シュウマイ グリーンピース チコちゃん。 チコちゃんに叱られる!なぜシューマイの上にグリンピースがのっている?9月6日

(再掲)なんでシューマイの上にはグリンピースが乗ってるの?→イチゴのショートケーキのマネをしたから。日本発祥、学校給食から広まった。

シュウマイ グリーンピース チコちゃん

横浜土産の定番「昔ながらのシウマイ」15個入590円(税込) 崎陽軒の初代社長・野並茂吉氏は栃木県出身で、独特の訛りでシュウマイのことを「シーマイ」と言っていました。 その発音が本場中国の発音によく似ていたそうで、中国の発音に近づけるということで、「シュウマイ」ではなく、「シウマイ」という表記が採用されました。 というわけで、崎陽軒といえば「シウマイ」なのです。 崎陽軒の謎<2>崎陽軒のシウマイには化学調味料が入っていない! シウマイの原料は豚肉、たまねぎ、干ホタテ貝柱、グリーンピース、砂糖、塩、コショウ、でんぷん、皮に使われる小麦粉の全9種類のみ。 1928(昭和3)年の発売開始以来、レシピを変えることなく、また化学調味料だけでなく、保存料も使われていません。 シンプルな材料だからこそ、飽きが来ず、「また食べたい」と思わせてくれるんでしょうね。 崎陽軒の謎<3>シウマイについてくる「ひょうちゃん」って何者? 「ひょうちゃん」とは、ひょうたん型をした磁器製しょう油入れのこと。 「昔ながらのシウマイ」(15個入、30個入)と「特製シウマイ」(6個入、12個入、22個入)に入っています。 現在は、2003(平成15)年に横浜工場のリニューアルオープンを機に、再び横山隆一さんの初代ひょうちゃん絵柄が復活、3代目のひょうちゃんとして入っています。 これまでに登場したひょうちゃんは、約800種類以上もあるそうです。 「昔ながらのシウマイ」「特製シウマイ」など、真空パックされていない商品の賞味期限は約17時間(11時間以内に冷蔵保存した場合は40時間)と、やや短め。 「地方へのお土産にしたい」という要望を叶えるため、崎陽軒は1967(昭和42)年に「真空パックシウマイ」を開発しました。 現在は改良を重ね、常温で5ヵ月間の保存が可能になっています。 「ジャンボシウマイ」の演出は崎陽軒ならでは ジャンボシウマイは、中(直径20cm)、大(直径25cm)、特大(直径30cm)の3種類で、中からあふれ出てくるのはホタテがより多く入り、ジューシーな「特製シウマイ」。 ほかほかの状態でゲストに配られるので好評だそう。 結婚式のほか、お祝いの席などでもジャンボシウマイの演出ができます。 崎陽軒の謎<6>工場見学で食べられる「できたてシウマイ」はどんな味? 崎陽軒横浜工場では、2003(平成15)年から安心・安全な「シウマイ」の製造工程が見られる工場見学が行われています。 毎週水・木曜日・金曜日・土曜日 の1日2回実施され、希望日の3ヵ月前の「1日」から電話で予約受け付けが開始されます。 毎月1日は電話がかかりにくく、3ヵ月先まで予約でいっぱいという大人気の工場見学です。

次の

(再掲)なんでシューマイの上にはグリンピースが乗ってるの?→イチゴのショートケーキのマネをしたから。日本発祥、学校給食から広まった。

シュウマイ グリーンピース チコちゃん

シューマイをよく見せるためにグリンピースを乗せることになったようだ。 まず、グリンピースを乗せたのは日本発祥であることを紹介。 シューマイは14世紀ごろ、中国で誕生し、江戸時代のはじめに伝わってきたようだ。 その後、明治時代に横浜の中国料理店でシューマイが販売され、日本各地に広まった。 広まり始めた当時はもちろんグリンピースは乗っていなかった。 グリンピースを乗せ始めるきっかけは学校給食だった。 全国で学校の給食をはじまった時、脱脂粉乳や食べ難いコッペパンなどが中心となっており、小学生からの評判が悪かったという。 そこでメニューの開発者たちが試行錯誤を始める。 輸入していたグリンピースは日本のものより甘く、人気だった。 当時子供に人気だったイチゴのショートケーキをマネて、そのままだと味気ない見た目のシューマイにグリンピースを乗せることにしたようだ。 結果、子供たちに大好評となった。 グリンピースご飯やにくじゃがをはじめとして、様々なメニューにグリンピースが彩るようになった。 当時は大好評だったと番組では紹介したが、ネットでは微妙な反応が多かった。 uparupa1518 でも、グリンピースは人気なくない。 給食メニューの人気ランキングはどのようになっているのだろうか。 しらべぇ編集部では全国20〜60代男女1340名を対象に調査したところ、フルーツポンチが1位に。 残念ながらシューマイはランクインしない結果となった。 今ではグリンピースを苦手という人は多いが、当時の子供たちやメニュー開発者からすると偉大な食材だったのかもしれない。

次の

【シュウマイのグリーンピース】意味は?チコちゃんとタモリ倶楽部が解決!

