小型ドライバー 求人。 週休2日◆日勤のみ◆安定収入&手当充実で家族も安心◎小型中型ドライバー #13076 清須市の求人

ドライバージョブ

小型ドライバー 求人

店舗や企業からだけでなく、個人から個人に向けてのネット通販も一般化している昨今、荷物を回収・配送するドライバーの需要は高まりを続けています。 このため転職先のひとつとして、ドライバーを候補にあげている人も多いでしょう。 今回は主に30代後半から50代まで、アラフォー以上歓迎求人を扱う私たち「」が、大型ドライバーへの転職について解説。 仕事内容や転職するのに必要な資格・適性、期待できる年収金額の目安や、ドライバーのなかでも大型ドライバーに転職するメリット・デメリットを紹介していきます。 漠然とでも大型ドライバーへの転職を考えているなら、ぜひしっかりと読み、あなたの転職の計画と成功にお役立てください。 小型・中型とどう違う?大型ドライバーの仕事内容 まずは改めて、大型トラックのドライバーがどのような仕事なのか理解していきましょう。 小型トラック ・通称「2トン車」と呼ばれ、小回りがきく ・街中や山道を走りやすく、地元住民や中小企業向けに配送を行う 中型トラック ・通称「4トン車」と呼ばれ、小型に比べ輸送能力が高い ・主に短距離、中距離を走るが、長距離配送に対応することも 大型トラック ・2トン車、4トン車より容量が大きい10トン車で通称「大型」 ・主に中長距離を走り、車両タイプによりさまざまな物品を運べる 《大型トラックの車両タイプ》 さまざまな物品の配送に対応できるよう、一般的に大型トラックと呼ばれるものには多様な車種が用意されています。 以下に、代表的な4タイプをご紹介しますので、参考にしてくださいね。 ただ、扱う車両・運ぶ物品・走行距離が変わるだけで、仕事内容自体は小型・中型のトラックドライバーとあまり変わりません。 対象物を集荷・積み込みし、指定された場所まで安全に送り届けるのが基本業務となります。 一方でどうしても扱う荷物が大量・大型になる性質上、小型・中型ドライバーに比べ、 荷物を手積み下ろしすることが少ないところは、特徴と言えるでしょう。 小さな部品・製造品を荷物として扱うこともありますが、大量にパッキングしたパレットやコンテナごと積み込むことが多いので、 積み下ろしにはフォークリフトを使用します。 ただし、どこまでがトラックドライバーの仕事内容に含まれるのか、大型ドライバーにどの程度の距離の配送を求めるかは、事業者によっても異なります。 詳しい仕事内容は、転職を検討する運送会社・事業者に都度確認すべきと、覚えておいてくださいね。 大型ドライバーとして転職・活躍するのに必要な資格は? 大型ドライバーとして働くには、いくつかの資格が必要となります。 2020年1月現在、満18歳以上の人が指定教習所などで教習・試験を受けることで、誰でも取得できます。 なお、普通免許で運転できるトラックの大きさについては2007年に法改正が行われました。 あなたが持っている普通自動車運転免許証が2007年6月1日以前に取得したものなら、その資格だけで小型・中型トラックの運転ができます。 2007年6月2日以降に取得したものなら、その運転免許証で運転できるトラックは小型のみですので、注意が必要です。 【普通自動車免許証「AT限定」の方は要注意!】 昨今、普通自動車ではAT(オートマ)車が一般的になってきましたが、トラックにはMT(ミッション)車が多いです。 トラックのサイズが大きくなるほど、MT車のみ製造されていないケースも少なくありません。 トラックドライバーとしての転職をめざすなら、自身の運転免許証がMT車に対応しているかを確認しておく必要があります。 《大型自動車免許》 取得することで大型トラックを含む車両総重量11トン以上、最大積載量6. 5トン以上、乗車定員30人以上の車両を運転できるようになる運転免許です。 さらに、大型以下のサイズの中型トラック、小型特殊車両まで運転できるようになります。 これさえ持っていれば、どんな大きさの車両でも荷物を運搬できる、トラックドライバーとして最上位の国家資格です。 取得するための条件は、資格を取ろうとする本人が満21歳以上であり、普通または大型特殊免許を3年以上保持していること。 【大型特殊免許とは】 クレーン、ブルドーザー、ショベルカーなどの工事用車両、トラクターやコンバインなど農業用車両、除雪車や路面清掃車など道路整備のための車両が大型特殊自動車です。 これらの大型特殊自動車を公道で運転するための免許を、大型特殊免許と呼びます。 