野菜 ジュース レシピ。 「野菜ジュース」を隠し味に使った人気アレンジレシピ5選

野菜ジュースのレシピ がんに効果・がん予防 レモン・にんじん・りんごの力 ダイエットにも最適!

野菜 ジュース レシピ

普段、「野菜ジュース」はどうやって飲んでいますか?今は、おいしい市販の野菜ジュースもたくさん種類が出ているので、選ぶのにも迷ってしまいます。 忙しい人にとって、市販の野菜ジュースはとても重宝します。 しかしたまには、休日など時間があるときに自宅で野菜ジュースを手作りするのもおすすめ。 好きな野菜や果物をスーパーなどで調達すれば、簡単なのにおいしい野菜ジュースをつくることができます。 今回は、自宅でおいしい野菜ジュースを作る方法を紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 手作り野菜ジュースの基本をおさらい! まずは、自宅のミキサーで野菜ジュースを作る基本的な方法を紹介します。 知っている人も多いかもしれませんが、おさらいの意味でも確認してみましょう。 果物などは皮をむき、にんじんなど皮ごと使用する場合はよく洗います。 初めにかたいもの(野菜や果物)を入れ、豆乳や水なども加えて作る場合は、かたいものの次に入れるのがポイントです。 材料によりますが、15秒〜1分くらい様子を見ながらミキサーにかけましょう。 野菜ジュースをおいしくするポイント4つ! ポイント1:新鮮な野菜なら何でもOK!好きな野菜をチョイス! 使う材料は、新鮮な野菜なら何でも大丈夫です。 その理由は2つあります。 一つ目は、ビタミン・ミネラルが豊富なため。 収穫したての野菜のほうが、より栄養価も高いのです。 二つ目は、新鮮であればあるほど野菜の風味や味がフレッシュで、引き立ちやすくなるため。 ミキサーにかけているそばから、その新鮮な香りが伝わってくることも。 また、旬の野菜を取り入れると季節感もアップしますし、おいしさも格別です。 ちなみに、果物を使う際は完熟しているものを使用するのがポイント! ここを押さえれば、よりおいしい野菜ジュースを作ることができます。 ポイント2:セラミック包丁を使う 金属の包丁と違って、セラミック包丁はニオイが移ったり、食材が変色したりするのを防ぐことができます。 食材が酸化するのを防ぐ効果もあるといわれているので、野菜ジュースの野菜や果物をたくさん切るのであれば、できればセラミック包丁を使用しましょう。 ポイント3:豆乳を加える 豆乳の原料である大豆には、お肌の健康や骨粗しょう症の予防に効果がある、女性ホルモンに似た「イソフラボン」という成分が含まれています。 野菜やフルーツを使った抗酸化作用のあるジュースに豆乳を加えれば、さらに健康効果もアップ。 ポイント4:緑黄色野菜を使う際は、量に気をつける 野菜ジュースというと、野菜をたっぷり使いたいもの。 ただし、普段から野菜ジュースを飲み慣れていない場合は、食物繊維の多い緑黄色野菜は胃に負担がかかることもあります。 一般的に、ニンジンやリンゴはどのような野菜とも相性がよいので、この2つの野菜・果物をメインに使用すると、胃への負担も軽く、失敗も減ります。 ミキサーとジューサーの違いは? 野菜ジュースを作るなら知っておきたいのが、ミキサーとジューサーの違いです。 ミキサーは、容器に切った野菜や果物をそのまま入れて、丸ごと細かく砕いて作るもの。 