栄冠ナイン 試合 特殊能力。 [栄冠ナイン攻略tips#8] 試合中の戦術まとめ

パワプロ2018 栄冠ナイン 特殊能力 おすすめ

栄冠ナイン 試合 特殊能力

失敗する可能性が高いが、確実に重宝する能力。 取得する可能性が高いが、必要かどうか微妙な能力。 特殊能力の取得は 「失敗すると無意味」です。 なのでできることなら取得確率の高いものを選びたい気持ちもわかります。 しかし、自分で操作するわけでもないキャラクターに『粘り打ち』を覚えさせてもどうなんでしょうか。 下手すりゃ外野選手に高速チャージを覚えさせてる人もいるかもしれません。 取得難易度の高い能力は使える 中には『チャンス+2』や『対左投手+2』など意味のない能力もありますけど、基本的には使える能力ばかりです。 (正確に言うと意味はありますが、簡単に試合で低下するので旨みが少ないと思います) 個人的には星が少なくても欲しい能力は 『逆境〇』と『流し打ち』くらいですかね。 最初はなるべく覚えさせる方向で進めていましたが、最近はもう失敗したらそれまでで、本当に欲しい能力を追いかけた方がいいような気がしました。 使える能力 それでは、私が栄冠ナインをプレイしていて使えると思った能力について、投手編と野手編に分けて解説していきたいと思います。 投手編 威圧感 【効果】打者に威圧感を与える。 正確な効果はイマイチわかりませんが、 相手の能力を低下してくれている可能性があります。 もしくは相手の特殊能力の相殺とか、そういった高い効果があるのではないでしょうか。 固有カードでも『威圧感』というのがあるので、もしその効果を常に得られるのだとすれば、取得難易度が高いのにも納得がいくでしょう。 現実の選手やOBでも一流の選手しか持っていない能力なので、ショボイ効果というのは考えにくいのではないでしょうか。 積極的に取りにいきたい能力です。 効果の詳細はよくわかりませんが、取得難易度が高いことから効果が薄いとは思えませんし、少なくともこれを取得した選手は活躍してくれていますね。 打ち込まれると『ドンマイ』の選択肢が出ますが、おそらくこれがピヨリ状態の緩和だと考えると、『闘志』を持っていれば、 連打されても能力が下がらないのではないかと思います。 奪三振 【効果】2ストライクにおいこんだときに能力が上がる。 体感的に「2ストライクまで追い込んでからが勝負」であることが多く、簡単に2ストライク取ったかと思えば、2球外した後で長打というパターンも少なくありません。 2ストライクまで追い込んでからの上がる能力がどの程度なのかはわかりませんが、非常に使える能力ではないでしょうか。 もし取得出来たらエース候補にするのがいいでしょう。 対強打者〇 効果:強打者との対戦のときに能力が上がる。 どの程度の能力が上がっているのか、どの程度の相手が強打者なのかなど、不明確な部分は多いですが、甲子園を勝ち進むにつれてエゲつないくらいの打者がたくさん出てくるので、非常に使える能力の1つだと思います。 野手編 威圧感 【効果】投手に威圧感を与える。 詳細な能力は分かりませんが、おそらく使えるであろう能力です。 相手のスタミナ消費を増やすなどの効果があるような気がします。 相手の失投を誘いやすいとかもあるんでしょうかね。 威圧感のある打者がバッターボックスに入ると、ストレートで四球という場面をよく見るので、 相手のコントロールが低下している可能性は高そうです。 広角打法 【効果】流し方向に強い打球が打てる。 これを持っているかどうかで、流し打ち指示からのホームランの出やすさが大きく変わってくるような気がします。 長打力のある選手でも、流し打ちでセンター方向に飛べばホームランの可能性がありますが、打席と反対方向に飛んでしまうとフェンス直撃のツーベースというパターンが多いです。 それが『広角打法』を取得しているだけで、ホームランに変わるケースが増えます。 対エース〇 【効果】エース級投手との対戦のときに能力が上がる。 