秋篠宮 傘 投げつけ。 秋篠宮傘 関連動画

秋篠宮殿下「即位礼の朝」に紀子さまと“小競り合い” 「傘投げ事件」の真相が明らかに|菊ノ紋ニュース

秋篠宮 傘 投げつけ

秋篠宮家バッシングの記事がとまりませんね。 「秋篠宮家からまた職員逃亡…」 (週刊新潮 2020年3月26日号) そこで今日は、 [1] 上記「週刊新潮」の記事について [2] 秋篠宮家バッシングの種類についての考察 [3] それについての占い ・・という構成で書いてみました。 しかし、動画を見れば「投げつけ」の事実などないことが判ります。 一事が万事、このようにして小さなウソが積み重ね上げられ 拡散され続け、 大手出版社までが加担して 日々印象操作が行われている。 上の動画はその証拠の一つといえます。 親しい学者を同行された。 この訪問はブータン側からの招待でしたが、 「宮内庁~外務省」を通さず、 秋篠宮家の私費(1億円とも?)で行われました。 旅行の内容は、ワンチェク国王・その王子と悠仁親王との親交の場が実現し 将来の天皇である悠仁さまにとって生きた帝王学として たいへん有意義な体験の場になったと思われるものでした。 (夏休みといえば、 潤沢な「内廷費」を使って「静養」につぐ「静養」の天皇家と比較されます。 ) しかしこれは、逆に見れば、正規のルート すなわち「宮内庁~ 外務省」のルートを通した 場合、この内容での訪問は実現しなかった ということではないでしょうか。 つまり「宮内庁」「 外務省」は悠仁さまの天皇 への道を快くサポートしていないということ ではないか ・・と心配になります。 そこをきちんと引き締めているのが紀子妃殿下なのではないでしょうか。 現に、秋篠宮家の 職員による週刊誌等への情報漏洩はひどいものです。 宮内庁に対する信頼は壊れて当然でしょう。 そもそも、秋篠宮家には始めから信頼できる人材が送り込まれて いない のではないかとさえ思えます。 主張が独特。 徳仁陛下ではなく、雅子さまを激アゲ。 フェミニズム志向・キャリアウーマン賛美。 「雅子さまのご病気は、美智子さまによるいじめが原因」説を大前提に 雅子さまのすべてを正当化する様は、まるで韓流ドラマのようです。 そして、上皇・美智子さま、秋篠宮両殿下を「平成4人組」と呼び、 「平成」を全否定しています。 これ、中国・朝鮮の、 王朝が変わるたびに正史(新説)を掲げて前王朝を全否定・ 前為政者を抹殺し、それによって新王朝を正当化するやり方にそっくりです。 今回は、占いの設問の設定に、私の考えが入りすぎていたかもしれません。 個人的にですが、私は現在の秋篠宮家バッシングは、 [修正] 単に小室圭さんの問題に対する怒りの矛先を求めた 一部の国民による集団ヒステリーと、それで儲けようとするマスコミ との関係だけではなく、その背後で論調を誘導しようとする 別の動きが働いているのではないかな、と思っています。 取り越し苦労ならばそれに越したことはないのですけどね。 ただ、占いをしてみて 思ったのは 国民の意識さえしっかりとしていれば、たとえどのような勢力が煽ったとしても 意外とその動きに影響されないでいられるのかも・・ということでした。 昔から国や皇室に関心を持ち続けている方々が綴る良質な皇室ブログ などの存在が、こういう時に力を発揮するのではないかな ・・と感じる今日この頃です。

