香港 夕日 おすすめ。 香港2泊3日のおすすめ旅プラン!イイとこ取り香港観光 [香港] All About

ビクトリアハーバー (香港の夜景おすすめスポット)

香港 夕日 おすすめ

香港の絶景スポットといえば、ヴィクトリア・ピークが有名。 でも香港には、地元の人にしか知られていない、隠れた絶景スポットがあるんです。 それが、九龍・深水…• 1994年に取り壊されましたが、元祖雑居ビル群「九龍城砦」には、0. 03平方kmの土地に12階建てのビルが密集し、最大3万3000人もの人々がひしめき…• 香港・北角(ノースポイント)に立つホテル、Hyatt Centric Victoria Harbour(ハイアット セントリック ヴィクトリア ハーバ…• 香港の宿泊費は高い!ましてや、ハーバービューの部屋に泊まるなんて夢のまた夢!と思っている方もいるのではないでしょうか?そこでお勧めしたいのが、香港島の…• 香港で最も歴史ある地区の一つであるオールド・タウン・セントラルは、ストリートアートがあふれている地区の一つでもあります。 そんな香港島西部のMRT「上環…• 香港一の庶民の繁華街と言われる「旺角(モンコック)」エリアは、香港の中でも比較的初期に出来上がった地域。 それだけに有名な屋外ファッションマーケット「女…• 香港にある便利で庶民的な飲食店と言えば「茶餐店(チャーチャンテン)」ですが、日本で言うファミリーレストランに近い存在です。 早朝から深夜まで営業している…• 食の宝庫・香港で絶対食べたいものといえば、飲茶が挙がるのではないでしょう。 屋台やローカル食堂も人気ですが、今回は味はもちろん、おしゃれで雰囲気の良いレ…• 活気に満ちた煌めきの街「香港」。 治安もよく、美食と夜景を堪能できる人気の都市です。 LCCが就航して週末に気軽に行けるようになり、ますます多くの観光客が…• 香港は日本から約5時間と比較的近いので、旅行に行かれる方も多いはず。 しかし、香港の都会化は年々進み、古き良き香港を感じられるスポットを見つけるのは、な…• 日本から約5時間、アジアシティーの中でも人気の香港。 数多くの国際的ラグジュアリーホテルが軒を連ねる中、シンプルモダンなデザインが人気のホテルがあります…• カフェ好きの方のなかには、海外旅行へ行ってもコーヒーショップ巡りが好きな方も多いはず!そんなカフェ好きな方に、ぜひ香港旅行に行ったら絶対立ち寄って欲し…• 香港に行ったなら、本場の中華料理を堪能!おなかがいっぱいになったはずなのに、それでも、やっぱり食べたくなるのがスイーツですね。 そんなあなたにお勧めした…• 美食の街として知られる香港。 観光もしたいし、美味しいものも食べたい!そんな人におすすめなのが豪華観光バス「クリスタルバス(水晶巴士)」。 ミシュラン一つ…• 香港ディズニーランドは、たくさんのキャラクターに出会えるキャラクターグリーティング天国。 女子旅や家族旅で、思い出に残る写真がたっぷり撮れます。 ミッキー…• ディズニー好きのみなさま、香港ディズニーランドは行ったことがありますか?香港には日本にはないアトラクションがたくさんあり、ディズニーファンなら必ず訪れ…• 「香港ディズニーランドに行こう!」と決めたら迷うのが、ホテル選び。 おすすめのホテルが、パークで大冒険をしたあとに休める「ディズニー・エクスプローラーズ…• インスタ映えするグルメとして、いまディズニー好き女子の話題となっている「ディズニー飲茶」。 香港ディズニーランド・ホテル「クリスタル・ロータス」で食べら…• 美しい白亜の建物でディズニープリンセスのように優雅に過ごせる、「香港ディズニーランド・ホテル」。 特典たっぷりの香港ディズニーランド・リゾート直営ホテル…• 東京から飛行機で約4時間、香港国際空港からも近い香港ディズニーランド。 2泊3日で行けちゃう海外旅行先で、ディズニー好きの日本人から人気が上昇中!お祝い…• おいしい飲茶にロマンチックな夜景。 最近ではインスタ映えするアートスポットも多数出現し、受け継がれてきた魅力を残しつつも刺激的なアップデートを遂げて行く…• 香港ディズニーランドにシューティング型アトラクション「アントマン&ワスプ:ナノ・バトル!」が誕生!アントマン&ワスプと一緒にアリサイズに縮んで、悪の組…• 日本から直行便で4〜5時間。 独特な文化が育ち、中国とイギリスの食文化が融合した名物グルメなど、小さいながら見る場所も楽しむ場所もいっぱい!出国時間ギリ…• 羽田・成田空港からも5時間ほどで行ける香港は、昔から気軽に行くことができる人気の旅行先。 観光にグルメ・ショッピングと、今でも人気は衰えていません。 香港…• 香港でとても有名なパワースポットは、九龍の南部に位置する「黄大仙祠」です。 開祖の黄大仙は砂を薬に変える秘術を持っていたと言われ、特に医療系の祈願に強い…• 香港は、観光だけでなく広東料理などのグルメやショッピングも楽しい人気の観光スポット。 夜景やウォールアートも必見。 香港を目一杯楽しむとなると結構お金もか…• 高層ビルが建ち並ぶ近代的な街並みや、看板がせり出すようにひしめく雑踏など都会的なイメージの強い都市「香港」。 子連れの旅先としてはイメージが湧きにくい場…• 香港の街なかには多くの高層ビルが建っていますが、それらの一部は老朽化し、外装も傷んでいます。 さらに、すき間なく建てられたビル群が一つの塊に見えることか…• 予約をしなくても行けるレストランは好きな時間に行くことができるので旅行中にはとっても便利かと思います。 物価の高い香港で気軽な料金で本場の飲茶を楽しむこ…• 旅人のバイブル、沢木耕太郎の「深夜特急」にも描かれた香港。 怪しげな陰を落とす猥雑な下町もありながら、100万ドルの夜景煌めく美しい近代都市でもあります…•

