横浜の良い葬儀社。 横浜市で葬儀をするなら!評判の良いおすすめ葬儀社と斎場

横浜市金沢区でペット葬儀・火葬をするにはどうすれば良い?

横浜の良い葬儀社

北海道・東北 北海道 札幌市 無料 青森 青森市 無料 岩手 盛岡市 10,000円 宮城 仙台市 9,000円 秋田 秋田市 無料 山形 山形市 無料 福島 福島市 10,000円 関東 東京 23区内 40,000円~60,800円 23区以外 無料~59,000円 神奈川 横浜市 12,000円~56,000円 川崎市 4,500円 相模原市 6,000円 埼玉 さいたま市 7,000円 千葉 千葉市 6,000円 茨城 水戸市 5,000円 群馬 前橋市 無料 栃木 宇都宮市 無料 中部・甲信越 愛知 名古屋市 5,000円~8,000円 静岡 静岡市 10,000円 浜松市 無料 岐阜 岐阜市 5,000円~30,000円 三重 津市 3,000円 新潟 新潟市 無料 長野 長野市 15,000円 山梨 甲府市 6,000円~10,000円 福井 福井市 10,000円 石川 金沢市 5,000円 富山 富山市 無料 関西 大阪 大阪市 10,000円 堺市 20,000円~75,000円 京都 京都市 20,000円 兵庫 神戸市 12,000円 奈良 奈良市 10,000円 滋賀 大津市 12,000円 和歌山 和歌山市 10,000円 中国・四国 広島 広島市 8,200円 岡山 岡山市 6,000円~10,000円 山口 山口市 無料 鳥取 鳥取市 25,000円 島根 松江市 12,000円~14,000円 徳島 徳島市 15,000円 高知 高知市 20,000円 愛媛 松山市 8,000円 香川 高松市 20,000円 九州・沖縄 福岡 北九州市 15,000円 福岡市 20,000円 長崎 長崎市 6,000円 佐賀 佐賀市 6,500円 熊本 熊本市 6,000円 大分 大分市 5,000円 宮崎 宮崎市 12,000円 鹿児島 鹿児島市 9,000円 沖縄 那覇市 25,000円 浦添市 25,000円• ・火葬料金はあくまでも目安です。 ・目安表に記載している金額は、市民料金になります。 神奈川県の一般的な葬儀 総額平均 111万円 神奈川県エリアの平均葬儀費用 市区町村 平均葬儀費用 横浜市鶴見区 99万円 横浜市神奈川区 149万円 横浜市中区 84万円 横浜市南区 154万円 横浜市保土ケ谷区 107万円 横浜市金沢区 83万円 横浜市港北区 138万円 横浜市戸塚区 93万円 横浜市港南区 131万円 横浜市旭区 75万円 横浜市緑区 91万円 横浜市瀬谷区 63万円 横浜市泉区 55万円 横浜市青葉区 159万円 横浜市都筑区 63万円 川崎市川崎区 117万円 川崎市幸区 63万円 川崎市中原区 176万円 川崎市高津区 160万円 川崎市多摩区 71万円 川崎市宮前区 95万円 川崎市麻生区 85万円 茅ヶ崎市 78万円 逗子市 102万円 大和市 124万円 愛甲郡愛川町 90万円 相模原市緑区 183万円 喪主は遺族の代表として、最終的な決定権を持つ責任者になります。 葬儀を行うためには形式や日程、費用など様々な事を決定する必要があるため、まず喪主を決めておくとその後をスムーズに進めることができます。 基本的には故人の配偶者あるいは長男など、血縁が近い人が担いますが、遺言で喪主の指定があった場合は、その遺言に従って喪主を決定します。 希望にそった葬儀を行うためには、規模や費用、場所などをあらかじめ決めておく必要があります。 本人や喪主となる方だけで決めるのではなく、親戚や関わりの強い人たちの意見も踏まえて決めましょう。 葬儀プランを決める際は、「会葬者をどれくらい招くのか」を基準に考えます。 (例えば30名程度であれば、家族葬が最適です。 )これによって式場の大きさや、日数、料理の数などが決まり、全体の費用感が分かります。 故人の友好関係によって規模が大きくなっていきますので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。 臨終後24時間は火葬にすることができないため、火葬まで遺体を安置しておく場所を決めなければいけません。 