ブレーカー を 落とす。 ブレーカが落ちる原因とは?安全な復旧方法と対策方法

電気代の節約!ブレーカーを落とす効果や有効性は?意外な事実も!

ブレーカー を 落とす

このページの目次• 引っ越し時に忘れがちなのがブレーカーを落とすこと いままで住んでいた部屋を引っ越すにあたり、すべての持ち物を搬出してこれでよしと新しいところへ向かったところ、「しまった、ブレーカーを落としてくるのを忘れた!」というのはよくあることです。 それというのも、普段はブレーカーを落とすことなど滅多にありませんから、そもそもブレーカーを落とすということ自体、よく分からないという人も多いでしょう。 なぜ引っ越しの際にブレーカーを落とすのか。 それは漏電による火災の発生を防ぐためです。 ブレーカーを落とさないと、もし室内に電気が通っていた場合、停電後に通電した際に発火する可能性があります。 かつて阪神淡路大震災で火災が多く発生したのは、停電したために使いかけだった電化製品が使えなくなり、そのまま放置してしまい、通電後、人のいない家で勝手に動き出し、火が出てしまったというケースが非常に多かったからだと言われています。 しばらく人が暮らさないかもしれない部屋では漏電が火災の原因になるため、退去時にはブレーカーを落とさなければならないというわけです。 引っ越しでブレーカーを落とし忘れたときにできる対処法 落とし忘れたことに気づいたら、もし引き返せる場合には引き返し、しっかりと自分で落として確認するのがベストです。 ただ、ブレーカーにはいくつかスイッチが付いていて、借りていたのがファミリー向けマンションや戸建ての場合、かなりたくさんのスイッチが並んでいるケースもあります。 こうなると、果たしてどれを落とせば良いのかと悩むでしょうが、スイッチをよく見ると、大きいものと小さいものがあります。 その中で最も大きなスイッチがメインブレーカーですので、極端に言えばこれを落とせば、すべての電源が使えなくなります。 メインのスイッチを切ればほかはオンの状態になっていても使えないとはいうものの、不安と感じるのであれば、すべてのスイッチをオフにしておくと良いでしょう。 さらに、電気のメーターを見て、完全に止まっているのを確認すれば完璧です。 引き返せないところまで来てしまったときは 遠くへ引っ越しすることになった人で、引っ越し先に着いてからはたと、ブレーカーを落としてくるのを忘れたと気づいた場合、なかなか戻るというわけにはいきません。 そんなときは速やかに借りていた部屋の大家さんに連絡をするか、あるいは管理会社に任せている場合には管理会社に連絡する以外に方法はないでしょう。 この連絡は、気付いたときにすぐに行うのが大切です。 それというのも、ブレーカーが入ったままだと、誰もいない間も電気が流れているため、次の入居者が入った時点から通電していた分の電気代がすぐにかかってしまうからです。 早急に連絡したところ、まだ入居者が入っていない場合なら、だいたいはすぐに大家さんか管理会社が切りに行ってくれてそれで終わりですが、長期間にわたって忘れていて、なにか重大な事故が発生した場合、責任を問われる可能性がありますので、注意が必要と言えます。 電力会社に直接連絡するという手段も 自分で切りに戻れない場合、大家さんか管理会社に切り忘れて出てきてしまったことを伝えるのが一番手っ取り早い方法ですが、もう一つ対処法があります。 それが、電力会社にブレーカーを切り忘れて引っ越ししてしまったことを直接連絡する方法です。 電力会社に連絡をすると、すぐに電気を止めてもらえますので、大家さんが高齢ですぐに行ってくれるかどうか分からないときや管理会社の人も忙しそうだったという場合には、電力会社に連絡するのが最も早く電気を止める対処方法になります。 ただ、電力会社に連絡するにあたっては、電気料金表に記載されているお客様番号が必要になりますので、それが分からないと手続きは難航します。 部屋を借りるにあたっては、引っ越しをするときのことを考えて、電力会社のお客様番号などはしっかり控えておくと、こういうときに役立ちます。 退去時にすべきことを確認しておくことが大切 昨今は部屋を借りるにあたっては、大家さんから直接借りるのではなく、管理会社を通して借りることがほとんどです。 そのため、引っ越しすることが決まった時点で、引っ越しする際に何をしておくべきかを管理会社に聞くのがおすすめです。 できれば書面でもらうのが確実で、その中にブレーカーを落とすとはっきり記載されていれば、すべてを確認しながら、最後にブレーカーを落として退去できます。 管理会社がブレーカーを落とすと書き忘れていたとしても、退去時に落とすのは必須ですが、落とし忘れてしまって、何か事故が起きて、訴えられた場合に、管理会社からすべきことを記された書面の中に書かれていなかったことを理由にできます。 書面に書かれていなかったという主張が、損害賠償を退ける決め手になるとは限りませんが、あるとないではかなり違ってきますので、しっかり書面でもらっておくと良いでしょう。 対処法を知っていると、慌てない 普段はほとんど意識していないブレーカーだけに、引っ越しで退去するときにすべきことの中からこぼれてしまいがちです。 もし忘れてしまったときの対処法を知っていたら、慌てずに落ち着いて行動が取れるはずです。

