平戸 世界遺産。 田平天主堂|教会を訪れる|長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

平戸の聖地と集落(中江ノ島)

平戸 世界遺産

潜伏キリシタンにとって殉教地として信仰し、お水取りが行われていた聖なる島。 中江ノ島は平戸島と生月島(いきつきじま)の北岸の沖合に浮かぶ長さ約400m、幅約50mの小さな無人島である。 禁教時代には平戸藩によって棄教しないキリシタンを処刑した島としての記録も残っており、潜伏キリシタンにとっては殉教地として「サンジュワン様」などと呼び、聖地として日頃から信仰していた。 平戸島西海岸の春日集落や生月島の潜伏キリシタンにとって、岩からしみ出す水を聖水として採取する「お水取り」が行われる聖地でもあった。 地元の人は「サンジュワン様」「御三体様」「おむかえ様」とも呼んでいる。 朝の陽射しを浴びた島は神々しく輝き、夕陽に赤く染まる島は哀愁がある。 平戸市内から生月島への県道19号、42号から遠望できる。 生月大橋手前の漁港からは水平線上に見え、晴れた日の午前中は島の樹木の緑も映えてとても美しい。 夕刻の景観は海も島影も茜色に変わり、なんともいえない情感があふれている。 かつて捕鯨基地として名をはせた生月島。 今も信仰が息づく島として伝承されている。 生月町博物館「島の館」には中江の島の殉教の背景や潜伏キリシタンの資料が数多く展示されており、宣教師や神父不在の中で育まれたキリシタン信仰が形を変えて、表向きは神仏を祀りながらも、組織的に続いていった歴史や独特の宗教儀式、伝承などをより深く知ることができる。 生月島には小さな教会が点在し、それらを訪ねる旅も忘れられない出会いがある。

