マネックス 証券 株 取引 ログイン。 マネックス証券で始める米国株取引

マネックス証券のアプリで株取引

マネックス 証券 株 取引 ログイン

なので、仮説として海外サーバーからはログインできないのだろうと考えた。 だがこの仮説は帰国直後にもろくも崩れ去った。 国内においても同様の現象が続いてしまったのだ。 なので早速バージョンアップ! 最新の、iOS10. 2に更新した。 だがそれでもログインはできない。 ツイッターでつぶやいたら、iPhoneからログインできている方もいるようだ。 なぜ私だけ… こんなにも米国株に熱を注いでいるのに! いまは取引するな、というお告げなのだろうか? そんなお告げがくだされても、不便なものは解決しなくてはいけない。 という事で、に問い合わせをした。 回答 お問い合わせをいただいた件について、回答申し上げます。 iPhoneでトレードステーションをご利用いただいているということで ございますが、 米国株取引口座に関しましては、スマートフォンは、 推奨環境ではございません。 大変恐縮ではございますが、 トレードステーションはパソコンからのお取引をお願いしておりますこと 何卒ご了承ください。 あらためて、お客様にはご不便をおかけいたしますが、 現状の仕様につきましては、何卒ご理解いただきますよう お願い申し上げます。 以上、このたびの回答とさせていただきますが、その他にも ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。 今後ともをよろしくお願い申し上げます。 感想 えっ、はスマホを無視した米国株取引システムだったのか? ってか、ついこの前まで普通にスマホから取引していたんですけど! ここは落ち着き、再度問い合わせをせねば。 回答 お問い合わせいただきました件につきまして、回答申し上げます。 >先月まではiPhone からも取引が出来ていたのが現状です。 何かトレードステーションにおけるシステム上での 変更等があったのでしょうか? 直近でのトレードステーションにおけるシステム上の変更はございません。 しかし、先月末(9月28日)に米国株ウェブブラウザ型取引画面の 機能追加・改善を行いました。 9月28日以降から不具合が発生しているということであれば、 こちらが原因の可能性もございます。 また、 iPhone側での「ios」のアップデート等により、 ご利用できなくなった可能性も考えられます。 >また、iphone等のいわゆるスマホにやる米国株取引は、 では実質的に不可能であると考えて良いでしょうか? お客様がご利用いただいている環境によっては、スマートフォンであっても ご利用いただける場合もあるかと存じますが、 現在、当社としてはスマートフォンを推奨環境とはしていないため、 「画面がうまく表示されない」「ログインができない」という現象が発生する 可能性も十分に考えられます。 上記のような問題を避けるため、 お客様には推奨環境(パソコン)でのご利用をお願いしております。 ただ、「スマートフォンでもトレードステーションを利用できるように してほしい」というお客様のご意見を多くいただいております。 当社としても、現在、スマートフォンでも、米国取引向けの トレードステーションがご利用できるよう検討中でございます。 ご利用が可能になった場合、上記のような誤作動はなく、 問題なくお取引が可能でございますので、 今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。 以上をこの度のメールの回答とさせていただきますが、 ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問合せください。 今後ともをよろしくお願い申し上げます。 感想 からの回答からは、原因は2つ考えられる• そしてはスマホでのトレードステーション利用をできるように 検討中との事。 その方法とは? Chromeアプリの導入! Chromeからトレードステーションにログインする事は可能。 Safariではいまだにログインできないし根本的解決には至っていない。 それでも応急処置による対応により、最悪の事態は避けられた。 ありがとうございます、。 その方法は、 TradeStation Mobileアプリの導入。 私の場合には無事にChromeにより問題解決したのでこの方法は試していない。 もしあなたが、スマホによるで米国株取引が不可能となった際にはぜひ試してほしい。 はちどうきゅうどうさん、こんにちは。 私はAndroid端末なのですが、以前はマネックス証券の米国株口座の開設すら出来ませんでした。 それが、この記事を見て、試してみたら何と開設出来ました。 実際に取引出来るのかどうかはわかりませんが、以前は同意画面から進めず、開設出来なかったので、とりあえずは先に進めたという状況です。 因みに私の端末はフリーテルのPriori3でAndroidバージョン5. 1です。 スマホに対応しきれていない証券会社はマネックス証券だけではないと思います。 私のメイン口座である松井証券はスマホ専用サイトはありますがNISAはパソコンサイトでしか利用出来ません。 パソコンサイトをスマホで利用することは出来るので特に支障はありませんが、推奨環境ではないため何らかのトラブルがあったときは松井証券のサポートは受けられないとのことです。 追記 私はPriori3を購入する前はギャラクシーs2を使用していて、以前は何度挑戦してもマネックス証券の米国株取引には使えなかったのですが、先ほど試してみたら、こちらもログイン出来ました。 まだ、使い方がわからないため、すべての機能が使えるのかはわかりませんが、銘柄検索や注文画面は使えると思います。 因みにギャラクシーs2のAndroidバージョンは4. 3なのでかなり古いです。 ただ、ブラウザは両機種ともChromeでログイン出来ました。 私はiPhoneは利用したことはないのでよくわからないのですが、iPhone版Chromeのアプリがあるようなので、一度試されても損はないと思います。 長々と申し訳ありませんが、参考になれば幸いです。