最初は『相手が背番号1じゃないと効果が無い』と思っていましたが、もしかすると 「投手でいうところの『対強打者〇』に匹敵する能力」のような気がしています。 というのも、甲子園で戦っていると普通に2桁背番号のピッチャーが150kmとかの速球を平気で投げてくるわけですけど、気持ち的なものなのか『対エース〇』を取得している選手は、かなりの確率で結果を残してくれているような気がします。 栄冠ナインは不思議なものでシーソーゲームのような展開になることが多々あります。 そういう意味でも、負けているときに能力が上がるというのは、非常に頼もしい能力ではないでしょうか。 他に目ぼしい効果がないときは逆境を付けたりしていますね。 内野安打〇 【効果】打ってからのスタートダッシュが速い。 個人的に機動力野球をしているので『内野安打〇』は押さえておきたい能力の1つです。 これは特訓マスというよりかは合宿で覚えさせるようにしています。 甲子園で戦う相手は、たとえカンストでも捕球能力だけは低く、意外と送球のミスも多いので、少しでも出塁するためにはあっても損はない能力だと思いますよ。 流し打ち 【効果】流し打ちがうまい。 どの程度の補正がかかるかはわかりませんが、試合での支持で『流し打ち』を選択する場面が多いので、他の候補が無ければ選ぶようにしています。 合宿 キャッチャー能力を最優先 1番優先したいのは 『キャッチャー』能力でしょう。 合宿か特訓マスでしか上がらない能力ですし、特訓マスにおいては候補に挙がらないことさえあります。 合宿は『キャッチャー』能力を上げるための期間と割り切ってもいいくらいです。 もし古田ループをしている場合や既にキャッチャーAの選手がいるという場合は、この限りではありません。 総合練習をストックしておく 総合練習のカードはキャッチャー能力を向上させるのに効果的なカードです。 時には『キャッチャー+1』と『キャッチャー+2』が候補に挙がることもあります。 他にも『対強打者〇』や『対エース〇』などの有効な能力が取得できる可能性があるので、 総合守備のカードは合宿まで温存しておくのが有効だと言えるでしょう。 他には『マシン打撃』なんかもオススメです。 最後に 基本パラメータは天才肌や転生OBでもない限り、ほぼ似たり寄ったりの数値に落ち着くと思います。 それでも勝てる可能性を左右するのは『特殊能力』ではないでしょうか。 個人的には『信頼度』に続いて大切な要素だと言っても過言じゃないくらい、特殊能力の習得には気を遣っています。 もし甲子園制覇が遠いと言う方は、試しにアイテムを使って最強の投手と打者を1人ずつ作ってみましょう。 たぶんそれだけでもだいぶ勝ちやすくなると思いますよ。

次の

パワプロ2018栄冠ナイン 野手育成方法|いろんな独り言。

栄冠ナイン 試合 特殊能力

パワプロ2018を購入して、「栄冠ナイン」ばかりプレイしてきました。 当サイトでは、1年目から20年目までのプレイ日記を書いていますので、よろしければご覧くださいね。 ちなみに、スタートの1年目のプレイ日記はこちら プレイ日記は20年目までで一区切りとさせていただきましたが、その後もプレイは続けています。 もちろん、天才や転生の選手が数年出ないこともよくありますが、初期能力の低いモブだけでもほとんど負けることがなく、常勝軍団を作ることができました。 ちなみに、公式戦の連勝記録は50以上までいきました。 (甲子園も連覇するのが当たり前の状況です。 ) いろいろな攻略法があるかと思いますが、以下では私が実際にしてきた方法をご紹介したいと思います。 栄冠ナインで勝てなくて困っている方にとって、何かの参考になれば幸いです。 パワプロ2018栄冠ナインの攻略情報 「選手の育て方」と「試合中の指示」にわけて、それぞれのポイントを順に説明していきます。 選手の育て方について まず、見ていただきたいのがこの選手です。 一般的なモブの選手で、入部時の能力です。 