水分が足りない材料の場合には、水や何かの水分を入れることがあります。 つまり、ミキサーでは、野菜や果物の食物繊維がまるごと食べられるのが特徴です。 一方ジューサーは、野菜や果物を砕いた後は、こして果肉と汁を分離させます。 つまり、ジューサーは水分を一切入れないので、100%ジュースになるのです。 もし固形物をあまり摂りたくないのであれば、ジューサーを使って100%ジュースにするのがおすすめ。 栄養価の高さを期待するのであれば、ミキサーのまるごとジュースを作りましょう。 おすすめ野菜ジュースレシピ 基本を押さえたら、いよいよ自家製野菜ジュースづくりにチャレンジ!おすすめレシピを5つご紹介します。 小松菜のグリーンスムージー 2. 腸を整える生ジュース 3. 太陽のにんじんジュース 4. にんじんのグリーンジュース 5. セロリとトマトのミックスジュース 1. 美肌のもととなる、お肌の免疫力や健康の働きを高める栄養素です。 ビタミンCには、老化の原因といわれる活性酸素から細胞を守る効果や、ストレスを和らげる効果があるといわれています。 たくさんの酵素が含まれているこのジュースは、食べ過ぎたときや脂肪分の多いものを食べた後などに起こる、消化不良の心配がある場合などにおすすめです。 つまり、肌の調子を整えるのに役立つのです。 美肌をキープしたい場合には、この太陽のにんじんジュースを試してみましょう。 さらに、ニンジンは食物繊維も豊富なので、便秘や疲れた腸のケアにも活用できます。 こちらもニンジンの免疫力アップ、美肌効果、腸ケアが期待できるジュース。 小松菜やレモンに多いビタミンCも摂取できるので、ビタミンCのコラーゲンを生み出す作用も働き、うるおいとハリのある素肌を目指すことができます。 セロリとトマトのミックスジュース 材料:(1人分) トマト 200g セロリ 30g 水 100ml 塩、コショウ少々 トマトに含まれる「リコピン」には抗酸化作用があり、生活習慣病の予防につながります。 セロリにも血圧を下げる作用があるといわれています。 また、独特な香りはストレスの軽減効果があるといわれているので、このジュースはお疲れぎみな現代人にとってぴったりのジュースです。 自宅での手作り野菜ジュースを続けるコツ 手作り野菜ジュースのレシピや健康効果を見て、「よし作ってみるか!」と思った人は多いはず。 しかし、これらの手作り野菜ジュースは、一度や二度は試してみるものの、続かないこともあるでしょう。 もしかしたら、材料選びに面倒さを感じているのかもしれません。 そんなときは、「野菜2種類+フルーツ1種類」などのマイルールを決めるのがコツ。 そうすれば、「今日は小松菜とニンジン、オレンジにしよう」などとサクサク決めることができるので、あとは材料を買いに行くだけです。 旬の野菜や果物は、栄養価も高く、おいしいというメリットがあります。 選ぶのに迷ったら、旬のものを選ぶのもおすすめ。 また、「健康・ダイエットのために続けなきゃ!」と義務になってしまうことも、よくありがちな続かない理由です。 義務化するのを避けるためには、自分好みの味を見つけて、飲む楽しみを忘れないこと。 時々豆乳などを加えてアレンジするのも続けられる秘訣です。 身体の調子やその日の気分で使う野菜を変えながら、健康な毎日のために、ぜひ野菜ジュースを活用してみましょう。

