エクセル あまり。 MOD関数で余りを求める

四捨五入・切り上げ・切り捨て|Excel・エクセル関数の使い方

エクセル あまり

【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 毎週木曜日更新。 Excelにおける端数の処理を総まとめ Excelの表を作成するとき、数値を「 四捨五入」「 切り捨て」「 切り上げ」する機会があると思います。 それぞれに対応する関数があり、簡単に結果を求められるのですが、使い方を覚えていますか? 【 エクセル時短】第120回では、 数値の端数を処理する(丸める)ときに使う定番の関数をおさらいしましょう。 セルの表示形式を使って四捨五入した場合との違いや、その他の関連する関数まで総まとめします。 INDEX• 四捨五入の定番「ROUND関数」をマスター まずは「四捨五入」です。 Excelで数値を四捨五入するには、 ROUND(ラウンド)関数を使うのがもっともポピュラーな方法です。 構文と引数を見てみましょう。 [ 数値]... 四捨五入したい元の数値を指定します。 [ 桁数]... 四捨五入して、どの桁まで求めるのかを整数で指定します。 2つめの引数[ 桁数]は、1つめの引数[ 数値]の一の位を「0」として、それより大きい桁は負の数、小さい桁は正の数で指定します。 ちょっと分かりにくいので、[ 数値]を「 1476. 532」とした場合の例を以下の表に示します。 [ 数値] 1 4 7 6. 5 3 2 [ 桁数] -3 -2 -1 0 1 2 3 仮に[ 桁数]に「-1」を指定すると、十の位までが求められるように、それより下の桁が四捨五入されます。 上記の例なら「 1480」が求められるわけです。 すべての[ 桁数]ごとの結果をまとめると、以下のようになります。 ROUND関数でセルB1の値「1476. 532」を四捨五入した結果を表示しています。 ひとまず、 [ 桁数]で「0」を指定したら小数点以下が四捨五入される、と覚えておくといいでしょう。 切り捨てには「ROUNDDOWN関数」を使う 続いて「切り捨て」には、 ROUNDDOWN(ラウンドダウン)関数を使います。 構文は以下のとおりで、引数の指定方法はROUND関数と同じです。 同様に[ 桁数]ごとの結果をまとめると、以下のようになります。 ROUNDDOWN関数では、四捨五入ではなく切り捨てとなっていることが分かります。 切り上げには「ROUNDUP関数」で対応 最後に「切り上げ」ですが、 ROUNDUP(ラウンドアップ)関数を使いましょう。 構文は以下のとおりで、引数の指定方法はROUND関数・ROUNDDOWN関数と同じです。 指定した桁よりも下の桁が切り上げられた結果が求められていますね。 ROUNDUP関数により、セルB1の値「1476. 532」が指定した桁で切り上げられています。 セルの表示形式では見た目上だけ四捨五入される ここまでは関数を使って端数を処理する方法を解説しました。 ただ、四捨五入に関しては、関数を使わないもう1つの方法があります。 セルの表示形式を使う方法です。 [ホーム]タブの[数値]グループにある[ 小数点以下の桁数を減らす]ボタンを使うと、小数点以下の桁数を調整し、非表示にした桁を四捨五入できます。 手軽に四捨五入できて便利なのですが、この方法では 見た目上の数値が変わるだけで、セルに入力されている実際の数値は変わらないことに注意してください。 具体的な例を見てみましょう。 「表示形式」列と「ROUND関数」列で、同じ数値が入力されているように見えます。 しかし、5行目で求めている合計が異なっていますね。 「234+865+457」は「1556」が正しいのですが、なぜこのような現象が起こるのでしょうか? 数式バーで「表示形式」列のセルを見てみると...... 実際には、セルA2に「234. 12」と入力されていることがわかります。 一方の「ROUND関数」列はというと...... 12」の小数点以下第一位を四捨五入した数値が求められています。 ここで[ 小数点以下の桁数を増やす]ボタンをクリックして...... 非表示になっていた小数点以下の桁を見てみます。 一目瞭然ですね。 「表示形式」列の数値には、実際には小数点以下の桁があります。 5行目で求められている合計は正しいのですが、セルの表示形式で見た目上だけ四捨五入すると、計算が合わなくなるわけです。 一方、「ROUND関数」列では、関数による計算結果がセルにそのまま入力されているため、見た目と実際の計算が一致します。 このように、表示形式で見た目上だけ四捨五入しているセルと、ROUND関数で四捨五入しているセルを計算に用いると、結果が合わなくなることが起こりえます。 税率の計算など、端数の処理を厳密に行う必要があるときには注意してください。

