ウーバーイーツ ドコモ。 月額4,000円!?ドコモバイクシェア、COGICOGI、帝都産業のウーバーイーツ専用プラン

【解説】Uber Eats(ウーバーイーツ)が水戸で使えそうな3つの理由!

ウーバーイーツ ドコモ

私はUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を始めてすでに300回以上配達を行っている配達パートナーなのだが、今回は、 Uber Eats(ウーバーイーツ)ってなんなのか? 仕組みはどうなっているの... Uber Eatsの配達パートナーの仕組みとは? Uber Eatsは色々なお店から食べ物を届けてもらう事のできる便利なサービスなのですが、この配達を行うパートナーになって働くことでお金を稼ぐことが出来ます。 この仕事は一回運ぶごとにいくらという賃金が発生するタイプの仕事で、通常のアルバイトのように 時給ではなく歩合制となっています。 なので今日は天気がいいし、5回ぐらい配達して運動するかとか、今日は疲れてるから2回だけにしとこうとか 自分で仕事を調整することが出来ます。 いっぱいお金が必要な時は 朝9時から夜の24時まで一生懸命頑張って限界までお金を稼ぐことが出来たりもします。 私は自転車が好きなので、このUber Eats(ウーバーイーツ)の仕事を始めてみました。 実際に自転車で食べ物を運ぶ仕事、 Uber Eats(ウーバーイーツ)がどんな感じなのかをまとめていますので興味のある方は読んでみてください! 目次• Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事を始めるまで Uber Eats(ウーバーイーツ)は インターネットで登録して、 パートナーセンターへ行って説明を受けて配達用のバッグを借りて仕事を開始することが出来ます。 登録する時になんかややこしい部分が出てきますがUberは アメリカの会社なのでちょっと勝手が違う部分があると思って我慢しましょう…。 私も何度かつまづきそうになりましたが ちゃんと登録できました。 インターネット登録で身分証明書を写真で撮って送ったり、プロフィール写真を入れたりすることが出来ます。 出来なければ パートナーセンターへ行った時にやってもらうことも出来ます。 銀行情報などもスマホで事前に入れておくとパートナーセンターで入力する手間が減ります(銀行情報も海外からの送金なのでわかりづらいです。 私はパートナーセンターで教えてもらいながらやりました)。 ネットで登録すると翌日ぐらいに電話がかかってきて ネット登録完了のお知らせをしてくれます。 その後、 パートナーセンターへ行って説明を受けてバッグを借りて仕事スタートです。 ちなみに電話に気づかなくても ショートメールで全部内容を送信してくれるので電話を取れなくても問題ないです。 仕事はパートナーセンターでの説明が終われば、すぐにでも開始できるのでオープンと同時でパートナーセンターへ行き、説明終了直後から仕事スタートすることも出来ます。 Uber Eats(ウーバーイーツ)は登録して、配達バッグを借りればすぐにスタート出来ます。 ただ、正直あのバッグはそれほど使い勝手が良くないのでまず、準備をしてからスタートした方がよいでしょう。 準備が出来たらアプリでスタート 仕事開始はUberドライバーアプリを立ち上げて スタートボタンをタップするだけ。 流れは以下のとおりです。 注文が入るのを待つ• 呼び出しが入る• 呼び出しをキャッチするか拒否するか選ぶ• 呼び出しをキャッチして配達開始• 自転車・バイクでレストランへ行き、料理を受け取る• 料理をお客さんへ届けて仕事完了 この辺のマニュアルとかもUberからは何も説明がないのでファストフード店のように 朝礼でみんなで復唱する挨拶みたいなのを教えてもらえません。 とりあえず、 Uber Eats(ウーバーイーツ)です!って言えばいいと思います。 店に行って、Uber Eats(ウーバーイーツ)です!って言えば「番号は?」と注文番号を聞かれるので答えて荷物を無言で受け取る、もしくは「お預かりします」でいいと思いますし、お客さんのところへ行っても呼び鈴を押して「Uber Eats(ウーバーイーツ)です!」って言えばいいし、受け渡す時も無言で渡すか、「お待たせしました」「ご利用ありがとうございました」とか言えばいいでしょう。 このへんはマニュアル無しなので自分で 自分の評価が上がると思われそうな行動を取ればいいです。 