次の

子どもでも飲める! 美味しい野菜ジュースレシピ

野菜 ジュース レシピ

普段、「野菜ジュース」はどうやって飲んでいますか?今は、おいしい市販の野菜ジュースもたくさん種類が出ているので、選ぶのにも迷ってしまいます。 忙しい人にとって、市販の野菜ジュースはとても重宝します。 しかしたまには、休日など時間があるときに自宅で野菜ジュースを手作りするのもおすすめ。 好きな野菜や果物をスーパーなどで調達すれば、簡単なのにおいしい野菜ジュースをつくることができます。 今回は、自宅でおいしい野菜ジュースを作る方法を紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 手作り野菜ジュースの基本をおさらい! まずは、自宅のミキサーで野菜ジュースを作る基本的な方法を紹介します。 知っている人も多いかもしれませんが、おさらいの意味でも確認してみましょう。 果物などは皮をむき、にんじんなど皮ごと使用する場合はよく洗います。 初めにかたいもの(野菜や果物)を入れ、豆乳や水なども加えて作る場合は、かたいものの次に入れるのがポイントです。 材料によりますが、15秒〜1分くらい様子を見ながらミキサーにかけましょう。 野菜ジュースをおいしくするポイント4つ! ポイント1:新鮮な野菜なら何でもOK!好きな野菜をチョイス! 使う材料は、新鮮な野菜なら何でも大丈夫です。 その理由は2つあります。 一つ目は、ビタミン・ミネラルが豊富なため。 収穫したての野菜のほうが、より栄養価も高いのです。 二つ目は、新鮮であればあるほど野菜の風味や味がフレッシュで、引き立ちやすくなるため。 ミキサーにかけているそばから、その新鮮な香りが伝わってくることも。 また、旬の野菜を取り入れると季節感もアップしますし、おいしさも格別です。 ちなみに、果物を使う際は完熟しているものを使用するのがポイント! ここを押さえれば、よりおいしい野菜ジュースを作ることができます。 ポイント2:セラミック包丁を使う 金属の包丁と違って、セラミック包丁はニオイが移ったり、食材が変色したりするのを防ぐことができます。 食材が酸化するのを防ぐ効果もあるといわれているので、野菜ジュースの野菜や果物をたくさん切るのであれば、できればセラミック包丁を使用しましょう。 ポイント3:豆乳を加える 豆乳の原料である大豆には、お肌の健康や骨粗しょう症の予防に効果がある、女性ホルモンに似た「イソフラボン」という成分が含まれています。 野菜やフルーツを使った抗酸化作用のあるジュースに豆乳を加えれば、さらに健康効果もアップ。 ポイント4:緑黄色野菜を使う際は、量に気をつける 野菜ジュースというと、野菜をたっぷり使いたいもの。 ただし、普段から野菜ジュースを飲み慣れていない場合は、食物繊維の多い緑黄色野菜は胃に負担がかかることもあります。 一般的に、ニンジンやリンゴはどのような野菜とも相性がよいので、この2つの野菜・果物をメインに使用すると、胃への負担も軽く、失敗も減ります。 ミキサーとジューサーの違いは? 野菜ジュースを作るなら知っておきたいのが、ミキサーとジューサーの違いです。 ミキサーは、容器に切った野菜や果物をそのまま入れて、丸ごと細かく砕いて作るもの。 水分が足りない材料の場合には、水や何かの水分を入れることがあります。 