次の

【Excel】エクセルでの割り算で商と余りを計算する方法【INT関数とMOD関数の使用方法】

エクセル あまり

大企業の人も知らない!エクセルでやってはいけない5つのこと• エクセル仕事ができない人・遅い人になるな!やってはいけない5つのこと エクセル仕事をする上でやってはいけない5つのことを紹介します。 これまで数多くのエクセルを見てきましたが、 9割以上の方がやってはいけないことをやっています。 僕は大企業に勤務していましたが、正しくエクセルを使える人は、1割もいませんでしたし、パソコンスクールに通った方でも、上手いと言える人はほとんどいませんでした。 では、やってはいけない5つのことを紹介します。 あなた自身やあなたの身の回りを思いうかべながら読んでみてください。 やってはいけない1|エクセルの表やデータベースをとりあえず作る エクセル表やデータベースには、正しい作り方があります。 エクセルで表やデータベースを作成するときは、以下の2つを満たしていることが大切です。 四角が1つであること 2. データに穴や結合がないこと ですので、こんな表やデータベースの作り方をしてはいけません。 ダメな例1. 四角がヨコに複数ある ダメな例2. 四角がタテに複数ある ダメな例3. セルに空欄がある ダメな例4. セルが結合されている なぜ、「四角が1つであること」と「データに穴や結合がないこと」が重要なのか? その理由は、エクセルの機能が使いにくくなるからです。 この記事の後半で、詳しく説明していますので、このまま読んでいってください。 私の勤めていた会社でも、エクセルファイルの多くが、この2条件をクリアしていませんでした。 同僚は、毎月来る資料のデータをマウスでカチカチと手直しするのに、何時間もかけていました。 その原因は、もともとのデータの形に問題があるからです。 これでは仕事がはかどりませんので、注意が必要です。 やってはいけない2|ショートカットキーを使わない。 マウスばかり エクセルはショートカットキーを使わないと、操作がはかどりません。 たとえば、シート間の移動を行うショートカットキーがあります。 これだけでタイムロスです。 一回の移動で1-2秒ロスしてます。 それが積もり積もって、仕事の効率を低下させています。 やってはいけない3|タイピングが遅い。 人差し指だけでタイピング エクセルに限らず、パソコン操作の基本は、タイピングです。 ワードもパワポもメールも、文字や打つには、タイピングです。 スポーツで言えば、足の速さのようなものです。 足が速いなら、スポーツ全般が得意ですよね。 パソコン仕事では、 タイピングが早い人は、エクセルもワードもパワポも上手く扱えるようになります。 以前、勤務していた会社に50代男性社員がいました。 驚いたことに、人差し指だけでタイプして、データ処理をしていました。 これで仕事がはかどるわけはありません。 残念なことに、彼は毎日3時間以上の残業。 老婆心ながら、彼に何度かタイピングのアドバイスをしましたが、10年以上の習慣をなかなか変えることはできませんでした。 やってはいけない4|簡単なエクセル関数しか使えない エクセルには自動で処理するための関数、ピボットテーブル、マクロなどの機能があります。 これらの機能を使えば、データ処理・分析を一瞬で行うことができます。 しかし、 多くの方は、これらの機能をほとんど使えません。 使えたとしても、sum, average, countifといった簡単な関数レベルです。 私が勤務していた企業は、グローバルに事業を展開している大企業でした。 残念ながら、そこで働いている多くが、sum, average, countifといった簡単な関数レベルしか使えませんでした。 