次の

香港の名所 ベスト10

香港 夕日 おすすめ

香港についたらまずはゆっくりとアフタヌーンティーはいかが?写真はインターコンチネンタル香港の「ロビー・ラウンジ」 ビクトリア湾を挟んで、香港島と九龍半島に分かれる香港。 まず初日は、半日で九龍半島の定番観光地を一気に回ってしまいましょう。 やることリストは下記の通り。 <初日やることリスト>• アフタヌーンティー• 話題のショッピングモールをぶらぶら• シンフォニー・オブ・ライツ鑑賞• 女人街で買い物• 屋台で買い食い&ローカルご飯 香港はコンパクトな街なので、これだけのことが半日でできてしまうのです。 16:00~18:00 両替をしてからアフタヌーンティータイム エリザベス女王の定宿としても有名なペニンシュラ香港。 コロニアル調のロビーでのティータイムは格別です ひとつは ザ・ペニンシュラ香港の「ザ・ロビー」。 エリザベス女王も宿泊する由緒正しいこのホテルでは、磨き上げられた銀食器で伝統的なアフタヌーンティーが楽しめます。 もうひとつのおすすめは、 インターコンチネンタル香港の「ロビー・ラウンジ」。 ザ・ペニンシュラ香港に対し、こちらのアフタヌーンティーはモダンなスタイルで提供されます。 お茶やペイストリーの味はさることながら、イチオシなのがラウンジからの景色。 ビクトリア湾沿いにあるホテルだからこそ、「これぞ香港!」という景色を堪能できます。 その他おすすめのお店は記事「」をご覧ください。 18:00~20:00 尖沙咀エリアを散策 コロニアル調の建築で古き良き香港を髣髴とさせる「1881 HERITAGE」 アフタヌーンティーが終わる時間は、店によって異なりますが、目安は夕方18時くらい。 きっと想像以上にお腹がいっぱいになるので、腹ごなしに街を散策しましょう。 尖沙咀(チムサーチョイ)には、九龍半島最大のショッピングモール「 ハーバーシティ」や旧香港水警總部の建物を改装し、ホテルやレストラン、ブランドショップが入る「 1881 Heritage」など見どころ満載! 記事「」で詳しくご紹介しています。 観光スポットを一通り見たら、「星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)」へ……。 といいたいところですが、2016年現在は、「星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)」は工事中のため、スターの手形やブルース・リーの像などは「尖沙咀東海浜平台花園」という広場に移されています。 「尖沙咀東海浜平台花園」への行き方は、ペニンシュラ香港の前の大通りであるソールズベリーロードを渡り、同ホテルを左手にまっすぐ歩いたところにある歩道橋を渡れば到着します。 ペニンシュラ香港からは徒歩8分ほどです。 20:00~20:15 シンフォニー・オブ・ライツを鑑賞 ギネスにも認定された「シンフォニー・オブ・ライツ」(写真提供:香港政府観光局) 尖沙咀東海浜平台花園へは19時15分頃までに行き、15分ほど写真を撮りながらぶらぶらしたら、19時30分には広場を出て、プロムナードへと向かいましょう。 その理由は、夜20時から約15分間の光のショー「 シンフォニー・オブ・ライツ」が始まるから。 「星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)」と香港文化中心の間のプロムナードがベストポジション。 時期にもよりますが、開始15分前くらいに行けば、比較的場所を確保しやすいですよ。 ショーでは、音楽に合わせて摩天楼の照明が点滅したりレーザーライトが発光したり、とてもユニークな香港の一面が見られます。 シンフォニー・オブ・ライツ鑑賞のコツは記事「」をご覧ください。 20:30~22:00 ネオンの街・旺角へ 女人街でおみやげをまとめ買い。 周辺にはローカルな食堂がたくさん 旺角(モンコック)での目的は、ローカルショッピングと夕食。 アフタヌーンティーはかなり腹持ちがいいため、この日にボリューム満点の中華料理ディナーをするのはあまりおすすめできません。 