エクセル 棒グラフ 順番 入れ替え。 積み上げ縦棒グラフでデータ系列の積み上げ順序を変える|Excel|ヘルプの森

【Excel】積み上げ棒グラフで異なる種類のデータ系列を横に並べて積み上げる

エクセル 棒グラフ 順番 入れ替え

縦棒グラフのデータ系列の順序を変える:エクセルの使い方• 縦棒グラフのデータ系列の順序を変える スポンサードリンク 縦棒グラフを作成する• ここではグラフにする データリストはそのままで、グラフの順序を変更する方法を説明しています。 基になるデータリストの順序を変更することができる場合はそちらの方が楽だと思います。 棒グラフを作成するデータを選択します。 セル範囲 B2:E6 を選択しました。 B C D E 2 服飾 食品 電気製品 3 福岡支店 5,600 5,000 5,550 4 宮崎支店 6,200 6,000 7,800 5 熊本支店 7,700 7,240 7,680 6 鹿児島支店 8,100 7,800 8,800• 集合縦棒グラフが作成されました。 グラフを選択して、グラフツールの[デザイン]タブの[データの選択]をクリックします。 データソースの選択が表示されます。 凡例項目 系列 のところに、「服飾」「食品」「電気製品」が表示されています。 「食品」は一番上に表示されました。 [OK]ボタンをクリックします。 系列の順番が、「食品」「服飾」「電気製品」に変わりました。 凡例の順番も「食品」「服飾」「電気製品」に変わりました。 グラフを選択して、グラフツールの[デザイン]タブの[データの選択]をクリックします。 データソースの選択が表示されます。 横 項目 軸ラベルの[編集]ボタンをクリックします。 軸ラベルの範囲で表示したい順番にシートのセルをクリックします。 区切りには , カンマ を使用します。 ここでは B6,B4,B3,B5の順番としました。 鹿児島支店、宮崎支店、福岡支店、熊本支店の順番 [OK]ボタンをクリックします。 横(項目)軸ラベルの並びは変わりましたが、 縦棒の順番は変化していません。 現在、「食品」が選択されています。 凡例(系列)の[編集]ボタンをクリックします。 「食品」のデータを鹿児島支店、宮崎支店、福岡支店、熊本支店の順番で指定します。 D6,D4,D3,D5の順番です。 [OK]ボタンをクリックします。 「服飾」を選択して、[編集]ボタンをクリックします。 系列値に「服飾」のデータを鹿児島支店、宮崎支店、福岡支店、熊本支店の順番で指定します。 C6,C4,C3,C5を順番に指定します。 [OK]ボタンをクリックします。 「電気製品」を選択して、[編集]ボタンをクリックします。 系列値に「電気製品」のデータを鹿児島支店、宮崎支店、福岡支店、熊本支店の順番で指定します。 E6,E4,E3,E5を順番に指定します。 [OK]ボタンをクリックします。 棒グラフの順番が指定した順序に変わりました。 グラフを選択し、左端の棒を選択します。 数式バーにSERIES関数が表示されています。 このSERIES関数を変更します。 2番目の棒を選択します。 数式の第2引数部分はすでに変更されていますので、第3引数部分を変更します。 同様に、3番目の棒を選択して、数式を変更します。 棒グラフの順番が指定した順序に変わりました。 スポンサードリンク ||縦棒グラフのデータ系列の順序を変える.

