洗車 用 脚立。 WP アルミ製 洗車台 脚立 高さ60cm 踏み台 洗車 足場台 洗車用脚立 折りたたみ 作業台 軽量 折畳式 :fukuno

自動車のプロやカー用品店店員がおすすめする洗車グッズ・道具・用品30選!これでもう迷うことなし!

洗車 用 脚立

YAMAZEN 山善 1台 レビュー: 1 【特長】洗車、掃除、お庭のお手入れや日曜大工など様々なシーンで使える作業台。 滑りにくいステップ。 ワンタッチロック機能でしっかり脚を固定。 グラつき、転倒を防ぐ脚先キャップ。 アルミ製だから軽量でサビにも強くお手入れも簡単。 折りたためばコンパクトで隙間にスッキリ収納可能。 持ち手付きで持ち運びも簡単。 安心安全のSGマーク認証。 【用途】踏み台、昇降台、足場台、作業台、脚立、ハシゴ、ステップスツール、洗車台として。 店舗 、オフィス、倉庫、工場、昇降、園芸、DIY、ガーデニング、剪定、枝打ち、雪降ろし、大掃除、引っ越し、壁・窓拭き、窓ふき、陳列、雪かき、日曜大工、高所作業に。

次の

洗車用脚立のおすすめを教えてください

洗車 用 脚立

安くてもしっかりしてます。 愛車の屋根の上を洗車する為に購入しました。 愛車は、ステーションワゴンなのでなるべく低いものを探してました。 この商品は49cmの高さなのでこれが決め手になりました。 今まで洗車に使用していた脚立は、ごく一般的なもので少しずつずらして洗車してました。 たまにバランスを崩して愛車に脚立がぶつかりそうになって冷や汗をかいた時もありました。 この脚立ならずらさずに、安定した洗車を楽しめます。 私は体重60kgですが、ど真ん中に立つと多少はミシミシ鳴りますが、問題無く安定した洗車が出来てます。 おそらく0. 1トン未満の人なら、ど真ん中でジャンプでもしない限り大丈夫の様に思います。 愛車を安心、安定して洗車したい方は、コレをオススメします。

次の

使いやすい洗車台選びのポイントは?

洗車 用 脚立

洗車をしていてルーフの拭き取りをする時にタイヤに乗っていますか?それともステップに乗っていますか? それは洗車時であれば、汚れの拭き残しが出るし、コーティング時であれば、コーティングの拭き残しが確実に出ています。 更に言えばタイヤに乗る時に、恐らくピラーに手をかけますね。 以前にで紹介させていただいた。 内容の1つに『ピラーに手をつくと、ピラーが凹む事があるよ』と紹介させて頂きました。 本当に簡単に凹むので注意!! このように手をつくようなキッカケを作ることは、少しでも減らす事が大事です。 セダンなどでルーフを拭く時に、脚立を使わない事でボディに密着して、作業することになりキズを入れてしまうリスクも… それらを防ぐには高さを確保して作業を容易にする脚立or踏台が必須です。 今回は洗車、コーティング、磨き作業の効率を高める為の大事なツール『脚立』にスポットを当てていきます。 このタイプはコンパクトな為、作業中の持ち運びもスムーズ、折りたたみもできる。 この2段タイプだと、1段目に乗ったり2番目の天板に乗って作業できたり高さも調整もできて作業がしやすいです。 上記の写真にある脚立だと、天板が細くて体制が安定しない為、危ないのですがアルインコやハセガワが製造している幅広脚立であれば、安定して作業ができます。 こちらがアルインコの天板幅広脚立です。 天板が倍近くあるのがわかりますね。 足が片方でしか立てない、両足で立ってもバランスを取らないといけないのは 自分にとってもクルマにとってもリスクです。 サンダルも2つ乗っている事がわかり、幅広脚立ならバランスをとる事なく普通に立てる。 6cm コンパクトカー、セダンまではこの脚立を使用しています。 ミニバンや高さがある時は、これと同じタイプの3段の脚立を使用して作業します。 8cm ちなみに左にあるのが最初に紹介した脚立です。 基本的には脚立はこの2種類を使って作業します。 幅広の脚立は本当に便利なのですが、1つだけ惜しいと思う事があります。 高さ調整で1段目に乗って作業する時に、幅広の天板が足に食い込むんです… 脚立を使って微妙な距離を作業をする時に足にも力が入って挟もうとするんですよ。 痛いと感じる事は、ほとんどありません。 デメリットというほどデメリットではないと思いますが 笑 幅広天板の脚立を使用した方が、作業効率、リスクの軽減につながります。 私は絶対的にこちらの幅広天板の脚立の使用をオススメします。 TWがやっているのはスポンジテープを脚立に貼っています。 あとはマイクロファイバーをマスキングテープで巻き付けたり 奥側に巻き付けてありますね 笑 あとは柱の養生スポンジをタイラップで固定したりしています。 一家に1台はあるとストレスなく使用出来ます。 洗車に脚立は必須 脚立があることで、キズを入れない洗車、作業の精度UP、作業効率のUP。 逆に言えば脚立がないと、キズを入れる、作業の精度、効率が上がりにくい状況になる可能性も 見えるものには正しく対処できるけど、見えないものには勘でやるしかないですよね。 高さを合わせることで汚れが見えればキレイに拭き取れるけど、見えないものは拭き取っても拭き残しが出る可能性は高いです。 こういう事の積み重ねがキレイにする為のスキルUPに繋がると思っています。 正直、3段の脚立とかだと大きくて邪魔なのは否めないので 笑 とりあえず脚立欲しいなっていう人は2段の脚立を買うといいかもしれません。 折りたたみも出来て、持ち運びも容易でミニバンとかもある程度は対応出来ます。

次の