アテンション 意味。 「アテンション」の意味と使い方!動詞型や英語表現も解説

「アテンション」の意味と使い方!動詞型や英語表現も解説

アテンション 意味

「アテンション」の使い方とは? ここでは、「アテンション」を使った例文についてご紹介します。 「企画がアテンションを引くように立案する」 この例文では、「アテンション」の意味が「注目」ということで使われており、いい企画にしたいことが感じられます。 「アテンションを多く獲得した」 この例文では、「アテンション」意味が「注目」ということで使われていますが、文脈がわからないため、良くない意味で「注目」されたのか、いい意味で「注目」されたのかわかりません。 「アテンションミスを少なくする」 「アテンションミス」の意味は、「うっかりミス」ということがあります。 ビジネスシーンでも、「アテンションミス」つまり「うっかりミス」をしないように注意しましょう。 「アテンション」の語源とは? 英語の「attention」が、「アテンション」の語源です。 英語の「attention」は、次のような意味があります。 手当て 英語の「attention」は、ほとんどカタカナ語と意味が同じですが、意味の数が英語の方は多くなります。 例えば、「求愛」「手当て」のように、カタカナ語にない意味も中にはあります。 そのため、カタカナ語の感じで使っていれば、この意味を理解するのが困難ですが、参考として把握しておきましょう。 英語の「attention」の語源は、ラテン語の「attendre」という単語になります。 この単語の意味は、「エネルギーを送る」「気持ちを向ける」ということになります。 なお、フランス語は同じラテン語系で発音は違っていますが、「attention」を「気をつけて」という時に使います。 「アテンション」の類義語とは? ここでは、「アテンション」の類義語についてご紹介します。 「コンセントレーション」 「コンセントレーション」の意味は、「集中」ということです。 英語の「concentration」が、「コンセントレーション」の語源になります。 「コンセントレーション」は、会話ではあまり使いません。 「コンセントレーション」を使った例文としては、「コンセントレーションを高める」というものがあります。 この例文の意味は、「集中力を高める」ということです。 「ケア」 「ケア」の意味は、「配慮」「注意」ということです。 意味合いとしては、気にかけるということになります。 例えば、「愛犬のケア」といえば、注意して愛犬の様子を見て、手入れなどをすることです。 英語の「attention」の使い方とは? ここでは、英語の「attention」の使い方についてご紹介します。 「pay attention to 〇〇」 この使い方は、相当頻度が高いものです。 「pay attention to 〇〇」の意味は、「〇〇に注意を払う」ということです。 この時の「attention」の意味は、「注意」ということになります。 「pay attention to 〇〇」を使った例文としては、次のようなものがあります。 「Pay more attention to your intonation. 」(もっとイントネーションに注意してください。 ) 「more」を「pay」と「attention」の間にプラスすることによって、「もっと」とアピールすることができます。 「seek medical attention」 この表現は、怪我や病気をした時に使われます。 「seek medical attention」の意味は、「治療を要求する」ということです。 この時の「attention」の意味は、「手当」ということになります。 「seek medical attention」を使った例文としては、次のようなものがあります。 「Running water and seek medical attention. 」 (流れている水で冷やして、手当てを医師に要求してください。 ) 「get much attention」 この表現は、多く英会話で使われます。 「get much attention」の意味は、「非常に注目を集める」ということです。 この時の「attention」の意味は、「注目」ということになります。 「get much attention」を使った例文としては、次のようなものがあります。 「Not get much media attention. 」(メディアの注目をそれほど浴びていない。 ) 「アテンションプリーズ」とは? 「アテンション」というと、「アテンションプリーズ」をイメージするのではないでしょうか。 「アテンションプリーズ」の意味は、「ちょっとお聞きください」「お知らせいたします」ということです。 「アテンションプリーズ」の英語表現は、「Attention , please」です。 ちょっと前までは、「アテンションプリーズ」が飛行機の中のアナウンスで使われていましたが、現在はそれほど使われていません。 「May I have your attention , please?」の方が、「Attention , please」に比較して丁寧な表現になります。 そのため、現在では「May I have your attention , please?」の表現が使われる時が多くあります。

