレーズの1つである「お手間を取らせてしまい」といいう言い回しをテーマにして、意味や使い方を考察・ご紹介していきます。 Web電話帳を導入しませんか? まずは、「お手間を取らせてしまい」というフレーズの意味について考えていきます。 「お手間を取らせてしまい」という言葉の意味について考える際、解釈に迷いやすいのが、「手間」という言葉だと考えられます。 そこでまずは、「手間」という言葉の意味について考えていきましょう。 「手間」について、「goo辞書」では以下の引用のように解説されています。 引用の内容によると、「手間」という言葉には、大きくわけて3種類の意味があるとされています。 「手間」の1つ目の意味や、物事などを行う際に必要となる時間や労力のことだとされています。 2つ目は、「手間賃」という言葉を略したものとしての意味です。 そして3つ目は手間賃を取って行う仕事や、それらの仕事を行う人のことだと言われています。 1 そのことをするのに費やされる時間や労力。 2「手間賃」の略。 3 手間賃を取ってする仕事。 手間仕事。 また、その仕事をする人。 最近は、仕事の相談や交渉なども、メールでやり取りするケースが多いと言われています。 そこでまずは、ビジネスメールにおける「お手間を取らせてしまい」というフレーズの使い方について考察していきます。 メールにおいて、「お手間を取らせてしまい」を使用する場合は、依頼や謝罪をする際に使用されるケースが多いと考えられます。 また、相手に何らかの迷惑をかけてしまった場合に、「この度は、お手間を取らせてしまい申し訳ございせんでした」といった言い回しで謝罪の文章を記入すると、より丁寧な謝罪をすることが可能になります。 会話 上記では、「お手間を取らせてしまい」という言葉を敬語として使うには、前後の言葉の選び方に気を付けることが大切だと考察しました。 また、その一例として「申し訳ございません」などの言葉を選ぶことで、目上の人にも使用できる言い回しになることをご紹介しました。 反対に、目上の人に対して使用するのに丁寧さに欠ける言葉としては、「すみません」などが挙げられます。 「すみません」という言葉は、決して汚い言葉というわけではありません。 しかし、「申し訳ございません」と比較すると、相手への敬意の度合いは低い言葉だと考えられます。 そのため、同じ「お手間を取らせてしまい」を使った言葉であっても、「お手間を取らせてしまいすみません」は、上司などに使うのには微妙な言葉だと言えそうです。 会話の場合はややフランクでもOK 「お手数をおかけしてしまい」というフレーズもまた、「お手間を取らせてしまい」というフレーズと並んで、ビジネスシーンで頻繁に使われる言い回しの1つです。 「手数」という言葉の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「手数」には2つの意味があると読み取れます。 1つ目の意味はある物事などをするのに必要な動作などを指すものとなっています。 そして2つ目の意味は、他人のためにかける手間だとされています。 上記のような意味から、「お手数をおかけしてしまい」というフレーズには、「お手間を取らせてしまい」と同じような意味があると考えられそうです。 1 それをするのに要する動作・作業などの数。 てかず。 2 他人のためにことさらにかける手間。 てかず。 お手を煩わせてしまい 「お手間を取らせてしまい」と似ている意味を持つフレーズとして、「お手を煩わせてしまい」という言い回しも挙げられます。 「手を煩わせる」という言葉の意味については、「weblio辞書」にて、以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「手を煩わせる」とは、相手に面倒をかけてしまうことを意味する言葉だと読み取れます。 上記のような意味を持つ「手を煩わせる」に、丁寧な意味を持つ「お」などを付け加えた言葉が、「お手を煩わせてしまい」という言い回しだと考えられます。 物事を依頼した場面において、相手に面倒をかけることを強調した、しへりくだった表現。 手紙文などで多く用いられ、「お手を煩わせ恐縮ではございますが・・・」などのように使う。 直接相手に言う場面だけでなく、「他人の手を煩わせる」などのようにも用いる。 「お手間を取らせてしまい」は便利なフレーズ.