vlookupなんて使えようものなら、「エクセル得意」と評価される環境です。 仕事では、エクセルを使うことも多いハズ。 やってはいけない5|数学が苦手、小数点計算がキライだから、ウェブで調べたりしない ・数学が苦手 ・小数点計算ムズカシイ と思いこんで、ウェブで調べたり、自分で勉強しない これはやってはいけません。 エクセルに数学や計算が得意不得意は関係ありません。 ムズカシイ計算は、エクセルがやってくれます。 ややこしく見える計算式も、本やウェブを使えば、簡単に調べることができます。 やることは、計算の流れを作ることだけです。 苦手という思い込みで、便利な機能を使うのを諦めてしまうのは、とてももったいありません。 苦手=思い込みということを覚えておきましょう。 エクセル苦手を克服!上達するための勉強のコツ3つ エクセル苦手を克服して、 エクセルが得意になるために、必要な勉強のコツを紹介します。 エクセルの基本、仕事の基本となる考え方をお伝えしますので、ぜひ読み進めていってください。 コツ1|エクセル仕事のデータ作りの基本の型をおさえる エクセル仕事のデータ作りの基本は、以下の2つです。 例えば、ピボットテーブルを利用する場合、四角になっていないと、データ解析がうまくいきません。 そのほかにも、エクセル並び替えの機能を利用する場合、セルを結合していると、並び替えができません。 さらに言えば、エクセルマクロの解析も同じです。 2つの条件を満たしていると、カンタンなプログラムで動かすことができます。 しかし、穴があったり、セルの結合をしていると、穴の部分やセルの結合をしているセルをスキップしたりするプログラムが必要になり、プログラムが複雑化します。 以上のように、表やデータを四角以外の形にしたり、セルの結合やセルに空欄を作るのは、手間を増やすだけです。 たしかにセルを結合したほうが見やすいかもしれませんが、データや表において、見やすさは横に置いたほういいです。 必要な場合は、見せる用のシートを新しく作成しましょう。 まとめると、エクセル仕事のデータ作りの基本は、以下の2つ。 1|四角であること 2|データに穴や結合がないこと これを意識するだけで、仕事のラクさがグーンと上がります。 コツ2|パソコンの基本操作を身につける タイピングとショートカットキーを習得は、とても大切です。 はっきり言って、このスキルを習得するだけでも、仕事の早さがグッと上がります。 以前、僕はタイピングとショートカットキーのトレーニングをやったことがあります。 実をいうと、僕はタイピングやショートカットキーに自信があったので、トレーニングする必要はないと思っていました。 しかし、人から勧められたこともあり、騙されたと思ってm1ヶ月間トレーニングしたのです。 その結果、タイピング速度が1. 3倍になり、ショートカットキーも20だったのが、50-100以上使いこなせるようになり、仕事の効率が大幅に上がりました。 興味深かったのが、仕事でプレゼンしたのことです。 「なんで、そんなにパソコン操作が早いのですか?」と聞かれたのです。 パソコン操作があまりにも早くて驚いたとのこと。 ちなみに、プレゼンの内容への質問はありませんでした 笑 僕以外の方でも、営業管理の仕事をしている人で、タイピングとショートカットキーを学んで、残業が毎日1時間減った。 と喜んでいた方もいました。 トレーニングすれば、仕事が早くなるのですが、「地味なのか?」、「基礎の基礎すぎるのか?」イマイチ分かりませんが、タイピングやショートカットキーは、注目されづらいのが実情です。 正直に言って、もっとも重要なパソコンスキルは何か?と問われたら、迷わずタイピングとショートカットキーと言います。 ぜひ、習得することをオススメします。 コツ3|エクセル機能はレベルにあわせて学ぶこと エクセル関数は、そこまでムズカシイものではありません。 