一般的には、自宅や葬儀社の遺体安置所などを利用しますが、病院でお亡くなりになった場合は、すぐ搬送する必要があるため事前に決めておくとよいでしょう。 自宅安置を検討する場合は、エレベーターや階段などの共用部が狭い場合にも身動きがとれなくなるため、十分な広さがあることを確認しておきましょう。 葬儀で読経などを行う宗教者(お坊さん)を呼ぶ場合は、故人の宗教・宗派に合わせる必要があります。 故人が所属していた菩提寺がある場合は、菩提寺の住職や僧侶に葬儀のお勤めをお願いする事になります。 葬儀の日程を決める際は、僧侶の予定を確認する事を忘れないようにしましょう。 菩提寺が無い方で、僧侶を呼びたい場合は、小さなお葬式の「」にてお手配できますので是非ご検討ください。 「小さなお葬式」は、お客様が本当に求める お葬式を提供できるよう日々進化しています。 神奈川県ではどこに葬儀場があるの? 小さなお葬式では神奈川県の173箇所の式場がご利用いただけます。 神奈川県の葬儀場を地図から簡単に調べることもできるので、より詳しく探したい場合は以下を御覧ください。 神奈川県でおすすめの式場は? 神奈川県では南区高砂町ホール、家族葬のダビアス 大和、磯子区森ホ-ルがおすすめです。 おすすめの式場については以下をご確認ください。 神奈川県の平均葬儀費用相場は? 神奈川県の平均葬儀費用は111万円です。 神奈川県での葬儀の風習やしきたりは? 神奈川県の郊外や農村部では、80歳以上の方が亡くなった場合、葬儀時に長寿のお祝いを行うことがあります。 出棺の前には五円玉とキャラメルや飴といったお菓子を配り、赤飯を炊いて火葬中に食べます。 悲しい別れの場ではなく、思い出深い葬儀になるよう行われる習わしです。 神奈川県での葬儀の特徴は? 神奈川県では、通夜と葬儀の後に火葬を行なう後火葬が一般的ですが、小田原市や足柄市などの一部地域では火葬の後に遺骨で葬儀を行う前火葬である場合も多いです。 横浜市や川崎市などの都市部では式場の予約が取りづらく、人気のある式場では1週間先までスケジュールが埋まっていることもあります。 火葬場や葬儀場の冷凍保管庫に、ご遺体を預けて待つケースも多いです。 神奈川県の提携葬儀社一覧 株式会社花旅 神奈川県横浜市青葉区寺家町315 菊池葬儀社 神奈川県横浜市鶴見区仲通2-62-1 有限会社サポート湘南 神奈川県茅ヶ崎市みずき4-7-11 株式会社安心典礼 神奈川県川崎市宮前区初山1丁目20-13 株式会社メモリアルライフ 神奈川県横浜市泉区和泉町5735-4セイブ4ビル2F オーヴェストセレモニー 神奈川県相模原市南区麻溝台1-8-10 有限会社まこと式典 神奈川県川崎市麻生区片平6-1-15 株式会社西村企業 神奈川県横須賀市池上5-12-14 株式会社セレモニー結 神奈川県横浜市泉区新橋町757-205 株式会社ひかりセレモニー 神奈川県大和市中央林間西5-4-45 YKビル1F 神奈川県の葬儀・葬式事情 神奈川県の葬儀・家族葬は、日本全国で受注件数No. 1の葬儀社「小さなお葬式」にお任せください。 神奈川県で32,600件超のお問い合わせをいただいています。 神奈川県の平均葬儀費用は約111万7千円ですが、小さなお葬式ならこれよりも費用を抑えて葬儀ができます。 神奈川県では横浜市北部斎場、横浜市久保山斎場、横浜市南部斎場などの火葬場がよくご利用されます。 また、葬儀場は、、などが人気となっております。 横浜市立市民病院、湘南鎌倉総合病院、横浜市立みなと赤十字病院など、どこでも約30分にお迎えにあがることができ、横浜市、伊勢原市、厚木市など神奈川県内どこでも対応します。 葬儀のご相談は24時間365日いつでもお電話ください。 葬儀の風習・しきたり 神奈川県の郊外や農村部では、80歳以上の方が亡くなった場合、葬儀時に長寿のお祝いを行うことがあります。 出棺の前には五円玉とキャラメルや飴といったお菓子を配り、赤飯を炊いて火葬中に食べます。 悲しい別れの場ではなく、思い出深い葬儀になるよう行われる習わしです。 大和市を中心とした地域では、納棺の際に豆腐を食べる風習があります。 納棺の場に立ち会った方全員で、1丁の豆腐を回しながら食べていきます。 角が立たないようにという意味を込めて、角から順番に食べるのが特徴です。 身を清めるために塩をかけて食べますが、食べ残しをしてはいけない決まりがあり、人数が少ない場合には1人で多くの豆腐を食べなければなりません。

