たいじ エックス。 X JAPAN・TAIJIの脱退理由と死因まとめ!薬でクビになった?

X JAPAN、TAIJIの死をめぐる謎…内縁の妻がマネージャーの不審行動とサイパン拘置所の不正を告発|LITERA/リテラ

たいじ エックス

Xジャパンのタイジ脱退理由が衝撃的だった? では、まずはTAIJI(タイジ)の脱退理由について、 これについて、YOSHIKIの自伝にTAIJIの脱退理由が記載されており、 「Xに加入してから常にもめ事を起こすTAIJIをHIDEは許さないと言った事があった。 」 「YOSHIKIがTAIJIをクビにした理由はTAIJIがYOSHIKIと交わした誓いを破ったから」 と書かれています。 で、私たちとして気になるのは、TAIJIがYOSHIKIと交わした誓いって何だったんですか?って話ですよね。 その肝心の部分が自伝でも書かれていませんし、テレビで放映されることもありません・・・ 一体どんな約束(誓い)だったのでしょうか? これは、 Xジャパンというロックバンドが設立された拝見を辿れば、ちょっと想像できるかもしれません。 というのも、 もともとXジャパンはインディーズで活動しており、メジャーデビューするにあたって必要だった軍資金(1000万円)を、 ヨシキの 母親から調達していました。 ヨシキが母親に自らの夢を伝えて、人生の全てを捧げて一枚のアルバムを作りました。 そこから、Xの伝説が始まったのです。 で、ヨシキは不良だった学生の頃から母親にあることを注意されていました。 薬物には手を出さない。 これは個人的な意見も含まれますが、 常にもめ事を起こすというのはあくまで表面的なもので、実際は薬物に手をそめていた、これが真実だったのではないでしょうか。 だから、ヨシキも公の場で真実を語れない・・・母親の約束を破ったとも言えますよね? 薬をやめられなかったTAIJIだけが追い出されてしまう・・・という結末ですね。 麻薬説はTAIJI脱退の一番の有力説だと言われていることは抑えつつ、その他の人間関係なども複合的に絡んでいた可能性が高いのは押さえておきましょう。 スポンサーリンク TAIJIのプロフィール! では、ここでTAIJIの経歴をまとめましたのでチェックしていきましょう。 氏名:沢田 泰司(さわだ たいじ)• 愛称:たいちゃん• 生年月日:1966年7月12日(45歳没)• 出身地:千葉県市川市• 身長:173cm• 職業:ミュージシャン• 担当:ベース、ギター 本名は沢田泰司ですが、XジャパンなどではTAIJIで活動を行っていました。 小学2年生でアコースティックギターをプレイし始め、3か月後のクラス会で初ステージ。 曲は「禁じられた遊び」(正確には映画「禁じられた遊び」のテーマソング「愛のロマンス」)」だったようです。 いったん非行に走り・・・(両親の離婚や母親の再婚が関係) 千葉明徳高等学校に進学。 エレクトリックギターを始めロックにのめり込むようになります。 その後、いくつかのバンドを渡り歩いた後にXへと正式加入します(1986年)。 本来はXに加入するつもりはなかったTAIJIですが、 YOSHIKIの熱心な誘いを受けるうちに「この人となら音楽以外の何かでもできそうだ」と感じ、自分が推薦するギタリストと交代させることを条件にXに加入します。 TAIJIの死因が謎だらけすぎる・・・ ここまでの話だけでも濃ゆすぎますが、Xの伝説はこれに留まりません。 なんと・・・2011年にTAIJIが自殺したのです。 45歳の若さでした。 では、彼の自殺の経緯をたどってみますが、 仕事のためマネージャーとともに乗ったデルタ航空の機内で、CAに暴力を振るったとして逮捕。 事態が急変したのは2011年7月14日。報道によると、保留中の独居房内で錯乱状態となり、ベッドシーツで首吊り自殺を図ったというものだった。 が、しかし、 この自殺騒動には辻褄が合わないキーワードが隠されています。 首吊り自殺したと言われるTAIJIの遺体に首を吊ったら必ずできるうっ血の痕は確認できず、TAIJIの口元に粘着テープが貼り付けられたような痕が残っていた。 検死の結果は明らかにされず。 遺体は極秘にサイパンから日本に移され、関係者は勿論、婚約者である赤塚さんにも情報は一切せず、極秘に密葬。 つまり、 公には自殺と括られていた事件ですが、なんと 他殺説が浮上しているんです。 5年の年月を経てようやく外務省が問題を認識。 ちょっと遅いような気はしますが、この件については皆が忘れた頃に衝撃の事実が告げられる可能性は高いので、まだまだXの話題はつきそうにないですね・・・ 以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

XJAPANのメンバーの死の謎!?HIDEとTAIJIの死因は??PATAは無事??