つまり普通自動車運転免許、または大型特殊免許を取得してから最低でも3年以上経過していないと、受験資格を得られない運転免許なのです。 なお大型トラックは扱いにより、巨大な凶器ともなり得る危険な車両です。 このため、資格取得のための教習・試験も、他の車種に比べ難易度が高くなります。 満18歳以上なら取得可能です。 一見簡単に見える玉かけですが、もしつり上げた荷物は途中で外れて落下したら、多量の死傷者を出す重大な事故となってしまいますよね。 このため、工事現場や荷物の積み下ろし時に玉かけを行うには「玉掛作業者」の資格保有者が欠かせません。 特に鉄鋼業、建設業を荷主とする大型トラックのドライバーの必須資格と言えるでしょう。 《フォークリフト運転技能者》 トラックドライバーは、荷主から自力で車両への積み下ろしを要求されることも多いです。 かつては小さな部品・製品は箱単位で手積み下ろしすることが多かったのですが、近年ではパレット状態に梱包されたものを、フォークリフトで積み下ろすのが一般的です。 18歳以上なら取得が可能なので、トラックドライバーをめざすなら、取得して損はありませんよ。 《けん引免許》 最大で12メートルを超えるようなトレーラーを使い、大型トラックのドライバーが超大量輸送を行うのに必要な資格です。 受験資格は「普通・大型・大型特殊免許を所持する18歳以上」であること。 大型運転免許とあわせて取得すると、より多様な荷物の運搬に対応できるようになるので、運転手としての価値や競争力を高めたいなら取得を検討しましょう。 【合わせて読みたい】 《危険物取扱者》 特にタンクローリーでの燃料輸送に必要となる資格です。 ドライバーとして大手燃料メーカーの燃料輸送を請け負うには、必須とされます。 難易度は丙種・乙種・甲種の3段階あるので、難易度が低いものから取得をめざしましょう。 【合わせて読みたい】 転職前に知りたい!大型ドライバーの年収目安 ここからはをベースに、いろいろな角度から大型ドライバーの年収目安を探っていきましょう。 《小型・中型ドライバーとの年収差》 一方で小型・中型トラックのドライバーの場合、月々の給与額の目安は31万9,600円で、賞与を含めた年収換算では415万円程度とされます。 この結果から、 小型・中型ドライバーに比べ大型ドライバーの方が得られる年収金額が高い現状が見えてきます。 しかし逆に言えば、大型免許を取得してさえいれば、男女とも大型ドライバーとして400万円ほどの年収を得ることは可能だと考えられます。 ちなみに、物品ではなく乗客を運ぶタクシーやバスの運転手との収入を比較すると、以下の結果となりました。 つまり、そのときの業界全体の忙しさや走行距離などにかかわらず、会社から従業員に支払われる定額賃金が固定給ということになりますね。 固定給をどの程度受け取れるかが、生活を設計するうえで重要な基準となってきます。 給与のうち固定給が占める割合は、事務職なら8割程度、その他の運転職なら6割程度と言われていますが、大型ドライバーは4割程度です。 このため大型ドライバーの給与額は、本人の能力やそのときの業界全体の状況、会社側の都合により変動しやすいということになります。 理解しておきましょう。 ・大型ドライバーとしての経験や、配送できる荷物の量・内容の違い ・ドライバー本人の勤続年数や性別、残業時間 ・所属または勤務をする運送会社の規模 これを踏まえると、大型ドライバーとしての転職を成功させ、収入を高くしていくためには以下の対策が有効と言えるでしょう。 《まずは大型ドライバーとして、経験を積む》 未経験から大型ドライバーになるなら、まずは普通自動車運転免許に合わせ大型免許も取得してから、中小規模の運送会社へ転職をめざしましょう。 会社の指示に従い、はじめは小型・中型トラックの運転から始めて、大型ドライバーとしてさまざまな荷物を安全に運ぶ術を身に着けてください。 経験を重ねるごとに大量、または長距離の荷物の運搬を任せてもらえるようになります。 勤務先が多く扱う荷物の傾向に合わせ、玉掛作業者やフォークリフト、危険物取扱者などの資格も随時取得していくのがおすすめです。 転職して3~5年もすれば扱える車両や荷物の幅が広がり、長距離の運転もできるようになっているでしょう。 これで、年収を変動させる要素のうち1つ目と2つ目をカバーできるため、経験や業務の内容・時間に応じた収入の上昇が見込めるはずです。 《状況に応じ、大規模運送会社への転職を検討する》 普通自動車運転免許と大型免許に加え、玉掛作業者やフォークリフト、けん引、危険物取扱者などの補助資格を複数持つドライバーは決して多くありません。 