次の

こんな葬儀社は要注意

横浜の良い葬儀社

評判が良い葬儀社ランキング このページでは都道府県別に星5つの評判が良い口コミを掲載しています。 都道府県の星5つの口コミ• 実家が近い場所だからと選んだところだったが、選んで正解だったと思う。 余計なことがなく、スムーズに進めてくれました。 手持ちのお金がなくてもすぐに決済が可能でした。 金額が安かった。 スタッフの方々のご対応もとても良かったです。 念入りな打ち合わせをしてくださり、いろいろとアイデアを提案していただきました。 一番条件に合ったところを紹介してくれるので、良い制度だと思いました。 サンプルです。 サンプルです。 サンプルです。 サンプルです。 追加費用などもありませんでした。 互助会のようなしつこい勧誘もないところがよい。 そのような葬儀ができて感謝しています。 価格を安くしたい方におすすめです。 価格が安かったというのが一番のメリットです。 とても助かりました。 金銭面も安く出来るので。 現代のニーズにあった葬儀ができたと思います。 助かった。 とても良いお葬式が出来たと思います。 スタッフの教育もよくされていると思います。 いつも丁寧に失礼のないようにやってくれます。 出費をおさえたい私には有り難かったです。 会員への入会勧誘もなく、悪徳会社ではないことは確かです。 テキパキした行動はとてもスムーズでよかった。 おかげでとても良いお見送りができました。

