モン吉 現在。 モン吉、ces.massrelevance.com、Suchmosの後ろの現在について。本当の「○○じゃない方』はこいつらだ!

楽天ブックス: モン吉1 (初回限定盤 CD+DVD)

モン吉 現在

活躍しているお笑い芸人の中には、知名度の差から知名度の低い方が 『じゃない方芸人』と呼ばれることがある。 だから笑いが起こり番組として成立するのだ。 Sponsored Link 本当の『じゃない方』はこいつらだ! 上記のように 『じゃない方』であることの自虐的な部分を逆手に取った企画も多くそれはそれで面白い。 しかし、 世の中には 笑えないレベルの『じゃない方』が存在する。 今回はそんな正真正銘の 『じゃない方』にスポットを当て紹介していこうと思う。 モン吉(元FUNKY MONKEY BABYS) 2013年に惜しまれながらも解散した音楽グループ 『FUNKY MONKEY BABYS』のメンバー。 本名は塚本 達。 東京都八王子市出身の39歳。 クリスチャンである。 『FUNKY MONKEY BABYS』ではリーダーの ファンキー加藤さんと共にボーカルを務めていましたが じゃない方感を払拭できないまま解散してしまいました。 ファンキー加藤さんは解散後ソロ活動や 不倫騒動で有名になりましたが モン吉さんはイマイチぱっとしません。 現在は ソロ活動をしているということすら知らない人がほとんどだろう。 2016年からはワンマンライブハウスツアー 「猿旅」で全国をまわっているので興味がある方はぜひ彼の ファンキーな歌声を聴きに行ってはいかがだろうか。 Bro. 2000年代に活動していた日本のヒップホップグループだ。 Hiさん。 Bro. Hiの 「Hi」は、ライブやステージ上でいつもテンションを上げていきたいという意味から付けたもの。 ベースボールキャップをよく被っている。 近年日本語ラップのブームでテレビでもヒップホップの曲を聴くことが多くなってきたが当時はヒップホップというジャンルはまだまだアンダーグラウンドで一般の人が好んで聴くことはあまりなかった。 HiさんはJ-POPの曲でいうとこの2番から登場するのでインパクトが薄く声もそれほど 特徴がないので陰が薄かった印象だ。 現在は 『E. O EdgePlayerOrganization 』というロックバンドで活躍されているようだ。 Suchmos(サチモス)の後ろ全員 『Suchmos』は2013年に結成されたロックバンド。 洋楽のようなキャッチーなメロディでオシャレを体現したようなバンド。 バンドのメンバーは6人いるのですが僕は正直 ボーカルの人以外顔も知らなかった。 現役で活動していて売れているのに名前どころか顔もわからないとは・・・。 これは彼らに対して失礼だと思いMVを見てみたのですが 顔出しNGしているのかと思うくらいボーカル以外のメンバーはほとんど映らない。 TAIKING(ギター) HSU(ベース) OK(ドラム) DJ KCEE (DJ) TAIHEI(キーボード) という名前らしい。 正直彼らのことを調べるのがめんどくさくなってきたので興味がある方は自分で調べてみてください。 最後に 『Suchmos』のwikipediaを読んでいたらこんなことが書いてあったので紹介しよう。 やっぱりな! まとめ グループなど2人以上で活動していると実力や知名度の差が発生してしまい 『じゃない方』と言われてしまうのは仕方ないことである。 しかし 『じゃない方』も諦めずに長く続けていると何かがきっかけでブレイクすることがある。 お笑い芸人を例にするとデビュー時は 『じゃない方』と言われ目立たなかった人が後々売れはじめ、結局立ち位置を逆転しまうことは本当によくあることだ。 今回紹介した彼らが今後大ブレイクすることを心から願っている。