次の

マネックス証券のアプリで株取引

マネックス 証券 株 取引 ログイン

どの証券会社からも高機能で使いやすい取引ツールが提供されているため、どれを選べばいいか迷ってしまいますね。 そんな中でもおすすめの取引ツールが、マネックス証券の株取引ツールです。 「マネックストレーダー」は、株初心者でも使いやすいのはもちろん、デイトレーダーなど様々な投資家にうれしい機能がたくさん盛り込まれています。 また、高機能ツール「トレードステーション」もなんと無料で利用可能。 高度なトレードを行いたい人にはこちらのツールがおすすめです。 この記事ではマネックス証券おすすめのトレードツール、「マネックストレーダー」と「トレードステーション」を詳しく紹介します。 どの証券会社に口座を作ろうか迷っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。 マネックストレーダーの主な機能 主な機能 詳細 Trading One 板、チャート、ニュースがすべて閲覧できる。 画面から注文も可能。 株式スピード注文&2WAY注文 板を見ながらワンクリックで注文できる。 2WAY注文なら最良気配から発注可能。 マルチチャートビューア&マルチ気配ビューア 銘柄フォルダに登録されている銘柄のチャートを画面上に複数並べられる。 チャートフォリオ チャートの形や、オリジナル業種から銘柄検索ができる。 次から詳しく説明していきます。 マネックストレーダーの注文方法は4種類!ツイン指値も自在 マネックス証券のマネックストレーダーでは、次の4つの方法から注文が可能です。 ツイン指値とは 利益確定できる指値注文と、自動的に損切りするための逆指値注文が同時にできる機能のこと。 日中時間の取れないサラリーマン投資家にも便利です。 その他の注文方法として、最短ワンクリックで注文できる「スピード注文」や、最良気配でワンクリックで注文が出せる「2WAY注文」機能もあります。 ディトレードなど、スピードが重視される取引の場合、これらの機能を活用できますよ。 マルチチャートビューア&マルチ気配ビューアで登録銘柄を一覧表示 マネックストレーダーの「マルチチャートビューア」や「マルチ気配ビューア」を使えば、気になる銘柄をまとめてチェックすることが可能。 デイトレーダーが、取引中に多くの銘柄をチェックするのに便利です。 また、日中取引をしないサラリーマンが保有銘柄の値動きを一度に確認するのにも活用できます。 マネックストレーダーで見られる銘柄ランキング例• ストップ高、ストップ安• PER、PBR• 新高値、新安値• 上昇率、下落率• 出来高• 売買代金 投資家が注目するランキングの一つに「出来高ランキング」があります。 このランキングの上位に入る銘柄は、市場の注目度が高く、値動きが激しい銘柄である可能性が高いからです。 リアルタイムランキングを活用すれば、このような銘柄を簡単に見つけられます。 また「株式市況アラーム」の設定をすれば、自分の探している条件に合致する銘柄をリアルタイムで抽出することも可能。 株式市況アラームは、ゴールデンクロスやデッドクロス、ストップ高やストップ安、出来高や気配などかなり細かく設定できます。 チャートを注視していなくても、アラームで知らせてくれて便利です。 チャートフォリオ分析は直感的にわかりやすい検索ツール! 