繋ぐ 類語。 繋ぐ(つなぐ)の意味

繋ぐ(つなぐ)の意味

繋ぐ 類語

公開日: 2018. 20 更新日: 2018. 20 「紡ぐ」の読み方と意味、使い方、類語、英語表現 「紡ぐ」という言葉をご存知でしょうか。 「糸を紡ぐ」「言葉を紡ぐ」といったように使います。 では、「紡ぐ」の意味について正しく知っているでしょうか。 「紡ぐ」は何となく糸に関する表現だとイメージできますよね。 ただ、「愛を紡ぐ」や「縁を紡ぐ」といったように、糸と関係なくても使うことができます。 使い方から、意味を推測するのはなかなか難しいと思います。 正しく使うには、「紡ぐ」の意味について適切に知っておくことが必要です。 そこで今回は「紡ぐ」の意味や使い方、例文、類語について解説していきます。 しっかりと覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「紡ぐ」の使い方と例文 「紡ぐ」を使った言い回しはたくさんあります。 例えば、「言葉を紡ぐ」とは「 色々な言葉を選んで、一つの文章や作品を作ること」を表します。 相手に思っていることを伝えるという気持ちが込められています。 「繊維を引き出して糸にする」をなぞって「言葉を選んで文章にする」と喩えています。 「言葉を紡ぐ」は詩を作ったり、文学を作ることを表す雅な表現となっています。 例えば、「縁を紡ぐ」だったら「一人一人との出会いが、色々な人との縁を形作る」ということを表します。 例文 ・糸を紡ぐときには、集中して行わないと失敗してしまうよ。 ・言葉を紡いで、自分が思ったことや考えていることを相手に伝える。 ・相手に対して素直な思いを伝えるためには、自分の思いをしっかりと言葉に紡いだ方が良い。 ・一つずつ夢を紡いでいけば、自分が納得できる結果になるはずだ。 ・人との縁を紡いでいくと、仲間が増えたり、何でも話せる友達ができる。 ・想いを紡ぐと、満足できる結果や良い成果を生むことができるだろう。 ・関係を紡ぐと、今まで知らなかった相手の素顔や性格が分かる。 ・物語を紡ぐのは簡単なことではないが、いざ実践してみると意外と楽しい。 「紡ぐ」の類語 織りだす(おりだす) (意味:色々なものを組み合わせて作ること) 「このハンカチを綺麗な模様を織りだしている」 実現する (意味:計画や希望などが実際のものなること) 「やっと夢が実現して嬉しい」 創出する (意味:新たな物事を生み出すこと) 「新しい文化を創出する」 表現する (意味:思いや考えを外に表すこと) 「上手く思いを表現するのは難しい」 醸し出す(かもしだす) (意味:ある雰囲気や気分を作ること) 「良い気分を醸し出す」 助長する (意味:力を加えて、物事の発展を手助けする) 「彼の発言はみんなの不安を助長した」 生み出す (意味:新しい物事を作ること) 「今までにないサービスを生み出す」 形成する (意味:物事を一つのものにすること) 「今までにない企画を形成する」 作り出す (意味:新しいものを生むこと) 「面白い作品を作り出す」 促進する (意味:物事がスムーズに進むように促すこと) 「新しい商品の開発を促進する」.

次の

「繫/繋」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

繋ぐ 類語

[動ガ五(四)]• ㋐ひも・綱などで物を結びとめて、そこから離れたり、逃げたりしないようにする。 ㋑相手の気持ちなどが離れていかないようにする。 2 一定の所に留め置いて外へ出さないようにする。 したり、拘束したりする。 3 結びつけてひと続きのものにする。 4 離れているもの、切れているものを続け合わせて一つにする。 また、そのようにして通じるようにする。 5 なんとか長く、切れないようにたもたせる。 たえないようにする。 6 足跡などをたどって行方を追い求める。

次の

「繫/繋」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

繋ぐ 類語

「繋ぐ」の意味とは? 「繋ぐ」の読み方• 「繋ぐ」の英語 解釈• 「繋ぐ」のフランス語 解釈• 「繋ぐ」の言葉の使い方• 「繋ぐ」を使った例文・短文 解釈• 「繋ぐ」の類語や類義の表現 「繋ぐ」の意味とは? 「繋ぐ」とのはガ行5段活用の動詞であり、離れているものや切れているものを一続きのものに結びつける、紐状のもので結止めて離れないようにする、自由を奪う、切れないように保たせる、あるいは後をたどる、と意味でも使われます。 後をたどると意味での 「繋ぐ」と表現は平家物語にも書かれています。 例えば、手をつないで歩くと場合は離れているものを一続きのものに結びつけると意味ですし、犬を 「繋ぐ」と表現をすれば紐状のもので結止めて離れないようにすると意味になります。 牢屋に 「繋ぐ」と言えば自由を奪うと意味ですし、望みを 「繋ぐ」と言えば切れないように保たせると意味になります。 「繋ぐ」の例文3 「2011年3月11日に東日本大震災が起こった後は人を繋ぐプロジェクトが行われました」 東日本大震災や大津波は多くの人の記憶に残っているのではないでしょうか。 多くの人が家を失い、避難を余儀なくされました。 いまだに立入禁止区域が残っていますし、その一方で行方不明者の人も数多く残されており、仮設住宅から退去をしなければならないものの帰る場所がない、という人も少なくありません。 そのような場所を復興させ、日本全国で助け合うために、人々を 「繋ぐ」プロジェクトが行われました。 日本全国で東日本の特産品が販売されるようになり、義援金も多く集まりました。 多くのボランティアの人たちが東日本に行き、人々を助けましたね。 その一方でいまだに復興していない地域も多く、1日も早い復興が望まれています。 東京オリンピックなどを景気にして経済が回復し、早く復興することが望まれています。 また、帰る家がないという人たちが1日でも早く家に帰れると願わざるをえません。

次の