ジブリ いらすとや。 いらすとや素材で表現された映画を当てるスレ

作品の著作権表示

ジブリ いらすとや

「え?こんなものまで?」と驚くほどたくさん、それも親しみやすいタッチで統一されたイラストが揃うフリー素材サイト「」が大人気。 「」「」との声が上がるほど、あちこちで使われています。 実際、「いらすとや」はWebデザインでも使い勝手がよく、とても便利。 でも、案件によっては 「競合サイトとイラストがかぶってしまう」「別のタッチのイラストが使いたい」といったこともありますよね。 そこで、使い勝手のいいイラスト素材サイトを厳選して、各サイトの特徴をまとめてみました。 なお、商用利用可能なサイトの場合でも、グッズや再配布、販売目的での利用は禁止されていることがほとんどです。 必ず各サイトの利用規約を確認してください。 「いらすとや」の作者が運営するゆるかわサイト『いらすとん』 『いらすとん』は、「いらすとや」のみふねたかしさんが運営するもう1つのフリー素材サイトです。 「ゆるかわイラスト無料素材集」とのキャッチコピーのとおり、絵本から飛び出したような、やわらかな雰囲気の手描きイラストがそろっています。 「いらすとや」と同様、こちらもいろいろなテーマのイラストがたくさん用意されているので、使いやすそうですね。 商用利用、加工も可能で、クレジット表示や会員登録は不要。 画像形式はJPEGです。 20万点もの膨大なイラストが揃う『イラストAC』 『イラストAC』は、20万点もの膨大な数のイラストが無料でダウンロードできるサイト。 登録イラストレーターたちによって、人物、乗り物、動物など、あらゆるジャンルの、さまざまなタッチのイラストがアップされています。 利用にあたってはメールマガジンの登録が必要。 無料会員の場合は15秒間の待ち時間がかかるほか、1日20点までの制限があります。 再配布などの禁止事項を除き、商用利用可能、加工も可能です。 待ち時間なし、点数制限なしの有料会員もあります。 画像形式はイラストによって異なりますが、JPEG、PNG、EPSです。 線の太い独特のイラストがかわいい『落書きアイコン』 『落書きアイコン』は、太めのゆるい線、独特のタッチのかわいい、アイコンイラスト素材サイトです。 アイコンと言っても、動物や植物、文具など、カットとしても使える正方形のイラストが600点近くあります。 商用利用可能で、加工もOK。 クレジット表示や会員登録は不要です。 画像形式は、透過PNGです。 タッチの揃った職種別イラストが充実している『フリーラ』 『フリーラ』は、イラストレーターのももちさんが運営しているイラスト配布サイト。 看護師、保育士、ビジネスパーソンなど、職種別に分類された100点以上のかわいい人物イラストがダウンロードできます。 イラストのタッチが揃っているので使いやすく、サイトのデザイントーンを保つことができます。 商用利用可能で、加工もOK。 クレジット表示や会員登録も不要なので、手軽に利用できます。 画像形式は、透過PNGです。 EPS形式でもダウンロードできて使いやすい『ピクト缶』 『ピクト缶』は、イラストレーターのくうたろうさんが運営するイラスト配布サイト。 食べ物や人物など、100点以上のイラストがあります。 デフォルメされたイラストのタッチがかわいいですね。 ダウンロードボタンをクリックすると、EPSとPNGファイルをまとめてダウンロードできるので、確認用と制作用の画像が一度にゲットできるのは便利です。 商用利用可能で、加工OK。 クレジット表示や会員登録も不要です。 画像形式は、EPS、透過PNGです。 ラフなタッチのかわいいイラストが900点以上がダウンロードできます。 手書き風の文字を使ったサイトのデザインもかわいらしく、イラストには作者のコメントがついているので、眺めているのも楽しいサイトです。 商用利用、加工もOKで、再配布や販売などを除けば緩やかな利用条件となっています。 画像形式は、透過PNGです。 姉妹サイトの「」もおすすめ。 スタイリッシュな人物イラストがおすすめ『ガーリー素材』 『ガーリー素材』は、個人で運営されているイラスト配布サイト。 名前のとおり、ガーリーなイラストが80点以上ダウンロードできます。 人物、花、食べ物などいろいろありますが、女性誌に出てきそうなスタイリッシュな人物イラストが特におすすめ。 商用利用可能で、加工もOK。 クレジット表示や会員登録は不要で、グッズでの利用も可能とのこと。 画像形式は、EPS、JPEGまたは透過PNGです。 使いやすいカットが充実している『イラストレイン』 『イラストレイン』は、スタジオスプーンが運営するイラスト素材サイト。 現時点で、9940枚のイラストが掲載されています。 テーマは人物、食べ物、動物などさまざまですが、特に季節の行事などのイラストが充実しています。 ファンシーなイラストが多いので、学校や子ども向けのサイトなどで使いやすそうですね。 商用利用可能で、クレジット表示や会員登録は不要。 画像形式は、透過PNGです。 プレゼンにも便利なシルエット専門サイト『シルエットAC』 『シルエットAC』は、その名のとおり「シルエット」イラストに特化した素材サイト。 よく使う人物のシルエットから、花や食べ物、建物、スポーツといったものまで幅広く揃っているので、アイコンやバナーだけでなく、プレゼン資料などにも活用できそうです。 メールマガジンの登録が必要ですが、イラストACと同じアカウントで利用できます。 利用条件もイラストACと同様です。 画像形式は、JPEG、透過PNG。 有料会員になるとEPS形式でもダウンロードできます。 歯医者さんのサイト制作なら『歯科素材屋さん』 『歯科素材屋さん』は、歯科医院向けに特化したイラスト素材サイト。 歯科医院向けのサイト制作を手がけるコムネットが運営しています。 歯医者さんのポスターで見かけるような歯や虫歯菌、歯ブラシのキャラクターから、歯周病の進行永久歯の名称などの説明イラストまで、歯科医院に必要なあらゆるイラストが揃っています。 利用条件は、歯科医院、および歯科医院から依頼を受けた制作会社がWebサイトや印刷物へ利用する場合は無料となっています。 それ以外のケースではクレジット表示や利用料が必要です。 詳しくはを確認しましょう。 画像形式は、GIF、PNG、JPEGです。 肩こり・腰痛などの整体院向けイラストが揃う『からだピクチャー』 『からだピクチャー』は、整体院・接骨院などの治療家向けのイラスト素材サイトです。 口コミサイト「ヘルモア」の運営を手がけるプロデュース・アクティビストが運営。 施術光景や肩こり・腰痛といった症状を示すものなど、院内ポスターやパンフレットでよく見かけるイラストが250点以上揃っています。 商用利用可能で、加工もOKです。 クレジット表示は不要ですが、最初にメールマガジンへの登録が必要です。 画像形式は、JPEG、透過PNGです。 ぜひブックマークして、案件に合わせて活用してください。