次の

ラーメン屋モン吉

モン吉 現在

紅白にも出場した3人組ユニット『FUNKY MONKY BAYBYS』が解散してから、6月2日で早や2年になる。 ボーカルのファンキー加藤(36)はソロに転身し、現在は初の全国ツアー真っ最中。 また5月13日のブログでは、2月に第一子が誕生したことを発表している。 そして、DJケミカル(33)は東京八王子市内にある実家の寺を継ぐべく修行に励んでいるという。 でも、ちょっと待って。 もう1人のボーカル・モン吉(36)だけは解散以来、その後が聞こえてこない。 今、どこで何をしているの!? そこで本誌は、モン吉の地元である東京・八王子へと向かった。 さっそく聞き込みを開始すると「今も地元にいる」「コンビニでよく見かける」といった証言が続出。 そんななか知人の1人が彼の近況について、こう明かす。 「あいつはねぇ……今、何もしてないですよ。 みたいなものです(笑)」 なんと活動が報じられないのではなく、何もしていなかったのだ! ファンモン時代の貯蓄や印税収入があるため、生活には困らないのだろう。 だが、モン吉は10年1月に幼馴染の一般女性と結婚している。 一家の大黒柱として、そろそろ再デビューも考えているのではないだろうか。 夫婦を知る友人はこう語る。 「モンちゃんは、たしかにブラブラしていますね。 5年前に結婚して、まだ子供はいません。 たまにクラブDJをやって稼いでいましたが、それに一時期のことでした……」 一部では解散の理由として加藤とモン吉の不仲が囁かれた。 だが、音楽関係者は言う。 「モン吉の結婚式にはメンバー2人とも来ていて、楽しそうに盛り上がっていましたからね。 不仲ということではないと思いますよ。 それよりもファンモンが余りに売れすぎたことで、次から次へと曲作りを強いられるようになった。 ひどいときには『3日に1曲作る』なんてことも。 そうした消費される生活に疲れたのではないでしょうか」 だからこそ彼は自由気ままな生活を謳歌しているのかもしれない。 前出の知人が続ける。 「モン吉はいつも『人が多くて欲にまみれた都会がイヤなんだ……』と言っていました。 だからでしょう、解散後は奥さんと一緒に世界放浪の旅へ出ていましたね。 元々、そういうヤツなんです。 ファンモンで忙しくしていた彼のほうが、僕たちからすれば違和感があった。

次の

元FUNKY MONKEY BABYSのモン吉 現在は「何もしてない」フリーター

モン吉 現在

活躍しているお笑い芸人の中には、知名度の差から知名度の低い方が 『じゃない方芸人』と呼ばれることがある。 だから笑いが起こり番組として成立するのだ。 Sponsored Link 本当の『じゃない方』はこいつらだ! 上記のように 『じゃない方』であることの自虐的な部分を逆手に取った企画も多くそれはそれで面白い。 しかし、 世の中には 笑えないレベルの『じゃない方』が存在する。 今回はそんな正真正銘の 『じゃない方』にスポットを当て紹介していこうと思う。 モン吉(元FUNKY MONKEY BABYS) 2013年に惜しまれながらも解散した音楽グループ 『FUNKY MONKEY BABYS』のメンバー。 本名は塚本 達。 東京都八王子市出身の39歳。 クリスチャンである。 『FUNKY MONKEY BABYS』ではリーダーの ファンキー加藤さんと共にボーカルを務めていましたが じゃない方感を払拭できないまま解散してしまいました。 ファンキー加藤さんは解散後ソロ活動や 不倫騒動で有名になりましたが モン吉さんはイマイチぱっとしません。 現在は ソロ活動をしているということすら知らない人がほとんどだろう。 2016年からはワンマンライブハウスツアー 「猿旅」で全国をまわっているので興味がある方はぜひ彼の ファンキーな歌声を聴きに行ってはいかがだろうか。 Bro. 2000年代に活動していた日本のヒップホップグループだ。 Hiさん。 Bro. Hiの 「Hi」は、ライブやステージ上でいつもテンションを上げていきたいという意味から付けたもの。 ベースボールキャップをよく被っている。 近年日本語ラップのブームでテレビでもヒップホップの曲を聴くことが多くなってきたが当時はヒップホップというジャンルはまだまだアンダーグラウンドで一般の人が好んで聴くことはあまりなかった。 HiさんはJ-POPの曲でいうとこの2番から登場するのでインパクトが薄く声もそれほど 特徴がないので陰が薄かった印象だ。 現在は 『E. O EdgePlayerOrganization 』というロックバンドで活躍されているようだ。 Suchmos(サチモス)の後ろ全員 『Suchmos』は2013年に結成されたロックバンド。 洋楽のようなキャッチーなメロディでオシャレを体現したようなバンド。 バンドのメンバーは6人いるのですが僕は正直 ボーカルの人以外顔も知らなかった。 現役で活動していて売れているのに名前どころか顔もわからないとは・・・。 これは彼らに対して失礼だと思いMVを見てみたのですが 顔出しNGしているのかと思うくらいボーカル以外のメンバーはほとんど映らない。 TAIKING(ギター) HSU(ベース) OK(ドラム) DJ KCEE (DJ) TAIHEI(キーボード) という名前らしい。 正直彼らのことを調べるのがめんどくさくなってきたので興味がある方は自分で調べてみてください。 最後に 『Suchmos』のwikipediaを読んでいたらこんなことが書いてあったので紹介しよう。 やっぱりな! まとめ グループなど2人以上で活動していると実力や知名度の差が発生してしまい 『じゃない方』と言われてしまうのは仕方ないことである。 しかし 『じゃない方』も諦めずに長く続けていると何かがきっかけでブレイクすることがある。 お笑い芸人を例にするとデビュー時は 『じゃない方』と言われ目立たなかった人が後々売れはじめ、結局立ち位置を逆転しまうことは本当によくあることだ。 今回紹介した彼らが今後大ブレイクすることを心から願っている。

次の