ビル ボード チャート 日本。 洋楽 ヒット チャート 最新 2020

ビルボード・ジャパン・ミュージック・アワード

ビル ボード チャート 日本

概要 [ ] その年度のビルボードジャパン1年間のチャートを元に、年間チャート1位を表彰する「チャート部門」と、音楽ファンからの投票によって決まる「アーティスト部門」等によって構成される。 チャート部門 ビルボードジャパンで設定されている9つ(2011年から2014年は11のチャート)の各年間1位を対象に贈られる。 詳しいチャート算出基準についてはを参照。 Billboard JAPAN Hot 100 of the Year(総合シングルチャート)• Billboard JAPAN Hot Albums of the Year(総合アルバムチャート、2015年開始)• Billboard JAPAN Top Singles Sales of the Year(シングルセールスチャート)• Billboard JAPAN Hot Animation of the Year(アニメソング、声優による楽曲を対象にしたチャート、2011年開始)• Billboard JAPAN Hot Overseas of the Year(総合洋楽チャート、2014年開始)• Billboard JAPAN Top Albums Sales of the Year(アルバムセールスチャート)• Billboard JAPAN Streaming Songs of the Year(ストリーミングサービスチャート、2017年開始)• Billboard JAPAN Download Songs of the Year(楽曲単位のダウンロードセールスチャート、2017年開始)• Billboard JAPAN Download Albums of the Year(アルバム単位のダウンロードセールスチャート、2017年開始)• 廃止されたチャート• Billboard JAPAN Digital and Airplay Overseas of the Year(でのダウンロード配信とラジオ放送回数による国内洋楽チャート、2011年開始、2014年からHot Overseas of the Yearに移行)• Billboard JAPAN Adult Contemporary of the Year(35歳以上のアダルト層を対象としたラジオ番組での放送回数によるエアプレイチャート、2014年まで)• Billboard JAPAN Independent of the Year(インディーズシングル・アルバムセールスチャート、2014年まで)• Billboard JAPAN Overseas Soundtrack Albums(洋楽サウンドトラックアルバムセールスチャート、2014年まで)• Billboard JAPAN Radio Songs of the Year(ラジオ放送回数によるエアプレイチャート、旧称Airplay of the Year、2016年まで)• Billboard JAPAN Top Classical Albums of the Year(クラシックアルバムのセールスチャート、2016年まで)• Billboard JAPAN Top Jazz Albums of the Year(ジャズアルバムのセールスチャート、2016年まで) アーティスト部門 2013年までは各チャートで1度でも1位を取ったアーティストをノミネート対象とし、インターネット及び携帯サイトでの一般投票で決められる。 5つ(2009年、2010年は4つ)の部門ごとの賞に加え、全投票での最多得票を獲得したアーティストに贈られる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」で構成される。 Billboard JAPAN Artist of the Year(最優秀アーティスト賞)• Billboard JAPAN Top Pop Artist(優秀ポップアーティスト賞)• Hot 100、シングル、アルバム、エアプレイの4チャートを対象としており、受賞者数もこれのみ上位5組(2009年は4組)となっている。 Billboard JAPAN Jazz Artist of the Year(優秀ジャズアーティスト賞)• Billboard JAPAN Classic Artist of the Year(優秀クラシックアーティスト賞)• Billboard JAPAN Animation Artist of the Year(優秀アニメソングアーティスト賞、2011年開始)• Billboard JAPAN Independent Artist of the Year(優秀インディーズアーティスト賞) 2014年・2015年はBillboard JAPAN Hot 100 of the Yearにランクインした100曲を対象とし、チャート発表日の12月12日から31日までの間に、上での「 BJMA(その年度の西暦、2014年ならば「 BJMA2014」)」のハッシュタグとアーティスト名・曲名を含んだ全てのツイートと、のサービスでの選曲数を集計し、50:50の割合で合算してランキングを決定、1位の楽曲がアーティスト・オブ・ザ・イヤーに選ばれる。 2016年からはチャート算出に用いられる、CDの売り上げ枚数、ダウンロード数、CD取り込み時の参照回数、ストリーミング数、ラジオでの再生回数、ツイート数、動画再生数の各指標のポイントを通年で合算した総得点でアーティスト・オブ・ザ・イヤーを決定している。 その他各賞 その年デビューし、Hot100でもっとも多くのポイントを獲得したアーティストに贈られる「新人賞」、日本やアメリカ、韓国などの各国のビルボード編集部が選出する「特別賞」、特別協賛のを冠し、「過去1年間に最も精力的にライブ活動をおこなったアーティスト」に贈られる「大和ハウス工業株式会社特別賞」などがあった。 2020年からランキングデータに作詞家と作曲家の情報が追加されることになったのに伴い、それに先行する形で2019年からは年間チャートを元にランクイン楽曲を手がけた作詞家・作曲家の年間総合ランキングを作成、それぞれ第1位を「TOP Lyricists of the Year」「TOP Composers of the Year」として発表している。 