難しい分析ツールは使いこなせない、という人に、「チャートフォリオ」はおすすめ。 上図のように、ざっくりしたチャートの動きから、それに合致した銘柄を検索することができるのです。 直感的に銘柄を探せるので、細かい分析が苦手な人には便利。 ニュースなどで話題になっている業種やテーマから、銘柄を探すのにも使えるぞ! ここまで、「マネックストレーダー」について説明してきました。 マネックストレーダーは、初心者にも使いやすいツールですが、「トレードステーション」はより高度なトレードを行いたい人にピッタリのツール。 次から詳しく説明していきます。 マネックス証券のトレードステーションは株取引を極めたい人におすすめ マネックス証券の「トレードステーション」は、米国でも高い評価を受けているトレーディングツールです。 細かい分析や特殊な発注機能を駆使して、ワンランク上のトレードを行いたいという投資家にピッタリ。 マネックス証券「トレードステーション」の特徴や機能をまとめました。 トレードステーションの主な機能 機能 詳細 レーダースクリーン(銘柄ボード) 1画面に最大2,000銘柄が登録可能。 市場のチェック、お気に入り銘柄の動向から銘柄選び、注文メニューの呼び出しまで、取引に関わる動作をすべてカバー。 マトリックス(板情報) 発注や取り消しはワンクリックで、注文の訂正はドラッグ&ドロップで簡単。 価格別出来高をグラフや数値、パーセンテージで表示することも可能。 取引機能(クイックトレードバー、チャート取引、トレードマネージャー) 最良売気配・最良買気配が左右に配置されたクイックトレーバー、チャート分析画面からマウスクリックで発注できるチャート取引、注文一覧や余力を表示したトレードマネージャーなどがある。 チャート分析 テクニカル指標が豊富で、100種類以上利用できる。 マルチビューア 銘柄をまとめて表示できる「マルチチャートビューア」や、銘柄の板、歩み値などを一度に確認できる「マルチクオートビューア」が表示できる。 アルゴ取引(マネックスアルゴ) 同業種の銘柄や、値動きの似ている銘柄を手掛かりにして、最適な気配で発注できる機能。 特殊な注文プログラムを自分で組み立てられる。 細かい条件を設定したスクリーニング機能も充実。 システムトレード(自動売買) 機械的に判断するプログラムトレードも可能。 戦略通りに売買したらどうなるか、パフォーマンスの計算機能もあり。 次から詳しく見ていきましょう。 トレードステーションの開発の歴史を紹介 トレードステーションの開発の歴史について最初に紹介しておきます。 それはキューバ移民の二人の兄弟ウィリアムとラファエルの物語です。 彼らは貯金でためたお金をタネ銭にして先物取引を始めますが、大失敗。 口惜しさをばねにしてチャートを勉強し、勝つための法則を分析しました。 そしてトレーディングアイデアを練り、テストにテストを重ね、どんな投資家でも理解しやすいトレードツールとしてソフトウエア化することに成功したのです。 二人はオメガ・リサーチ(のちのTradeStation Groupの母体)という会社を立ち上げ、やがて念願の「トレードステーション」というソフトウエアを発売しました。 トレードステーションはより詳しく専門的なトレードツールとして瞬く間に大ヒットし、全世界で1億ドル以上の売り上げを上げたといわれています。 