春節いつまで。 【最新確定】2019年の春節の期間はいつからいつまで?|2020年以降の予定

中国の春節2020年はいつ?休み期間はいつからいつまで?

春節いつまで

旧正月である春節は、中国人にとって大きな祝日の1つです。 1月下旬から2月中旬頃の7日間程度が連休となるため、この春節の時期を狙って日本を訪れる中国人が多々見られます。 新年の幕開けにパーッとお買い物を楽しむ中国人も多いので、日本企業としては売上を伸ばす絶好のチャンスですよね。 しかし、日本のように元旦を盛大にお祝いをするお正月と異なり、春節は旧暦によって休みの時期が決まるため固定された日にちではありません。 インバウンド客を狙うなら、春節はいつからいつまでなのかをしっかりチェックしておくことが大切です。 そこで本記事では、春節とは何なのか、定義や読み方などの基礎知識から2020年の春節はいつまでなのかというスケジュールまで徹底解説します。 中国春節とは?定義や読み方 春節とは、中国・中華圏のお正月のこと。 7日程度の連休が設けられることが多く、その時期は大体1月下旬~2月中旬頃となります。 <春節の基本情報> 春節の由来となった時代には、人々は月の満ち欠けで1ヶ月を決める『旧暦』を採用していました。 その名残として、現代でも春節は旧暦によっていつからいつまでが連休となるのかが決まります。 しかし、月の満ち欠けの周期は29日。 どうしても少しずつズレが生じてしまうため、新暦を採用する日本のように「1月1日を新年最初の日」と決められません。 そのため、毎年春節の日にちが異なります。 また、春節を祝うのは中国だけではありません。 台湾や韓国などの東アジアをはじめ、ベトナムやシンガポールなどの東南アジアでも春節を盛大に祝う風習があります。 日本ではあまり馴染みがないため、『春節』という文化を初めて知る方もいるでしょう。 しかし、日本でも年末年始に大型連休をとる方はたくさんいるので、それと似たようなものだと思えばイメージしやすいですね。 中国春節はいつからいつまで 中国の春節は、春節前日の大晦日からおよそ7日間と決まっているため、この連休中に中国の学校や企業が休みとなります。 しかし、中には会社に頼んで連休期間を伸ばす方もいるため、7日以上の大型連休となる方も珍しくありません。 2020年の春節当日は1月25日。 前日から連休に入るので、2020年の春節期間は1月24日~1月30日の7日間と言われています。 ただ、2020年の春節期間はまだ中国政府から正式な発表がされていないため、あくまで『予定』であることを念頭に置いておきましょう。 中国春節の過ごし方 7日程度の大型連休があるとなると、誰もがわくわくしますよね。 その上、春節は新年の幕開けとなるおめでたい祝日。 中国ではどのような過ごし方をするのか気になっている方は多いでしょう。 そこでここからは、中国春節で人気の楽しみ方を3つ紹介します。 海外旅行に行く 大型連休を利用して海外に行こうと考える中国人が多く見られます。 特に、中国から近い東南アジアは春節の風習が残っているため、「中国文化を楽しみながら観光ができる」と人気です。 ただ、東南アジアに負けないくらい人気の旅行先として日本も挙げられます。 日本は比較的中国から近い上に、治安が良く過ごしやすいと好評です。 高品質なメイドインジャパンの製品も購入できるため、観光はもちろんショッピングを楽しみたいという中国人観光客から人気を集めています。 自国の新年イベントを楽しむ 春節には、中国の各都市でイベントが開催されています。 例えば、• 北京廟会:北京で開催される縁日• 香港花火大会:毎年旧暦2日の夜に開催される• 豫園新春民俗芸術灯会:上海で行われる大型ライトアップイベント など様々です。 各都市がお祭りムードで春節を祝うため、目一杯自国のイベントを楽しむというのも素敵な過ごし方ですよね。 