この選手が3年後、ドラフトでプロ入りする頃には、こんな能力になりました。 恐らく、走力と守備力をSにしなければオールAにはできたと思います。 この選手は成功例ですので、全選手がこのような能力になるわけではありませんが、良い選手を作ることも夢ではありません。 選手の能力が高くても試合に絶対に試合に勝てるというわけではありませんが、選手の能力が低いと試合に勝ち続けることは難しいです。 どのようにすれば、選手の能力を上げやすいのか説明していきます。 序盤はグラウンドレベルを上げよう 序盤は、試合に勝つことすら難しい状況が続きます。 その時間は今後強いチーム作りのための環境を整える時間にしましょう。 グラウンドレベルは、練習の質に大きく影響します。 同じ練習をしても、グラウンドレベルが違えば、能力の上り幅が全然違ってきます。 グラウンドレベルは大きくわけて2つの要素があります。 「土」と「練習器材」です。 グラウンドの土の白土と黒土の違いは? まずは「土」について。 土は「白土」と「黒土」があり、「黒土」の方が上位になります。 チームの評価により土が変わります。 白土:弱小校・そこそこ校・中堅校 黒土:強豪校・名門校 「黒土」になるだけでグラウンドレベルは一気に10も上がります。 なので、「白土」の中堅校以下と「黒土」の強豪校以上では大きな差があります。 強豪校や名門校をいかに維持できるかが重要になってきます。 練習器材を充実させよう 練習設備は、交換券を使うことにより充実させることができます。 ミゾット社員のマスに止まった時に交換券を貰うこともありますし、戦績ポイントを使って交換券を購入することもできます。 (戦績ポイントを使えるタイミングは公式戦通算勝利数が5の倍数になった時にイベントが発生します。 ) コツとしては、まずは1000ポイントのものを全て揃えます。 そして、「お楽しみ交換券」というものが1600ポイントで購入できるので、それを使います。 それは、既に設置している器材は出ないようになっているので、1600ポイントの「お楽しみ引換券」で2000ポイントの器材が設置できるということになります。 戦績ポイントを使うのはもったいないと思ってしまいがちですが、常勝チームになると消費しきれないくらい貯まっていくので、序盤から積極的に使うことをおすすめします。 育成方針のおすすめは打撃力重視 育成方針は次の4つがあります。 バランス重視• 攻撃力重視• 機動力重視• 守備・投手力重視 私もいろいろと試しましたが、一番勝ちやすかったのは「攻撃力重視」でした。 やはり、「打高投低」が有利なのだと考えられます。 ポジション別の優先すべき練習 全員を全く同じように育てる必要はありませんが、私が常勝チームにできた時の育て方をご紹介します。 (かなり極端に書いていますが、だいたいこんな感じです。 ) 投手の場合• 制球(コントロール)をD以上にする• 先発投手(各学年1人)のみスタミナをD以上にする• ストレート系の第2球種を覚える• 球速をひたすら上げる これは、速いストレートは簡単には打てないだろうという考えから試してみたら、案外有効だとわかりました。 また、先発完投ではなく継投することを前提とした育て方です。 継投した方がよい理由は後でご説明します。 捕手の場合• 肩力と守備をバランスよく上げる• たまには捕球も上げる キャッチャーは打撃は捨てて、ひたすら守備面のみを優先して上げていきます。 目標としては肩力と守備はA以上、捕球はC以上あれば充分でしょう。 守備面が上がりにくくなったら打撃面をあげるのも一つですね。 また、特殊能力「キャッチャーA」などは高ければ高い程よいですが、なくても全然問題ありません。 実際、私は何度か甲子園優勝をしていますが、古田を除いてほとんどのキャッチャーが「キャッチャーD」でした。 (一応、合宿や特訓で狙いましたが取得できずでした。 ) 野手の場合• パワーをD以上にする• ミートをD以上にする• 弾道を2以上にする とりあえず、捕手以外の野手は打撃面から育てます。 栄冠ナインは打たないと勝てないからです。 打撃能力がD以上あると何とかなることが多いです。 その後は、ポジションによって上げる能力が異なります。 セカンド・ショート・センター 守備と肩力と走力をバランスよく育てて行きます。 (グランドレベルが低いうちは、捕球は捨てていいと思います。 ) ファースト 捕球をD以上にした後は、ミートとパワーを上げてB以上になったら、走力を上げていきます。 サード 肩力をD以上にした後は、ミートとパワーを上げてB以上になったら、走力上げていきます。 レフト・ライト ミートとパワーを上げてB以上になったら、走力を上げていきます。 ベンチの選手 入部時から明らかにレギュラーで使えない能力の低い選手がいると思います。 その選手は、代走要因や守備固め要因として育てましょう。 私の場合は、学年で一人は走力しか育てない選手もいますが、結構重宝しますよ。 アイドルは最強!練習効率に注目しよう 知ってる人は知っている、栄冠ナインをプレイするなら必ず知っておきたい重要なものに「練習効率」があります。 黄色の文字で「練習効率が上がった」と出てくる時があります。 文字を早送りしていたりすると見逃してしまうこともありますが、たまにイベント等で出てきます。 アイドルのマスに止まると、「練習効率が上がる」か「テンションが上がる」のどちらかのイベントが発生します。 この「練習効率が上がった」が出た時の次に行う練習がめちゃくちゃ大事なのです。 練習効率が上がるのはその時だけなのです。 なので、レベルの高い練習を選ぶようにしましょう。 例えば、パワー系の練習なら「腕立てふせ」より「ダンベル」、「ダンベル」より「ベンチプレス」を選びましょう。 そして、進行マスがより多いものを選びましょう。 練習効率が上がった状態での「腕立てふせの進行1」と「ベンチプレスの進行5」とでは雲泥の差があります。 アイテムを上手に使って少しでもレベルの高い、進行マスが多いものを選びましょう。 最強の性格は「魔物」が出る「内気」 選手の性格はそこまで気にする必要はありませんが、今作でも「内気」は最強です。 プレイ日記を見ていただいた方はわかるかと思いますが、私も「内気」のおかげで勝てた試合が多々あります。 「内気」の選手は、試合で「地方球場の魔物」等の魔物カードが出てくる時があります。 これは、発動したイニングの相手の守備と捕球を大幅にダウンさせる効果があります。 打球をポロっと落としたり、トンネルしたり、悪送球したりと大量得点が狙えるようになります。 「内気」の選手は、スタメンにも欲しいですが、ベンチにもいればいざという時に発動してくれるかもしれません。 しかし、場合によっては「ラッキーボーイ」の時もあります。 というか、どちらかと言えば「ラッキーボーイ」の方が多いです。 これは、どうやら一定の割合のようで、学年が上がるにつれて試合で「魔物」のカードが出る割合が上がっていくみたいです。 試合中の指示について 試合中は、選択した選手の出番や、試合のターニングポイントとなる場面で必ずしなければなりません。 どの指示をするのが正解かはわかりませんが、私がしていた方法をご紹介します。 注目の選手は誰を選ぶべき? 毎試合、注目の選手を3人のうちから選ばなければいけません。 ここでは別に誰を選んでも構いませんが、選ばない方がよい選手がいます。 ピッチャーと内気です。 まず、ピッチャーを選んでしまうとピンチの場面で指示しなければならず、結果として失点するパターンが多いです。 なのでピッチャーは避けましょう。 そして、内気の選手を選ぶのは絶対にやめましょう。 なぜなら、せっかく「魔物」が発動しても、その選手にしか指示できない場合が多いからです。 おすすめとしては、試合前のスタメン変更で注目選手で選んだ選手の次の打順に内気の選手を持ってくることです。 