また運送会社では、荷物配送への需要が高まる一方で慢性的にドライバー人材が不足しています。 複数の資格を持ち、実務経験もある大型ドライバーは、業界で引く手あまたなのです。 トラックドライバーを雇用する運送会社は、従業員数300人以下の中小企業がほとんどです。 しかし少数ながら、従業員数1000人を超える大企業も存在します。 大規模な運送会社、または大企業の子会社として運営されている運送会社であれば、中小規模の運送会社に比べ給与や待遇が良い可能性が高いです。 より待遇の良い会社で大型ドライバーとして働きたいと望むなら、数年間経験を積んだ後に、業界内転職する道を模索しましょう。 大型ドライバーに転職するメリットとデメリット 最後に、大型ドライバーとして働くことのメリット・デメリットを考えてみましょう。 大型ドライバーとして安全運転できるということは、大型トラックよりも小さな中型・小型トラックや普通自動車を安全に運転するスキルも高いということです。 車の運転がうまくなりたい人、大きな機械や乗り物に興味のある人にとって、大型ドライバーはメリットの大きい仕事と言えるでしょう。 《全国へのドライブを楽しめる》 中・長距離を走る大型ドライバーは、担当する都道府県の隅から隅まで、または日本全国へのドライブ旅を楽しめる仕事でもあります。 特に長距離の場合には、高い確率で宿泊する必要も出てきます。 そうなれば、仕事の一環としてその地域の宿泊施設を利用し、特産品や名物を食べる機会にも恵まれるでしょう。 ドライブや移動、旅行が大好きな人が大型ドライバーになれば、毎日の仕事に新鮮さや楽しみを見出しながら続けることができるでしょう。 《地理や地図の見方に詳しくなれる》 大きな車体を扱う大型ドライバーは、車幅が広くて走りやすく、混雑しにくい道を理解し利用するよう運送会社から指導されます。 このため大型ドライバーとして働くだけで、担当エリアの地理や道路事情に詳しくなれます。 中型・小型ドライバーとして勤務する機会があるなら、大きな幹線道路だけでなく、街中の抜け道を探して通る楽しみも得られるかもしれません。 《資格と実務経験があれば、つぶしがきく》 国際的な輸出入が増え、個人間の商取引も増えていくと予想されるなかで、荷物を運ぶトラックドライバーへの需要は高まり続けています。 特に鉄骨など、大きな資材も運べる大型ドライバーへの需要は、よほど大きな技術革新がない限りなくならないでしょう。 そのうえ、先述したように複数の資格と実務経験を持つ大型ドライバーは、各運送会社にとってのどから手が出るほど欲しい人材です。 運転が好きで、つぶしのきく一生ものの仕事に就きたいなら、大型ドライバーは非常におすすめです。 道路事情や天候の変化など、不足の事態でスケジュールに遅れが発生した場合であっても、当初の期限に間に合わせるため努力するよう求められます。 近年では、ドライバーの人権尊重や働き方改革の観点から無理な残業・長時間労働を強いる会社は減っています。 しかし予期せぬ事情から長時間の運転や徹夜、残業が発生する可能性は常に存在するのです。 他職種に比べ、仕事にかかる時間の見通しが立てにくい点は、デメリットと言えますね。 《年齢を重ねると続けられなくなる可能性がある》 安全管理に気を配りながら荷物を積み下ろし、長時間運転をする大型ドライバーは、体力仕事です。 このため、60歳を迎える頃には体力的な事情から安全に業務を行うことが難しくなり、続けられなくなる可能性が高いでしょう。 ドライバーを続けることが難しいなら、配車や運転手の管理を行う運行管理者として、内勤できる職種に移動する道もあります。 大型ドライバーに転職するなら、50代以降の自身のキャリアをどのように構築していきたいのか、早めに考えるようにしてくださいね。 【こんな人は大型ドライバーに不向きかも!】 ・車の運転や地図を読むことが、あまり得意ではない ・仕事とプライベートは、はっきりと分けて生活したい ・家族と過ごす時間を第一に、生活時間を考えたい ・既に50代半ばを過ぎている 運転好きなら、大型ドライバーへの転職を検討してみて 大きな車体を操り、顧客の荷物を安全に運搬する大型ドライバーは、トラックドライバーのなかでも花形の職種です。 ネット通販の一般かに伴い、荷物を運搬してくれるドライバーへの需要は高まっています。 普通自動車運転免許に加え、大型免許があればすぐに転職できる大型ドライバーは、運転好きが楽しみながら続けられる一生ものの仕事と言えるでしょう。 本記事で大型ドライバーを魅力的と感じたなら、まずは求人検索のうえ資格取得の計画を立てて、転職成功に向け動き出してくださいね!.

