蓄電池 日本製。 蓄電池メーカー紹介|蓄電池バンク

家庭用蓄電池パナソニックとは?魅力を徹底的に紹介

蓄電池 日本製

家庭用蓄電池は国内・海外問わずいろいろな会社の製品があります。 代表的なものの1つは日本のトップブランド、パナソニック製です。 大手家電メーカーとして知られるパナソニックは、家庭用蓄電池の分野にも力を入れており、同時に製品を通じて新しい生活・暮らしを提案しています。 この記事ではパナソニック製の家庭用蓄電池の特徴を解説していきます。 その年に乾電池の自社生産を始めたパナソニックは、1937年には鉛蓄電池の自動車用バッテリーを発売し、1964年には「カドニカ」の商品名で知られるニカド電池の量産を開始、1971年には現在までつながるリチウム1次電池の開発に着手します。 また1975年に開始したアモルファス電池の研究開発は、世界の先陣を切って1980年にアモルファスシリコン太陽電池の工業化成功となって花開きました。 さらに1989年のニッケル水素電池の開発、1994年のリチウムイオン電池の量産開始、2009年には多用途に使えるリチウムイオン電池モジュールの開発と、その歴史は現在にいたるまで世界の先端技術の流れと軌を一にします。 製品のラインナップも多彩です。 蓄電池だけにかぎっても、用途に合わせて選べる多様な蓄電システムをそろえているため、小規模オフィスから店舗、大規模工場、ビルまで、さまざまな条件下で設置できます。 パナソニックが用意している蓄電システムは3つ。 「単相連系タイプ」「三相連系タイプ」「スタンドアロンタイプ」です。 「単相連系タイプ」は太陽電池と連携でき、蓄電池ユニットの台数を変えることで、店舗から事務所までいろいろな施設に設置することができます。 「三相連系タイプ」も太陽電池との連携が可能です。 このタイプは大容量・高出力というハイパワーをそなえているので、工場や学校などの大規模施設への設置に向いています。 それら2つと比べると小型の「スタンドアロンタイプ」ですが、小さな見た目にもかかわらず、5kWhの容量と1. 5VAの出力をそなえ、オフィスや住宅へ簡単に設置できます。 当然ながら、パナソニックが扱う製品は蓄電池だけではありません。 太陽光から電力を創る太陽電池モジュールや、発電した電気を実際に使えるように変換するパワーコンディショナも取り扱っています。 しかもそれらの発電効率は国内の住宅用太陽光発電システム業界においてトップクラスです。 このようにパナソニックは発電から蓄電まで、太陽光発電にトータルでかかわることのできる製品をそろえています。 そのため鉛製の電池を超えた高エネルギー密度があり、それにもかかわらず寿命が長いといううれしい特徴をそなえています。 【パナソニック製の魅力2】機能が充実している 豊富な機能にも注目です。 蓄電システムの状態をLEDランプでいつでも確かめられますし、蓄電池の残量が減ると、自動的に系統電源から満充電になるまで充電してくれます。 ほかにも、電気容量がオーバーしたり少なくなったりするとブザーが鳴るため、過充電や蓄電残量がゼロの状態を防げます。 またノイズの発生を低減する機能もあります。 このシステムにおいては、太陽光で創られた電気を蓄電池に直流で充電するため、交流への変換ロスが少なく、電気を有効に使えます。 すなわち短時間で、今までより多く蓄電池に充電できることになります。 このシステムを使うと平常時であれば、太陽光発電の難しい曇りの日や夜は、蓄電池の電気を使うので省エネになります。 また停電時であれば、昼間は太陽光で創った電気を使い、夜は夜で昼間に蓄電池へ充電した電気を使います。 そして翌日の昼間に太陽光で再び充電する、というふうに停電の影響を最小にできます。 また停電時も、太陽光発電が創った電力を無駄なく利用できます。 つまり従来のシステムでも、停電したときに太陽光発電からの電力を使うことはできますが、利用できるのは、パネル容量に関係なく自立運転用コンセントの出力容量である1. 5kWまでです。 発電量がそれ以上であっても無駄になります。 ですがパナソニックの創蓄連携システムなら、5. 6kWhの蓄電池1台で、出力約3. 5kW分の太陽光発電を利用でき、11. 2kWhの蓄電池1台なら、最大約6kW分まで利用することが可能です。 2kWhの大容量システムを導入すれば、自給自足に近い電力利用も視野に入ってきます。 蓄電池は非常用電源としても活躍しますから、自給自足に近い状態を作っておけば、短時間の停電から、台風等で風水害が発生したときや地震が起きたときなどの長期にわたる停電時まで、さまざまに役立つ可能性があるでしょう。 パナソニックはこの画期的なシステムを、ほかの企業の同等製品より早く2012年から販売しています。 ただ、ハイブリッドパワーコンディショナを使用するシステムのため、高額になりがちというデメリットがありました。 費用を抑えたいならば、太陽光発電システムだけを購入する方法もあります。 ただしその場合には、あとから蓄電システムを追加しようとすると、既設のパワーコンディショナを取り換えなければなりません。 しかし、「創蓄連携システムRタイプ」であれば、パワーコンディショナがそのまま使えるため、購入から数年たったあとでも蓄電池を追加で設置することが可能です。 したがって、居住環境や家族構成が変わったとの理由で、あとから蓄電池の導入を検討する場合でも費用を抑えられます。 そうした機器を連携させることよって、よりスマートな生活を実現できます。 蓄電池、太陽光発電、オール電化を組み合わせると、太陽光発電の余剰電力を使って、エコキュートで湯を沸かすこともできます。 余剰電力ですから極めて経済的です。 