次の

【Excel】積み上げ棒グラフで異なる種類のデータ系列を横に並べて積み上げる

エクセル 棒グラフ 順番 入れ替え

この記事の目次• グラフにある凡例の順番を変える方法 それでは始めていきましょう! 凡例の順番を変えるグラフをクリックして選択する 最初に 凡例の順番を変えるグラフを クリックして選択しましょう。 「グラフ ツール」の「デザイン」タブをクリックして選択する 凡例の順番を変えるグラフを選択したら 「グラフ ツール」のタブが開きます。 その開いたタブの中から 「デザイン」タブをクリックして 選択してください。 「データ」グループの「データの選択」アイコンをクリックして選択する 「デザイン」タブを選択したら 「データ」グループの 「データの選択」 アイコンをクリックして選択します。 順番を変更する凡例項目をクリックして選択する 「データの選択」アイコンを選択したら 「データソースの選択」画面が開きます。 開いた画面にある「凡例項目(系列)」 欄から 順番を変える凡例項目を クリックして選択しましょう。 今回は 「東京」を選択します。 そうすると、凡例項目を上に 移動できます。 「データソースの選択」画面の「OK」ボタンをクリックして完了! 凡例項目の順番を変えたら 「データソースの選択」画面の 「OK」 ボタンをクリックして選択してください。 そうすると、グラフにある凡例の 順番を変えることができます。 まとめ• 凡例の順番を変えるグラフをクリックして選択する• 「グラフ ツール」の「デザイン」タブをクリックして選択する• 「データ」グループの「データの選択」アイコンをクリックして選択する• 順番を変える凡例項目をクリックして選択する• 「データソースの選択」画面の「OK」ボタンをクリックして完了! お疲れ様でした。 グラフにある凡例の順番を変えることは できましたでしょうか? 今回ご紹介した「データの選択」機能を 使うことですぐにグラフにある凡例の 順番を変えることができます。 あなたの作業が、今よりも効率的に 進められることを心より応援しております。

次の

縦棒グラフのデータ系列の順序を変える:エクセルの使い方

エクセル 棒グラフ 順番 入れ替え

グラフの凡例 まずは基本から。 グラフの凡例とは、下のグラフの 赤枠の部分のことです。 元データを合わせてみると下のようになっています。 元データの表の並びには問題ありませんが、横棒グラフにすると凡例が意図した並びにならず反転しています。 では、凡例の順番を逆にしてみましょう。 凡例の順番を逆にする 上の横棒グラフの 凡例の並びを反転させます。 グラフ全体を選択すると、エクセルのメニューに「グラフツール」が表示されます。 この [デザイン] タブの中のメニューにある「データの選択」をクリックします。 [データソースの選択] というフォームが表示され、左側に凡例が表示されています。 この右上に表示されている矢印ボタンを使って凡例の順番を編集します。 凡例の位置を変更する 凡例の表示位置の変更についても触れておきます。 さきほどの「グラフツール」にある [レイアウト] タブを開きます。 [ラベル] セクションにある「凡例」をクリックします。 すると凡例の表示位置に関するオプションが表示されます。 この中から任意のオプションをクリックすれば、凡例の表示位置を変更が完了します。 下の例は、凡例の位置をグラフの上にしたものです。 下のグラフは凡例を削除してしまった例です。 この場合も、手順は「凡例の位置の変更」と同じです。 グラフ全体を選んだ状態で、メニューに表示される「グラフツール」のレイアウトタブを開きます。 [凡例] アイコンをクリックします。 そこに表示される表示位置オプションから、凡例を復活させたい表示位置を選んでクリックします。 他の関連記事とあわせて仕事や趣味に役立ててください。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 エクセルグラフ 「見やすいシリーズ」第二弾!エクセルで見やすいグラフ・きれいなグラフの作り方。 グラフがあることで、数値の差や変化などが視覚的に伝わることで資料を見る人が理解しやすくなります。 複合グラフ・チャート エクセルで複合グラフの作り方を解説。 Excel複合グラフの作り方は意外とカンタン。 Excel2010以前そしてExcel2013などバージョンによる複合グラフ作成手順の違いについてもわかりやすく説明します。 エクセルグラフ エクセルのグラフタイトルをグラフの下に表示させたり、セルの値を参照させたり、変更したりする方法などグラフタイトルについていろいろ解説します。 目からウロコです。 グラフ・レーダーチャート レーダーチャートの最大値を固定する方法を解説。 レーダーチャート とは、模擬試験の結果表や自己分析表などで一度は目にしたことがある、文字どおりレーダーのようなグラフ(チャート)のことです。 グラフ・スパークライン エクセルの「スパークライン」をご存じですか?文字どおり電気がスパークしているように見える極小の折れ線グラフです。 今回はスパークラインの作成方法と有効な見せ方・使い方についてわかりやすく解説。 Excelグラフ 株価チャートの作り方と見方を図解します。 株価のグラフがうまく作成できないという方は「表の並び」が良くないかもしれません。 ローソク足の見方にも触れていますので、ぜひ当サイトをご一読ください。 株価・移動平均 Excelで 株価チャートに移動平均線を加えて2軸化する方法を解説。 「移動平均線」は、ローソク足のチャートを合わせると株の売買のタイミングを判断する材料となるのです。

次の