プロテイン 効果 ダイエット。 50代の女性にこそ必要なプロテイン、本当の選び方を知っていますか?

プロテインダイエットとは?置き換え方の正しい方法を学ぼう!

プロテイン 効果 ダイエット

選び方のポイント 市販されているプロテインのほとんどは、食事から摂取するのに比べて効率よくタンパク質を摂取することができるように調整されています。 そのため、基本的にはどのプロテインを選んでもよいのですが、「たくさんあってどれを選んでいいのか分からない…」という人は、次のような点から選んでみてはいかがでしょうか? 毎日飲み続けられるか 長く飲み続ける上で重要になるのは、味と価格です。 気に入った味のものや飽きない味のものを選び、1日あたりの値段と相談して、無理なく続けられるものを選びましょう。 目的にあわせて プロテインは、ダイエット、筋トレ、体力づくり、美容など様々な用途に合わせて活用することができます。 目的に合わせたプロテインの種類を選ぶことで、さらに効果を期待することができるでしょう。 タンパク質に加え、食事で不足しがちな栄養素が配合されている商品もあるので、トレーニングやダイエットで食事制限をしている方にもおすすめです。 プロテインの種類 プロテインには、動物性のホエイプロテインやカゼインプロテイン、植物性のソイプロテインなどの種類があります。 それぞれに特徴があるので用途によって選ぶ楽しみがあります。 詳しくはこちら 他の配合栄養素 タンパク質のほかにも、さまざまなビタミンやミネラルが配合されていますので、抗酸化ビタミンの代表であるビタミンCや代謝を助けるビタミンB群、日本人が不足しがちなカルシウム、女性が不足しがちな鉄分などの含有量に着目するのもよいですね。 詳しくはこちら 女性に嬉しいプロテインの効果とは プロテインは、英語でタンパク質という意味です。 筋肉や内臓をはじめ、ホルモンや酵素などのもとになる重要な成分です。 市販されているプロテインは、乳製品や大豆などタンパク質を多く含んだ原材料から余分な糖質や脂質を取り除き、必要なビタミンやミネラルを添加した加工食品です。 上手に活用することができれば、健康や美容のための栄養管理をずいぶん楽にすることができます。 美容効果 私たちの体は筋肉や内臓だけでなく、肌や髪、爪に至るまでほとんどの部分がタンパク質でできています。 ダイエットのために無理な食事制限をすると、タンパク質が不足してしまう危険があります。 タンパク質が不足すると筋肉量が減少し、基礎代謝も低下してしまい、ダイエットにも逆効果となります。 タンパク質には、肌や髪、爪の状態を良くしたり、免疫力を高める働きもあるため、健康で若々しくいるためには必要量をしっかり摂らなければなりません。 プロテインを上手に活用して、健康的に若さや美しさを保つようにしましょう。 ダイエット効果 ご飯やパンなどに多く含まれる糖質と比較して、タンパク質は消化吸収がゆっくり進むので、腹持ちがよく少量でも満足感を得ることができます。 さらに、食事を摂取したときに消費されるエネルギーはタンパク質を摂取した場合のほうが糖質や脂質より高くなるため、効率よくエネルギーを消費することができます。 筋肉を成長させるには、筋トレや運動前後に栄養を補給することも重要です。 特に、筋肉の分解を抑え、疲労を和らげてくれる効果のあるBCAAを多く含むホエイプロテインを筋トレ前に摂取するのがおすすめです。 効果的に摂取するためには プロテインの効果を最大限に引き出すためには摂取するタイミングも重要です。 タイミングによって筋肉を増強、回復したり、腹もちをよくして食事量を減らすなどプロテインには様々な効果があります。 目的に合った最適なタイミングで摂取してみましょう。 筋力・筋量アップ:運動後30分以内• ウエイトアップ:食後・補食• ダイエット・食事バランス改善:食事前後・就寝前 より詳しく知りたい方はこちらから。 気を付けるべきポイント 上手く利用すれば健康や美容のためになるプロテインですが、摂り過ぎれば内臓に負担をかけてしまい、吸収されなかった過剰なタンパク質が小腸で悪玉菌のエサとなり腸内環境を悪化させる危険性もあります。 特に、腎臓に疾患がある場合は医師の指示に従い、タンパク質を制限しなければならない場合もありますので注意が必要です。 詳しくはこちら 美しい体を目指してプロテインを摂り入れましょう タンパク質は私たちの体にとって重要な栄養素であり、バランスよく摂取することが求められています。 しかし、忙しい現代社会のなかでは、通常の食事からだけでは適切に摂取することが困難です。 健康のため、美容のため、ダイエットのため、プロテインを日々の食生活に取り入れることで、手軽に健康的で美しい体を目指しましょう。 おすすめ商品.