またガスコンロの代わりにIHクッキングヒーターを使えば、無駄な加熱を自動でコントロールする機能がついていますから、省エネになりますし、二酸化炭素の排出も抑えられます。 火を使わないので、小さい子供がいる家庭でも安心です。 さらに電気はガスや水道に比べ、災害時における復旧のスピードが早いため、オール電化を含めたスマート機器との連携は「もしものそなえ」にもなります。 またHEMS(ヘムス)とは、HomeEnergyManagementSystem(ホームエネルギーマネジメントシステム)の略で、家の中のエネルギーを見える化した上で、家電や電気設備を最適な状態に制御するための管理システムのことを言い、政府は2030年までにHEMSを全世帯へ設置することを目標としています。 HEMSを設置すると、モニター画面を通じて、家の「どこで」「いつ」「何に」エネルギーが使われているのかが一目で確認できるようになります。 またスマートフォンの専用アプリを使えば、外出先から玄関の電子錠を閉めたり、お風呂に湯を張ったり、床暖房のスイッチを入れたりすることもできます。 あるいはこんな使い方もできます。 モニター画面を操作して、家全体の使用電力量を前もって設定しておきます。 すると1日の電力が目標値を超えた場合に、エアコン、照明、床暖房などを自動でコントロールしてくれるので、家計に優しく、節電にもなります。 パナソニックはHEMSを中心に、蓄電池、太陽光発電、オール電化を結びつけ、家のエネルギー全体をコントロールするスマートな生活を提案しています。 東京電力の電力プラン、電化上手を例にとります。 電気代の単価はナイトタイム(23時~翌7時)が12. 16円、リビングタイム(7時~11時、17時~23時)が25. 92円、デイタイム(10時~17時)が31. 64円です。 そして蓄電池の設定内容は、ナイトタイムには安い電気を蓄電池に充電し、リビングタイムは蓄電池を稼働させず、デイタイムは蓄電した安い電気を使用するとします。 蓄電池が実際に放電できる電力量は定格出力の80%、4. 64円-12. このとき、本来ならば家庭内で消費されるはずの太陽光発電の電力を売電に充てます。 すると太陽光発電の売電量は1ヶ月分、120kWhとなります。 ここでパナソニック蓄電池導入の実質負担額を考えてみると、初期費用が948,000円ですから、そこから10年間の経済効果分654,912円を引くと、10年間の負担額が293,088円。 つまり1年間の実質負担額は29,309円。 1ヶ月の実質負担額は2,442円。 1日の実質負担額はなんと81円です。 パナソニック蓄電池にはタイマー設定がありますから、上記の設定を自動で行えます。 充放電の時間を設定しておいて、電気代の安い夜間に充電し、電気代の高い昼間に放電するようにするのです。 すると昼間は蓄電池の電気を使うわけですから、節電効果を見込めます。 何よりこの設定によって、電気代の削減幅が最大となり、太陽光発電の売電量も最大となるので非常に効果的です。 ただし、出力保証は付いていません。 機器設置から9年半で点検をうながす案内が表示されますので、販売店かパナソニックに連絡して点検してもらいましょう。 また、液晶画面で蓄電残量を確認できるのですが、フル充電されなくなったり、使用可能時間などが短くなったりしたら、早めに連絡しましょう。 1つ目は、「パナソニック VBBA216LB」です。 住宅用リチウムイオン蓄電池で、充電時間は約12時間。 停電時でも最大120W出力で6時間の使用ができます。 冷蔵庫の横の隙間や、机の下のちょっとした空間などにも置けます。 2つ目の「パナソニック LJ-SA16A5K/LJ-SA16A6K」は蓄電容量1,600Whで節電・停電対策に最適です。 信頼性の高いリチウムイオン蓄電池を使い、充電時間は約12時間です。 定格出力が0. 7kVAなので、より多くの機器を接続することができます。 3つ目の「パナソニック LJ-SA32A5K/LJ-SA32A6K」も、高い信頼性を誇るリチウムイオン蓄電池を使っているのですが、特筆すべきは電池容量で、3. 2kWhもあります。 これだけあると、平均消費電力100Wのパソコンなら約16時間、平均消費電力10Wの照明なら約160時間作動させられます。 接地極付きコンセント 通称3Pコンセント に蓄電池をつなぎ、接続したい家電製品を、蓄電池本体にあるコンセントに直接差し込めば利用できます。 また分電盤・ブレーカーに配線することで、部屋のコンセントに出力することもできます。 分電盤・ブレーカーに配線する場合は、配線工事が必要となります。 配線工事代は高くても5万円いかないくらいでしょう。 太陽光発電システムとセットで導入するのであれば、販売店に料金の値下げを相談できるかもしれません。 ちなみに蓄電池本体をつなげるコンセントは接地極付きを使用し、必ずアース線を接続してください。 アース線を接続できるコンセントは冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ用などにしかない可能性もあるので、場合によっては配線工事をする必要があります。 費用は3万円ほどでしょう。 まとめ 日本を代表する家電メーカー、パナソニックの家庭用蓄電池は長寿命で、機能的にも大変優れています。 また1975年に研究を開始して以来、パナソニックは太陽光発電の普及を40年以上リードしてきました。 この両方、蓄電池と太陽光発電システムを組み合わせれば、省エネや節電が可能となり、家計に優しいだけでなく、停電時をはじめとする緊急時のエネルギー対策にもなります。 蓄電池をどれにしようか悩んでいる方は、「ふだんの安心」と「もしものそなえ」を兼ねそなえた、パナソニック製蓄電池を検討してみてください。