次の

「アテンション」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

アテンション 意味

「アテンション」の使い方とは? ここでは、「アテンション」を使った例文についてご紹介します。 「企画がアテンションを引くように立案する」 この例文では、「アテンション」の意味が「注目」ということで使われており、いい企画にしたいことが感じられます。 「アテンションを多く獲得した」 この例文では、「アテンション」意味が「注目」ということで使われていますが、文脈がわからないため、良くない意味で「注目」されたのか、いい意味で「注目」されたのかわかりません。 「アテンションミスを少なくする」 「アテンションミス」の意味は、「うっかりミス」ということがあります。 ビジネスシーンでも、「アテンションミス」つまり「うっかりミス」をしないように注意しましょう。 「アテンション」の語源とは? 英語の「attention」が、「アテンション」の語源です。 英語の「attention」は、次のような意味があります。 手当て 英語の「attention」は、ほとんどカタカナ語と意味が同じですが、意味の数が英語の方は多くなります。 例えば、「求愛」「手当て」のように、カタカナ語にない意味も中にはあります。 そのため、カタカナ語の感じで使っていれば、この意味を理解するのが困難ですが、参考として把握しておきましょう。 英語の「attention」の語源は、ラテン語の「attendre」という単語になります。 この単語の意味は、「エネルギーを送る」「気持ちを向ける」ということになります。 なお、フランス語は同じラテン語系で発音は違っていますが、「attention」を「気をつけて」という時に使います。 「アテンション」の類義語とは? ここでは、「アテンション」の類義語についてご紹介します。 「コンセントレーション」 「コンセントレーション」の意味は、「集中」ということです。 英語の「concentration」が、「コンセントレーション」の語源になります。 「コンセントレーション」は、会話ではあまり使いません。 「コンセントレーション」を使った例文としては、「コンセントレーションを高める」というものがあります。 この例文の意味は、「集中力を高める」ということです。 「ケア」 「ケア」の意味は、「配慮」「注意」ということです。 意味合いとしては、気にかけるということになります。 例えば、「愛犬のケア」といえば、注意して愛犬の様子を見て、手入れなどをすることです。 英語の「attention」の使い方とは? ここでは、英語の「attention」の使い方についてご紹介します。 「pay attention to 〇〇」 この使い方は、相当頻度が高いものです。 「pay attention to 〇〇」の意味は、「〇〇に注意を払う」ということです。 この時の「attention」の意味は、「注意」ということになります。 「pay attention to 〇〇」を使った例文としては、次のようなものがあります。 「Pay more attention to your intonation. 」(もっとイントネーションに注意してください。 ) 「more」を「pay」と「attention」の間にプラスすることによって、「もっと」とアピールすることができます。 「seek medical attention」 この表現は、怪我や病気をした時に使われます。 「seek medical attention」の意味は、「治療を要求する」ということです。 この時の「attention」の意味は、「手当」ということになります。 「seek medical attention」を使った例文としては、次のようなものがあります。 「Running water and seek medical attention. 」 (流れている水で冷やして、手当てを医師に要求してください。 ) 「get much attention」 この表現は、多く英会話で使われます。 「get much attention」の意味は、「非常に注目を集める」ということです。 この時の「attention」の意味は、「注目」ということになります。 「get much attention」を使った例文としては、次のようなものがあります。 「Not get much media attention. 」(メディアの注目をそれほど浴びていない。 ) 「アテンションプリーズ」とは? 「アテンション」というと、「アテンションプリーズ」をイメージするのではないでしょうか。 「アテンションプリーズ」の意味は、「ちょっとお聞きください」「お知らせいたします」ということです。 「アテンションプリーズ」の英語表現は、「Attention , please」です。 ちょっと前までは、「アテンションプリーズ」が飛行機の中のアナウンスで使われていましたが、現在はそれほど使われていません。 「May I have your attention , please?」の方が、「Attention , please」に比較して丁寧な表現になります。 そのため、現在では「May I have your attention , please?」の表現が使われる時が多くあります。

次の

「アテンション」の意味とは?使い方や語源、類義語などを解説

アテンション 意味

そして、attentionのあとにpleaseがつくとこんな意味になります。 など 一番多く使われているのは飛行機の中や空港でのアナウンス。 搭乗ゲートの変更、欠航の案内、人の探すときなど、さまざまな場面で「アテンションプリーズ」が使われています。 飛行機や空港で英語のアナウンスを耳にする際は、少し注意して聞いてみてください! [オマケ]『アテンションプリーズ』というドラマもある! 1970年東宝が制作した客室乗務員を題材にしたドラマで、2006年には女優の上戸彩さんを主役にしてリメイクされました。 このドラマのタイトルも、 英語のアナウンスの前置きとして使われる『アテンションプリーズ』からつけられました。 「買うまでもないけれど、ちょっと気になる…」という人は、レンタルしてみてもいいかもしれませんね。 amazonでもDVDが販売されています。 チャーリー・プースが歌う「Attention」の歌詞 チャーリー・プース(Charlie Puth)はアメリカ出身のシンガーソングライターで、『Attention』は2018年にリリースされました。 この歌の歌詞は、元カノに自分の悪い噂を流されたり、男性が参加しているパーティーに偶然を装って現れたり…いろいろな手段で元彼であるこの歌の主人公の男性を振り回すという内容になっています。 別れても自分に注意を引いておきたい元カノを表現した歌詞から、『アテンション』というタイトルになったのでしょう。 ロックほど激しくもなく、バラードほどしっとりもしていない、ミドルテンポの聴きやすい曲なので、興味のある人は聴いてみてはいかがでしょうか。 広告の中で関心を引く「アテンション・ゲッター」 アテンション・ゲッターとは広告用語で、 広告を見る人の注意を引き付ける要素すべてのことを指します。 広告の元になっている商品や事柄、メッセージを伝える人、キャッチコピー、宣伝の仕掛けなどがアテンション・ゲッターに該当します。

次の