たいじ エックス

赤塚友美『TAIJI 沢田泰司』(宝島社) 先日行なわれた記者会見にて、2015年12月から20年ぶりとなる日本ツアーの開催、および、16年3月11日に『DAHLIA』以来これまた20年ぶりとなるニューアルバムの発売がアナウンスされ、にわかに注目度を増しているX JAPAN。 活動が不定期な大御所バンドの新たな展開にファンの心も高鳴るばかりだが、その一方、ファンの心につっかえていることがある。 11年7月にサイパンで謎の死を遂げた、元X JAPANのベーシスト、TAIJIのことだ。 TAIJIの内縁の妻であった赤塚友美さんが7月に出版した『TAIJI 沢田泰司』(宝島社)では、彼女自らTAIJIの死について調べた結果得られた疑念が記されており、話題となっている。 『TAIJI 沢田泰司』の話をする前に、まず、TAIJIの死について、テレビやスポーツ新聞などで既報の情報から簡単に整理しておこう。 11年7月11日、仕事のためTAIJIはマネージャーらとともにサイパンへ出発。 その機内で暴行事件を起こし、着陸したサイパン国際空港で地元当局に逮捕。 そして、拘留尋問を控えていた14日夜に拘置所内で首吊り自殺を図る。 その後、地元医療機関の集中治療室で治療を受けるも、17日、帰らぬ人となった。 以上が彼の死に関しての概要であるが、まず、TAIJIは、なぜサイパンへと向かったのだろうか? そして、なぜ、機内で暴行など働いたのだろうか? そこには、当時TAIJIのマネージャーを務めていた女性と深く関わりがある。 TAIJIとマネージャー女史が出会ったのは09年11月。 TAIJIのライブが終わったあとのロビーでのことであったという。 「自分の夫はサイパン最大規模のリゾート施設を経営している。 そこに二億円の音楽設備があるのだが、使い方が分からないから、仕事のパートナーにならないか」と話しかけられたのが最初だった。

次の

【伝説】X JAPANメンバー紹介 YOSHIKI Toshi HIDEら【カリスマ性】

たいじ エックス

確かに、HIDEは、TAIJIが脱退するのを止めようとして、YOSHIKIを説得しました。 しかし、当時のYOSHIKIは、メンバーが他のバンドと付き合いを持つことを非常に嫌がっていました。 TAIJIが、LOUDNESSから声をかけられ、試しにセッションオーディションに参加したのですが、それが、YOSHIKIには一番許せなかったらしいのです。 沢田 泰司さんが、D. のデビューライブを渋谷公会堂で演った時に、会場にHIDEから送られた花が飾ってありました。 一番みごとだったので、今でも印象に残っています。 HIDEは、「さすがはTAIJI!!」とD. の音楽を絶賛したそうです。 は、凄腕のアーティストばかりでしたから。 その頃、HIDEと泰司さんが、ちょくちょく会って、「頑張れよな!!」なんて言い合っているのをよく見ました。 その頃のHIDEは、面識ができたアーティストやミュージシャンと、幅広く音楽の話をすることを、本当に楽しんでいました。 おそらく、Xの中で、一番人付き合いが広かったのではないでしょうか。 YOSHIKIの自伝では、あくまでもYOSHIKIを主体に書かれている為に、HIDEの幅の広い音楽性であるとか、豊かな交友関係について、あまり書かれていないのです。 YOSHIKIにとっては、評価に値しない一面だったのでしょうか?非常に残念に感じられます。 それに、やはり、XとYOSHIKIに対して、あまりにもTAIJIを悪者に書き過ぎていますよね。 YOSHIKIと違う考え方や生き方を持った人間は、たくさんいるのですけれど、YOSHIKIが、それらに対して傲慢で、許容量が無さ過ぎですよね。 泰司さんは、今も頑張って活動を続けていますし、他にもあるように、自分を正直に生きているだけなんですよね。 泰司さんのファンの方の多くが、Xも応援しているのに、泰司さんを悪く書いたこの本を読んで、とても嫌な思いをしたと思います。 YOSHIKIが、世界進出を期に、自分をさらけ出した自伝を出すといので読んだのですが、正直言って、内容にがっかりしました。

次の