つまり、ミキサーでは、野菜や果物の食物繊維がまるごと食べられるのが特徴です。 一方ジューサーは、野菜や果物を砕いた後は、こして果肉と汁を分離させます。 つまり、ジューサーは水分を一切入れないので、100%ジュースになるのです。 もし固形物をあまり摂りたくないのであれば、ジューサーを使って100%ジュースにするのがおすすめ。 栄養価の高さを期待するのであれば、ミキサーのまるごとジュースを作りましょう。 おすすめ野菜ジュースレシピ 基本を押さえたら、いよいよ自家製野菜ジュースづくりにチャレンジ!おすすめレシピを5つご紹介します。 小松菜のグリーンスムージー 2. 腸を整える生ジュース 3. 太陽のにんじんジュース 4. にんじんのグリーンジュース 5. セロリとトマトのミックスジュース 1. 美肌のもととなる、お肌の免疫力や健康の働きを高める栄養素です。 ビタミンCには、老化の原因といわれる活性酸素から細胞を守る効果や、ストレスを和らげる効果があるといわれています。 たくさんの酵素が含まれているこのジュースは、食べ過ぎたときや脂肪分の多いものを食べた後などに起こる、消化不良の心配がある場合などにおすすめです。 つまり、肌の調子を整えるのに役立つのです。 美肌をキープしたい場合には、この太陽のにんじんジュースを試してみましょう。 さらに、ニンジンは食物繊維も豊富なので、便秘や疲れた腸のケアにも活用できます。 こちらもニンジンの免疫力アップ、美肌効果、腸ケアが期待できるジュース。 小松菜やレモンに多いビタミンCも摂取できるので、ビタミンCのコラーゲンを生み出す作用も働き、うるおいとハリのある素肌を目指すことができます。 セロリとトマトのミックスジュース 材料:(1人分) トマト 200g セロリ 30g 水 100ml 塩、コショウ少々 トマトに含まれる「リコピン」には抗酸化作用があり、生活習慣病の予防につながります。 セロリにも血圧を下げる作用があるといわれています。 また、独特な香りはストレスの軽減効果があるといわれているので、このジュースはお疲れぎみな現代人にとってぴったりのジュースです。 自宅での手作り野菜ジュースを続けるコツ 手作り野菜ジュースのレシピや健康効果を見て、「よし作ってみるか!」と思った人は多いはず。 しかし、これらの手作り野菜ジュースは、一度や二度は試してみるものの、続かないこともあるでしょう。 もしかしたら、材料選びに面倒さを感じているのかもしれません。 そんなときは、「野菜2種類+フルーツ1種類」などのマイルールを決めるのがコツ。 そうすれば、「今日は小松菜とニンジン、オレンジにしよう」などとサクサク決めることができるので、あとは材料を買いに行くだけです。 旬の野菜や果物は、栄養価も高く、おいしいというメリットがあります。 選ぶのに迷ったら、旬のものを選ぶのもおすすめ。 また、「健康・ダイエットのために続けなきゃ!」と義務になってしまうことも、よくありがちな続かない理由です。 義務化するのを避けるためには、自分好みの味を見つけて、飲む楽しみを忘れないこと。 時々豆乳などを加えてアレンジするのも続けられる秘訣です。 身体の調子やその日の気分で使う野菜を変えながら、健康な毎日のために、ぜひ野菜ジュースを活用してみましょう。