次の

【悲報】秋篠宮家、職員が逃亡した結果wwwwwwww: GAMAG

秋篠宮 傘 投げつけ

Contents• 今回、依願退職したのは、警察庁から出向していた30代の男性宮務官X氏だ。 さる関係者は次のように語る。 「Xさんは秋篠宮殿下と折り合いがよくありませんでした。 昨年10月22日の『即位礼当日賢所大前の儀』で、秋篠宮殿下が傘を乱暴にXさんに放り投げた様子がテレビに映され、 『あのような乱暴な渡し方はないのではないか?』と宮内庁にご意見いただきました。 そのことを秋篠宮殿下に報告したところ 『あの男の配慮不足だ』『しっかり傘をキャッチするように教育しておく』『なぜ私が責められるのか解らない』の逆ギレ状態で…。 全く反省されない秋篠宮殿下に対し、Xさんは自分のどこが足りないのか大変気にされていました。 今回の依願退職も、おそらくそういった心労が重なった結果だと思います」(宮内庁関係者) 秋篠宮殿下の「傘投げ事件」の裏には様々な人間模様があったようだ。 紀子さまからのプレッシャーも… また秋篠宮殿下からのみならず、紀子さまからのプレッシャーも強かったという。 「眞子さまと小室圭さんの結婚問題で秋篠宮ご夫妻のはとてもナーバスになっています。 Xさんは警察庁から出向していることもあり、両殿下に近しいところで働いていました。 そのため、両殿下の『小言』や『教育』を何度も受けておられたようです。 また紀子さまは職員を名前で呼ばず、『大根』や『こけし』などモノで呼ばれます。 Xさんも『メガネ3号』などと呼ばれており、そのことを大変気にされていました」(同前、宮内庁関係者) 秋篠宮家付き職員である「皇嗣職宮務官」の定員は10名だが、退職者が相次ぎ、いまだ定員を満たしていない異常事態が続いている。 さる宮内庁幹部は次のように問題を指摘する。 ですが、こういった問題は平民である我々から皇族方に忠言するのもはばかれまして…。 秋篠宮殿下と紀子さまの意識改革からしていただかないことには…」(宮内庁幹部) 悠仁さまの教育環境に懸念も このような秋篠宮家のブラック環境について、別の観点から苦慮する声もある。 秋篠宮家に出入りする関係者は次のように危惧する。 「秋篠宮家の家庭環境は最悪です。 また、職員をモノ扱いし極度にプレッシャーを与える構造は、独裁者と奴隷の関係にも似て見えてしまいます。 我々職員は、どんな無理難題を押し付けられても『かしこまりました』と答えなければならず、成功すれば秋篠宮殿下と紀子さまの手柄に、失敗すれば我々の責任になります。 こういった歪な上下関係のある環境で、悠仁さまの教育が正常に進むのか危惧する声もあります。 宮内庁からは、陛下と雅子さまの元に預けてはどうかと提案があるほどです。 一体どうすればよいのか…」(秋篠宮家関係者) 秋篠宮ご夫妻の心が落ち着き、職員に人権が与えられることを祈って止まない。 それこそが悠仁さまにとって最良の「帝王学」になるだろう。 今更悠仁さまを天皇皇后両陛下に預けても手遅れだと思います。 噂では悠仁さまは「俺は天皇になるんだぞ」と学友たちに豪語しているとか。 本当かどうかは分かりませんが。 いずれにせよ、ひとつ屋根の下に暮らせばたちまち秋篠宮夫妻に毒された悠仁さまの本性が出て、天皇皇后両陛下、特に皇后雅子さまが苦労されるでしょう。 敬宮さまもどんなとばっちりを食らうか分かりません。 雅子さまは一人娘である敬宮さまの子育ても一段落し、皇后に即位され、これからやっと海外公務などで本領発揮出来るようになられたのです。 これ以上余計な苦労をかけないでいただきたいですね。 悠仁さまに不満があるのなら、敬宮さまを立太子するか天皇制を令和で終わりにしてください。

次の

秋篠宮傘投げる

秋篠宮 傘 投げつけ

ポーランドとフィンランドに公式訪問される秋篠宮ご夫妻(撮影/横田紋子)• 秋篠宮ご夫妻は6月27日から約10日間の日程でポーランドとフィンランドを公式訪問される。 日本との国交樹立100周年を迎えた両国への訪問は、「皇嗣同妃両殿下」としての初の海外訪問だ。 実は、その訪欧にあたって6月中旬に行われる予定の記者会見が、皇室関係者の間で大きな注目を集めている。 今回、皇嗣になられたので、これまで陛下が皇太子時代にされていたように、海外訪問前の会見を開くことになりました。 紀子さまもご出席される予定です」(宮内庁関係者) ご夫妻の会見が関心を集める理由は、秋篠宮さまの過去の発言にある。 かつて2004年5月、適応障害を発症されたについて、陛下が「雅子の人格を否定するような動きがあった」と会見で述べられると、秋篠宮さまは同年11月、誕生日会見でこう発言された。 最近では昨年11月の誕生日会見だ。 とその婚約内定者のさんに触れ、「(現状では)納采の儀は行えない」と踏み込んだ発言をされた。 時に直接的で、歯に衣着せぬご発言もある。 それからは(即位)できないです」と漏らされたという。 また、「天皇になることを強く意識したことはない」という趣旨の内容を述べられたことがあるとも報じられた。 言わずもがなだが、秋篠宮さまは現在、皇位継承順位第1位のお立場だ。 それらのご発言は「即位拒否」とも受け取られかねない。 「今回の訪欧会見でも、新聞に報じられたように、即位に消極的であるという意思表示がなされるかもしれない」(前出・別の宮内庁関係者)とみられているのだ。 皇室制度に詳しい麗澤大学教授の八木秀次さんはこう分析する。 ただし、八木さんは「慎重であるべき」と指摘する。 万が一、悠仁さまが辞退されたら皇統が途切れるという最悪の事態も想定されます。 だから、皇室典範では皇位継承者の意思による即位辞退は想定されていません」 もし秋篠宮さまが即位の意思について踏み込んだ発言をされれば、大論争に発展するのは必至だ。

次の