次の

ジブリ イラスト 書き方

ジブリ いらすとや

アシタカは村を出るとき、許嫁のカヤから黒曜石の小刀をもらいました。 その時こんな言葉を言っています。 「私はいつもカヤを思おう。 」 相思相愛なのが見て取れます。 しかし物語後半で、アシタカは黒曜石の小刀をサンにプレゼントしました。 アシタカはサンに「生きろ。 そなたは美しい。 」と言っているシーンがあります。 あまり感情を出さないアシタカのこのセリフは、好意を持っているということを表しているように思えます。 物語終盤サンは「アシタカは好きだ。 でも人間を許すことは出来ない。 」と言っています。 相思相愛なことが見て取れます。 以上のことからもののけ姫は、「アシタカが出張先で不倫する」物語であると言えます。

次の

ジブリ映画から考える環境・社会問題②もののけ姫

ジブリ いらすとや

スタジオの新作長編アニメ「アーヤと魔女」について、そのビジュアルが公開され、ファンらから様々な意見がツイッターなどに書き込まれている。 「手描き絵とは全く違う感じだな」「見てみなければ判断はつかない」 アーヤと魔女は、ジブリでは初めてとなる全編3DCGになる。 2020年冬からNHK総合テレビで放送予定のこの作品について、6月19日にいくつかの画像が公式サイトで披露された。 アニメの原作は、ジブリアニメ「ハウルの動く城」の原作を書いた英国の作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズ氏の同名の児童文学で、自分が魔女の娘とは知らずに育ったアーヤがある日、奇妙な家に引き取られ、そこで意地悪な魔女と暮らす、というストーリーだ。 「ハウルの動く城」の宮崎駿監督(79)が原作を気に入って企画したといい、カンヌ国際映画祭が3日に発表した「オフィシャルセレクション2020」の56作品の1作としても選ばれた。 これを受けて、宮崎さんの息子でこの作品を手がけた宮崎吾朗監督(53)が、「憎たらしいけど、可愛い僕らのアーヤが、子供たちを勇気づけ、大人たちを元気づけてくれる」といったコメントを寄せている。 公開されたビジュアルは、ツイッター上で大きな話題になり、ヤフーのリアルタイム検索のトレンドランキングで「アーヤと魔女」が一時20位以内に入った。 寄せられた意見は様々だが、ジブリ作品であることに驚きの声が上がっている。 「ジブリ感なくてビビった」「手描き絵とは全く違う感じだな」「ディズニーかと思ったw」「これも時代の流れなのか... 」といったものだ。 一方、「見てみなければ判断はつかない」「面白そうではある」「吾朗さんらしい表現で魅せてほしいな」と期待の声も寄せられている。 (J-CASTニュース編集部 野口博之) 外部サイト.

次の