実家で家族と過ごす もともと春節は、実家でのんびりと過ごすのが当たり前とされてきました。 その風習から、春節は極力外出を控えテレビを見たり家族団らんを楽しんだりする方が多いのです。 特に、大晦日の夕食には『団らん飯』と呼ばれるごちそうが食卓に並びます。 ごちそうを囲って家族みんなで新年を迎えるのは日本と同じですね。 中国春節での訪日観光客に関する情報・データ お正月休みにあたる春節では、自宅で家族とのんびり過ごすという過ごし方が一般的でした。 しかし、近年この大型連休を利用して日本を訪れる中国人観光客が増えています。 中国人観光客が増えることで日本はどのような恩恵を受けているのでしょうか?ここでは、訪日観光客の人数や消費金額、何にお金を使うのかなどのデータを紹介します。 訪日外客数 日本は「安全性が高い」「文化が魅力的」などの理由から、日本を旅行先に選ぶ外国人は多く、その数は2018年で3,119万人を超えます。 まずは世界規模で訪日外客数の多い国を見てみましょう。 1年間で838万人超えという驚異的な数字を出しています。 これだけの中国人観光客が日本を訪れていると分かると、いかに中国インバウンド集客が重要かも実感できますね。 さて、訪日外客数で中国人が圧倒的に多いことは上記のランキングから分かりましたが、その中でも春節時期に訪日する人数はどれくらいなのでしょうか?過去数年間の春節時期から訪日外客数を見てみましょう。 春節で日本を訪れる中国観光客が年々増加傾向にあることから、これからも益々多くの中国人の訪日が期待できます。 総消費金額 1年を通して800万人以上の中国人観光客が訪れている日本。 これだけたくさんの中国人観光客がいれば、その経済効果もかなりの大きさです。 では、実際に春節時期はどのくらいの消費金額が見込めるのでしょうか。 過去5年間のデータから春節時期の経済効果を見てみましょう。 出典: 上記は、春節の連休が含まれる1~3月期の中国人観光客の消費額を表したデータです。 3,000億円台の年が多いですが、2019年にはついに4,000億円を突破しています。 年々消費額が増加傾向にあるところを見ると、今後さらに春節の恩恵を受けられると期待できますね。 お金の使い道 春節は中国観光客が多く訪日するといっても、すべての業界がその恩恵を受けられるわけではありません。 中国人観光客がどんなところにお金を使っているのかを理解し、ニーズに合わせた戦略立てが必要となります。 では、実際に訪日中国人はどのようなところにお金を使っているのでしょうか?まずは2019年1~3月期の旅行消費額を費目別にご覧ください。 億円 出典: 圧倒的に多いのが買い物枠。 「メイドインジャパンは品質が良い」というイメージを持つ中国人が多いことから、春節で日本を訪れたのを機に買い物を目一杯楽しむ傾向があります。 その様子から、2015年の春節時期には「爆買い」という言葉が流行したほど。 現在でも買い物を目的に日本を訪れる中国人観光客も少なくありません。 特に中国人観光客の買い物で選ばれているものを購入率順、単価順で挙げると以下のようなものがあります。 <購入率順> <単価順> 出典: 日本製品は品質が良いため、日用品の人気が高い傾向があります。 そのため、化粧品・香水の購入率がダントツに多く売れています。 また、中国の特徴の1つが「時計・フィルムカメラ」「宝石・貴金属」といった高級品の単価が高いところです。 アメリカや韓国など他国と比べても突出して高いので、春節は高単価商品の販売チャンスと言えますね。 ただ、近年の傾向として日本の製品だけでなく文化に触れる娯楽サービスに興味を持つ中国人観光客も増えています。 モノ消費からコト消費へと関心が向いてきているため、娯楽等サービスを提供している企業も徐々に春節の恩恵を実感できるでしょう。 春節で訪日観光客を呼び込む方法 春節時期は気持ちが開放的になり、財布の紐が緩む中国人観光客もたくさん見られます。 