授賞式・テレビ放送 [ ] 授賞式は2011年までは当該年次の翌年1月末または2月頭に、2012年以降は当該年の12月中旬に、、等を会場に行われる。 当日の模様は2009年度、2010年度はにて、2011年度から2013年度はの制作、にて放送された。 歴代司会者は以下の通り。 年度 司会者 2009年 、、 2010年 小倉智昭、亀井京子、 2011年 、 2012年 、 2013年 最優秀賞 [ ] 年度 Hot 100 of the Year Artist of the Year 2009 「」 2010 「」 2011 「」 AKB48 2012 AKB48「」 2013 AKB48「」 2014 嵐「」 2015 「」 2016 AKB48「」 AKB48 2017 「」 星野源 2018 「」 米津玄師 2019 各年の受賞者 [ ] 2009年 [ ]• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2009:「」• Billboard JAPAN Album of the Year 2009:EXILE「」• Billboard JAPAN Hot 100 Airplay of the Year 2009:「」• Billboard JAPAN Hot 100 Singles Sales of the Year 2009:「」• Billboard JAPAN Adult Contemporary of the Year 2009:「アイ・ガッタ・フィーリング」• Billboard JAPAN Jazz Albums of the Year 2009:「」• Billboard JAPAN Classical Albums of the Year 2009:辻井伸行「」• Billboard JAPAN Overseas Soundtrack Albums of the Year 2009:「」• Billboard JAPAN Independent of the Year 2009:「」• アーティスト部門• アーティスト・オブ・ザ・イヤー:• 優秀ポップアーティスト賞:EXILE、、、• 優秀ジャズアーティスト賞:• 優秀クラシックアーティスト賞:• 優秀インディーズアーティスト賞:• 最優秀新人賞:• 米国ビルボード特別賞:、• ビルボードジャパン特別賞:• 韓国ビルボード特別賞: 2010年 [ ]• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2010:「」• Billboard JAPAN Album of the Year 2010:EXILE「」• Billboard JAPAN Hot 100 Airplay of the Year 2010:「ファイアーフライズ」• Billboard JAPAN Hot 100 Singles Sales of the Year 2010:嵐「Troublemaker」• Billboard JAPAN Adult Contemporary of the Year 2010:「ミザリー」• Billboard JAPAN Jazz Albums of the Year 2010:「ザ・フォール」• Billboard JAPAN Classical Albums of the Year 2010:「」• Billboard JAPAN Overseas Soundtrack Albums of the Year 2010:マイケル・ジャクソン「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」• 新人賞:「」• 特別賞• インターナショナルコラボレーション特別賞:、AI• 韓国ビルボード特別賞:• 株式会社特別賞:HY• アーティスト部門• アーティスト・オブ・ザ・イヤー:EXILE• 優秀ポップアーティスト賞:、EXILE、、、• 優秀ジャズアーティスト賞:• 優秀クラシックアーティスト賞:のだめカンタービレ• 優秀インディーズアーティスト賞:HY 2011年 [ ]• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2011:AKB48「」• Billboard JAPAN TOP Album of the Year 2011:「」• Billboard JAPAN Hot 100 Airplay of the Year 2011:「」• Billboard JAPAN Hot 100 Singles Sales of the Year 2011:AKB48「Everyday、カチューシャ」• Billboard JAPAN Adult Contemporary of the Year 2011:「」• Billboard JAPAN Digital and Airplay Overseas of the Year 2011:レディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」• Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2011:「」• Billboard JAPAN Classical Albums of the Year 2011:辻井伸行「神様のカルテ〜辻井伸行自作集」• Billboard JAPAN Jazz Albums of the Year 2011:上原ひろみザ・トリオ・プロジェクト feat. Billboard JAPAN Independent of the Year 2011:「」• Billboard JAPAN Overseas Soundtrack Albums of the Year 2011:「」• アーティスト部門• アーティスト・オブ・ザ・イヤー:AKB48• 優秀ポップアーティスト賞:アヴリル・ラヴィーン、AKB48、、、• 優秀ジャズアーティスト賞:• 優秀クラシックアーティスト賞:• 優秀アニメソングアーティスト賞:水樹奈々• 優秀インディーズアーティスト賞:AK-69• 米国ビルボード特別賞:• 韓国ビルボード特別賞:• 大和ハウス工業株式会社特別賞:• 新人賞:「」 2012年 [ ]• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2012:AKB48「」• Billboard