次の

自宅で野菜ジュースをおいしく作る!おすすめレシピ5選

野菜 ジュース レシピ

嫌いな野菜がある子どもにとって、野菜ジュースは便利なアイテム! でも、自分で野菜ジュースを作ろうと思うと、どういう組み合わせにすれば栄養バランスがいいのか、よくわからないもの。 そこで簡単で美味しい野菜ジュースを作るコツを、野菜ソムリエに聞いてきました。 野菜ジュースはメリットがいっぱい! 春になると、フレッシュな旬の野菜を食卓に並べたくなりますよね。 でも、苦手な野菜が多いお子さんも多く、いつも野菜のレシピにお困りのママさんも多いはず…。 そんなとき、野菜ジュースはとても便利! そこで、シニア野菜ソムリエのKAORUさんに、野菜ジュースのメリットや家庭でできる簡単レシピを教わってきました。 「ジュースにすると、栄養成分が損なわれてしまうのでは…と考えがちですが、野菜ジュースはメリットがいっぱい! ジュースにすることで嫌いな野菜を摂取しやすくなるのはもちろん、料理で少し余った食材を活用するのにも便利です。 また、小さいお子さんは消化機能が発達段階なので、たくさん食べると消化不良を起こす場合もありますが、 ジュースにすれば胃腸への負担を減らせるのもメリットです」 ジュースにすることでカサを減らせるから、そのまま食べるよりも多めの量を摂取しやすいそう! さらに、KAORUさんは「ジュースにすると、足りない栄養成分を補いやすい」と言います。 そこで、ジュースで栄養成分を補う秘訣を教えてもらいました。 野菜を色分けすると、栄養バランスを整えやすい 「 野菜はだいたい、色ごとに栄養成分が似通っているものなんです。 たとえば、赤いトマトと赤黄のパプリカは、ともにビタミンCとA、カリウムが豊富。 ほうれん草や小松菜など青菜の野菜は、カロテンやビタミンC、B群、カルシウムが豊富です。 食材ひとつひとつの栄養成分を調べて記憶するのは大変ですが、このように 大まかに色分けして考えると、一食あたりで足りない栄養成分は何かがわかりやすくなります」 覚えておきたい色は5色。 たとえば、トマトやパプリカは 赤、ほうれん草やピーマンは 緑、キャベツやセロリは 白、にんじんやかぼちゃは 黄色、なすや紫キャベツは 紫に分類されます。 食事の献立を考えるときは、この5色を意識的に取り入れるように心がけると、自然と栄養バランスが整うそう。 とはいえ、5色全部は無理! というときは、野菜ジュースの出番。 「今日は全体的に、赤い野菜が足りていなかったな」と思ったら、赤い野菜ジュースを作りましょう。 次からは、ジュースレシピをご紹介します。 赤・緑・白・黄・紫、5色の野菜ジュースレシピ KAORUさんの作る野菜ジュースは 「メインの野菜+それに合う果物+足りない水分(水や牛乳など)+調味料(はちみつや黒みつなど)」の組み合わせ。 ただし、紫の野菜だけはジュースに向かない素材が多いので、紫の果物のみで作ります。 食材は生のままで、皮やタネを取ってからミキサーに入れましょう(トマトのように皮やタネごと食べるものはそのままでOK)。 分量は野菜1個まるごと入れ、味を見ながら果物を少しずつ足すと作りやすいです。 なお「ジューサーは機械内部で絞ってしまうので、さらっとして飲みやすい反面、繊維質が分離されてしまいます。 また、基本的に水分のある野菜と果物を絞ることしかできません。 幅広く使えるのは、刃で野菜や果物を細かく刻んで混ぜるミキサーですね。 どろっとした飲みごたえになるので、苦手な方は水分を足しましょう」と、KAORUさん。 ミキサーは水分の多いものを下に、水分の少ない硬いものを上に入れてから回すと、刃が傷みにくいそうです。 代わりに小松菜を入れても美味しいです。 青菜独特の青くささやえぐみを、パイナップルのインパクトのある甘みがやわらげます。 さらにマンゴーやみかん、オレンジなどを加えると、さらに飲みやすくなります。 甘さが強いので、はちみつなど調味料は味を見ながらお好みで。 「ピーマン+バナナ+牛乳または豆乳」 …苦くて嫌いなお子さんも多いと思いますが、バナナと合わせると苦みが軽減されます。 色もキレイなエメラルドグリーンになり、ピーマンっぽさがなくなるので試しやすいと思いますよ。 アボカドを加えてコクを出すのもおすすめです。 牛乳か豆乳を加えると、シェイクのような飲み心地になります。 酸味が強い仕上がりになるので、牛乳やヨーグルトなど、乳製品の水分と合わせるとお子さんでも飲みやすいと思います。 最後に、野菜ジュースを作るときのコツを教えてもらいました! 上手な野菜ジュース作りのコツ 「野菜ジュースを作るとき、栄養満点のドリンクにしようと、ついたくさん野菜や果物を投入しがち。 でも、 とくにお子さん向けジュースは、目で見て『美味しそう!』と感じる色合いはとても大切です。 上記のレシピのように、同系色の野菜と果物を混ぜたほうが美しいジュースに仕上がります。 シンプルな色のほうが、お子さんが苦手で不足しがちな野菜の色合いをお母さまも認識しやすいので便利ですよ」とKAORUさん。 たしかに、ごちゃ混ぜにすると色はくすみ、体にはよさそうでも食欲はそそられない…。 春夏は旬の生野菜が多い季節。 旬の野菜の甘みやうまみたっぷりのジュースを作れば、野菜嫌いのお子さんもきっと克服できるはずです!.

次の