そうすれば、注目選手が塁に出た時に次の打順の選手にも指示できることがあるので、そこで「魔物」を発動すれば、そのイニングに大量得点できる可能性があります。 攻撃時の指示 基本的には「流し打ち」か「引っ張り」のどちらか数字の高い方でよいと思います。 ボールカウントが0-3とか1-3の場合は「待て」を選ぶと四球の可能性が上がるのでおすすめです。 フルカウントになれば「ヒットエンドラン」も有効です。 私の感覚ですが、今作はパワーがC以上ある選手で「犠牲フライ」を選ぶとホームランを打つことが多いように感じました。 しかし、パワーがない選手だと内野フライというオチが多いです。 絶対に選んではいけないのが「おまかせ」です。 勝手にスクイズ失敗したり、盗塁失敗したり…。 魔物発動時の指示 魔物が発動できた場合は、とにかく打球を前に飛ばさなければ意味がありません。 セーフティバントも有効で、捕球できなかったり、悪送球してくれたりしますよ。 とにかく三振だけは避けたいところです。 守備時の指示 基本的には「内角中心」か「外角中心」か「低め中心」の数字が高いものを選びます。 「打たせてとれ」は打たれるだけです…。 「緩急重視」も打たれます…。 ランナーが1塁にいる場合の守備位置は「ゲッツーシフト」がおすすめですが、セカンドとショートの守備能力が高くなってきたらゲッツーシフトでなくてもダブルプレーを取ってくれるので必要ないかもしれません。 試合ではベンチ入りの選手を全員使おう 試合は選手が一番成長できる場面なのです。 例え能力が低くても使ってあげられる場面は必ずどこかにあるはずです。 代打でも代走でも守備だけでも構いません。 サブポジすら持っていない別のポジションを守らせても構いません。 とにかく、試合に出させてあげましょう。 そのメリットは後述します。 栄冠ナインは能力よりも信頼度が大事! 栄冠ナインで甲子園優勝はそこまで難しいことではありません。 私のプレイ日記14年目みたいに、優秀な選手が数名いれば優勝も可能でしょう。 ただ、甲子園優勝できたとしても、世代交代が上手くできなければ、新チームで試合に勝てないなんてこともよくあります。 (これもプレイ日記14年目に実際に起きたことです。 ) しかし、それも考えてみれば当然のことなのです。 決まったメンバー(ほとんど3年生)しか試合にでていなかった。 3年生が引退して新チームになって初めて試合に出た選手が活躍できるハズがありませんよね。 栄冠ナインでは、それを数値化していて「信頼度」としています。 信頼度はイベントでも少しは上がることはありますが、試合に出場させることでかなり大幅にあがります。 もちろん、スタメンで出場させるに越したことはないですが、途中出場でもまぁまぁ上がります。 もちろん能力も試合に出すことで結構上がります。 ただし、試合に勝たないと意味がないので、タイミングが難しい場合もあります。 接戦の場合に私がよく使う手としては、最終回の守備の場面で1アウトごとに外野を変えたりしてでも全員出場させるようにしています。 そうすることによって、3年生が抜けた新チームでもある程度の信頼度があり、世代交代も失敗せず常勝チームを作ることができるはずです。 まだ細かいところが書けていないので、今後追記していきたいと思っています。 上記の方法で、私は常勝チームができました。 勝てなくて悩んでいる方は試してみてください。

次の

【パワプロ2018】栄冠ナインの攻略と前作から変わった点【有効な戦術と育成方針】

栄冠ナイン 試合 特殊能力