しかし、エクセル初心者の方が、vlookupとかsumifなど関数を、レベルが高いものを学ぶと失敗します。 大切なのは、あなたのレベルにあわせて学ぶことです。 いきなり、vlookupやsumifといった関数を学んでみたいと思う方がいますが、なかなか難しいです。 というのも、ネットや本で調べてみると、以下のような教科書的な説明をされるからです。 もちろん、ある程度レベルが高い人であれば、この説明でも理解できるのですが、初心者であれば、理解は難しいでしょう。 ですので、大切なのは、イメージできるかです。 教科書的な丸暗記は挫折の原因になります。 本やウェブの情報で、画像でイメージできるもので学ぶのは、オススメです。 最近は、動画教材も増えているので、そこから学んでみるもいいでしょう。 重要なのは、イメージをつかむこと。 画像や動画など、イメージをつかみやすい事例で習得するのが大切です。 エクセルの勉強法!動画学習サイトの無料方法からオススメ本まで エクセルの勉強方法を紹介します。 学習サイトから動画や本まで、数多くの教材があります。 大切なことはレベルに合った内容を学ぶことです。 ここでは、初心者から上級者まで、エクセルの学習方法を紹介します。 勉強法1|ネットの学習サイトは、google検索で上位から ・エクセルの使い方が分かっている人 ・自分で調べる習慣がある人 ネットの学習サイトには、「ココ」というオススメはありません。 むしろ、サイトごとに強い分野と弱い分野があるので、一つに決めるのはオススメしません。 上手なやりかたは、 分からないことをgoogle検索で調べる もし、検索画面に何を記述していいかわからない場合は、以下のように調べてみましょう。 google検索で調べるときの例 エクセル 行 入れ替え やりかた こんなカンジで「単語1 単語2 単語3 ・・・」とgoogle検索すればOKです。 そうすれば、googleで評価の高いサイトが表示されます。 評価の高いサイトには、基本的にわかりやすい情報がまとめられています。 上位表示されているサイトから見ていけば、いい情報を入手できます。 勉強法2|エクセル習得のオススメ学習本はピンポイントで ・手とり足取り教えてほしい人向け ウェブサイトでも動画でも分からない。 横で見てもらった方が安心。 という方は、エクセル勉強会に参加してみてもいいでしょう。 ・市役所の掲示板 ・スーパーの掲示板 ・地方 エクセル 勉強会 でgoogle検索する で調べてみると、見つかることがあります。 ぜひ試してみて下さい。 スキルアップしたいなら、継続して学ぶことが大切 スキルアップしたいなら、まずはエクセルの基本を抑えることが大切です。 その基本を抑えた上で、継続的に学ぶことが大切です。 もしエクセルの基本を学びたいなら、の無料動画がオススメです。 初心者にもわかりやすく説明されているので、何度か視聴すれば、基本が理解できるでしょう。 本でも学ぶことは可能ですが、お金もかかりますし、画像やテキストだけだと、イメージがわきづらいので、初心者であれば、動画で学ぶのがもっともオススメです。 エクセルの場合、多くの方が、自己流で身に付けるか、上司や同僚のエクセルを見ながら見よう見まねで学んでいくのが実態です。 しかし、それでは、どうしても非効率な仕事になってしまいます。 ですので、ぜひエクセルの正しい使い方を身につけて、効率的な仕事ができるようになっていただければと思います。 エクセルに限らず、パソコンスキルを高めたいなら、こちらの記事がおすすめです。 パソコンのスキルアップをしたいなら エクセル関数を習得したいなら エクセルの上級テクニック!エクセルマクロVBAについて知りたいなら gene320.