かといって、あまり遅い時間に食べるのも次の日に響きそうですよね。 そういう意味で旺角(モンコック)は最適の場所。 ローカルマーケットで有名な女人街では、アクセサリーや衣料品、スマートフォンケースといった雑貨など、あらゆるものが安価で売られていて、お店の人と値段交渉を楽しんでいるうちに小腹も空いてきそうです。 この通り周辺には地元っ子が通う大衆食堂や24時間営業の麺屋さんが点在しているので、ローカルグルメで小腹を満たして。 香港ならではの大衆食堂には「茶餐廳(チャーチャンテン)」と書いてあるので目印に探してみましょう。 女人街の楽しみ方は記事「」で詳しく解説しています。 2日目:香港島をぐるりと満喫 外資系企業が集中するビジネス街・中環(セントラル) ローカル色の強い九龍サイドに比べ、香港島はイギリス植民地時代の面影が残る洋風な雰囲気で、英語名がついている通りも多くあります。 香港島の中心となる金融街・中環(セントラル)をはじめ、外資系の企業が多いこともあり、おしゃれなカフェやレストラン、バーなどもたくさん。 昔ながらの香港の街並みに混在している様子は、まさに国際都市・香港を象徴する風景にも感じられます。 <2日目やることリスト>• スターフェリーでビクトリア湾を渡る• ローカル店で朝粥 or 麺• ヒルサイドエスカレーターに乗ってSOHO・NOHO巡り• 飲茶ランチ• お値打ちショッピング or ビーチでのんびり• モダンなレストランで中華ディナー• ビクトリアピークから100万ドルの夜景を鑑賞• おしゃれなテラスで夜景に乾杯• 香港随一のバーストリートでワイワイ 8:00~12:00 中環エリアを散策 思わず写真に撮りたくなる「Happy Paradise」の料理 香港島、特に中環(セントラル)にあるレストランの特徴のひとつとして、モダンな要素を兼ね備えていることが挙げられます。 それは中華料理もしかり。 香港最後の夜は、国際都市・香港ならではのモダンな中華を堪能してはいかが? イチオシは「 Happy Paradise」。 2017年のアジア最優秀女性シェフ賞に輝いたメイ・チョウ氏による、伝統の調理技法を大切にしながらモダンにアレンジした広東料理はどれも圧倒されるビジュアルとおいしさです。 Happy Paradiseについては記事「」で詳しく紹介しています。 20:00~21:00 100万ドルの夜景に乾杯 エネルギッシュな香港に触発されたなら、クラブやバーが集まる蘭桂坊(ランカイフォン)へ 最後の夜はビクトリア・ピークで締めるのもいいですが、余力があれば山を下って、また中環(セントラル)へ行くのもおすすめ。 SOHOエリアやビクトリア・ハーバー近くには、お洒落で洗練されたバーがいっぱいなので、夜風に吹かれて摩天楼群を見ながら乾杯というのもオツ。 広めのテラスで解放的に夜景を楽しめるおしゃれなお店「 SEVVA」では、ちょっぴりセレブな気分に浸れます。 また、エネルギッシュな香港らしく、ワイワイ楽しみたいなら、バーやクラブが集まる蘭桂坊(ランカイフォン)で飲んだり踊ったりするのもオススメです。 SEVVAをはじめ、ナイトスポットのおすすめは、記事「」でご紹介しています。 3日目:出発ギリギリまで街を楽しむ! 九龍駅のチェックインフロア。 階を上がればショッピングモール、下ればエアポートエクスプレス乗り場です 帰りのフライトチェックインは2時間前が理想。 通常空港で行わなければならないチェックインですが、香港ではインタウンチェックイン、つまり主要駅である香港駅と九龍駅での手続きが可能です(航空会社によっては駅でチェックインできないこともあります。 予め調べておきましょう)。 先にチェックインして荷物を預けてしまえば、あとは指定時刻にゲートに向かうだけ。 空港まではエアポートエクスプレスで香港駅からでも25分ほどなので、ゲート集合時間の1時間前に駅を出ても間に合います。 (航空会社によってはゲートが遠いので、もっと余裕を見る必要があります。 事前に確認を) 香港駅も九龍駅も大型ショッピングモールに連結しているので、ギリギリまでショッピングやグルメを満喫してくださいね! 【おすすめ記事】•