次の

プロテイン系ダイエットの効果とは?本当に・いつから痩せるのか [ダイエット食品・サプリ] All About

プロテイン 効果 ダイエット

プロテインダイエットとは? プロテインダイエットとはいわゆる置き換え系ダイエットの一つで、1日の食事である、朝食、昼食、夕食、の3食のうち、どこか1食を プロテインドリンクに置き換えるという物です。 朝食が最も無理なく置き換えられますが、 減量には夕食を置き換えるのが一番効果的です。 プロテインは粉末状になっていて、水や牛乳で溶いて専用のシェーカーでシャカシャカ振ってその都度作り、ドリンクとして飲むのが一般的です。 牛乳で作るとシェイクみたいな味で美味しく飲みやすいですが、水で作った方がカロリーはおさえられます。 プロテインには体作りに必要な栄養素が沢山含まれているので、1食置き換えても健康に問題ないという考え方で、広まっているダイエット方法です。 プロテインは本来癖のある味で慣れるまで飲みにくい物ですが、ダイエットを補助するプロテインは甘く飲みやすい味になっている事が多いです。 味も数種類出ています。 フルーツの味が多いです。 様々なメーカーから似たようなダイエット目的のプロテインが発売されていて、値段もピンキリです。 アスリートが摂取するようなプロテインとは少し内容が違っていますので、ダイエット目的であればそれ専用の物を購入してダイエットを始めるのが良いでしょう。 プロテイン自体は「痩せる」という効果がある訳ではありませんので、置き換えせずに普段の食生活のままプロテインドリンクをただ飲んでもダイエットの効果は全くありません。 栄養は取れますので、体悪いという事はなくむしろ良いですが、痩せはしません。 関連記事 プロテインダイエットの効果 きちんと毎日1食分をプロテインドリンクのみに置き換えていれば、その分普通の食事をするよりもカロリーが低い訳ですから、徐々に体重は減っていきます。 ただドリンク一杯だけではどうしても空腹感があるので、プロテインを飲んだ後に普通の食事も食べてしまったり、おやつを食べてしまったり、置き換えていない他の2食でいつもより多く食べてしまったりすると失敗します。 もちろん満腹感を得るためにプロテインを2杯3杯飲むのもNGです。 あまり長く続ける物ではありませんが、短期集中型ダイエットとしては取り組みやすいのではないでしょうか。 一定の効果はすぐに見込めるはずです。 プロテインダイエットの口コミでの評価 プロテインの粉末を水や牛乳で溶いてシェーカーで振れば良いだけなので作るのが楽で続けやすいと言われています。 また味も数種類あるので、毎日飲んでも飽きずに続けられます。 それに好みもありますが、味も甘くてなかなか美味しいです。 ただ、プロテインダイエットだけで10kg以上痩せるのはなかなか難しいようです。 やはり総摂取カロリーを少し減らしているだけなので、10kg以上の減量となると、更なる食事制限とともに運動も必要となってくるのでしょう。 取り組みやすいので、ダイエットに興味のある人なら一度はやった事のあるダイエットかもしれません。 プロテインのメーカーによって、若干やり方が変わる場合もありますが、基本的には自分でプロテインドリンクを作って飲むだけ、という手軽さが一番のポイントと言えます。 プロテインダイエットの体験談 私は大学生の頃、生活習慣の乱れなのか、食生活の乱れなのか、ストレスなのかは分かりませんが、急に5kg太ってしまった時に、顔つきが明らかに変わり、周りにも太った太ったと言われ、今すぐに元に戻さなくてはと焦った時に、手を出したのがプロテインダイエットでした。 それほどお金もかからず、プロテインのドリンクを作るのも楽そうだったので始めました。 