次の

蓄電池メーカー紹介|蓄電池バンク

蓄電池 日本製

発電量の変動が激しい太陽光等の自然エネルギーにしても、一度発電を始めると昼夜を分かたず発電し続ける原子力を使うにしても、電気を貯めて発電と消費の間を調節しなければ、膨大な無駄が生じます。 蓄電池産業は、原油、天然ガス、原子力と並ぶエネルギー産業と言っていいように感じます。 かつて日本が誇った太陽光発電パネルは、安価な中国製に押されてシェアを失って行きました。 未来を築くエネルギー産業で日本が負けたら大変です。 太陽光パネルでも10年ほど前から抜かれている。 太陽光パネルでは、1年ちょと前、第一次安倍内閣の「イノベーション25」でも議論していたところだ。 あの頃から中国の製品はそんなには劣っていなかった。 日本では数社の競争があるのだが、それぞれがパネルばかりでなく、いろいろとタテ型のセットを作って互換性が少ない、だから価格が高くなる。 いずれ競争にまける、経産省と議論をしていたところだったのだ。 太陽光パネルは、70年代の石油危機で日本が必要に迫られての発明だったのだ。 「技術は一流」、これがいくつも系列で国内で競争する、産官学の典型で政府が調整する。 これでは企業は育っても、世界での競争は技術分野では競争できても、ビジネス・経営は政府との出来レースでコストは国民にしわ寄せがくる、という構図。 だから世界へ、といった独立した企業同士の世界競争が起こらない。 だから10年少々前から中国に負けていたのたのだ、技術でもね。 でもあっちの方がビジネスは「世界へ」が本能的にあるのだな、と感じていた。 つまり、どこでも同じなのだが、特に日本人は総体として自分たちの強さは認識しているのだが、弱さを感じ取るの力に欠けていると思うのだ。 何故だろう? 一般的に批判的なことを言う人は疎まれる、これは日本人には特に強いように感じる。 特に調子のいい時にいやなことを言われるのを嫌がる。 批判的精神に欠けるのだ。 「もの言えば、、」みたいな、ね。 10年前から日本は太陽光パネルでも中国に負け始めていたし、いよいよ電池もか? これは政府とか、政治とかよりは企業の問題だね。 批判を嫌がる文化を排することが大事なのだが、これが難しい、だから弱いのだね。 何故なのか?最近、これを知りたくて、いろいろ考え、本を読んだりしている、私。 残念だよ、こんなことは。 フクシマ原発事故でも私たちの国会事故調査委員会では「きつい指摘」を日本の「エリート」に向けて言ったでしょう?でも、なかなか変われないのね、ニッポンは。