次の

長崎平戸の潜伏キリシタン遺産 春日集落や田平天主堂をめぐる旅

平戸 世界遺産

平戸市の概要 平戸市(ひらどし)は、 の北西部にある市です。 の北西に位置する北松浦(きたまつうら)半島と、その西沖にある平戸島(ひらどじま)や生月島(いきつきしま)、的山大島(まとやまおおしま)、度島(たくしま)などの島々から構成されています。 市役所のある中心市街地は平戸島北東部にあり、江戸時代には平戸藩の本拠地・平戸城の城下町でした。 なお、平戸市の人口は約3万人、面積は約235平方kmです。 現在の平戸市は2005年10月1日に旧平戸市や北松浦郡田平町・生月町・大島村が新設合併して誕生しました。 平戸の地理 平戸は、九州の北松浦半島に一部市域を持っている以外は、離島で構成されています。 主要な島は、大きな順に平戸島、生月島、的山大島、度島、中江ノ島(無人島)があります。 このうち、平戸島は市の中心市街地があるもっとも主要な島です。 北松浦半島から平戸島、平戸島から生月島へは平戸大橋・生月大橋で繋がっており、自動車で行き来が可能となっています。 また、島嶼部には鉄道の便はなく、北松浦半島の田平(たびら)エリアに松浦鉄道の西九州線が通っていて、西田平・たびら平戸口・中田平・東田平の4駅があります。 平戸島の平戸市街地の最寄り駅はたびら平戸口駅となり、駅から平戸市街までは約4kmの距離です。 平戸市の歴史 (中江ノ島): 平戸が日本史で注目されるのは戦国時代です。 1550年(天文19年)に の貿易船が平戸港にやってきて、これを機に南蛮貿易が始まりました。 のちに平戸港近くには南蛮貿易の拠点としてオランダ商館が建てられ、平戸は南蛮貿易の中心となって栄えます。 さらにフランシスコ・ザビエルが平戸を訪れ、キリスト教が平戸を起点に伝来していきました。 江戸時代になると、松浦氏が松浦港の港町に館を建てて一帯の統治の拠点にしました。 しかし、オランダ商館が長崎の出島に移り、平戸は南蛮貿易の拠点の機能を失います。 その後、松浦氏が新たに平戸城を築城して政治の拠点とし、平戸藩として統治を始めました。 平戸は平戸城の城下町となって幕末まで栄えたのです。 また、江戸時代になるとキリスト教を禁止する禁教令が出されました。 キリスト教伝来の地であった平戸にはキリシタンがたくさん住んでいたので、多くのキリシタンが弾圧を受けます。 弾圧を逃れるために潜伏キリシタンになる信者もいました。 生月島のキリシタンの中には、生月島の東沖合にある中江ノ島で処刑される者もいたと言います。 そのようなキリシタンの歴史が平戸にあるため、2018年に「平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳、中江ノ島)」が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産として世界文化遺産に登録されました。 平戸の地域について 平戸城は平戸市街地の山上にある城址です。 別名「亀岡(かめおか)城」とも呼ばれています。 平戸は、江戸時代に松浦氏が治める平戸藩の本拠地でした。 もともと平戸城のある場所には、安土桃山時代に松浦氏が築城した日の岳(ひのたけ)城がありました。 しかし、関ヶ原の合戦の後、徳川家康から松浦氏は豊臣側の疑いをかけられ、その疑いを晴らすために松浦氏は日の岳を焼き払いました。 その後、松浦氏は平戸港の近くに「御館」という館を建てて、そこを政治の拠点とします。 第5代平戸藩主の松浦棟(まつうら たかし)は幕府に城の建設を願い出て許可され、享保3年(1718年)に平戸城が完成しました。 明治時代になり、廃城令のために平戸城は解体されました。 ただ、1962年(昭和37年)に平戸市が平戸城を再建し、「亀岡公園」として整備して、いこいの場・観光スポットとして市民や観光客に親しまれています。 天守は平戸藩の資料館となっており、平戸藩や平戸城、平戸城下町などに関する様々な資料が展示されています。 中でも見どころは環頭大刀で、これは重要文化財となっています。 平戸城の観光情報 住所 : 長崎県平戸市岩の上町1458 電話番号 : 0950-22-2201 休観日 : 12月30〜31日 拝観時間 :8:30〜17:30 料金 : 大人 510円 高校生 300円 小中学生 200円 公式URL : 2. 平戸ザビエル記念教会 ザビエル記念教会は、平戸市街地の西方にあるカトリック教会です。 