親と同居していたので、台所を使う事なくこっそりとダイエットを始められるところも気に入りました。 始めは朝食をプロテインドリンクに置き換え、昼食夕食はいつも通りで2週間ほど過ごしました。 2週間で2kgほど痩せる事が出来ましたが、どうしても1ヶ月で元の体重に戻したかったので、3週間目からは朝食と、毎日ではありませんが気が向いたときはさらに夕食もプロテインドリンクに置き換えました。 つまり、そういう日は朝プロテインドリンク1杯、昼サンドイッチなど、夜プロテインドリンク1杯、といった感じです。 もちろんお腹はすきましたが、それよりも太っている自分が嫌でひたすら耐えました。 お腹がすき過ぎて、気持ち悪くなり、さらにその気持ち悪いのを通り越して何も感じなくなるまで耐えていた感じです。 明らかにカロリー不足だったと思います。 しかしそのかいあって、 1ヶ月経った頃にはマイナス5kgを達成、元の体重に戻す事に成功しました。 プロテインダイエットのメリット・デメリット プロテインダイエットのメリットはやはりお手軽な事、そのため続けやすい事です。 プロテインの粉末の値段はメーカーによっても様々ですが、それほど高価な物ではありませんので、数ヶ月であれば学生さんでも続けられると思います。 味も甘くて飲みやすいので、プロテインを飲む事自体は苦にはならないでしょう。 キツい運動も必要なく、ただドリンクを飲むというだけなので、運動嫌いな人でも始める事が出来ます。 デメリットは空腹感です。 1食を置き換えるだけで、他の2食には特に制限がありませんので、空腹感ゆえに、他の2食でいつもよりも沢山食べてしまったりしては意味がありません。 空腹感を強く感じる人、またそれに耐えられない人には不向きです。 自分に甘い人、意志の弱い人も難しいかもしれません。 とにかくお腹がすきますから。 それと、 置き換えは必ず1食のみにするべきです。 私はダイエット中、結果を焦り、最後の方1日2食をプロテインに置き換えていたのですが、結果体重は減りましたが、その後数日は固形物を受け付けなくなってしまいました。 これは明らかに体に悪いです。 具体的には、ドリンクばかり飲んでいたので、固形物がなかなか飲み込めないような感覚でした。 数日たてばまた普通に食べる事が出来ましたが、少し焦りました。 欲張りすぎは禁物です。 マイナス5kgだったので、まだこの程度でしたが、これ以上この方法で痩せる事を続けていたらきっと体を壊していたのではないかと思います。 プロテインダイエット成功のポイント 置き換えた分の空腹感を他で満たさず、きちんと我慢する。 プロテインドリンクをゆっくり飲む事で、多少満腹感が得られます。 また、液体を噛むように飲むのも良いでしょう。 ただ、それでもお腹がすく場合はとにかく我慢です。 置き換えは1日1食を必ず守る。 欲張りは禁物です。 また 1ヶ月で減量する上限は5kgくらいまでが体に負担がないでしょう。 あとの2食はきちんと食べる事。 スポンサーリンク まとめ プロテインダイエットは短期集中型ダイエットとしてはとても最適だと思います。 手軽さ、続けやすさ、結果もきちんとついてきます。 ただ、やはり3食きちんと食べるというのが健康な人間の基本ですので、置き換えをダラダラと3ヶ月も4ヶ月も続けるのはいかがなものかと思います。 また、10kg以上の減量をプロテインダイエットのみで行おうとするのもよくありません。 少し増えてしまった体重を、手っ取り早く減らしたい、といった時にはおすすめのダイエットと言えます。 標準体重よりも明らかに太りすぎているような人はプロテインダイエットだけで標準体重に戻すのは難しいでしょう。