次の

中国蓄電池、BYDが日本参入 CATLは半値で

蓄電池 日本製

そういった社会システムを築いていくためには再生可能エネルギーの普及拡大、今後は何より蓄電システムの導入が不可欠であり、社会だけでなく個人や企業でも取り組んでいく必要があるでしょう。 クラウド蓄電池システムで相乗効果が大きく様々なシーンで活躍。 創蓄連携システムで、効率よく電気を活用。 太陽光と蓄電池とHEMSを組み合わせ電力状況を見える化に。 パワーディショナ業界において有名で、蓄電池に関しても他社がOEMで活用する優れもの。 業界NO. 1を誇る大容量。 高出力蓄電システムが魅力。 日産リーフに採用された高機能・高性能蓄電池。 他社の太陽光でも設置可能。 スマート化を実現する次世代蓄電システム。 大容量で非常時には家丸ごとバックアップ。 2kWhと増設ユニット併設の大容量14. 4kWhが魅力。 ホームITシステム フェミニティ対応で、サイクル数が売りの蓄電池エネグーン。 バインド電池搭載で次世代ハイブリッド蓄電システム。 バッテリー業界で培ってきた経験やノウハウを生かし蓄電池業界でも地位を確立。 独自技術のバインド電池で、安全性が高く安心して使用できるのが魅力。 小型で移動が便利な蓄電池。 ご家庭やオフィスで活躍。 環境や家計に優しい暮らしに取り組み。 今後の期待メーカー。 独自開発の電池で、長寿命・省エネ・急速充電が可能。 大容量が特徴でラインナップも豊富。 また二重構造の強固なケースで安心・安全。 リチウムイオン電池メーカーで超コンパクトなのに大出力で大容量な蓄電システム。 お客様の声に耳を傾け、お客様が満足できる蓄電池システムを開発。 充電時間の間、問題を克服し電力を安定供給。 容量95%まで約2. 5時間の急速充電が可能。 日立マクセル㈱は、小型軽量かつ高機能な蓄電システムでマンション・オフィス・店舗が最適。 風力発電事業で培った技術を応用し、常に蓄電状況を監視し、理想的な運転を導く。 日本国内ではもちろんのこと、世界中でも活躍している企業ばかりです。 太陽光発電システムやHEMSなどエネルギー関連製品を幅広く手掛けている所が多く、ご家庭をスマートハウス化にすることもできます。 ・パナソニック 住宅用・産業用太陽光発電を始めとしたエコビジネスを幅広く手掛けているパナソニック。 蓄電池市場においても知名度があり、太陽光発電と蓄電池の「創蓄連携システム」が有名です。 ・シャープ 住宅用太陽光発電システムからメガソーラー発電所まで、太陽光発電関連事業を展開しており、知識やノウハウを生かした歴史あるメーカーです。 太陽光はシャープと言うぐらい住宅用太陽光発電のシェアは高く、蓄電池システムやエコキュートなどの使用状況等が一目でわかる電気の見える化にも定評があります。 ・NEC 技術力高くノウハウがあり、携帯電話や電動アシスト自動車、リチウムイオン蓄電池の開発と製造を行っているメーカーです。 日産自動車株式会社との共同開発したリチウムイオン電池は「日産リーフ」に採用されております。 ・オムロン 太陽光発電システムの命でもあるパワーコンディショナは高性能で、様々なメーカーに提供するぐらい有名なメーカーです。 次世代のエネルギー普及に積極的に取り組んでおり、蓄電池に関しましても高い技術で、様々なメーカーに提供しており、よりスマートなエネルギー環境を実現しております。 ・ソニー ソニーグループが100%出資しているソニービジネスソリューション株式会社は、コスト削減や付加価値向上など法人向けのビジネスソリューションを提供しており、主に業務用のリチウムイオン蓄電池の販売を行うメーカーです。 ・京セラ 太陽光発電システムの老舗でもあり、今や蓄電池の需要に対応する為、ニチコン株式会社と新システムの独占販売の契約を締結させ、京セラのHEMS「ハウスマイルナビィ」を組み合わせて京セラ独自のシステムを販売しております。 各社とも補助金制度にも対応しており、蓄エネや創エネに関連した製品を主に扱っています。 ・因幡電機産業 一般消費者にあまり知られてないかもしれませんが、電気関連設備業界では非常に有名な企業です。 