JAPAN TOP Album of the Year 2012:Mr. Children「」• Billboard JAPAN Hot 100 Airplay of the Year 2012:「グッド・タイム with 」• Billboard JAPAN Hot 100 Singles Sales of the Year 2012:AKB48「真夏のSounds good! Billboard JAPAN Digital and Airplay Overseas of the Year 2012:カーリー・レイ「グッド・タイム with アウル・シティー」• Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2012:「」• Billboard JAPAN Adult Contemporary of the Year 2012:「ハッピー・ピルズ〜幸せの特効薬」• Billboard JAPAN Jazz Albums of the Year 2012:上原ひろみザ・トリオ・プロジェクト「MOVE」• Billboard JAPAN Classical Albums of the Year 2012:「」• Billboard JAPAN Independent of the Year 2012:「」• Billboard JAPAN Overseas Soundtrack Albums of the Year 2012:「ディズニー・デート〜声の王子様」• アーティスト部門• アーティスト・オブ・ザ・イヤー:AKB48• 優秀ポップアーティスト賞:AKB48、Mr. Children、嵐、EXILE、• 優秀ジャズアーティスト賞:ノラ・ジョーンズ• 優秀クラシックアーティスト賞:辻井伸行• 優秀アニメソングアーティスト賞:水樹奈々• 優秀インディーズアーティスト賞:• 大和ハウス工業株式会社特別賞:BIGMAMA• 新人賞: 2013年 [ ]• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2013:AKB48「」• Billboard JAPAN TOP Album of the Year 2013:嵐「」• Billboard JAPAN Hot Top Airplay of the Year 2013:「ゲット・ラッキー feat. Billboard JAPAN Hot Singles Sales of the Year 2013:AKB48「」• Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2013:「」• Billboard JAPAN Digital and Airplay Overseas of the Year 2013:ダフト・パンク「ゲット・ラッキー feat. ファレル・ウィリアムス」• Billboard JAPAN Classical Albums of the Year 2013:、「 作曲:」• Billboard JAPAN Jazz Albums of the Year 2013:「夜のアルバム」• Billboard JAPAN Independent of the Year 2013:「」• Billboard JAPAN Overseas Soundtrack Albums of the Year 2013:「〜サウンドトラック」• Billboard JAPAN Adult Contemporary of the Year 2013:ダフト・パンク「ゲット・ラッキー feat. ファレル・ウィリアムス」• アーティスト部門• アーティスト・オブ・ザ・イヤー:AKB48• 優秀ポップアーティスト賞:AKB48、嵐、、EXILE、B'z• 優秀ジャズアーティスト賞:八代亜紀• 優秀クラシックアーティスト賞:大友直人、東京交響楽団• 優秀アニメソングアーティスト賞:Linked Horizon• 優秀インディーズアーティスト賞:ゴールデンボンバー• 大和ハウス工業株式会社特別賞:• 新人賞: 2014年 [ ]• アーティスト・オブ・ザ・イヤー:「」• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2014:嵐「」• Billboard JAPAN TOP Album of the Year 2014:「オリジナル・サウンドトラック-デラックス・エディション-」• Billboard JAPAN Hot Top Airplay of the Year 2014:ファレル・ウィリアムス「ハッピー」• Billboard JAPAN Hot Singles Sales of the Year 2014:AKB48「」• Billboard JAPAN Adult Contemporary of the Year 2014:ファレル・ウィリアムス「ハッピー」• Billboard JAPAN Hot Overseas of the Year 2014:ファレル・ウィリアムス「ハッピー」• Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2014:「」• Billboard JAPAN Classical Albums of the Year 2014:吹奏楽部「」• Billboard JAPAN Jazz Albums of the Year 2014:上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト「ALIVE」• Billboard JAPAN Independent of the Year 2014:「」• Billboard JAPAN Overseas Soundtrack Albums of the Year 2014:「アナと雪の女王オリジナル・サウンドトラック-デラックス・エディション-」 2015年 [ ]• アーティスト・オブ・ザ・イヤー:西野カナ「」• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2015:「」• Billboard JAPAN Hot Album of the Year 2015:「」• Billboard JAPAN Top Singles Sales of the Year 2015:嵐「」• Billboard JAPAN Radio Songs of the Year 2015:「 feat. Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2015:「」• Billboard JAPAN Hot Overseas of the Year 2015:「アイ・リアリー・ライク・ユー」• Billboard JAPAN Top Albums of the Year 2015:嵐「」• Billboard JAPAN Classical Albums of the Year 2015:「 僕と君との音楽帳」• Billboard JAPAN Jazz Albums of the Year 2015:「ウォールフラワー」 2016年 [ ]• アーティスト・オブ・ザ・イヤー: 「AKB48」• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2016:AKB48「」• Billboard JAPAN Hot Album of the Year 2016:「」• Billboard JAPAN Top Singles Sales of the Year 2016:AKB48「翼はいらない」• Billboard JAPAN Radio Songs of the Year 2016:「」• Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2016:RADWIMPS「前前前世」• Billboard JAPAN Hot Overseas of the Year 2016:「ソーリー」• Billboard JAPAN Top Albums of the Year 2016:嵐「」• Billboard JAPAN Top Classical Albums of the Year 2016:「0歳からの育脳クラシック」• Billboard JAPAN Top Jazz Albums of the Year 2016:上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト「SPARK」 2017年 [ ]• アーティスト・オブ・ザ・イヤー: 「」• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2017:星野源「」• Billboard JAPAN Hot Album of the Year 2017:「」• Billboard JAPAN Hot Overseas of the Year 2017:「シェイプ・オブ・ユー」• Billboard JAPAN Streaming Songs of the Year 2017:エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」• Billboard JAPAN Download Songs of the Year 2017:星野源「恋」• Billboard JAPAN Download Albums of the Year 2017:「」• Billboard JAPAN Top Singles Sales of the Year 2017:AKB48「」• Billboard JAPAN Top Albums of the Year 2017:安室奈美恵「Finally」 2018年 [ ]• アーティスト・オブ・ザ・イヤー: 「」• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2018:米津玄師「」• Billboard JAPAN Hot Album of the Year 2018:安室奈美恵「Finally」• Billboard JAPAN Hot Overseas of the Year 2018:エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」• Billboard JAPAN Download Songs of the Year 2018:米津玄師「Lemon」• Billboard JAPAN Download Albums of the Year 2018:「」• Billboard JAPAN Top Singles Sales of the Year 2018:AKB48「」• Billboard JAPAN Top Albums of the Year 2018:安室奈美恵「Finally」 2019年 [ ]• アーティスト・オブ・ザ・イヤー: 「」• チャート部門• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2019:米津玄師「Lemon」• Billboard JAPAN Hot Album of the Year 2019:嵐「」• Billboard JAPAN Hot Animation of the Year 2019:あいみょん「」• Billboard JAPAN Hot Overseas of the Year 2019:エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」• Billboard JAPAN Streaming Songs of the Year 2019:あいみょん「」• Billboard JAPAN Download Songs of the Year 2019:米津玄師「Lemon」• Billboard JAPAN Download Albums of the Year 2019:星野源「」• Billboard JAPAN Top Singles Sales of the Year 2019:AKB48「」• 1999-2019」• 作詞家・作曲家部門• Billboard JAPAN TOP Lyricists of the Year 2019:• Billboard JAPAN TOP Composers of the Year 2019:米津玄師 脚注 [ ]• このランキングでは1位から6位までを嵐が独占した。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