次の

悪い葬儀社を避ける【良い葬儀社の選び方】

横浜の良い葬儀社

こんな葬儀社は要注意 公開日:2015年04月30日 お葬式で後悔しないためには、事前の準備が本当に大切です。 しかし、あなたがどれだけ完璧に準備をしていても、それだけではお葬式はできません。 実際にお葬式をあげるには、たとえ「火葬だけ」であっても、必ず葬儀社さんのお手伝いが必要になります。 そして、お葬式の満足度に一番大きく影響するのが、葬儀社(担当者)の良し悪しです。 まずは、以下の3つのポイントから避けたほうがよい葬儀社を見極めましょう。 避けたほうがよい葬儀社を見極めるポイント 見積り依頼時の対応 「大丈夫ですから、今はそんなことより看病に専念しましょう」 「その時になってみないと分からないものなんですよ」 もし問い合わせた際にこんなことを言われたら要注意です。 「万が一のときは安心してお任せください」 と言いながら、結局は見積りを出さない。 これも同じことですが、内容や金額が分からないままではとてもではありませんが安心できません。 まず、「事前の見積りに対応したくない!」というような葬儀社は避けましょう。 見積りの内容 ・フォーマットがない レポート用紙に手書きで書いてある見積書をたまに見かけます。 見積りのフォーマットなんて簡単に作れるものなのにそれすらないということは、普段しっかりとした見積り対応をしていない可能性が高いです。 ・飲食、返礼品などの実費費用が書いていない これからは葬儀にかかる費用の全てを含んだ「総額表示」が基本になっていきます。 数によって変わるものだというのはよく言われることですが、単価や予想人数を設定すればいいだけの話ですよね。 斎場利用料も同じです。 ・あまり説明してくれない ・説明がよく分からない 見積りの項目には、普段見慣れないものも多いうえに、ほとんどの方は葬儀に関して素人です。 素人に分かりやすく説明できないということは、知識や経験が乏しいかもしれません。 ・相性が合わない どんなに評判が良い葬儀社さんでも、喪主と担当者との相性が合わないと結局はうまくいかなかったり、後悔が残ったりします。 そして、相手に「この人と合わないな…」と思わせてしまうのには何かしらの原因があるものです。 避けたほうが無難でしょう。 「相談のときの担当者の対応」が、そのまま「本番(お葬式)のときの対応」です。 お葬式間はずっとお世話にならなければいけない人になりますので、ここの選択だけは間違えたくないものです。 お葬式の内容だけではなく、担当者の人柄や雰囲気にも注意してみましょう。 」というようなものです。 たとえば70万円の祭壇であれば、35万円になるということです。 実は、こうした値引きは決してお得なものとは言えず、多くの葬儀社が使っているただの顧客囲い込みの手法です。 葬儀社は、他の業界と違いおおっぴらな営業活動ができません。 営業活動ができない分、広告を出したり、地域の活動に積極的に参加したり、病院に入ったりと、様々な方法で選ばれやすくしておく必要があります。 そのうちの方法の一つが会員制度なのです。 次の2つの文章を比べてみてください。 「50%OFFにしますから、万が一の際は当社へ」 「会員の方に限り50%OFFにしますから、万が一の際は当社へ」 どちらが信用度が高く、お得に感じるでしょうか? 多くの方が後者を選ばれると思います。 「安くしますから、万が一の際は当店へ」では、誰に対しても同じことを言っていると捉えられ、信用度やお得感は低くなります。 ところが、ここに「入会」という理由をつけて、「会員に限り特別に安くします」とすると、自然なことに感じ、お得感も増します。 これが会員制度の目的です。 仕組みはもう少し複雑ですが、互助会も基本的にはこれと同じと考えてよいでしょう。 そして、たとえ50%OFFにしたとしても必ず利益は出ています。 利益の出ない仕事をしていては、会社は成り立ちません。 大幅な値引きをしても必ず利益は出る仕組みになっているのですから、値引きしたように見せている部分は最初からなくてもいいものだと言えます。 葬儀の費用には「定価」というものがありません。 各葬儀社が独自で価格設定をしているので、市場価格というものもありません。 定価がないのに50%OFFなんて、考えてみたらおかしな話だと思いませんか? つまり、「大幅値引きをして『お得感を演出』するための金額設定」が最初からされていると考えて良いでしょう。 値引き後の金額が適正なのであって、決してあなただけが得をしているものではありません。 友の会に入会することが条件で大幅にサービスされるような場合は、もともとの金額が適正なのかを疑ったほうが無難です。 混同しやすいので注意してほしいのですが、最初に高い値段を付けてから値引きをする「上げ底商法」と、必要ないもの・不適当なものを考えながら省いていって金額を抑える方法とでは、お葬式の内容や質が全く違います。 この2つの大きな違いは、「葬儀社主導」か「自分主導」かの違いです。 「安かろう・悪かろう」に引っかからないためには、葬儀社の設定に振り回されず、自分主導で話を進めることが大切です。 大幅値引きを見たら、その裏側を考えるようにしてみてください。 まとめ 良心的な葬儀社さんを判断する材料は、人のうわさでもありませんし、知名度でもありません。 ましてや、広告の大きさや会社の規模などでは決してありません。 判断するのは、あなたの目であり、感じた印象であり、あなた自身です。 問い合わせた葬儀社が、あなたが希望している内容にしっかり耳を傾け、真剣に対応しようとしてくれているのかを、あなたのほうでも真剣に判断してください。 そうすればきっと「ぼったくり葬儀社」にあたることはありませんし、お葬式で後悔することも避けられます。

次の