市街地の西の小高い丘の上に建っており、天に向かって鋭くとがった屋根と、その先にある十字架がシンボルになっています。 1913年(大正2年)に建てられた教会で、当初は平戸教会と呼ばれていました。 1931年(昭和6年)に現在地に移り、 1971年(昭和46年)には、日本にキリスト教を広めたフランシスコ・ザビエルの平戸来訪を記念してザビエル記念像を建造しました。 そのため、通称「聖フランシスコ・ザビエル記念聖堂」とも呼ばれるようになり、その後「平戸ザビエル記念教会」に正式名称を変更しています。 江戸時代に隠れキリシタンが住んでいた平戸ですが、現在では平戸城とともに平戸を代表するシンボル的存在として多くの観光客が訪れています。 平戸ザビエル記念教会は大正時代の建立のため、隠れキリシタンの関連遺産として世界遺産登録の対象にはなっていませんが、平戸のキリシタン文化を知る上で重要な場所です。 オランダ商館 オランダ商館は平戸市街地にある施設です。 もとは1609年に東インド会社が建てたもので、江戸幕府から貿易を許可された東インド会社が貿易拠点としていました。 しかし、徳川家光が禁教令を理由にオランダ商館の破壊を命じたため、商館は長崎の出島へ移転し、オランダ商館は取り壊されたのです。 その後跡地は町人地となりましたが、現代まで商館時代の遺構が残されており、1922年には国指定の史跡となりました。 1987年(昭和62年)からはじまった発掘調査や文献資料などを元に、オランダ商館が復元されました。 日本最初の本格洋風建築だったオランダ商館ですが、当時の姿を取り戻した立派な姿は必見のスポットと言えるでしょう。 建物の中は当時の南蛮貿易についての資料を展示していて、平戸の歴史を学ぶこともできます。 オランダ商館の観光情報 住所 : 長崎県平戸市大久保町2477 電話番号 : 0950-26-0636 休館日 : 6月 第3火・水・木曜日 開館時間 :8:30〜17:30 料金 : 大人 300円 小人 200円 公式URL : 4. 最教寺 最教寺(さいきょうじ)は平戸市街地南方の山にある真言宗のお寺です。 最大の見どころは「三重大塔」です。 朱色をした見事な塔は、なんと日本で最大規模の三重塔になります。 1988年(昭和63年)に弘法大師の1150年御遠忌を記念して建造されました。 それ以降、平戸の新たなシンボルとして多くの参拝客が訪れています。 三重大塔の3層目からの眺めは抜群です。 平戸の市街地や海が一望できる絶景を堪能してみてください。 最教寺の観光情報 住所 : 長崎県平戸市岩の上町1206-1 電話番号 : 0950-22-2469 休観日 : 毎週木曜日 拝観時間 :8:30〜17:00 料金 : 大人 400円 高校生 300円 小中学生 200円 公式URL : 5. 安満岳・春日集落 安満岳(やすまんだけ)は平戸島の北西部に位置する山です。 標高は約534mあり、平戸市の最高峰となっています。 また、安満岳は「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する「平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)」として世界文化遺産に登録されました。 安満岳は古くから信仰の対象となり、聖なる山でした。 江戸時代になると隠れキリシタンたちが安満岳山頂の石塔(薩摩塔)や自然石で出来た石祠を信仰の対象としていたのです。 なお、安満岳の西の麓にある春日集落は、隠れキリシタンが住んでいた地区でした。 春日集落には素晴らしい景観の棚田が今も残されています。 世界遺産に登録された話題のスポットなので、平戸観光の際には是非立ち寄って頂きたいです。 隠れキリシタンの歴史を感じながら、美しい風景を楽しむことができるおすすめの場所です。 安満岳・春日集落の観光情報 住所 : 長崎県平戸市春日町 電話番号 : 0950-22-4111(平戸市役所 文化観光商工部 観光課) 公式URL : 6. 川内峠 紐差(ひもさし)教会は、平戸島中南部に位置する紐差地区にあるカトリック教会です。 大きな教会で、長崎の浦上天主堂が原爆で崩壊した後に、日本最大の天主堂だった時期もありました。 ロマネスク様式をした外観と、ステンドグラスが美しい開放感ある内観が特徴です。 ステンドグラスは花柄をモチーフとしており、キリスト教会でありながら仏教的な要素が混じったものと言われています。 紐差教会は1885年(明治18年)に建てられ、現在の建物は1929年(昭和4年)に改築されたものです。 