今作の栄冠ナイン 悪く言えば前作の使い回しです。 根本的な変更はされていません。 前作まででもある程度の評価も受けていたので妥当ですが、新要素も欲しかったですね。 プレイ難易度は若干下がったと思います。 試合中の操作が簡単な割に奥が深いので新参の方にもオススメのモードです。 管理人も通常のサクセスやソシャゲサクセスに飽きてきたので、今作は栄冠ナインからやり込みました。 結論ですが、 栄冠ナインを目当てでは買わないほうが良いかと思います。 前作とほぼ変わりませんから、、、 最初の目標 過去作をやり込んだ方はある程度攻略方法が染み込んでいるとは思います。 最初はとにかくチームを軌道に乗せることに尽きます。 3年~5年以内での甲子園出場を目指して頑張りましょう。 初期の育て方 初期チームは当然能力が低いです。 伸び代もたかがしれてるんですよ。 もちろん目先の勝利も大事なんですが、 スタート時に入部してくる1年生に注目してください。 この1年生が進級した時、 2年生時の秋大会 3年生時の夏大会 が最初のターニングポイントになります。 入部時~卒業まで育てられる最初の世代ですから、ここで勝てると一気に波に乗れます。 管理人も初の甲子園出場は初期メンバーが中心になる世代の秋大会でした。 最初のプレイでは1年生に注目してください。 とはいっても、意識する程度で十分です。 リセマラ スタート時点でのリセマラはどのゲームでも定番です。 栄冠ナインにおいては粘ったからといって、特別強い選手が出るって程でもないんですが、ある程度の吟味は必要です。 管理人は20分くらいリセマラしました。 天才型 を出すまでとは言いませんが、前述の通り最初の1年生は大きな鍵になります。 特に大事なのが 投手です!! 野手と比べて初期の能力に幅があると感じます。 当然、初期の能力が高いほうが、最終的に強い選手になるわけです。 序盤では特に投手力が勝ち抜く鍵になるので意識してください。 その中でも球速が大事かと思います。 122~139キロ程度の幅があるのでなるべく速い投手でスタートしましょう。 最低 134キロは欲しいところです。 スタミナ、コントロールは欲を言えば Eぐらい欲しいところです。 しかし、球速が速ければFで妥協してもかまいません。 そして変化球ですが、私はあまり重視しませんでした。 3年夏大会時に 総変化が5程度でも十分に通用します。 初期メンバーの育て方 どんなに頑張っても伸び代は限界があります。 様々なステータスがありますが、 どの値を伸ばすか絞ってしまうのが良いと思います。 あくまで、スタート~3年目くらいまでの話ですが 勝つために優先したいステータスを伸ばすというわけです。 投手 投手育て方についてお話しします。 もちろん初期の1年生が3年生になった時の話です。 球速 145~150キロ スタミナ D~C コントロール D 総変化量 5 この程度の選手を目指してください。 具体的には 1. スタミナ、コントロールをDまで上げる。 変化球を2種、総変化4まで上げる。 球速を伸ばす といった順序です。 特筆すべき点は夏の予選時7月、秋大会時9. 10月は必ず球速練習指示にしてください。 打者1人でも登板させておけば球速が1キロはあがります。 大会時は球速を伸ばす絶好機です。 野手 野手の育て方ですが、守備は捨てます。 もちろん守備が良いのが理想なのは言うまでもありませんが、得点に直結しやすいのは打撃です。 最初の3年は打撃に絞って育てましょう。 練習指示は パワーとミートのみでオーケーです。 具体的には パワー C以上 ミート D以上 を目標にしてください。 3年間打撃に特化すれば余裕で達成できる値です。 達成後も走力をあげたりせず、更にミートとパワーを鍛えましょう。 付け焼き刃程度に守備や走力を鍛えるならば、打撃特化を貫くという感じです。 チームの方針 理想はバランスタイプです。 タイプによってカードが変わりますが、あまり気にしなくても良いでしょう。 ただ、評判が中堅になるまでは打撃特化が良いでしょう。 打撃のカードでミートとパワーを上げる為です。 打撃を鍛えれば、格上が相手でもワンチャンあるんで勝ちやすいんですよ。 運良く勝って中堅クラスまでくれば、あとは勝手に強くなります。 イベントキャラ 栄冠の中で登場するキャラの中でも重要なキャラについてお話します。 ちなみに今作は新キャラはいません。 (と思います) ならずもの 何気に重宝するならずもの。 スケジュールを全とっかえしてくれます。 スケジュール変更手帳と同じ効果ですね。 出現条件は卒業生の進路が ならずものであること。 特に意識しなくても5年程プレイすれば出てきます。 良いカードがない時は積極的に狙いましょう。 栄冠の中で大事なのは試合をこなす事、特に序盤は公式戦で勝てないと年間試合数が5試合以下なんて事もしばしば、 そんな時に欲しいカードが 練習試合!! 出ない時は本当に出ません。 練習試合を引く為にも、ならずもののマスに止まって積極的にスケジュールを入れ替えましょう。 ミゾット社員 機材調達で重要なミゾット社員 卒業生の進路がミゾット社員であれば出現します。 序盤は練習機材が揃わず、グランドレベルも上がりません。 試合で勝てれば、 5勝ごとに設備導入イベントが可能なんですが最初は厳しいですよね。 進路相談でミゾット社員の項目が出たら積極的に勧めてください。 そしてミゾット社員がマスに止まったら確実に狙いましょう。 練習機材 ミゾット社員のネタが出たので練習機材についても触れておきます。 ・ミゾット社員からのプレゼント ・学校からの寄与 の他に試合5勝ごと現れるアイテム導入イベントがあります。 メインはこちらです。 1000ポイント、2000ポイントの練習機材がありますが、序盤は 1000ポイント機材を集めてください。 1000ポイント機材コンプ状態でお楽しみ券を買えば必ず2000ポイント機材が出ます。 微小ですが ポイントの節約になるんですよ。 1000ポイントの中でもアロマグッズなど精神練習系は後回しにしましょう。 理由はあんまり使わないからです。 投球、打撃関係の練習機材を優先してそろえてください。 肉、野菜、魚 肉屋、八百屋、魚屋もお馴染みキャラですね。 各種経験点を貰えますが、意識して止まる必要はないと思います。 止まれそうなら止まる程度でオーケーです。 たまに経験点ではなくて能力が直接アップすることもあるので利用価値は十分です。 アイドル 優先して出現させたいのがアイドル しかし狙って出す事が出来ません。 女マネージャーが卒業後にアイドルになると出現しますが、確率次第。 管理人は4年目に出ましたが早い方です。 10年たっても出ない場合も、、 しかし効力は抜群 ・全員のテンションアップ ・数人の練習効率かなりアップ ・全員の練習効率アップ 特に練習効率アップ後にベンチプレスの5などを選択すると恐ろしい程能力が上がります。 詳しくは下記、練習効率項目参照 プロOB プロを輩出すると、たまに練習を観に来ます。 (マスに現れる) ・テンションが下がる ・経験点を貰える ・黄色マスが現れる ・マイナス能力を消す 本や試合以外では マイナス能力を消せないので重宝します。 プロ転生選手などは最初からマイナス能力がある場合が多いので積極的に止まりましょう。 看護師 ・テンションアップ ・体力大回復 の効果があります。 特に意識して止まる必要はないと思います。 他キャラは徐々に更新します 強くなる為に ここからはアドバイス程度に攻略記事を書いていきます。 弱小~強豪向けの小ネタです。 定番の1円玉 栄冠ナインを長時間プレイする際のオススメ技 L2ボタンに1円玉挟むだけ 左手を広げなくて良いので疲れません。 メッセージを軽快にスキップできます。 ちなみにメッセージ早送りは2年目以降に可能です。 練習効率 栄冠をプレイするうえで知っておきたい練習効率 どの練習をしてどのステータスを伸ばすか? それも大事なんですが、今回お話しする練習効率は言わばボーナスのようなもの。 「練習効率が上がった」のメッセージ後に数字の大きなカードを選ぶと通常1ずつしか上がらない能力が2〜5程度上がることがあります。 パターンとしては マネージャーのゲキ チームメイトの振る舞い アイドルのマスに止まる 個人特訓の後 得能取得イベ などがあります。 特にアイドルは狙って止まれるので効果大です。 