高峰 さよこ。 もぐもぐカービィとは (モグモグカービィとは) [単語記事]

もぐもぐカービィとは (モグモグカービィとは) [単語記事]

高峰 さよこ

概要 今回のコロコロ販売中止騒動で 「小学館は何考えてるんだ!」 「ふざけている!」 「コロコロはいつからこんな低俗な漫画になってしまったんだ」 とかいう人が散見されるけど この件は正直運が悪かったレベルなもので そもそも今に至るまでコロコロが高尚だった時代などないと断言出来るw — こば@ジェミニのサガっ子クラブ koba200x1 問題となっているのは小学館が発売する「月刊コロコロコミック」 2018年3月号 に連載されている漫画「 やりすぎ!!!イタズラくん」の一部表現。 モンゴルで英雄視されている「チンギス・ハン」に対して 男性器を模した落書きをして笑う描写に対して朝青龍がTwitter上で激怒し、RTによって多方面に 拡散された。 その後モンゴル大使館から外務省に抗議があり、国際問題にまで発展。 小学館は作者に寄る謝罪文を掲載する流れとなっている。 教科書の落書きは「あるある」だし、同様の行為を行った経験がある方も多いと思う。 問題は「海外の偉人」に対して「侮辱」とも取れる行為を 公に行ってしまったことだろう。 日本人の「 歴史上の人物」に対する感覚は個人差はあれど「そんな人が居た」程度だと思うが、海外における感覚が同じとは限らない。 特にモンゴル人は家系を重視し、祖先を敬う傾向が強い。 というよりも日本人は国際的に見て 家族・祖先すら大事にしていない傾向が強い。 漫画・アニメ・ゲームで「織田信長」が美少女化した回数など数え切れない。 他国との「文化の違い」「温度差」を理解できなかったことが一つの問題だろう。 「温度差」については「如月真弘のプロモツイート停止」にも似ている。 2018-02-14 10:47 拡散しやすい if論だが今回の件は朝青龍・白鵬の目に止まっていなければここまで大きな問題に発展していなかったと思う。 偶然インフルエンサーの目に止まってしまい、逆鱗に触れ、Twitter上に拡散された漫画の1コマの「 インパクト」が大きすぎた。 このケースは大晦日に放送された『ガキの使い』の 黒塗りメーク騒動にも似ている。 意図的か否かに関わらず作品全体から情報は切り取られ、多くの人は画像を見た 数秒間で意味を解釈する。 多くのケースで情報は「自身の望む解釈」によって「見たいように」しか受け取られない。 今回の件もTwitterのRTの手軽さもあり、炎上する条件が整っていた。 作家は子供が喜ぶ ギャグを考えて漫画を描くことが仕事であり、その社会的な「受け取られ方」「表現問題」など気にしない。 個人的には今回の件を作家が謝罪するのも ナンセンスだと考えている。 とはいえ問題がここまで大きくなった以上、公式に作家も謝罪し、コロコロも販売中止にしなければ事態が 収まらないことも良く分かる。 ただ、今回のケースで萎縮してしまい「下ネタ」「パロディ」表現まで規制の目が行き届くのは納得が行かない。 筆者も小さい頃は「ポケットモンスター」「スーパーマリオくん」「でんじゃらすじーさん」の下ネタに元気を頂いていた一人である。 安直な表現規制の強化は 文化的な衰退に繋がる。 「超えちゃいけないライン」には注意しつつも萎縮せず現在のギャグ路線を貫いて欲しい。 感想 以前、『ゆらぎ荘の幽奈さん』の炎上でも騒いでいる輩が居たが今回の件に 無関係な人間が小学館叩きをしているのは正直意味がわからない。 今回の件で怒って良いのは普段から「コロコロを読んでいる人」「チンギスハンを 敬愛する人」に限られる。 文化の違いを認識できなかったこと、チェック機構が問題だっただけでネット上で袋叩きされるような事案ではない。 どうにも「 下ネタ」自体を不快に思っている層が加担している印象を受けてしまう。

次の

もぐもぐカービィとは (モグモグカービィとは) [単語記事]

