新設小学校 私立。 私立小学校一覧|東京都私学財団

こちらは着々と…東京に“59年ぶり私立小学校”

新設小学校 私立

新設校の開校 千葉市では、学校の小規模校化や大規模校化によって生じる教育上・学校運営上の諸問題を解消するとともに、公平な教育環境を整え教育の質の向上を図るため、学校適正配置事業を推進しています。 ここでは、「千葉市学校適正配置実施方針」を策定した平成19年度以降に開校した新設学校を紹介します。 令和2年度の新設校 令和2年4月1日に、若葉区に小学校1校の新設校が開校しました。 千葉市立千城台わかば小学校 千城台北小学校、千城台西小学校が統合 参考資料 検討の経緯、新設校の概要など 平成29年度の新設校 平成29年4月1日に、花見川区に小学校1校の新設校が開校しました。 千葉市立花見川小学校 花見川第一小学校、花見川第二小学校が統合 参考資料 検討の経緯、新設校の概要など 平成27年4月1日に、美浜区に小学校1校、花見川区に中学校1校の新設校が開校しました。 美浜区の新設校 小規模校の統合により、小学校1校が開校しました。 千葉市立幸町小学校 幸町第一小学校と幸町第二小学校が統合 ただし、幸町第一小学校と幸町第四小学校は、平成25年4月1日に先行して統合 花見川区の新設校 小規模校の統合により、中学校1校が開校しました。 千葉市立花見川中学校 花見川第一中学校と花見川第二中学校が統合 参考資料 検討の経緯、新設校の概要など 平成25年度の新設校 平成25年4月1日に、小規模校の統合により、美浜区に小学校1校、中学校1校の新設校が開校しました。 千葉市立磯辺小学校 磯辺第一小学校、磯辺第二小学校、磯辺第四小学校の3校が統合• 千葉市立磯辺中学校 磯辺第一中学校と磯辺第二中学校が統合 参考資料 検討の経緯、新設校の概要など また、旧真砂第二小学校の跡施設として、千葉市立高等特別支援学校と千葉市立養護学校真砂分校が開校しました。 参考資料 平成24年4月1日に、小規模校の統合により、美浜区に1校の新設校が開校しました。 千葉市立高浜海浜小学校 高浜第二小学校と高浜第三小学校が統合 参考資料 検討の経緯、新設校の概要など 平成23年4月1日に、美浜区に4校・緑区に1校の新設校が開校しました。 美浜区の新設校 小規模校の統合により、小学校3校、中学校1校が開校しました。 中学校は、本市初の統合による新設校です。 千葉市立高洲小学校 高洲第一小学校と高洲第二小学校が統合• 千葉市立真砂東小学校 真砂第一小学校と真砂第四小学校が統合• 千葉市立真砂西小学校 真砂第二小学校と真砂第三小学校が統合• 千葉市立真砂中学校 真砂第一中学校と真砂第二中学校が統合 緑区の新設校 千葉東南部土地区画整理事業の進捗に伴う人口増(生徒増)に対応するとともに、近隣中学校の大規模校化を解消するため、中学校1校が開校しました。 千葉市立おゆみ野南中学校 参考資料 検討の経緯、新設校の概要、学校施設など 統合が決定した小・中学校の、改修スケジュールをお知らせします。