評価システムがあるので無愛想だとバッドボタンを押される危険性があります。 一応 愛想だけは良くしといたほうがいいでしょう。 Uber Eats(ウーバーイーツ)は簡単で楽しく稼げる 一連の流れを紹介してみましたがいかがだったでしょうか? Uber Eats(ウーバーイーツ)という新しい仕事は今各都市でどんどんと盛り上がってきていて、利用している店舗数も増えていますし、配達パートナーも増えています。 それに伴い利用者数も増えていますので 今後まだまだ盛り上がってくるでしょう。 私は難波に住んでいるのですが、毎日Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを3〜5人は確実に見かけるぐらい増えています。 なぜここまで増えているのか?というと気軽に一日1時間働いて4〜5回配達して終わりとか出来ますし、今日は頑張って1日1万円稼ぐぞ!と目標を決めて働いたりできるフレキシブルさにあると思います。 自分で工夫してバッグをカスタムしている人もいますし、効率よく運べるように地図を頭に全部入れている人もいます。 私の場合も、仕事というより、 アプリを使ったお届けゲームのような感じで毎日働いています。 今度はどこのタワーマンションかな?とか、このお店美味しそうだから今度来ようとか毎日新しい発見で楽しいです。 登録にはお金はかかりませんし、バッグもレンタルなので 無料で借りることが出来ます(デポジットはある)。 今は大都市近郊のみなので地方に住んでいる人には出来ませんが大都市や大都市近辺に住んでいる方にはおすすめの楽しい仕事だと思います。 自転車かバイクが無いと出来ないの? 基本的に自転車かバイクを選択して登録するため、自転車かバイクが無いと仕事は出来ません。 ただ、Uberとドコモのレンタル自転車が提携していて自転車がない人はレンタル自転車を使って仕事をすることが出来ます。 道に迷ったりしないの? アプリでGPSを使って道順を調べることが出来ますので基本的に道に迷う事はありません。 たまにGPSのピンがずれている場合があり、その場合マンション名をGooglemapアプリに入れて再検索する必要があります。 一回の配達はどれぐらいの時間がかかるの? 正直これに関しては かなり幅があります。 マクドナルドなどのファストフード店の場合、店に行くとすでにほとんど出来た状態でおいてあり、それを預かって徒歩でも5分以内の場所に届ける事ができたりするので 10分で終わってしまうこともありますが、店に行ったらまだ出来てなくて10分ぐらい店で待たされて、届け先を確認したら難波から此花区への配達で片道20分以上かかる場所となり、また難波へ戻るのに20分以上かかるため1時間近くかかってしまうという場合も稀にあります。 ただ、基本的に遠いところはバイクの人が届けるため 自転車は片道15分以内の場所となります。 平均すると1件15分以内がほとんどでしょう。 どういう物を届けるの? 食べ物ならなんでもと言っていいほど様々な物を注文することが可能なのがUber Eatsです。 実際にUber Eatsの注文用アプリをダウンロードしてみればわかりますので無料ダウンロードしてみてください。 多いのはマクドナルドやスターバックスですがタピオカドリンクなども人気です。 どのぐらい稼げるの? これに関しては変動が大きいため、一概には言えません。 地域によってもかなりばらつきがありますし、時間帯によってもブーストという倍率の変更があります。 ただ、Uber Eatsを本業にしてこの仕事だけで生活している人もいるため、一生懸命働けばしっかりとした収入にはなると言えます。 私の場合、基本的に最低時給を下回ったことはほぼありません。 トラブルはないの? 基本的に簡単で誰でも出来る仕事ですが、極稀にトラブルはあります。 慣れない最初のうちはアプリの操作を誤ったりして困ることがありますが、Uberのサポートセンターへ連絡すれば指示をしてもらえるので遠慮なく電話しましょう。 例えば平野区でUber Eatsやっても稼げるの?と言われたり、淀川区は稼げる?と言われたりします。 結論としては中心部の方が店が多くて呼ばれやすくなるので中心部ほど稼ぎやすいですが、平野区や淀川区にもUber Eatsと提携している店はたくさんありますので全く稼げないということはありません。 マクドナルドに関してはどこでも大体あるのでとりあえずマクドナルドに張り付いておけば昼や夜のピーク時間帯ならそれなりに稼げるでしょう。