防弾少年団(BTS)のビルボード全米1位獲得はチャート不正操作!?兵役免除の為に事務所が工作!?

ビル ボード チャート 日本

データの集計方法 データは主に厚生労働省の発表に基づいており、集計値は都道府県発表と異なる場合がある。 発表の欠落や大幅な修正は、都道府県のHPや聞き取りでデータを随時補足している。 厚労省は5月8日分に退院者などの集計方法を変更した。 厚労省発表はPCR検査について、退院時の確認検査を含めない検査人数で集計している。 ただし、一部の自治体では検査人数ではなく、検査件数が計上されている。 厚労省は累計の検査人数を訂正して減らしても、過去に遡って集計値を修正しない。 そのため、新規の検査人数が訂正前後でマイナスになっている箇所がある。 長崎県は長崎市に停泊するクルーズ船乗員の感染を県内の感染者数に計上しないと発表している。 「人口10万人あたり感染者数」の人口は総務省統計で2019年10月1日時点。 閉じる.

次の

BTSのビルボード1位はやらせ?からくりはチャートの不正操作?

ビル ボード チャート 日本

韓国出身の男性ボーカルアイドルユニット・防弾少年団。 一般的には「BTS」とも略され日本でも知名度を上げた韓国系アーティストグループのひとつです。 2018年、その防弾少年団が全米ビルボードチャート1位の快挙を達成。 これはK-POPアーティストとしては初の記録で、世界的な人気と知名度アップに繋がる大きな出来事として報じられました。 しかし、実はこの記録の裏側にはネットでの不正投票、不正操作があったのではないかと噂されています。 なぜそういった話が浮かび上がったのか? これに関しては韓国国内における兵役免除への算段ともいわれましたが、そもそも兵役免除の基準や条件とはどういったものなのか? 事務所も絡んでの計画的不正ともいわれた一連の流れと概要をご紹介していきたいと思います。 防弾少年団は2018年に発売した2つのアルバムが全米のビルボードチャート1位を獲得しました。 これは韓国系のアーティストとしては初めての快挙です。 それまでは少女時代などがワールドミュージック部門などで1位を獲得したことがありましたが、これはいわゆる日本における洋楽部門のようなもので限定的な枠組みの中での1位でした。 しかし、防弾少年団はアメリカのアーティストも含めた中での正真正銘の1位ということですのでその凄さが分かると思います。 また、この功績をもとにビルボードが選ぶ「ビルボード・ミュージック・アワード トップソーシャルアーティスト賞」も受賞することになります。 このおかげもあり、2013年にデビューしてから5年という歳月で、一気に世界的アーティストの仲間入りを果たした防弾少年団。 日本でも2017年から本格的なプロモーション活動を行っていて、ドームツアーなどを開催しています。 そのため、日本人のファンも多くこの結果に喜ぶ人も多数いた様子。 また、アジアのアーティストの記録ということで世界的な影響にも繋がりました。 防弾少年団はビルボード1位を獲得したあとには、国連で開かれたシンポジウムなどに出席し、アジアの現状や人種・性別による差別などについて訴える活動に参加するなど幅広く活躍をし始めます。 しかし、そんな活動の傍らネットを中心に防弾少年団のビルボード1位が不正だったという声が上がります。 それがファンによる「複数のアカウントを使った大量投票」というもの。 現実的にこの話が出る以前にも韓国国内で無名の女性アーティストが国内ミュージックランキングで突如1位を取るなどの事案が発生し、そのアーティストの所属していた事務所などに捜査が入るなど大事に発展していました。 こうした韓国における不正行動をいくつか引き合いに出され、防弾少年団もその嫌疑をかけられることになります。 55 >>89 それは週による テイラーやアデル、ドレイクとかの週は1位はミリオン 日本だって嵐やakb以外の普通の週は10万枚以下で余裕で1位になれるが 韓国では日本と違いいまだに兵役を実施していて、男性は18~35歳の間に21カ月の兵役に就かなければいけないという規則になっています。 上の残り年数は2018年時点で、 「防弾少年団のメンバーが兵役に行かなければいけない期限」 を表わしています。 実際にスポーツ選手などの場合は30歳を過ぎても体力があるため、兵役に行っても問題はありませんが一般人からするとかなりキツイ時期となります。 33歳からおよそ2年ビシバシと鍛えられることを想像したら分かりやすいかと思いますが…。 しかも勤めている方なら一度退職しなければいけませんし。 そのため、なるべく20代で済ませておいた方が途中退職せずにすみ、仕事も見つけやすく続けやすいという理由で早期入隊する方も多く見られるようです。 簡単に2018年時点での防弾少年団の事務所にかけられている嫌疑は以下の流れです。 非常に分かりやすく単純な問題ですね。 これまでも人気俳優が2年弱の兵役に行くときにはファンから悲しみの声が上がりましたし、さらには帰ってきたころにはブームが去っていて商品価値もなくなるという流れが一般的でした。 しかし、いい加減その流れをなくしたいという思いからか、売れっ子を手放したくない思いかは分かりませんが、防弾少年団の所属事務所やレーベルは上記のようなことを画策してもまったくおかしくはありません。 実際に事務所先導で不正が行われたのかどうかというのは分かりません。 しかし、実際のビルボードチャートの推移や実績などを考えると突発的に2度も1位を獲得するというのはちょっと不自然のようにも感じられます。 また、兵役が関係しているかどうかというのもグレーな部分です。 2018年の段階ですぐにメンバーが何人か兵役に行かなければならないといった状態ではなかったので、そこまで切迫した事態ではなかったようにも思えます。 ただ、その数年後には誰かしらは兵役に行く人間も出てくることになったでしょうから先に根回しをしておいたとも…。 現実的に政治家からの「アーティストにも免除の権限を与えようとする発言」があったので、これはとても引っ掛かりますが、おそらくいくつかの大手芸能プロダクションからは同様の要望が届いていることは間違いないでしょう。 ほかの事務所だってタレントや俳優、歌手を兵役に行かせたくないわけですから。 防弾少年団のビルボード1位不正疑惑は完全に払拭されたわけではありませんでしたが、一応こうした感じでグレー決着となりました。

次の