高峰 さよこ

名乗り 人名訓 とは 古くからある名前の訓読みのこと。 「一」を「かず」「はじめ」と読む類。 名乗りも名付けの参考にしてみるとよいでしょう。 外国から入ってきた文字(漢字)に対して、似た意味の言葉を当てて呼んだもの、もしくはその言葉に対して意味の似た意味の漢字を当てたもの。 戦においては武士が味方や敵に向かって自分の姓名・身分・家系などの素性、戦功、戦における自分の主張や正当性などを大声で告げること。 武士の作法として、名乗りが行われている間に攻撃することは良しとされなかった。 戦場では自分の勇名や戦功を喧伝するためなどに行われ、味方の士気を上げるためや相手方の士気を挫いたり挑発するためにも行なわれた。 『平家物語』巻十一「弓流」において、平氏方の藤原景清が源氏方の美尾屋十郎を倒し、逃げるところを捕まえようとして引きちぎった錣を長刀に刺し掲げて上げた勝ち名乗りの「遠からんものは音に聞け、近くば寄って目にも見よ」の口上は慣用句にもなっている。 利用規約この利用規約は当サイト(名付けと姓名判断)をご利用いただく方に守っていただくルールです。 「名付けと姓名判断」は、字画をもとに無料で名前占いができるサイトです。 本格的な占いは、字画だけでなく、血液型、生年月日をはじめ、親族、兄弟などの周りの状態や住環境まで含めて、さまざまことを考慮して鑑定されるものと思います。 そのため、本サイトの運勢結果は参考程度にお読みください。 本格的な鑑定はセイン名鑑定を専門的に行っている方にご相談ください。 当サイト(名付けと姓名判断)で表示される結果は、占いである以上、悪い結果がでる場合や良い結果が出ることもあります。 中には表示された結果に不満のある内容が表示される場合もあるとは思いますが、決してお名前を誹謗中傷するものではありません。 入力された文字から画数の自動計算によって得られた運勢となります。 また、本サイト(名付けと姓名判断)の姓名判断によって得られた結果で、第三者を誹謗又は中傷したり名誉を棄損するような行為を禁じます。 サイト利用者が本ウェブサイトのコンテンンツを利用したことで発生したトラブル、損害について、本サイト(名付けと姓名判断)は一切責任を負いません。 この規約にご同意いただけない場合は「名付けと姓名判断」をご利用いただくことはできませんのでご了承ください。

次の

ホモと見る著作権侵害アニメ【もぐもぐカービィ】 [ニコニコあっぷる]

高峰 さよこ

名乗り 人名訓 とは 古くからある名前の訓読みのこと。 「一」を「かず」「はじめ」と読む類。 名乗りも名付けの参考にしてみるとよいでしょう。 外国から入ってきた文字(漢字)に対して、似た意味の言葉を当てて呼んだもの、もしくはその言葉に対して意味の似た意味の漢字を当てたもの。 戦においては武士が味方や敵に向かって自分の姓名・身分・家系などの素性、戦功、戦における自分の主張や正当性などを大声で告げること。 武士の作法として、名乗りが行われている間に攻撃することは良しとされなかった。 戦場では自分の勇名や戦功を喧伝するためなどに行われ、味方の士気を上げるためや相手方の士気を挫いたり挑発するためにも行なわれた。 『平家物語』巻十一「弓流」において、平氏方の藤原景清が源氏方の美尾屋十郎を倒し、逃げるところを捕まえようとして引きちぎった錣を長刀に刺し掲げて上げた勝ち名乗りの「遠からんものは音に聞け、近くば寄って目にも見よ」の口上は慣用句にもなっている。 利用規約この利用規約は当サイト(名付けと姓名判断)をご利用いただく方に守っていただくルールです。 「名付けと姓名判断」は、字画をもとに無料で名前占いができるサイトです。 本格的な占いは、字画だけでなく、血液型、生年月日をはじめ、親族、兄弟などの周りの状態や住環境まで含めて、さまざまことを考慮して鑑定されるものと思います。 そのため、本サイトの運勢結果は参考程度にお読みください。 本格的な鑑定はセイン名鑑定を専門的に行っている方にご相談ください。 当サイト(名付けと姓名判断)で表示される結果は、占いである以上、悪い結果がでる場合や良い結果が出ることもあります。 中には表示された結果に不満のある内容が表示される場合もあるとは思いますが、決してお名前を誹謗中傷するものではありません。 入力された文字から画数の自動計算によって得られた運勢となります。 また、本サイト(名付けと姓名判断)の姓名判断によって得られた結果で、第三者を誹謗又は中傷したり名誉を棄損するような行為を禁じます。 サイト利用者が本ウェブサイトのコンテンンツを利用したことで発生したトラブル、損害について、本サイト(名付けと姓名判断)は一切責任を負いません。 この規約にご同意いただけない場合は「名付けと姓名判断」をご利用いただくことはできませんのでご了承ください。

次の