次の

【比較】ウーバーイーツはロードバイクか電動自転車どっち?シェアサイクルがベスト。|シロハヤブログ

ウーバーイーツ ドコモ

自転車配達パートナー必須の「赤チャリ」の登録・レンタル方法 ドコモ・バイクシェアのHPで会員登録をしよう ドコモのシェア自転車「赤チャリ」を借りるには、まずは 会員登録をするところからスタートします! まずは、から会員登録を進めましょう。 docomoのdアカウントを持っている方は簡単にログインしてすすめることができます。 持っていない方は、下にある「会員登録する」ボタンから会員登録ができます。 IDの頭には「UEATS」をつけましょう 会員登録する際には、ユーザーIDの登録をします。 このさい、配達パートナーとして専用の4,000円使い放題月額プランを利用するためには、IDの頭に「UEATS」という単語を付ける必要があります。 参照サイト: 自転車の利用時間ごとに料金がかかる1回会員は、最初の30分が150円、そしてそれ以降は30分ごとに100円が追加でかかるようになっています。 高いですね… 月額会員は、最初の30分こそ無料ですが、30分以降は1回会員と同様に30分ごとに100円がかかるようになっています。 長時間利用するの配達パートナーには向いていないですね。 1日パスは、1日毎に1,500円かかります。 高いですね。 しかし、 の配達パートナーは特別に、プランが用意されています。 実はとドコモ・バイクシェアは提携をしています。 配達パートナーに登録している人限定で、ドコモ・バイクシェアには月額4,000円で使い放題ができるプランがあります。 この月額4,000円のプランに加入すれば、契約期間内であればどれだけ使っても月額料金が4,000円から増えることはありません。 電池が切れたら何回でも乗り替えられる の記事でもご紹介しましたが、東京都内、特にのエリア内には赤チャリ(ドコモ・バイクシェア)の駐輪場、いわゆるポートがたくさんあります。 <赤チャリ(ドコモバイクシェア)マップ> さらに、赤チャリのポートはドコモ・バイクシェアのアプリで現在地に近いポートやそのポートに現在何台の自転車が駐輪されているか?ということも見ることができます。 ドコモ・バイクシェアの赤チャリは電動自転車ですが、バッテリーは数時間しか持ちません。 の配達をしていると、一日に何台もの自転車を乗り換えすることになります。 (私は平均して一日およそ8時間〜10時間の配達に3台〜4台の乗り換えをしています。 ) そんな時でも、の会員プランであれば自分で好きなだけ自転車の交換をすることができます。 の赤チャリ配達パートナーにとって、自転車のバッテリーは命です。 (バッテリーがなくなったら電動自転車はクソほど重くなります) 躊躇なくバッテリーを交換するためにも、配達パートナーは4,000円の限定乗り放題プランに申し込むのが良いでしょう。 電動自転車は楽!勾配の多い東京都内では電動自転車は大きなアドバンテージ 「自転車に乗ってをやろう!」と考えている方は多いかと思いますが、の配達パートナーとして自転車を使って活躍するためには、電動自転車は非常に大きなアドバンテージになります。 というより、は長時間自転車を漕ぎ続けることになるため、ママチャリでやろう!と考えている方、 結構きついと思うので赤チャリを借りたほうが良いと思います(笑)東京都内、特にエリア内は坂道が多く、アップダウンが激しいので電動自転車や軽いロードバイクなり、移動に体力を消耗しないような自転車を選ぶべきです。 特に、一日1万円以上稼ぎたい場合には自転車の場合、10時間以上自転車を漕ぎ続けることが必要になることが多いです。 そう考えると、やはりアシストの付いている電動自転車は大きな助けとなります。 まとめ 今回は「赤チャリ」の会員登録方法、レンタル方法をご紹介しました。 自転車配達パートナーにとって、赤チャリの存在は切っても切り離せないものだと思います。 この記事を読んで、皆さんも赤チャリで快適なライフを送ることが出来ることをお祈りいたします!.