次の

プロテインダイエットは女性に効果なしで太る?おすすめは?【ソイ&ホエイ】|石本美ボディブログ

プロテイン 効果 ダイエット

「 プロテインを飲むと痩せる」って噂聞いたけどそれは本当かな・・・ とお考えのあなた。 プロテインというと、 「理想的な体作りをするために、飲むもの」 「運動しないで飲むと太りそう・・・」 「男らしい人が筋肉増大のために飲むもの」 というイメージを持っている場合も多いと思います。 実は、これは企業がマーケティングとして植え付けた間違ったイメージです。 体育会系の部活に所属していた人やトレーニングをしたことがある人は、 プロテインを知っていたり、飲んだことがあるかもしれません。 プロテインは、男らしい人が筋肉をつけるために飲むものというイメージがあまりにも強すぎるため、「 プロテインを飲むと太る」と考えている人も多くいます。 あなたもそうかもしれませんね。 しかし、最初に言わせてもらうと、 プロテインを飲んでも太りません。 むしろ、自分の理想とする体型を作り出すボディメイクに有用なものです。 ただし、 プロテインを飲んだからといって、それだけで痩せる、というものでもありません。 そこで今回は、 プロテインに対して正しい知識を持ってもらい、 ダイエットや筋トレなどに活用していく方法も話していきます。 あなたが今回の記事を読んで、 プロテインを活用し、 ダイエット効果を増加させて1日でも早く理想の体になれるようになったら幸いです。 それではさっそく見ていきましょう。 プロテインに直接の ダイエット効果はない3つの理由 巷では、「 プロテインを飲むと痩せる!」「 ダイエットにいい」などと言われています。 その影響で「 ダイエットのために プロテインを飲もうかな・・・・」と考えている人は、世間に多いかもしれません。 しかしながら、最初にお伝えしておくと プロテインを飲むと痩せることはないということは断言しておきます。 プロテインは飲むだけで痩せるような魔法の薬ではありません。 ただ、間接的には、 ダイエットに役に立ちますので、飲む意味がないというわけでもありません。 その理由は、後述します。 プロテインを飲んでも痩せられない理由は、3つあります。 プロテインはただのタンパク質だから よく プロテインを筋肉増強剤だと思っている人もいますが、 プロテイン=タンパク質です。 タンパク質を英語にすると、「Protein」です。 タンパク質は、脂質、炭水化物などと同様に三大栄養素と言われ、体に必須なものです。 これ自体に、特に痩せるような効果があるわけではありません。 基礎代謝量の維持はできても上げることはできないから プロテイン(タンパク質)を飲むことで、筋肉が分解されるのを防ぐことができます。 ただ飲むだけでは、筋肉の維持はできても、筋肉量を増やすことはできません。 筋肉量は、基礎代謝量と比例します。 つまり、筋肉を増やすことが出来なければ基礎代謝量が増えないので、 プロテインを飲むだけでは痩せる効果は期待できません。 補足:基礎代謝とは、私たちが普段何をせずとも消費されるエネルギーのことです。 それはたとえば呼吸をしたり、体温を維持することに使われます。 基礎代謝量を上げれば上げるほど、消費されるエネルギー(カロリーと言い換えると分かりやすいかもしれません)が増えるので、 ダイエットには基礎代謝が重要になってきます。 痩せるには糖質のコントロールの方が大事だから 痩せるためには、糖質量をいかに少なくするのかということの方が大事です。 例えば、 プロテインを飲んでいるからといって食べ過ぎたり、運動しなかったら当然のごとく痩せませんし。 むしろ太ります。 太る原因となる糖質といかに向き合っていくのか、ということの方が大事です。 ダイエット中の糖質量に関しては、後程言及します。 プロテインを飲む2つの ダイエットメリット 「けっきょく プロテインって飲んだ方がいいのか? ダイエットでどんなメリットがあるの?」という声が聞こえてきそうなので、お答えします。 プロテインを飲むと以下のようなメリットがあります。 1日に必要なタンパク質を簡単に摂取できる プロテインは水や牛乳に溶かして飲むだけなので、1日に必要なタンパク質を簡単に摂取することができます。 タンパク質は必須栄養素なので、生きていくために必要なものです。 ちなみに、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、1日に必要なタンパク質量は以下の量とされています。 ただ、 ダイエット・ボディメイクをすることを考えると、1日あたり以下の量のタンパク質を摂取することが重要だと私たちは考えています。 5g タンパ ク質は、肉、魚、卵などの食品からも摂取することができます。 