練習効率が上がった の直後の練習はなるべく4以上の数字のカードを選びましょう。 練習効率が少し上がったというパターンもあります。 こちらは前者ほどではないですが、能力が上がりやすいです。 試合観戦のカード、入学式、卒業式などの定期イベント、マネージャーのイベントで発生します。 この場合も直後に数字の大きな練習をしましょう。 そして、上記イベントと併せて使えるのが黄色マスです。 練習効率アップの後、3〜5マス先に黄色マスがあればスケジュール変更を行ってでも積極的に止まりましょう。 練習効率を上手く利用して育成しましょう。 守備位置を変えても 前作までだと、守備時の守備位置をいじることでカードの数字が変更されました。 カードの数字が低い時はレフトとライトの位置を何度も変えて4以上の数字が出るまで頑張ったりもしましたが 今作は使えません、、 もともとバグみたいなもんですからね。 対戦相手の強さ 毎作品お馴染みの初戦からAランク 今回も引き続き変わりません。 コナミ直す気ないな、、 仕様と言えばそれまでなんですが、流石にひどいですよね。 今作は15年程のプレイで地区予選1回戦からAランクということはまだありません。 しかし2回戦でAランクとぶつかったのが3度程 初戦〜2回戦でのBランクが数え切れないほど、、 前作より酷くなってる気がします。 前作も発売後1カ月程度で改善アップデートがあったんですが、今回もあるんでしょうか? エラーが多い仕様 今作では試合中のエラーが多い仕様になってます。 数試合すれば気付くはず。 Aクラスの強豪で鉄壁守備揃いでも普通にエラーが出ます。 甲子園の魔物を行使していなくても試合中のエラーがとにかく多い。 何か対策が必要では? とレギュラー陣のエラー回避をC以上にしてみましたがあまり効果がありませんでした。 こういう仕様だと割り切ってしまうのが良いかと思います。 どうせエラー回避を上げても変わらないならE程度あれば十分でしょう。 その分を守備力に振ったほうが、全体的な失点も減るはずです。 キャッチャーB 特殊能力 キャッチャー AもしくはB 前作と変わらず効果抜群です。 栄冠において鬼畜過ぎる得能です。 キャッチャーBを持った選手を組み込むだけで目に見えて失点が減ります。 取得するには ・初めから持っている(通常選手) ・プロ転生選手(古田など) ・本 ・合宿、特訓 狙いやすいのは合宿や特訓でしょうか? 積極的に狙っていきましょう。 天才型ラッシュ おい……見てるか谷沢…… お前を超える逸材がここにいるのだ……!! それも……2人も同時にだ………谷沢…… by 安西先生 横溝君、清水君 なんと2人も天才型が来ましたよ! 完全に運でしょうが、今作は割と天才出やすい気がします。 15年プレイで5人引きました。 単純に3年に1人計算。 偏ってるだけか、、 リセットペナルティ 今作も健在リセットペナルティー オートセーブとかセーブファイル増やすとか好い加減なんか対策ないんでしょうかね? とはいってもリセットすることは、ほとんどありませんよね? 怖いのがアプリケーションエラーです。 こればっかりは防ぎようがありません。 管理人はPS4なんですが、今までアプリケーションエラーで落ちるなんてことはありませんでした。 しかしパワプロをはじめて1週間 なんと2回も落ちるという、、、 しかも栄冠ナインプレイ中 ソフト側に問題あるとしか思えません。 ちなみにリセットペナルティーで選手能力、戦績ポイント、グランドレベルが下がります。 次回セーブする時点までは何回リセットしても同じ状態から始まります。 セーブしたポイントが公式戦間近ですとやり直しもありです。 管理人は春甲子園前でセーブ、その後の夏大会途中でアプリケーションエラーが発生しました。 春甲子園前から能力が下がった状態でスタートし1回戦負け 再びリセットかけても初回以上は能力やグランドレベルも下がりませんでした。 春甲子園準優勝までやり直しましたよ。

次の