日本も新年を迎えて間もない時期なので、「売上を大幅アップさせて1年の好スタートを切りたい!」という日本企業も多いでしょう。 しかし、具体的にどのようにすればインバウンド集客に成功するのか分からないという日本企業も少なくありません。 そこでぜひご覧いただきたいのが、以下に掲載した「訪日観光客が出発前に得た旅行情報源で役立ったもの」の調査結果です。 転載: 訪日観光客が何を参考に日本を訪れているのか、その情報源として人気のものが一目瞭然です。 そこでここからは、上記のデータをもとに春節時期の効果的なインバウンド集客方法を紹介します。 SNS・ブログで情報発信する 中国に限らず、現代はインターネットで情報収集することが多い時代なので、SNSやブログの情報は非常に注目度が高いです。 その中でも効果的な情報発信方法として、「中国のインフルエンサーにブログを書いてもらう」「中国で人気のSNSに情報を発信する」などがあります。 ただ、注意しなければならないのが中国は独自のソーシャルメディアを発展させているということです。 日本人の多くが使用するFacebookやInstagramなどのSNSは中国では使用できません。 そのため、中国インバウンドを狙うなら中国人ユーザーを多く持つSNSを中心に情報発信していくことが大切です。 拡散を狙ったキャンペーンを企画する 訪日観光客が参考にする情報源として多いものに「親族・知人」があります。 確かに、実際に日本を訪れた方からの生の声は説得力がありますし、親族・知人からの情報であればサクラの心配もないので安心ですよね。 そこで日本企業ができる効果的なインバウンド対策が拡散を狙ったキャンペーンを企画することです。 例えば、• お友達5人にお店を紹介したらクーポンをプレゼント• お友達と来店したらお菓子をプレゼント• お友達を紹介してくれた方・紹介された方にそれぞれ1,000円プレゼント など、中国人顧客に「身近な人に日本の商品やサービスを紹介したい!」と思わせるキャンペーンの実施を検討してみましょう。 中国人観光客にとって魅力的なキャンペーンを打ち立てられれば、大幅な集客効果が見込めます。 Webマーケティングにおいては下記の記事で詳しく紹介されているので、ぜひこちらも参考にしてください。 旅行・宿泊・航空会社HPに広告を出す 「安い旅行ツアーはないかな?」 「どこの宿泊施設を予約しよう?」 「席がなくなる前に飛行機のチケットをとらなければ!」 様々な理由から春節前は旅行会社・宿泊施設・航空会社のHPのアクセスが集中します。 だからこそ実践したいのがHPに広告を出すことです。 実際に、これらのHPにある情報を参考にしている訪日観光客も多々見られます。 自社HPへ上手に誘導できるため、効果的な企業PRにつながりますよ。 まとめ 中国の祝日はいくつかありますが、その中でも春節は多くの中国人が楽しみにする祝日です。 日本のお正月のように実家でのんびり過ごすのが従来の過ごし方でしたが、近年はこの7日程度の連休を利用して日本に来る中国人観光客が増えています。 また、中国人観光客の増加に伴って日本での消費額も増加傾向にあり、2019年には4,000億円を突破。 日本企業の売上も上がり経済が潤うと期待できますね。 しかし、春節で売上をアップさせるためにはしっかりとインバウンド客を呼び込むことが大切です。 どのように集客すれば良いか分からない方のために、今回は効果的な集客方法も紹介しています。 また、訪日外国人集客の戦略支援をしている株式会社LIFE PEPPERであれば、より効果的な中国インバウンドを支援してくれますよ。 「なんとしてでも中国人観光客を集客したい!」という日本企業は、ぜひ無料のお役立ち資料をダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