庭には聖母マリア像とそれを囲むように信者の住民の像があり、教会のシンボルとなっています。 平戸でも古い教会にあたる紐差教会は、世界文化遺産には選ばれていませんが、平戸のキリシタンの歴史を語る上で外すことはできません。 宝亀教会 宝亀(ほうき)教会は、平戸島中東部に位置する宝亀地区にあるカトリック教会です。 1885年(明治18年)に仮教会として建てられて、1898年(明治31年)に現在の建物ができました。 規模こそ大きくないですが、建築面で特徴がある教会です。 基礎は石造りで外壁はレンガ、屋根は瓦葺き、窓は独特のユニークなものとなっています。 また、天井はコウモリ天井と呼ばれる板張りです。 塩俵 田平(たびら)天主堂は、北松浦半島に位置する田平地区にあるカトリック教会です。 1915年(大正4年)から3年にわたって建設され、ロマネスク様式の赤レンガ造りが特徴となっています。 教会棟梁として平戸地区の多くの教会を設計した鉄川与助の代表作とされ、国の重要文化財に指定されています。 クラシカルな外観とは対照的に、内部は美しく開放感あふれる雰囲気です。 やきにく鈴(平戸和牛) 平戸和牛は平戸市で育てられたブランド牛で、平戸を代表する食材です。 平戸市内では平戸和牛を使った料理が食べられる店がたくさんありますが、中でもおすすめなのが「鈴」。 いろんな部位が比較的リーズナブルに楽しめますよ。 おすすめは焼肉定食(1100円)。 わざわざこのお店の肉を食べるために平戸を訪れる人もいるほどの人気店です。 やきにく鈴の店舗情報 住所 :長崎県平戸市木引田町446-1 電話番号 : 0950-23-3808 定休日 :水曜日(不定休) 営業時間 : 11:30〜15:00(L. 14:00) 16:30〜22:00(L. 21:30) 予約サイト・口コミ・クーポン : 2. 大氣圏(あごだしラーメン) ・歴史を探索するコース 平戸にある歴史的スポットをめぐなコースです。 【総所要時間:約3時間20分】 1. 平戸城 平戸のシンボルで、平戸市街地の起源となった場所です。 高台の上に建っているので、眺めは抜群。 平戸の町並や玄界灘などの海と島々が一望できます。 3km、所要時間の目安:5分) 2. 最教寺 日本最大の高さを誇る朱色の三重塔「三重大塔」が一番の見どころです。 上に登れば当たりを見渡せますよ。 また、境内にある霊宝館では貴重な絵図も展示されています。 5km、所要時間の目安:5分) 3. オランダ商館 日本最初の南蛮貿易の拠点だったところです。 当時の洋風建築を忠実に再現した建物は写真映えも抜群。 商館の遺構も残っており、歴史を学ぶこともできます。 【総所要時間:約4時間41分】 1. 田平天主堂 クラシカルな外観の教会です。 赤茶けたレンガの外壁が印象に残ります。 レンガ造りの堂々とした佇まいが、写真スポットとしておすすめです。 平戸ザビエル記念教会 平戸を代表する教会です。 見どころは日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエル記念像。 教会の建物も立派ですよ。 宝亀教会 宝亀教会はレンガの外壁や瓦葺きの屋根など、独特の外観を持った教会です。 コウモリ天井と呼ばれる板張りの天井もポイントとなっています。 紐差教会 白い外壁が特徴の大きな教会です。 晴れた日には青い空に教会の建物がよく映えます。 教会のまわりには聖母マリア像や信者像があるので、こちらも見学してみてください。 安満岳・春日集落 安満岳とその西の麓にある春日集落は、潜伏キリシタン関連遺跡として世界遺産に登録されています。 安満岳はキリスト教伝来以前から信仰の対象となった山で、隠れキリシタンが禁教令後に密かに信仰してきました。 世界遺産に登録された場所を是非訪れてみてください。 【総所要時間:約4時間】 1. 川内峠 川内峠の山上は毎年野焼きが行われるので、一帯が草原になっています。 そのため視界を遮るものがなく、360度の展望を楽しめるのが魅力です。 遠く海や島などが見渡せる迫力の大パノラマを楽しめますよ。 安満岳・春日集落 安満岳の山上からは海や島々が一望でき、最高の眺めです。 遠くには壱岐や対馬まで見渡せますよ。 また、西の麓の春日集落には今も棚田が残っています。 美しい棚田の風景は、心が落ち着くのでおすすめです。 塩俵 塩俵は自然がつくり出した断崖が印象に残ります。 迫力ある断崖や巨岩は圧倒されるほど。 自然のすごさを体感できるスポットです。