次の

エクセルの関数とは? まず覚えておく15個の関数も紹介

エクセル あまり

【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 毎週木曜日更新。 Excelにおける端数の処理を総まとめ Excelの表を作成するとき、数値を「 四捨五入」「 切り捨て」「 切り上げ」する機会があると思います。 それぞれに対応する関数があり、簡単に結果を求められるのですが、使い方を覚えていますか? 【 エクセル時短】第120回では、 数値の端数を処理する(丸める)ときに使う定番の関数をおさらいしましょう。 セルの表示形式を使って四捨五入した場合との違いや、その他の関連する関数まで総まとめします。 INDEX• 四捨五入の定番「ROUND関数」をマスター まずは「四捨五入」です。 Excelで数値を四捨五入するには、 ROUND(ラウンド)関数を使うのがもっともポピュラーな方法です。 構文と引数を見てみましょう。 [ 数値]... 四捨五入したい元の数値を指定します。 [ 桁数]... 四捨五入して、どの桁まで求めるのかを整数で指定します。 2つめの引数[ 桁数]は、1つめの引数[ 数値]の一の位を「0」として、それより大きい桁は負の数、小さい桁は正の数で指定します。 ちょっと分かりにくいので、[ 数値]を「 1476. 532」とした場合の例を以下の表に示します。 [ 数値] 1 4 7 6. 5 3 2 [ 桁数] -3 -2 -1 0 1 2 3 仮に[ 桁数]に「-1」を指定すると、十の位までが求められるように、それより下の桁が四捨五入されます。 上記の例なら「 1480」が求められるわけです。 すべての[ 桁数]ごとの結果をまとめると、以下のようになります。 ROUND関数でセルB1の値「1476. 532」を四捨五入した結果を表示しています。 ひとまず、 [ 桁数]で「0」を指定したら小数点以下が四捨五入される、と覚えておくといいでしょう。 切り捨てには「ROUNDDOWN関数」を使う 続いて「切り捨て」には、 ROUNDDOWN(ラウンドダウン)関数を使います。 構文は以下のとおりで、引数の指定方法はROUND関数と同じです。 同様に[ 桁数]ごとの結果をまとめると、以下のようになります。 ROUNDDOWN関数では、四捨五入ではなく切り捨てとなっていることが分かります。 切り上げには「ROUNDUP関数」で対応 最後に「切り上げ」ですが、 ROUNDUP(ラウンドアップ)関数を使いましょう。 構文は以下のとおりで、引数の指定方法はROUND関数・ROUNDDOWN関数と同じです。 指定した桁よりも下の桁が切り上げられた結果が求められていますね。 ROUNDUP関数により、セルB1の値「1476. 532」が指定した桁で切り上げられています。 セルの表示形式では見た目上だけ四捨五入される ここまでは関数を使って端数を処理する方法を解説しました。 ただ、四捨五入に関しては、関数を使わないもう1つの方法があります。 セルの表示形式を使う方法です。 [ホーム]タブの[数値]グループにある[ 小数点以下の桁数を減らす]ボタンを使うと、小数点以下の桁数を調整し、非表示にした桁を四捨五入できます。 手軽に四捨五入できて便利なのですが、この方法では 見た目上の数値が変わるだけで、セルに入力されている実際の数値は変わらないことに注意してください。 具体的な例を見てみましょう。 「表示形式」列と「ROUND関数」列で、同じ数値が入力されているように見えます。 しかし、5行目で求めている合計が異なっていますね。 「234+865+457」は「1556」が正しいのですが、なぜこのような現象が起こるのでしょうか? 数式バーで「表示形式」列のセルを見てみると...... 実際には、セルA2に「234. 12」と入力されていることがわかります。 一方の「ROUND関数」列はというと...... 12」の小数点以下第一位を四捨五入した数値が求められています。 ここで[ 小数点以下の桁数を増やす]ボタンをクリックして...... 非表示になっていた小数点以下の桁を見てみます。 一目瞭然ですね。 「表示形式」列の数値には、実際には小数点以下の桁があります。 5行目で求められている合計は正しいのですが、セルの表示形式で見た目上だけ四捨五入すると、計算が合わなくなるわけです。 一方、「ROUND関数」列では、関数による計算結果がセルにそのまま入力されているため、見た目と実際の計算が一致します。 このように、表示形式で見た目上だけ四捨五入しているセルと、ROUND関数で四捨五入しているセルを計算に用いると、結果が合わなくなることが起こりえます。 税率の計算など、端数の処理を厳密に行う必要があるときには注意してください。

次の