しかし、それらの高タンパク質の食品には、余計な脂肪や脂質も含まれていたりすることがあります。 一日の必要摂取量をキープしようとすると、かなりの量の食事をしなければいけなくなり、摂取エネルギー量が大幅に上がっていってしまいます。 たとえタンパク質を必要量摂取していたとしても、肥満の原因となる糖質を摂取しすぎてしまったり、摂取エネルギーが増えてしまったりしたら、肥満につながってしまいます。 一方、 プロテインそのものがタンパク質であるため、糖質も摂取エネルギーも抑え、かつ手軽にタンパク質を摂取することが出来ます。 また、体への吸収が速く、筋肉を作る為の栄養素がバランスよく摂取できる、とういことも プロテインのメリットです。 プロテインの効果は、タンパク質を摂取したときの効果と同じと考えてください。 補足:基本的には、三大栄養素と言われるタンパク質なので、例えばの話、これが不足すると次のような弊害が発生します。 肌や髪のトラブル• 筋肉量の低下• 免疫力が低下する 筋肉がつきやすくなる プロテインを摂取することで、筋トレの効果を高める効果が期待できます。 どういうことかお話ししますね。 筋トレをすると筋肉が壊され、そして修復される過程で筋肉が大きくなっていくのですが、その修復時にタンパク質が使われます。 プロテインを摂取しておくことで、筋肉の修復に使われるタンパク質をスムーズに摂取することができます。 その結果として、 プロテインを飲まないでトレーニングしている人より、筋肉がつきやすくなります。 また、筋肉がつけば基礎代謝が上がり痩せやすく太りにくい体になります。 なので、筋トレをする場合は プロテインを併せて飲むようにしましょう。 ダイエット目的で筋トレや運動をしているのであれば、 プロテインを飲むことは十分におすすめできます。 さてそれでは、実際に プロテインを飲んで痩せる効果を高めるために、どのようなことをすればいいのかをお話ししていきます。 プロテインで ダイエット効果を高める4つの方法 先ほど、「 プロテインそのものには痩せる効果はない」といいましたが、 プロテインは間接的に ダイエットの役に立つものです。 筋肉にはタンパク質が大きく影響しているので、たんぱく質をしっかり摂取し筋肉を減らさないことが ダイエットでも大切になってきます。 たとえば筋トレした後は筋肉にダメージがありますが、そのダメージが回復したときに筋肉量が増えるといわれています(超回復という仕組みですが、ここでは割愛します)。 そのダメージの回復にはタンパク質の摂取が大切なんです。 たんぱく質が不足すると、せっかく ダイエットのために筋トレしても回復が鈍り、効率的な筋肉量アップの効果も期待できない可能性があります。 むしろ回復力が追い付かず、その状態でさらに筋トレをしてしまうと、筋肉分解を起こしてしまうこともあります。 プロテインを飲むことで基礎代謝の維持と向上が期待できるので、 ダイエット中の人には、ぜひ飲むことを私たちはおすすめします。 プロテインで痩せる効果を得るために、以下の方法を守ってください。 週に2回以上筋トレをする(自宅でできるものでもOK) まずは、しっかりと運動をすることです。 そうすることで、筋肉がついて基礎代謝を上げることができます。 週に2回程度でいいので、腕立て伏せ、腹筋、スクワット、背筋などをするようにしましょう。 プロテインを間食として飲む プロテインを間食として飲むことは以下の2つの効果が期待できます。 血糖値を一定に保つことができる• 筋肉が分解されるのを防ぐことができる 空腹になると血糖値が上がりやすくなります。 つまり、間食を摂って空腹を防ぐことで血糖値を一定に保つことができます。 また、空腹時は筋肉が分解されやすいので プロテインを摂取することできます。 以上の4つです。 これをすることで、 プロテインで痩せる効果を高めることができます。 プロテインの選ぶ際の3つのポイント さて、ここまで読み進めてきたあなたは、もしかして「 ダイエットするために、 プロテインを飲んでみたい」と思われたかもしれません。 プロテインは、なんでもいいわけではありません。 プロテインを選ぶときに意識してほしいことが3つあります。 味 無理なく継続する上で味はかなり重要です。 味の感じ方に関しては、人それぞれですが、あなたが無理なく飲めるような味の プロテインを飲むことが大切です。 タンパク質含有量 タンパク質含有量とは、 プロテイン中の純粋なタンパク質の割合を示します。 市販のものを見ていると70~90%ほどの含有率の プロテインが多いですね。 一般的には、タンパク質含有量が多くなればなるほど値段も高くなる傾向にあります。 安い プロテインを購入すると、その分 プロテイン含有量が少ないですし、高い価格の プロテインは、含有量が多い傾向にあります。 