次の

世界遺産の島!平戸で、豊かな自然と異国情緒に浸る旅!

平戸 世界遺産

世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、象徴的な建物が主役の世界遺産とは少し異なる趣をもつ。 その特徴をよく表しているのが「平戸の聖地と集落・春日集落と安満岳」だ。 棚田が海へと続く春日集落と語り部に会える案内所「かたりな」や祈りの言葉オラショが聞ける生月町博物館「島の館」、田平天主堂など潜伏キリシタンについて知りたければ長崎県平戸市へ行くことをオススメしたい。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。 また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp)• 提供元:平戸観光協会 かつて十字架が立てられていたという小高い丘の上に立つと、棚田に囲まれていた。 信仰の山・安満岳から海へと続く山あいの地に、潜伏キリシタンらが開墾した棚田だ。 世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の「平戸の聖地と集落・春日集落と安満岳」の象徴といえば、この美しい棚田の風景である。 平戸市の最高峰・安満岳は、古くから山岳仏教信仰の対象とされた山で、潜伏キリシタンらも信仰の対象として拝んできた。 棚田を眺める絶好のポイントとなる高台を丸尾山という。 1599(慶長4)年まで十字架が立てられていたキリシタン墓地跡と伝わっている。 ここから眺める棚田の風景は、忘れがたいものになるだろう。 <春日集落の棚田の基本情報> 住所:長崎県平戸市春日町 アクセス:平戸大橋から車45分 駐車場:春日公民館(5台駐車可) 写真:塚本 隆司 春日集落の潜伏キリシタンたちは、明治時代、キリスト教の解禁後もカトリック教会に復帰せず、先祖たちから伝え聞く習わしや日常を守り続けてきたという。 今や信仰の組織は途絶えているが、語り部として当時の生活を今に伝えてくれるのが春日周辺拠点案内施設「かたりな」だ。 語り部が伝える潜伏キリシタン 春日周辺拠点案内施設「かたりな」 美しい棚田が見られる丸尾山から1キロメートルほど離れた集落に、春日周辺拠点案内施設「かたりな」がある。 世界遺産登録を目指している中、春日集落の人たちが運営をはじめた施設だ。 この地の歴史を積極的に発信しようとか、有名観光地にしようとか、という町おこしよりも「せっかく訪れてくれた観光客に、何もないのは申し訳ない」と、おもてなしの心で運営されている。 写真:塚本 隆司 隣接の隠居部屋では、春日集落の住民の方が語り部として常駐してくれている。 近年では、民家を改築する際にメダイやオテンペンシャといわれる祈りの祭具などが発見されて初めてかくれキリシタンとの関わりを知るような状態という。 記憶に残る不思議な風習や行動が信仰と結びつくものと後に知った話など興味深い。 手作りの漬物やお茶のもてなしがうれしい。 <春日集落拠点施設「かたりな」の基本情報> 住所:長崎県平戸市春日町166-1 開館時間:8:30〜17:30 入館料:無料 休館日:12月31日〜1月3日 電話番号:0950-22-7020 アクセス:平戸大橋から車で約45分 駐車場:施設周辺に20台 写真:塚本 隆司 展示コーナーの奥に、約100年前(昭和初期)のかくれキリシタンの民家が再現されている。 奥の暗く狭い部屋(ナンド)には神棚や仏壇と一緒に御前様(納戸神)が祭られている。 実際にナンドにも入れる貴重な展示だ。 音声案内から祈りの言葉「オラショ」が聞こえてくる。 誰にも知られないように声を潜めて「オラショ」を口ずさみ祈りをささげた人たちに思いを巡らしたい。 ここは平戸で唯一の観光客が「オラショ」を聞ける場所といえるだろう。 <平戸市生月町博物館「島の館」の基本情報> 住所:長崎県平戸市生月町南免4289番地1 開館時間:9時〜17時(最終入館16時30分) 入館料:一般510円、高校生300円、小中学生200円 休館日:年始(1日、2日)館内メンテナンスのため臨時休館あり 電話番号:0950-53-3000 アクセス:春日集落より車で約10分、生月大橋渡ってすぐ 駐車場:無料 写真:塚本 隆司 おすすめは、春日集落の棚田で作られた米で醸した日本酒「FIRANDO」(写真右)。 ワイン感覚で飲め女性や外国人にも喜ばれる味わいに仕上がっている。 春日集落の棚田を見た後なら、酒好きでなくても飲んでみたいと思うことだろう。 森酒造場の商品は、春日周辺拠点案内施設「かたりな」でも一部販売されている。 <森酒造場の基本情報> 住所:長崎県平戸市新町31 営業時間:9:00〜17:00 定休日:1月1日(業務都合により不定休) 電話番号:0950-23-3131 アクセス:平戸大橋から車で約5分 駐車場:無料 潜伏キリシタンについて知りたければ長崎県平戸市へ 潜伏キリシタン関連遺産とは、どういったものなのか。 歴史や建物が主役の世界遺産とは少し異なる趣をもつため分かりにくい。 「平戸の聖地と集落・春日集落と安満岳」へ赴き、目と耳と肌で感じてこそ、その入口に立ったといえるかもしれない。 紹介したスポット以外にも、平戸ザビエル記念教会や平戸市切支丹史料館などのスポットもある。 長崎県平戸市で、語り継がれる潜伏キリシタンの歴史をのぞいてみませんか。 2018年10月現在の情報です。 最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。 取材協力:長崎県.

次の