次の

香港に住むなら趣味にしたいトレッキング!週末は風景に癒される

香港 夕日 おすすめ

・3泊したうちの2日目に行きました ・17:30くらいに登り始めて ・17:50くらいに頂上に到着 ・18:00〜18:20に夕日鑑賞(5月頃) ・18:50頃に下山(街は薄暗い) こんな感じです。 時間が割と細かいのは、スマホの写真に撮影時間が記録されているためです。 300段の階段を登る プーシーの丘までは宿泊していたから行きました。 だいたい 徒歩で15分くらい。 静かで美しい街を歩いていきます。 プーシーの丘の頂上に行くにはちょっとした山登りが必要になります。 高さ150m、約300段の階段を登っていくのです。 登山ルートして有名なのは、国立王宮博物館の前にある山道です。 ただ、私は違う場所から登りました。 たまたま見つけた「Kingkitsarath」という道からのルートです。 ・料金は2万キープ(約250円) 18:00前くらいに頂上に着きました。 季節は 雨季直前の5月で、日没は18:30くらいでした。 夕暮れまでしばし頂上で待ちます。 ちなみに頂上は座れないくらい混んでいました笑 頂上は絶景 18:00を過ぎると日が落ちてきました。 頑張って持ってきたビアラオを飲みながら待ちます笑 で、いよいよ日没です。 日が沈もうとしています。 メコン川の先、遠く山の向こう。 このタイミングを今か今かと待っていたカメラマンたちが、一斉にシャッターを切ります誰もが感嘆の声を上げ太陽が山に隠れるのを見つめていました。 ビアラオ越しに1枚。 この日は晴れだったので夕日がよく見えました。 私がルアンパバーンに行ったのは 雨季直前の5月でやや天気が不安定な時期でした。 ビールを持っていこう これは個人的におすすめなのですが、 山頂に行くときに「ビール」を持って行くと良いです。 ルアンパバーンの街中の食料品店で、350ml缶のビアラオが100円くらいで売っています。 旅先はこうした 一期一会の出会いがあるから面白いです。 丘の上は狭いので、日本人がいたらすぐに分かります笑 ちなみに食事に行ったのは、 「シンダート」というラオス式の焼き肉が食べれるお店です。 メコン川沿いに店を構えているお肉食べ放題のお店でした。 詳しくは「」の記事で書いています。

次の