チェンソーマン ネタバレスレ。 チェンソーマンネタバレ73話の感想|5ozi|note

チェンソーマン9話ネタバレと感想|パワーをコウモリから救ったデンジ!

チェンソーマン ネタバレスレ

2020年6月22日 月 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定のチェンソーマン本誌74話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 前話73話では、マキマから銃の悪魔討伐へ参加するよう指示されたデンジとパワー。 銃の悪魔討伐には特異4課は不参加にしてほしいとお願いしていた早川ですが、この決定を聞き、自身も討伐へ参加することを決意します。 その後、マキマから銃の悪魔はすでに倒され、各国がその肉片を保持していることを聞かされた3人。 衝撃の事実を聞かされてうなだれる早川ですが、さらに未来の悪魔によって最悪の未来を見せられます。 果たして早川の見せられた最悪の未来とは? また、悪魔に最も恐れられる悪魔とは一体? 今回は「【チェンソーマンネタバレ74話最新話本誌確定速報】悪魔に最も恐れられる悪魔はチェンソーの悪魔?」と題し紹介していきます。 チェンソーマンネタバレ74話最新話考察 前話73話ではデンジとパワーによって殺されるという最悪の未来を見せられた早川。 さらに未来の悪魔は、悪魔に最も恐れられる悪魔が登場するとも言い残しました。 今後どうなるのでしょうか? 考えられる展開を紹介していきたいと思います。 未来の悪魔によると、悪魔に最も恐れられる悪魔が登場するとのこと。 銃の悪魔が最恐だと思っていましたが、さらにその上があるとは驚きでしたね。 恐らくこの最恐の悪魔はチェンソーの悪魔ということではないでしょうか。

次の

チェンソーマン9話ネタバレと感想|パワーをコウモリから救ったデンジ!

チェンソーマン ネタバレスレ

cultstory. 助け出されたパワーは、ニャーコとの出会いや、血の悪魔として動物の血を吸いながら生活してきた過去を夢でみています。 パワーにとって血は、血の悪魔として吸うだけのものだったはずでした。 けれど、ニャーコがコウモリの悪魔に連れ去られた時、ニャーコを助ける為なんて馬鹿みたいな理由だと感じながら、必死に走って、コウモリの悪魔に引き渡す人間を探している自分の、ニャーコに対する思いに気付きます。 ニャーコのように暖かくて優しい血もあるんだと、パワーは知ったのです。 そこで、ニャーコの声に目を覚ましたパワー。 目を開けると、コウモリの悪魔の死骸の上で、デンジに抱きかかえられていました。 「なぜ、ワシを助けた…?」 「ウヌを殺そうとしたのに…」 デンジは、パワーに問われて考えます。 そして、パワーの胸を指さし、手で揉む動作を見せます。 何も言わず、それが理由だというデンジに、 「馬鹿みたいな理由じゃな……」 パワーは、人間の気持ちが少しわかったのでしょう。 「騙してスマンかった」 「ニャーコは助かったからの」 「胸は揉ませてやるわ」 そう言われたデンジは、事態を把握し、 「よっしゃあアアアア!!」 と、腕を上げた途端… 「アっ」 右手首の先がブツ!とちぎれてしまいました。 「アアアアあ!?」 「いっタァ~!!った、あ、いいい…」 すると、落ちた右手首を拾い上げたものが… 振り向くと、新たな悪魔が現れ、デンジの右手首をパクっと食べてしまいました。 ヤバい状況だ…と察したデンジは、パワーに問います。 「…動けった…?」 「指も動かせん…」 「ニャーコを連れて逃げとくれ…!」 自分が殺されても、ニャーコを助けたいというパワーの気持ちを知ったデンジは、チェンソーを引き、謎の悪魔と戦うことを選びます。 しかし、コウモリの悪魔との戦いでチェンソーを使い、血がたくさん流れてしまったために、チェンソーが上手く出せません。 すると… 「やァ~っと見つけたのにィ~アンタでしょォ、コウモリちゃん殺したのォ~」 「私の男だったのに!」 謎の悪魔はそう言って、デンジに近づきます。 「あら…よく見るとカワイイ顔…」 「好みの顔してるから逃がしてあげる!」 そう言われたデンジは、パワーとニャーコも逃がしてあげるのか聞くと、謎の悪魔は、「殺す」と言いました。 それを聞いたデンジは、攻撃体制に入りました。 謎の悪魔は、「じゃ、死にな」 といって、デンジに向かっていきました。 チェンソーの出ないデンジ。 どうする?! チェンソーマン9話 感想 パワーは、人間の心なんて…と馬鹿にしているところがありました。 でも、ニャーコをコウモリの悪魔に奪われて、ニャーコとの絆や、ニャーコを大事にしたいという自分の思いを知ってしまったんですね。 あの、自己中でわがままなパワーからは、考えられない行動です。 そして、せっかくコウモリの悪魔が死んで、助かったと思ったのに、謎の悪魔が現れてしまいました。 殺されると思った時に、自分はいいからニャーコを助けてとデンジに頼むパワーに驚きました。 デンジは、パワーの思いを知って、謎の悪魔と戦うことを選んだけど、血が足りなくてチェンソーがうまく出ないし、パワーは全く動けない状況。 街ぐるみで大きな事件になっているし、マキマさんや早川の行動も気になります。 デンジとパワーが協力して、謎の悪魔を倒すのか。 または、マキマさん達の助けが来るのでしょうか。 cultstory.