以前は有料ツールとして提供されていた「トレードステーション」 2011年にTradeStation Groupがマネックスグループの一員になったことで、マネックス証券口座を作り、申込をすれば無料で利用できるようになりました。 トレードステーションは一朝一夕でできたツールではありません。 ブラックマンデー、リーマンショックとは、どちらもアメリカを発端にして世界に影響を与えた、恐慌レベルの株価の暴落のことです。 ブラックマンデーについて詳しくは「」で説明しています。 リーマンショックについて詳しくは「」を読んでみてください。 トレードステーションはチャート注文が可能!豊富な取引機能あり マネックス証券のトレードステーションには、独自の発注機能があります。 「チャート注文機能」がその1つ。 マネックス証券のトレードステーションでは、チャート上でクリックした値で指値、逆指値、成行注文、全決済など、複雑な注文まで発注可能なのです。 価格を入力する手間が省けるのはとても便利。 一日に何度もトレードするデイトレーダーやスキャルピングを行う投資家にとって、うれしい機能ですね。 マネックスアルゴやシステムトレードを実行可能 さらに専門的な取引ができる機能が、「マネックスアルゴ」と呼ばれるアルゴ取引です。 マネックスアルゴでは、同業種の銘柄や、値動きの似ている銘柄などをトリガーとして設定し、トリガーの動きに応じて発注することができます。 自分でずっと銘柄をウォッチしていなくても、発注ができる仕組みです。 またマネックス証券のトレードステーションでは「システムトレード(自動売買)」が実行可能。 トレードステーションの料金体系 プラン名 一日の約定金額 (現物取引と信用取引の合算) 取引手数料(税抜) ミニプラン 10万円ごと 50円 ノーマルプラン 100万円ごと 400円 ラージプラン 1,000万円ごと 3,250円 トレードステーションの手数料は、一日の約定金額に対して定額で決まっています。 約定金額は現物取引と信用取引の合算で算出。 一日に何度も取引するデイトレーダーにとっては、手数料定額プランはありがたいですね。 ちなみに、トレードステーションには手数料無料プログラムもあります。 トレードステーションの利用契約日から最大3カ月間手数料が無料! ぜひ気軽にトレードステーションにチャレンジしてみてください。 ちなみに、マネックストレーダーでの手数料については「」で紹介しています。 また、トレードステーションはマネックストレーダーと併用できないので気を付けましょう。 トレードステーション契約をすると、マネックストレーダーは利用できなくなります。 なお、トレードステーションはNISA口座からの取引もできません。 この記事では、マネックス証券の取引ツール「マネックストレーダー」と「トレードステーション」を紹介しました。 どちらのツールも無料で利用できます。 マネックストレーダーは、株初心者~中級者におすすめのツール。 シンプルで取引しやすい機能も充実している一方で、デイトレーダーやサラリーマン投資家にもうれしい機能がたくさんです。 トレードステーションは、より高度なトレードを行いたい人におすすめ。 ただし、手数料体系はマネックストレーダーとは別なので気をつけましょう。 どちらの取引ツールを使うにも、まずはマネックス証券の証券口座を作る必要があります。 口座を作ってツールを活用し、あなたの株取引に活用してくださいね。