次の

春節とは?2020年中国春節の時期や基礎知識(定義・読み方)を紹介

春節いつまで

春節とは 春節とは先ほどからも少しご紹介していましたが、日本で言うところの「お正月」で「旧暦のお正月」に当たります。 台湾や中国といった中華圏では新暦のお正月よりもこの旧暦のお正月の方が重要視され、春節の方が盛大にお祝いされます。 そんな春節ですが、日本ではお正月と言えば1月1日から始まり、曜日などは関係ないとされていますが、旧暦は毎年日付が変わります。 実はこの旧暦のお正月、春節は昔中国では様々だったとされています。 というのも、中国の歴史でも習ったことがあるかと思いますが、中華圏では歴史も長いので王、王朝が様々ありました。 この王朝ごとによって元旦である春節の日が変わったとされ、実は旧暦のお正月が春節とされたのは清が滅亡した後なのです。 この清の滅亡後には西洋と同じ文化を取り入れ、西洋諸国と同じである「グレゴリオ暦」を取り入れました。 この「グレゴリオ暦」によって、今の春節が旧暦のお正月の日と位置付けられたとされています。 春節(旧正月)の風習 春節についてご紹介しましたが、台湾春節や中華圏での春節では日本のお正月と同じように、各初一や初二、除夕ごとに風習が異なるとされています。 日本で言う元旦は、春節では「初一」とされ、大晦日は「除夕」とされています。 各春節ごとにご紹介していくと次のような風習があるとされています。 春節の除夕(大晦日) 春節の除夕は日本で言うところの大晦日に当たります。 この除夕では「掃塵」という風習があり、字をみてもわかるように、日本で言うところの大掃除をする日となっています。 この「掃塵」をすることによって、その年の不幸事や家の悪い気を掃除して外に出すという意味合いがあり、日本の年末の大掃除と同じ意味合いだということが分かります。 さらに中華圏では、この春節の除夕の夕方以降には地域によっては轟音が鳴り響きます。 というのも、この除夕には夜には魔除けの意味で、路上で爆竹などを鳴り響かせ、邪な気を払うとされる風習がありました。 しかし、現在では騒音問題もありますので、地域によってはこの風習は耐えていますが、まだこの風習が残っているところもあります。 春節の初一(元旦) 初一は日本で言うところの元旦です。 中華圏で初一を迎えると、まず一番最初の起床後には年長者、年配者に対して、長寿の言葉を述べるようになっています。 この長寿の言葉を述べた後には、親しい友人や知人、近隣の住民などに手に上げを持って回りながら挨拶を行います。 これは「拝年」と呼ばれる風習とされています。 さらにこの後には、子供がいる場合は赤い袋にいれたお年玉を渡して、子どもたちに対しても春運、初一を迎え、年を越したことの目出たい運をおすそ分けしていきます。 春節の初二 中華圏ではこの春節の初二では既婚者は「回娘家の日」とされています。 回娘家の日は、既婚者である女性、奥さんが自分の旦那や子供を連れて実家に帰省する日をさし、奥さん側の実家にて新年のお祝いを行います。 実家に帰省後には再びお世話になった、お世話になるであろう年配者や近隣の人に手土産を持って挨拶に回ります。 春節の初三、初四 春節の初三や初四は家族でゆっくり過ごす日とされています。 春節の3が日は、場所やお店によっては日本の昔の状態のように、開いていない事がありますので、事前に春節に向けてたくさんの食材や必要な物は購入しており、家でゆっくり休む人が多いです。 「初四」も初三に続いて、新年を迎えたことをお祝いし、自宅や友人と家でゆっくり休みます。 春節の初五 春節の初五では「開工の日」という風習があり、日本で言うところの「仕事始めの日」とされています。 この「開工の日」は仕事始めの日でもありながら、初売りの日とされています。 この初売りが始まると最近中華圏で話題になっている「爆買い」が行われる所もあり、中華圏で多大な金額が動く日ともなっています。 商業施設では、この初売りである「開工の日」にかなり力を入れているところも多く、中華圏内を食材や催し物の音色や香りで新年を賑やかに祝います。 さらに、普通の一般企業でもこの仕事始めの日には新年を迎え、「残った邪を払う」という意味合いで、爆竹を鳴らすところもあります。 このように春節の日はそれぞれに風習や習わしがありますが、日本のお正月と大変似ていることが分かります。 春節のお祝いの仕方 春節のお祝いの仕方は家庭や状況によって様々です。 中華圏の春節は家族で集まってお祝いすることが多く、除夕では夜や夕には家族で集まって食事をする所が多いと共に、初一では年長者、年配者に敬意を払った挨拶、子供に幸運を分けるといったお祝いの仕方を行います。 春節の過ごし方 先ほどもご紹介していることからもわかるように、中華圏の春節の過ごし方は主に「家族」で過ごす事が多いです。 除夕の夕飯や晩御飯を家族で過ごしたり、「回娘家の日」のように実家に帰省して家族で過ごしたりといったみんなでお祝いをする過ごし方が一般的となっています。 春節の食べ物 春節の日の食べ物は日本のお正月のように、おせちのように縁起を担いだ料理を食べたりします。 あわびやフカヒレなどもご自宅の家庭に並ぶのも特徴的で、あまり頻繁に食べれないご馳走をこの時に家族で食べるといった団らんの意味合いも込められています。 さらに春節の中でも除夕では変わった食べ物の風習が存在し、北京などの北方では餃子を食べるところが多く、水餃子の中にお金を入れておみくじ形式を行い、お金が入った水餃子を食べた人は来年良いことがあるといった面白い風習があります。 さらに南方では次の年がいい年、甘い年となるようにと「糖菓子」を食べる習慣が多いです。 まとめ:春節は中華圏では大変めでたい日 台湾春節や中華圏での春節についてご紹介しましたが、日本のお正月と同じように大変めでたい日となっています。 特に台湾春節では昔の日本のお正月のような習慣が残っているところが多く、家族で過ごしたりと、団欒でこれからの日、いい年を迎えようというところが多いです。 日本では1月1日がお正月となっていますが、日本とは少し違うので二月ごろに台湾に訪れると二度のお正月を堪能することができます。 ぜひ時間に余裕がある人は訪れて、台湾春節などを楽しんでみて頂けたらと思います。