次の

チェンソーマンネタバレ74話最新話考察|漫画ネタバレ考察|note

チェンソーマン ネタバレスレ

チェンソーマン【第64話】ネタバレ 前回のあらすじ デンジに釘を刺したトーリカを褒め称える師匠の女性。 同時に家族だと呟くや、トーリカを人形に変えてしまう。 同じ頃、目覚めた早川は悪魔の力で何かの未来を見て恐怖していた。 その後師匠である女性は、デパートの入り口で祖父、サンタクロースに別れを告げる。 次の瞬間、サンタクロースは自らの命と家族の命を代償に地獄の悪魔を呼び出し、デパート内に居た生物を地獄へ閉じ込めるのだった。 【地獄で目覚めるデンジ】 突如、不思議な空間に閉じ込められたデパート内に居た者たち。 一堂に会する中、倒れたデンジを見た早川が、チェンソーの紐を引っ張る。 次の瞬間、額からチェンソーが生え、 復活を果たすデンジ。 だが、完全な姿には程遠く。 クァンジが 地が足りないのだろうと分析する。 同時に構える早川へ、一時休戦を告げる。 そんな中、 様子が可笑しいのは魔人たち。 誰もが恐怖に怯え、憔悴しきっていた。 唯一会話ができるのは天使の悪魔のみ。 天使の悪魔は不思議な空間を 「地獄」だと語る。 クァンジが仲間のロンとピンツイに逃げる方法があるかと尋ねる。 問われた仲間は、 涙を流しながら ヤバい悪魔に見られている と語る。 ヤバい悪魔とは、 銃の悪魔よりもずっとヤバく、根源的恐怖の名を持つ。 しかも 一度も死を経験していない悪魔であり、超越者とも言える。 そんな悪魔に敵意を向けられたら、どんな存在も瞬間で死ぬほど。 【デンジの心臓を対価とした契り】 クァンジの仲間が話す中、空に浮かぶ扉から 「闇の悪魔」が現れる。 黒くシルエットのみが人型を象る中、誰もが緊張して見つめる。 そんな中、どこからか蛙の鳴き声を耳にする一同。 次の瞬間、全員が 闇の悪魔に両手を奪われてしまう。 人骨で出来たような体を持つ闇の悪魔へ、人形となったトーリカが話しかける。 予てよりの契約通り、 チェンソーの心臓を捧げると。 その対価として 「マキマを殺せる力」を求める。 そう、全ては トリーカの師匠であり、サンタクロースを祖父と呼んだ女性の仕業だった。 現実世界に居た女性の前に闇の悪魔が自らの肉片を差し出す。 頬を赤く染め上気した顔で口を開き、悪魔の肉片を飲み込むのだった。 チェンソーマンの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 「U-NEXT」は31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で読めますよ。 「チェンソーマン」の漫画を無料で読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。 無料期間中の解約で違約金は一切ありません チェンソーマン【第64話】の感想 闇の悪魔から力を受け取ることが、目的だったのでしょう。 未だ名前すら明かされていない女性が、マキマを狙う目的は何なのでしょうか。 同時に闇の悪魔に捧げられてしまったデンジは、助かるのでしょうか。 次回、地獄から無事に生還できるのか、楽しみです! 次回のチェンソーマン【第65話】ネタバレと感想の掲載は週刊少年ジャンプ2020年19号発売の4月6日予定になります。 ネタバレ感想まとめ 以上、チェンソーマン【第64話】のネタバレと感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の