ただ、タンパク質以外にもBCAAやグルタミンなどの成分を配合することでトレーニングのサポートを狙っている プロテイン等もあります。 こうした プロテインに関してはサポート成分を多く配合するほどタンパク質含有率は下がってしまいます。 単なる プロテインなら含有率は意識してほしいですが、サポート成分が強みの プロテインは含有率が低くならざるを得ないことも知っておいて損はありません。 タンパク質だけを効率的に摂りたいのか、サポート成分を重視するのか、目的に合った プロテインを選ぶようにしましょう。 プロテインの原料 プロテインの原料は主に以下の3つの種類があります。 他にもエッグ プロテインやピー プロテインなどありますが、あまりメジャーではないので割愛します• ホエイ プロテイン• カゼイン プロテイン• ソイ プロテイン ただ、アスリートのように筋肉を本格的にトレーニングでつける場合は原料の種類も気にする必要はありますが、 ダイエット目的であればそこまで気にしなくても大丈夫です。 トレーニングと併用する場合はホエイ プロテイン、カゼイン プロテインがオススメです。 美容にも気を使いたい場合は大豆が原料のソイ プロテインがオススメです。 ダイエットで プロテインを飲むべきおすすめの時間帯 プロテインは、いつ飲むべきなのか?ということですが、いくつかゴールデンタイムがあります。 そもそも プロテインを飲む目的というのが、筋肉維持、向上のためです。 朝 夜寝ているときは、タンパク質が摂取できません。 そもそも食事自体ができないので、栄養が摂取できず、体は軽い飢餓状態です。 そのため、筋肉が分解される可能性もあります。 足りないタンパク質を補うために、朝起きて プロテインを飲むのもいいでしょう。 筋力トレーニングの1~2時間前 筋力トレーニング前にも、 プロテインを飲むことをオススメします。 筋力トレーニング中は体に負荷がかかり、体のエネルギーを消費していきます。 そして体にエネルギーが足りなくなると、筋肉(に含まれるタンパク質)を分解して、エネルギーを作りだそうとします。 なので、筋肉が分解されるのを避けるためにも、トレーニング前の1~2時間前に プロテインを摂取することが大切です。。 ただし、トレーニング前に肉や卵などを食べてタンパク質を摂取している場合は、 プロテインを飲む必要はありません。 トレーニング後の30分~1時間以内 トレーニングをした後に、分解された筋肉を修復するためには、タンパク質が必要です。 それを補うという意味でもトレーニング後に プロテインを摂取しましょう。 筋肉の修復を助け、筋肉量と基礎代謝量の向上につながります。 寝る前 筋肉が最も成長するのは、睡眠中です。 さらに、睡眠中は、タンパク質が摂取できないので、夜寝る前に プロテインを摂取することで、筋肉の成長が進みやすくなります。 以上、• トレーニング前• トレーニング後• 寝る前 の時間帯に プロテインを摂取するのがいいでしょう(すべてのタイミングだとタンパク質の過剰摂取になってしまうので、これらのうちどれかの時間帯に飲むことをおすすめします)。 ダイエット中に プロテインを飲む際の注意点 これまで ダイエット中の プロテインの効果をお伝えしてきましたが、 プロテインも飲み方によっては逆効果になってしまったり、体調を崩してしまったりする場合もあります。 なので、 プロテインを飲む際は以下の点に注意するようにしましょう。 飲みすぎないようにする(牛乳で飲むときは特に注意) プロテイン1杯分(20g)のカロリーは50~100kcalくらいで低いです。 といっても、飲みすぎると普通に太ります。 また、牛乳などと一緒に飲むと美味しいですが、カロリーがその分高くなるので注意しましょう。 牛乳や豆乳のカロリーや糖質を見て飲むようにしましょう。 品名 カロリー 糖質 牛乳 100gあたり 67kcal 4. 8g 無調整豆乳 100gあたり 46kcal 2. 9g 調整豆乳 100gあたり 64kcal 4. 5g 出典:「日本食品標準成分表2015年版 七訂 」文部科学省 プロテインの用法や容量を守って飲むようにしていきましょう。 まとめ: プロテインで ダイエットするなら筋トレと糖質制限を組み合わせて行う プロテインは、それだけ飲めば、痩せるものではありません。 記事中でも述べさせていただきましたが、 ダイエット目的であれば、 プロテインを飲み、そして筋トレと糖質コントロールの両方もこなしていく必要があるということです。 そうすることで、筋肉が増えて代謝が上がり、どんどん太りにくく痩せやすい体になってくるでしょう。 あなたの ダイエットに プロテインを取り入れ、理想の体型を目指していきましょう。

次の