シュウマイ グリーンピース チコちゃん

【焼売】にグリーンピースが乗っている理由とは? ひと昔前のシュウマイには必ずといっていいほど、グリーンピースが乗っていた。 しかし近頃のシュウマイはどうだろうか。 シュウマイにグリーンピースが乗っている理由を探りながら、近頃のシュウマイ事情についても紹介する。 シュウマイとは シュウマイは、餃子、春巻きと並んで日本でも広く愛されている中華点心のひとつ。 その起源には諸説あるが、残り物を活用する技として生まれたという説も多い。 本場の中国では、ご当地感が強いことでも知られるメニューだ。 あひる肉や羊肉、シーフードなど、さまざまなシュウマイが存在する。 蒸すのになぜ焼? シュウマイは漢字で書くと焼売。 一般的には蒸して作られるが、焼くという漢字が使われている。 「焼」の字は中国語では強い熱で火を通すことを意味するから、シュウマイの形状が麦を焼いた形に似ていたからなど、こちらも諸説あり、どれが本当であるとは言い難い。 古い歴史があるということだけは、事実のようだ。 家庭料理としてのシュウマイ 日本でシュウマイが人気を博したのは、明治時代になってから。 戦後になると家庭料理としても親しまれるようになった。 日本で定番のシュウマイといえば、豚ひき肉と玉ねぎを使ったもの。 ほんのり甘みをつけるのがポイントで、多くのレシピが存在する。 シュウマイにグリーンピースが乗っている理由 オリひと世代には、シュウマイ=グリーンピースという印象をお持ちの方も多いことであろう。 シュウマイのトップにグリーンピースが乗せられるようになった理由の裏には、学校給食の存在がある。 戦後の日本は壮絶な食糧難に見舞われていた。 大人はもちろん食べることのできない子どもたちも多く、その現状は悲惨なものであった。 そこでアメリカから配給された脱脂粉乳や缶詰などを使用した学校給食が都市部から徐々に再開されることになる。 昭和29年に学校給食法が施行され、全国に広がった。 ショートケーキとシュウマイ 昔の給食は、今とは異なり、脱脂粉乳とトマトシチューなどメニューのバリエーションも少なく、あまり美味しいものではなかった。 そこで給食のメニュー開発者たちは、より楽しく、美味しく食べてもらえるように工夫を重ねるようになった。 当時、子どもたちの心を掴んでいたのは甘いもの。 無論、物資も資金も少なかったので給食メニューに登場することはなかったが、その見た目を真似よう!ということになり、白羽の矢がたったのがショートケーキである。 ケーキのトップに乗せられたイチゴに着想を得て、シュウマイのトップにグリーンピースを飾ったというのである。 これは当時、給食など団体用の冷凍食品開発を手がけていた帝国水産、現在のニチレイが起源だと言われている。 今では... ? 実は近頃のシュウマイには、グリーンピースがトッピングされているものは少ない。 実際、冷凍食品を調べてみてもグリーンピースが乗っているものを見つけるのは、至難の技。 かろうじて、崎陽軒のシュウマイにはグリーンピースを見つけることができるが、これもトップに乗っているのではなく、混ぜ込まれている。 徐々にシュウマイからグリーンピースがなくなっていった背景には、食の多様性や生活水準の向上などが考えられる。 シュウマイの最新事情 ゴロゴロ肉タイプ 近年、人気を集めているシュウマイは、肉や具材が大ぶりでゴロゴロと食感が楽しめるタイプ。 家庭では、塊や厚切り肉を自分で粗めのひき肉状にして作るシュウマイのレシピが流行している。 食べ応えがあって、確かに旨い。 シュウマイは難しいという印象を持たれているが、餃子や春巻きよりはるかに簡単に作ることができるので、レシピを検索して作ってみるとよいだろう。 冷凍も人気 冷凍食品と侮るなかれ!各ブランド、本格的なシュウマイが続々とラインナップしている。 トレンド同様、ゴロゴロ肉タイプはもちろん、有名店監修のものも多い。 食べ比べしてみるのもおすすめだ。 シュウマイといえば、辛子を思い浮かべる人が多いが、近年ではたれや調味料にこだわる人も。 花椒やラー油などで味変するのもおすすめだ。 結論 シュウマイにグリーンピースが乗っている理由は、ショートケーキに見立てたから。 ルーツは学校給食にあることがわかった。 諸説あるため、これが正解というわけではないが、ちょっとしたネタとしてとらえて欲しい。 【関連記事】•

次の