次の

「お手を煩わせる」とは?正しい意味と本来の使い方

お手間煩わせて

スポンサーリンク 「お手を煩わせる」の意味と使い方は? まず最初に 「お手を煩わせる」の意味と使い方について見ていきましょう。 読み方については大丈夫だと思いますが、念のために 「お手を煩わせる」と書いて 【おてをわずらわせる】と読みます。 「お手を煩わせる」は、「手を煩わせる」の丁寧な表現です。 「煩わせる」の「煩」という漢字は、「火」と「頁」という字から成り立っています。 「頁」という字ははもともと、人の頭を表します。 このため「煩」は 「頭が熱を持って痛むこと」を意味しました。 これが転じて 「頭をかき乱す」、「頭を悩ませる」、あるいは 「苦しませる」、「うるさい」、「面倒だ」といった意味を持つようになりました。 例えば「(病気を)煩う」、「思い煩う」、「煩雑」といった言葉がその用例に当たります。 「煩わせる」は「煩う」の他動詞の形ですので、相手に対し 「苦しい思いをさせる」、「世話を焼かせたり、面倒をかけたりする」、「わざわざ手間をかけ、何かをしてもらう」、「心を悩ませる」といった意味を示します。 やや古めかしい表現として「煩わす」という言い方もされます。 また「お手を煩わせる」の「お手」は、相手のこと自体や、その手の先、あるいは筆跡のことを敬って言う表現です。 ほかには例えば、 「お手を拝借します」、「お手をお上げください」といった言い方が挙げられます。 こうしたことから、 「お手を煩わせる」は、地位や立場が上位にある相手を敬って 「ご面倒やお手数をおかけする」、「何かをわざわざしてもらって、ご迷惑をかける」と、恐縮しながら述べる際の表現だといえます。 現在のビジネスシーンなどでは、「お手を煩わせる」を使う場合は、「心を思い悩ませる」、「精神的に苦しい気持ちにさせる」といった、内面的な意味合いはあまり含みません。 スポンサーリンク 一般的には、本来は立場が下であるこちら側が進んで行うべき事柄を、 「わざわざあなた様にやっていただき、申し訳なく、かつありがたいことです」とへりくだる場面での使用が、もっぱらだといえるでしょう。 「お手を煩わせる」の類語と敬語は? 次に 「お手を煩わせる」の類語と敬語について見ていきましょう。 「お手を煩わせる」の類語には次のようなものがあります。 世話を焼かせる• 骨を折らせる• 厄介をかける• 面倒をかける• 迷惑をかける• 手を焼かせる• 手こずらせる• 困らせる• うるさがらせる 「お手を煩わせる」はそれ自体が相手を敬って使う表現ですが、似たような敬語の言い方としては、次のようなものが挙げられます。 ご負担をおかけする• お骨折りいただく• ご厄介になる• お手間をとらせる• ご面倒をおかけする• ご迷惑をおかけする 「お手を煩わせる」の類語と敬語の言い方をご紹介しました。 ビジネスで使える例文は? 最期に 「お手を煩わせる」をビジネスシーンで活用する場合の例文をご紹介します。 ビジネスの場で「お手を煩わせる」を使う際は、地位や立場が上の人や、顧客、取引先など持ち上げるべき相手について敬うとともに、自分側をけんそんした形で表現します。 また 「想定外にも面倒をかけてしまった」といった場合に、謝罪する際の言い方としても使われます。 そうした場面では一般的な 「ご迷惑をおかけし」などより、少し気の利いた大人びた表現として、上手に用いたい言葉です。 例文としては次のようなものが挙げられます。 先生のお手を煩わせるまでもなく、私どもで処理させていただきます。 このたびは当方の不手際のために、大変お手を煩わせてしまい、まことに申し訳ありませんでした。 何度もお手を煩わせて恐縮ですが、今一度、こちらの書類の内容の方をご確認いただけますでしょうか。 こちらのパックにご加入いただければ、次回からはいちいち、お手続きにお手を煩わせることがなくなります。 「お手を煩わせる」の例文をご紹介しましたが、ビジネスシーンなどで活用する場合は参考にして頂けたらと思います。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「お手を煩わせる」の 詳しい意味と正しい使い方、そしてビジネスシーンで活用することが出来る例文をご紹介しました。 何かと使う場面が多い言葉ですが、間違った認識で使っていると恥をかくだけではなく相手にしっかりと伝わりません。 この機会に意味と使い方をしっかりと覚え、日々の生活の中で活用して貰えたらと思います。

次の

「お手を煩わせる」とは?正しい意味と本来の使い方

お手間煩わせて

「手間」の意味と使い方 「手間」の意味は、 ・ある事のために費やす時間、労力 ・手間賃(仕事にかかった時間や出来高に応じて支払われる代金)の略 ・手間賃をもらってする仕事。 また、その職人 となります。 「手間」は「ある事のために費やす時間、労力」という意味で使われることがほとんどです。 「手間」を使った言い回しを紹介します。 ・手間がかかる:ある事をするのに、時間や労力が必要とされる、費やされる ・手間のかかる:ある事をするのに、時間や労力が必要とされる、費やされる ・手間をかける:そのために、時間や労力を使う、つぎ込む ・手間取る:ある事をするのに、予想以上に時間や労力がかかる ・手間いらず:時間や労力がかからない、容易に事が運ぶ ・手間を省く:時間や労力をかけない、減らす ・手間だ:時間や労力がかかって、面倒である ・手間を惜しまない:時間や労力がかかる事を嫌がらずに進んでやる 「手間がかかる」はある事を、時間・労力を惜しまずに達成した場合に使います。 例えば、「意外にも課題に手間がかかってしまった」「手間をかけて、誕生日会のために色々と準備をする」といったように用います。 「手間を省く」はある事を、時間や労力をかけずに行うときに使います。 例えば、「わざわざそこへ行く手間を省く」「注文するたびに個人情報を入力する手間を省く」といったように用います。 「手間」を敬語表現にするには、尊敬を意味する接頭語の「お」を付けて 「お手間」とします。 「お手間を頂戴する」「お手間をとらせる」などと使います。 「お手間を取らせる」は相手が自分のために時間や労力を割くことを、お願い・お詫びをするときに使うことが多いです。 「手数」の意味と使い方 「手数」の意味は、 ・それに施すべき手段の数 ・その物事または他人のために特に力を尽くすこと となります。 「手数」は前者の意味では 「てかず」、後者の意味では 「てすう」と読みます。 「手数」は「ある物事を達成するために必要な労力」を指します。 ですので、 「お手数おかけしますが」は「こちらの依頼や要求に対して、労力や動作をかけさせますが」という意味になります。 「お手数おかけしますが、明日またご連絡いたします」などと、自分に対しては使用できないので注意しましょう。 「お手数をおかけします」は「お手数」と「おかけする」の「お」が尊敬語なので、 厳密には二重敬語ですが、一般的に使われているので使用しても問題ありません。 「それに施すべき手段の数」という意味で「手数」を使う場合は、「手数(てかず)と報酬の割りが合わない」「手数(てかず)のかかる料理」などとします。

次の