次の

ブレーカーを落としての電気代節約がオススメできない4つの理由

ブレーカー を 落とす

地震の揺れが収まったらブレーカーを落とす理由 地震の揺れが収まったらまずは出火の有無を確認します。 この時注意したいのは、 全ての家電製品が火災を引き起こす原因になる!という点です。 実際、阪神淡路大震災による火災の原因で多かったのは電気系によるものでした。 もっと具体的に言うと、• 停電したからと言って必ずしも電化製品は安全とは限らず、逆に停電の場合は電気が復旧した直後が怖いのです。 そのため地震で停電になった時には、地震の揺れが収まると共にブレーカーを落とし引火の原因となるものがないか注意深く様子見が必要になるというわけです。 停電にならなかった場合 ガス漏れが無いかをチェック! ガス漏れが無かったらブレーカーを落とす! ガス漏れがあったら窓を開けガス抜きをする! ガス抜きをしつつガスの元栓を閉める! ガスのニオイがしなくなったのを確認後ブレーカーを落とす! もし地震でガス漏れが起こり部屋にガスが充満していると、電化製品やブレーカーのスイッチをいじった時にガス爆発を起こす可能性があります。 そのため停電になったら一旦ブレーカーを落とし、逆に停電にならなかったらガス漏れを十分に確認してからブレーカーを落とすようにしましょう。 停電になっても、停電にならなくても、大きな地震発生後、揺れが収まったのを確認し一旦はブレーカーを落とすようにしましょう。 地震が発生して火災の原因として考えられるもの 地震が発生して火災の原因となるのは、• ご飯支度中でガスを使用していた• 時期が寒い冬でストーブからの引火• タバコの火を消せずに燃えやすいものへ引火• その他火の不始末からの引火• 入浴中の際は湯沸かしの種火• 落下や引きちぎられる等によるコードから火花が散り燃えやすいものへ引火 など様々な理由が考えられます。