次の

旧正月2020年はいつからいつまで?日本ではなぜお祝いしないの?

春節いつまで

このページでは東京タワーの春節カラーについて記しています。 2月4日から中国旧暦新年が始まりました。 中国のお正月でもある春節は4億人が大移動する最大規模のイベントになります。 そんななか東京タワーでは春節を祝う、春節カラーにライトアップされました。 安倍首相も中国語であいさつをするなど今ままでになかった春節となりました。 さてそんな東京タワーの春節カラーはいつまで見れる事ができるのでしょうか? 東京タワーのライトアップの日程を調べてみました。 東京タワー 春節ライトアップの日程 2019年2月4日 18:30 ~ 6:00 迄 今回の東京タワーレッドライトアップは2月4日の1日だけのイベントだったようです。 なので今回見逃した人はもう見れないという事になります。 春節中にもう一回ライトアップされる予定とかあるの? 東京タワーを運営する事務所に電話をして春節イベントについて聞いてみましたが、今のところそういった予定はないといわれました。 春節に関するイベントは今回のこの1回のみで、次回いつ開催するかは未定のようです。 東京タワー イベントライトアップの情報について 今回のような春節カラーのライトアップイベントはどこで情報を収取したらいいのでしょうか? いろいろと調べてみたところ東京タワーの公式ページでイベントを確認するのが一番確実のようです。 今回も公式ページでは春節カラーのライトアップについてのイベント情報を告知していたようです。 公式サイトのカレンダーからその日どんなライトアップされるのか予定もわかるようになっています。 ただしこれは、その月だけの日程しかわからないので来月の予定、夏の予定といった先のライトアップ予定についてはわかりません。 いちいち公式サイトをチェックするのが面倒な人は 今回の1日限定だけの春節カラーライトアップなどをもう見逃したくない だけど、こまめに東京タワーの公式ページをチェックするのはめんどくさい そんな、あなたには東京タワー公式のイベントメルマガがオススメです。 こちらに登録しておけば東京タワーで行われるイベントの情報がメールで届くようになります。 あとは気になるイベントがあれば公式サイトで詳しい日程や時間を確認すればいちいち公式サイトをチェックしなくても済むので今回のようなイベントをもう見逃したくないという人にはオススメです。 メルマガってうっとおしいぐらいメールが来るからイヤなんだけどというあなた! 大丈夫です。 東京タワーのメルマガは忘れた頃にやってくるメールニュースとしても有名です。 なので不要なメールは一切届かないので大丈夫です。 東京タワー メールニュースの登録方法 メルマガ登録も公式サイトから簡単に登録できます。 名前も本名ではなく偽名でもハンドルネームでもなんでもOKなので自由 住所や電話番号といった個人情報を登録する必要もないので気楽なメルマガです。 もし不要になったらワンクリックでメルマガ解除できるのでリスクなどは一切ありません.

次の