次の

「移住してでも子どもを入れたい」長野に開校予定の欧州流小学校

新設小学校 私立

両日とも、2020年度途中の転入学をご希望の4・5年生の保護者様とお子さん、2021年度の転入学をお考えの4・5・6年生の保護者様とお子さんが対象になります。 それぞれ入力するフォームが異なりますのでご注意ください。 今年度途中からの転入学をご希望される4年生・5年生の保護者様とお子さんが対象です。 時間は1時間半ほどを予定しております。 よろしくお願いいたします。 8月6日(木)は東京シューレ葛飾中学校にて小中合同説明会になります。 9月14日(月)は東京シューレ江戸川小学校にて小学校の説明会を行います。 8月と9月は2020年度途中の転入学をご希望の4・5年生の保護者様とお子さんと、 2021年度の転入学をお考えの4・5・6年生の保護者様とお子さんが対象になります。 ご都合の良い日程で、フォームからお申し込みをお願いいたします。 今年度途中からの転入学を希望の4年生・5年生・6年生保護者とお子さんが対象です。 当日はオンライン会議室zoomを使用して行いますので、使用方法の確認をお願いいたします。 お申し込みを確認しましたら、こちらからログイン先のアドレスをお送りいたします。 時間は1時間程度を予定しております。 よろしくお願いいたします。 決まり次第お知らせします。 詳しくは、開校準備室までお電話03-5879-3157でお問合せください。 子ども達が笑顔いっぱいに、健やかに育つ社会、それを、この国にいる誰もが切望していると思います。 しかし、日本には、いじめ、不登校、虐待など、子ども時代が楽しく過ごせているとは言い難いこともいろいろ生じています。 中でも、不登校は小中学生で16万人を越え、戦後最高の数を記録しています。 私達は、35年前フリースクール東京シューレをつくり、その経験を土台に、12年前に不登校特例校として東京シューレ葛飾中学校をつくりました。 子どもが創る、子どもと創る子ども中心の学校で、既成の学校に行っていなかった子どもたちが、ここでは、元気になり、それぞれの個性とペースで成長し、社会的に自立していっています。 現在、どこのフリースクールでも、小学生の見学や入会が増え、若いお父さん、お母さん方が我が子にあった学びの場、育ちの場を探し求めておられます。 また、シューレ中やフリースクールで出会う子どもたちの話からいうと、小学校時代に学校で傷ついたり、とても苦しい思いをした子が、あとをたちません。 小さい頃のマイナス体験は、のちの成長に大きな影響を残します。 もっと、のびのびと、もっと楽しく、その子の持ち味で、その子のいのちの在りように寄りそって、子どもが育つということができないものだろうかと考えてきました。 私たちはシューレ中12年の実績にもとづき、同じ教育課程特例校のやり方で、不登校の子どもの支援の小学校をつくりたい、そして、もう苦しまなくていいよ、あなたはあなたであり、かけがえのない大切な存在だよ、と存在が肯定される、愛情にあふれた教育機会の場を創りたい、と考えるようになりました。 不登校は、国も言っているように、怠けでも、病気でも問題行動でもありません。 その子にあった環境が大切であり、子どもが求める、子どもの場を子ども達と創っていくことが大事です。 楽しいと思えてこそ、安心して、生き生きと笑顔で育っていくことができましょう。 そんな小学校をつくっていきたく、志のある方のご賛同を心よりお願い致します。

次の

(大畔地区)新設小学校の建設について|流山市

新設小学校 私立

校長先生は、東京農業大学の副学長で、植物病理学を専門とされていらっしゃいます。 「農業大学」というと、どうしても「農業」のイメージが先行するかもしれませんが、自然のことや食のこと、そして地球環境のことなどと、日々の生活に身近なもの・人が生きていくために大切なことを幅広くとらえテーマとしています。 既に運営されている東京農業大学の教育・研究資源を小学校の教育に活かしていくことを考えられています。 校舎は東京農業大学第一高等学校に隣接しており、近くには馬事公苑があります。 駅からは少し遠いですが、近くにバスが通っておりバス停からは非常に近いです。 低学年のお子様には経堂駅まで歩くのは少し難しいかもしれません。 2019年6月時点でスクールバスはない一方、駅から遠い立地条件もあり、学校側ではオプションで最寄りの駅やバス停へのスタッフによる随伴下校も実施しているようです。 校庭は人工芝で、広さは8,907平方メートルとなっています。 大人のサッカーのコートの面積が7140平方メートルなので、それよりも少し大きいくらいの大きさです。 また、防犯カメラ、警備員配置、入校証、緊急メールシステム、登下校通知、緊急地震速報、災害時用備蓄、災害時マニュアル等を設置しており、安全面への配慮はかなり行われています。 新設校だけあって、教室内の設備も充実しており、「冷暖房」はもちろんのこと、電子黒板やタブレットなどICT教育面が充実、さらにアフタースクールや英語教育などソフト面でも充実しています。 稲花小学校の教育理念.

次の