次の

引っ越し時、電気のブレーカーを落とすのを忘れてしまった時の対処法

ブレーカー を 落とす

このページの目次• 引っ越し時に忘れがちなのがブレーカーを落とすこと いままで住んでいた部屋を引っ越すにあたり、すべての持ち物を搬出してこれでよしと新しいところへ向かったところ、「しまった、ブレーカーを落としてくるのを忘れた!」というのはよくあることです。 それというのも、普段はブレーカーを落とすことなど滅多にありませんから、そもそもブレーカーを落とすということ自体、よく分からないという人も多いでしょう。 なぜ引っ越しの際にブレーカーを落とすのか。 それは漏電による火災の発生を防ぐためです。 ブレーカーを落とさないと、もし室内に電気が通っていた場合、停電後に通電した際に発火する可能性があります。 かつて阪神淡路大震災で火災が多く発生したのは、停電したために使いかけだった電化製品が使えなくなり、そのまま放置してしまい、通電後、人のいない家で勝手に動き出し、火が出てしまったというケースが非常に多かったからだと言われています。 しばらく人が暮らさないかもしれない部屋では漏電が火災の原因になるため、退去時にはブレーカーを落とさなければならないというわけです。 引っ越しでブレーカーを落とし忘れたときにできる対処法 落とし忘れたことに気づいたら、もし引き返せる場合には引き返し、しっかりと自分で落として確認するのがベストです。 ただ、ブレーカーにはいくつかスイッチが付いていて、借りていたのがファミリー向けマンションや戸建ての場合、かなりたくさんのスイッチが並んでいるケースもあります。 こうなると、果たしてどれを落とせば良いのかと悩むでしょうが、スイッチをよく見ると、大きいものと小さいものがあります。 その中で最も大きなスイッチがメインブレーカーですので、極端に言えばこれを落とせば、すべての電源が使えなくなります。 メインのスイッチを切ればほかはオンの状態になっていても使えないとはいうものの、不安と感じるのであれば、すべてのスイッチをオフにしておくと良いでしょう。 さらに、電気のメーターを見て、完全に止まっているのを確認すれば完璧です。 引き返せないところまで来てしまったときは 遠くへ引っ越しすることになった人で、引っ越し先に着いてからはたと、ブレーカーを落としてくるのを忘れたと気づいた場合、なかなか戻るというわけにはいきません。 そんなときは速やかに借りていた部屋の大家さんに連絡をするか、あるいは管理会社に任せている場合には管理会社に連絡する以外に方法はないでしょう。 この連絡は、気付いたときにすぐに行うのが大切です。 それというのも、ブレーカーが入ったままだと、誰もいない間も電気が流れているため、次の入居者が入った時点から通電していた分の電気代がすぐにかかってしまうからです。 早急に連絡したところ、まだ入居者が入っていない場合なら、だいたいはすぐに大家さんか管理会社が切りに行ってくれてそれで終わりですが、長期間にわたって忘れていて、なにか重大な事故が発生した場合、責任を問われる可能性がありますので、注意が必要と言えます。 電力会社に直接連絡するという手段も 自分で切りに戻れない場合、大家さんか管理会社に切り忘れて出てきてしまったことを伝えるのが一番手っ取り早い方法ですが、もう一つ対処法があります。 それが、電力会社にブレーカーを切り忘れて引っ越ししてしまったことを直接連絡する方法です。 電力会社に連絡をすると、すぐに電気を止めてもらえますので、大家さんが高齢ですぐに行ってくれるかどうか分からないときや管理会社の人も忙しそうだったという場合には、電力会社に連絡するのが最も早く電気を止める対処方法になります。 ただ、電力会社に連絡するにあたっては、電気料金表に記載されているお客様番号が必要になりますので、それが分からないと手続きは難航します。 部屋を借りるにあたっては、引っ越しをするときのことを考えて、電力会社のお客様番号などはしっかり控えておくと、こういうときに役立ちます。 退去時にすべきことを確認しておくことが大切 昨今は部屋を借りるにあたっては、大家さんから直接借りるのではなく、管理会社を通して借りることがほとんどです。 そのため、引っ越しすることが決まった時点で、引っ越しする際に何をしておくべきかを管理会社に聞くのがおすすめです。 できれば書面でもらうのが確実で、その中にブレーカーを落とすとはっきり記載されていれば、すべてを確認しながら、最後にブレーカーを落として退去できます。 管理会社がブレーカーを落とすと書き忘れていたとしても、退去時に落とすのは必須ですが、落とし忘れてしまって、何か事故が起きて、訴えられた場合に、管理会社からすべきことを記された書面の中に書かれていなかったことを理由にできます。 書面に書かれていなかったという主張が、損害賠償を退ける決め手になるとは限りませんが、あるとないではかなり違ってきますので、しっかり書面でもらっておくと良いでしょう。 対処法を知っていると、慌てない 普段はほとんど意識していないブレーカーだけに、引っ越しで退去するときにすべきことの中からこぼれてしまいがちです。 もし忘れてしまったときの対処法を知っていたら、慌てずに落ち着いて行動が取れるはずです。

次の