次の

月額4,000円!?ドコモバイクシェア、COGICOGI、帝都産業のウーバーイーツ専用プラン

ウーバーイーツ ドコモ

ウーバーイーツに登録する手順を丁寧に解説【オンラインで必要箇所を埋める】 登録するかまだ迷っている人はこちらの記事でメリットデメリットを解説しています。 ウーバーイーツで注文する方法はこちらの記事で解説しています。 最初の画面で必要項目を入力する ウーバーイーツの登録はオンラインで行います。 最初の方は個人情報を入力していく流れです。 WEB登録に慣れていない人でもわかりやすいように作業の流れを丁寧に解説していきます。 実際に配達を登録してやってみようかなと思った方はこちらもぜひご覧ください。 メールアドレス 僕はGmailを使っています。 もしメルアドを持っていなくて、特にこだわりがなければGmailを使うのがおすすめです。 Gmailのアドレスの作り方はこちらの記事で解説しています。 ドコモauなどの携帯会社のアドレスでもいいとは思いますが、あまりおすすめはしません。 フィルターでブロックされる可能性や、画像が正しく表示されない、キャリアを乗り換える時に少しめんどそうなど懸念点があると思います。 名(ローマ字)、姓(ローマ字) 名前と名字をローマ字で入力します。 ローマ字表記に迷う時はこちらのページが便利です。 電話番号 電話番号を持っていないという方はLINE MOBILEがおすすめです。 LINEやTwitterの通信料をノーカウントできるプランがあるので、通話機能ありのプランを選んでもそこまで高くならないです。 もちろん、今使っている格安SIMのプランを通話機能ありに変更するのもいいと思います。 パスワード パスワードの決め方に迷う方はこちらのツールがおすすめです。 都市 「東京」などと打つと「Japan, Tokyo, 東京」とサジェストが出るのでそれをクリックすればOKです。 現在の実施都市は以下の通りです。 東京、横浜、川崎、大阪、京都、神戸、福岡、名古屋…など拡大中 「東京エリア」のサービスエリアは、東京23区、さいたま市、市川市及び船橋市を含む一部の地域です。 複数都市で配達できる? 現在は日本国内の都市であれば登録している都市以外でも配達が可能です。 ただ料金体系は都市ごとに異なり、ブースト適用可能になるまでタイムラグがあるなどの可能性があるので各自アプリでの確認が推奨です。 自転車か原付バイクかを選ぶ• 自転車• 原付バイク(125cc以下) この他にも事業用登録されている場合は125cc超のバイク、軽自動車も利用可能です。 自転車の場合の必要書類のアップロード スマホで写真を撮ってアップロードしていきます。 (スキャンでも可) 身分証明証 ・パスポート(写真のページ) ・運転免許証 ・マイナンバーカード ・住民基本台帳カード これらのうちどれか1つをアップロードします。 有効期限内で顔写真が鮮明に映っている必要があります。 プロフィール写真 写真には注意事項があります。 ・正面向き ・肩まで写っている ・帽子、サングラス、マスク不可 ・背景に物や影がない ・明るくてボケてない ・免許等からのコピーは不可 これらに気を付けて、家の壁などの前でスマホで自撮りするのがいいと思います。 原付バイクの場合の必要書類のアップロード 運転免許証 有効期限内で顔写真が鮮明に映っている必要があります。 自賠責保険の証明書 自動車損害賠償責任保険の有効期間、異動事項、契約者氏名、登録ナンバーなどがあるページの全面写真をアップロードします。 ・登録氏名と一致している ・鮮明な写真 であることに注意です。 ナンバープレート情報が保険書類上にない場合は「標識交付証明書」と「自動車損害賠償責任保険」を横に並べ一枚の写真としてアップロードする必要があります。 (両方の車体番号が一致している必要があります) ナンバープレートの写真 ・自賠責保険のナンバーと一致 ・125cc以下である ・鮮明な写真 これらに注意してスマホで撮ってアップします。 プロフィール写真 上の自転車の欄で書いた注意事項に気を付けてアップロードします。 事業用の軽自動車・バイクの場合の必要書類のアップロード 事業用の軽自動車・バイクの場合は以下のものが必要です。 ・自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証 ・任意保険または共済保険の証明書 ・運転免許証 ・自賠責保険の証明書 ・ナンバープレートの写真 ・プロフィール写真 外国籍の方の追加書類 ・パスポート ・在留カード どちらかの追加アップロードが必要です。 パートナーセンターへ行く日を決める 書類のアップロードが終わったら、パートナセンターへ行く日を決めましょう。 いつ行けばいいの? 営業日・営業時間内に行けばOKです。 所要時間は僕の時は30分くらいでした。 混んでいる場合は待ち時間がある可能性もあります。 パートナーセンターの場所は各エリアの記事に書きました。 登録しに行く時の持ち物 ・配達に使うスマホ ・電話番号 ・銀行口座情報 銀行の口座の登録に戸惑わないためにも口座情報(キャッシュカードなど)を持参するのがおすすめです。 パートナーセンターで詳細を確認しながら口座の登録をするのを推奨します。 ゆうちょは使えません。 ・身分証 オンラインでアップロードした身分証も持参します。 これでオンラインでの登録作業は完了です。 ウーバーイーツに登録した後に稼動前にすること【配達に向けて用意】 オンラインで登録した後にすることを書いていきます。 流れを理解しておくとスムーズです。 アプリをインストールしておく 通信費の節約のために家のWi-Fiでアプリをインストールしておくのがおすすめです。 本登録が完了した後にアプリにログインできるようになります。 パートナーセンターへ行く パートナーセンターに行って説明を受けてアカウントを有効化します。 配達に関しての詳しい説明や銀行口座の確認などを行いバッグを受け取ります。 この辺のより詳しい話はこちらの記事に書いています。 登録はオンラインで完結するようになっていてバッグはAmazonでの購入が案内されます。 配達の準備をしよう パートナーセンターで本登録が終わったら配達の準備をしていきます。 持ち物を揃える スマホの充電器など必要なものを準備します。 こちらの記事にまとめています。 配達の流れをイメージする 配達のコツと流れをこちらの記事にまとめています。 漫画でも解説しています。 配達がどんな感じかイメージしやすいと思います。 自転車についてもっと知りたい 東京・大阪・横浜・神戸で使えるドコモのレンタサイクルについてはこちらの記事にYouTube動画付きでまとめてあります。 各都市の自転車事情については各都市の記事で紹介しています。 バイクについてはこちらの記事に書いています。 参考: というわけで今回は以上です。 ウーバーイーツの配達員をやってみようかなと思った方はこちらから登録できます。 この記事の通り登録作業自体はスマホでサクッと終わると思います。 関連記事 関連記事 -,.

次の