次の

マネックスグループ(株)【8698】:株式/株価

マネックス 証券 株 取引 ログイン

なので、仮説として海外サーバーからはログインできないのだろうと考えた。 だがこの仮説は帰国直後にもろくも崩れ去った。 国内においても同様の現象が続いてしまったのだ。 なので早速バージョンアップ! 最新の、iOS10. 2に更新した。 だがそれでもログインはできない。 ツイッターでつぶやいたら、iPhoneからログインできている方もいるようだ。 なぜ私だけ… こんなにも米国株に熱を注いでいるのに! いまは取引するな、というお告げなのだろうか? そんなお告げがくだされても、不便なものは解決しなくてはいけない。 という事で、に問い合わせをした。 回答 お問い合わせをいただいた件について、回答申し上げます。 iPhoneでトレードステーションをご利用いただいているということで ございますが、 米国株取引口座に関しましては、スマートフォンは、 推奨環境ではございません。 大変恐縮ではございますが、 トレードステーションはパソコンからのお取引をお願いしておりますこと 何卒ご了承ください。 あらためて、お客様にはご不便をおかけいたしますが、 現状の仕様につきましては、何卒ご理解いただきますよう お願い申し上げます。 以上、このたびの回答とさせていただきますが、その他にも ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。 今後ともをよろしくお願い申し上げます。 感想 えっ、はスマホを無視した米国株取引システムだったのか? ってか、ついこの前まで普通にスマホから取引していたんですけど! ここは落ち着き、再度問い合わせをせねば。 回答 お問い合わせいただきました件につきまして、回答申し上げます。 >先月まではiPhone からも取引が出来ていたのが現状です。 何かトレードステーションにおけるシステム上での 変更等があったのでしょうか? 直近でのトレードステーションにおけるシステム上の変更はございません。 しかし、先月末(9月28日)に米国株ウェブブラウザ型取引画面の 機能追加・改善を行いました。 9月28日以降から不具合が発生しているということであれば、 こちらが原因の可能性もございます。 また、 iPhone側での「ios」のアップデート等により、 ご利用できなくなった可能性も考えられます。 >また、iphone等のいわゆるスマホにやる米国株取引は、 では実質的に不可能であると考えて良いでしょうか? お客様がご利用いただいている環境によっては、スマートフォンであっても ご利用いただける場合もあるかと存じますが、 現在、当社としてはスマートフォンを推奨環境とはしていないため、 「画面がうまく表示されない」「ログインができない」という現象が発生する 可能性も十分に考えられます。 上記のような問題を避けるため、 お客様には推奨環境(パソコン)でのご利用をお願いしております。 ただ、「スマートフォンでもトレードステーションを利用できるように してほしい」というお客様のご意見を多くいただいております。 当社としても、現在、スマートフォンでも、米国取引向けの トレードステーションがご利用できるよう検討中でございます。 ご利用が可能になった場合、上記のような誤作動はなく、 問題なくお取引が可能でございますので、 今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。 以上をこの度のメールの回答とさせていただきますが、 ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問合せください。 今後ともをよろしくお願い申し上げます。 感想 からの回答からは、原因は2つ考えられる• そしてはスマホでのトレードステーション利用をできるように 検討中との事。 その方法とは? Chromeアプリの導入! Chromeからトレードステーションにログインする事は可能。 Safariではいまだにログインできないし根本的解決には至っていない。 それでも応急処置による対応により、最悪の事態は避けられた。 ありがとうございます、。 その方法は、 TradeStation Mobileアプリの導入。 私の場合には無事にChromeにより問題解決したのでこの方法は試していない。 もしあなたが、スマホによるで米国株取引が不可能となった際にはぜひ試してほしい。 はちどうきゅうどうさん、こんにちは。 私はAndroid端末なのですが、以前はマネックス証券の米国株口座の開設すら出来ませんでした。 それが、この記事を見て、試してみたら何と開設出来ました。 実際に取引出来るのかどうかはわかりませんが、以前は同意画面から進めず、開設出来なかったので、とりあえずは先に進めたという状況です。 因みに私の端末はフリーテルのPriori3でAndroidバージョン5. 1です。 スマホに対応しきれていない証券会社はマネックス証券だけではないと思います。 私のメイン口座である松井証券はスマホ専用サイトはありますがNISAはパソコンサイトでしか利用出来ません。 パソコンサイトをスマホで利用することは出来るので特に支障はありませんが、推奨環境ではないため何らかのトラブルがあったときは松井証券のサポートは受けられないとのことです。 追記 私はPriori3を購入する前はギャラクシーs2を使用していて、以前は何度挑戦してもマネックス証券の米国株取引には使えなかったのですが、先ほど試してみたら、こちらもログイン出来ました。 まだ、使い方がわからないため、すべての機能が使えるのかはわかりませんが、銘柄検索や注文画面は使えると思います。 因みにギャラクシーs2のAndroidバージョンは4. 3なのでかなり古いです。 ただ、ブラウザは両機種ともChromeでログイン出来ました。 私はiPhoneは利用したことはないのでよくわからないのですが、iPhone版Chromeのアプリがあるようなので、一度試されても損はないと思います。 長々と申し訳ありませんが、参考になれば幸いです。

次の