業務用と家庭用共に扱っておりますが、「G-LiFeセーブ」というブランド名で販売されております。 ・GSユアサ 全世界でNO. 1のシェアをもつオートバイ用電池やNO. 3のシェアをもつ自動車用電池、電気自動車やハイブリッド車用をはじめ、産業用蓄電池などの様々な分野で活躍するメーカーです。 ・ニチコン 創立以来一貫して、電子・電機機器に不可欠なコンデンサや回路製品の開発・製造・販売を手掛けているメーカーです。 家庭用蓄電池に関しては、京セラと独占売買契約を締結しており、家庭用向けの蓄電池システムメーカーとして活躍できるメーカーです。 ・エリーパワー 大和ハウスグループや、シャープなどの出資を受けている蓄電池のメーカーです。 特徴は極めて高い安全性を誇る点で、認識機関による11項目の厳しい検査をクリアし提供しております。 ・エナックス リチウムイオン蓄電池の製造を主な事業として行っているメーカーです。 家庭用のポータブル電源から産業用システムインテグレーションまで研究開発しており、蓄電池に関することを幅広く扱っております。 ・アイエムティ 独自の技能、技術者の知性や意見を出し合いお客様が満足できるような「高品質・高精度」の製品を提供している企業です。 小規模な会社ですが、監視制御システムやエネルギー不足問題対策としてリチウムイオン電池を採用した節電効果の高い、蓄電システムなどの研究開発を行っております・ ・4Rエナジー 日産自動車株式会社と住友商事株式会社により設立されたメーカーです。 リチウムイオン蓄電池は、日産リーフに採用されているものを販売しており、将来的には自動車用として使用したリチウムイオン蓄電池の再利用を再生可能エネルギー分野に用いることで効率的なエネルギー活用の実現を目指して事業推進を行っております。 ちなみに海外メーカーも紹介します。 ・日立製作所 日本有数の大手メーカーの一つ。 電池事業に力を入れる為、2011年に体制を作り、一般用は「日立マクセルエナジー」が、車載用は「日立ビークルエナジー」が、産業用は「新神戸電機」が研究開発を進めております。 ・シナプテック 2008年に誕生し、家庭用蓄電池や非常用電源商品の開発販売を手掛けております。 鉛蓄電池をモデルにした「スマートイー」、リチウムイオン電池をモデルにした「ベウス」等があり、潤滑油やバッテリーメンテナンスなども手掛けております。 ・ナチュラルエナジーソリューション 家庭用蓄電池や家庭用小型風力発電機、ソーラー発電システムなどエコビジネスに取り組んでおります。 また、産業用のメガソーラーやウィンドファームなどの提案や新エネルギーの研究開発等も行っております。 ・オートモーティブエナジーサプライ 大手自動車メーカーの「日産自動車」と大手家電メーカーの「NEC」がそれぞれ51%と49%を出資し、リチウムイオン二次電池の製造会社になります。 主にPHVや電気自動車に活用されております。 ・BYD 中国の家電メーカーです。 太陽光発電や蓄電池や電子部品の開発販売等を行っております。 家庭用蓄電池に関しては、低価格帯で既に日本でも「MEPS-1000」という商品の販売をしております。 ・サムスン 韓国最大の家電メーカーです。 リチウムイオン電池の世界シェア第1位と言われており、日本の各家電メーカーの最大のライバルになっております。 ・LG 韓国を代表する大手メーカーです。 グループ企業のLG化学がリチウムイオン電池に関する事業を営んでおります。 リチウムイオン電池のシェア第3位に食い込んでいますが、一般住宅向けの商品は発表されておらず、車載搭載用の電池に強みを持っているとされております。 蓄電池を選ぶ際にはどんなことに気を付けて、メーカーを選ぶべきか。 電気代や住環境や生活スタイルに合わせて選んでいきましょう。 蓄電池の寿命はどれくらいなのかということも 知っておきたいですね。 また地域によっては、補助金の金額も異なります。 見積りを依頼した業者さんに 問い合わせてみましょう。 しっかりとチェックすることをお勧めいたします。 対象者は全国に50万件以上!そう、これが「2019年問題」なのです。 解決策は自家消費! 自家消費割合を増やすために3つ挙げられます。

次の