次の

運転手・ドライバー業界専門の求人情報なら“ドライバーbiz”

小型ドライバー 求人

「ドライバーbiz」とは? ドライバーbizは、全国のドライバー求人に特化した求人情報ポータルサイトです。 ドライバー求人に関連する、近距離から長距離、ルートなど配送距離毎にお仕事を調べることができ、ドライバーだけでなく運行管理者や倉庫作業の求人情報を掲載しています。 4tトラック運転手などの大型トラック運転手、軽トラックや乗用車などの小型トラック、タクシーや引っ越しドライバーまで様々なドライバー求人を検索することができます。 また、正社員雇用だけでなく、アルバイトや業務委託などの雇用形態や働きたい求人の特徴を使い、細かい検索も可能です。 ドライバーのお仕事をお探しの方は、ドライバーbizで希望する条件に合う求人情報をお探しください。 日本国内の物流・運輸業界は右肩上がり 日本国内の物流・運輸業界は、オンラインでの買い物が増加傾向にあり、さらにはネットやアプリで簡単に商品を売買できるサービスも増え、物流・運輸業界全体の経済的な成長は引き続き右肩あがりの状態が続いています。 この業界について、世間一般の認識は「稼げるけどキツイ業界」と思われがちですが、現代では変わりつつあります。 なぜなら、昨今のドライバー不足や事故の増加、環境への配慮などを考える運送業者が増えてきているからです。 また、各地域のトラック協会が指導を行っているため、安心して仕事を行える環境が整っている業界です。 多くの企業がドライバー不足で悩んでいる 日本国内でのドライバー不足の問題を感じている企業は少なくありません。 ドライバー職の有効求人倍率は高い水準が続いており、引き続き「ドライバー不足」状態が継続している状況です。 求人については、労働環境は改善されましたが、燃料や車両の価格上昇が原因で経営コストが上がり、昔ほど稼ぐことは現実的に難しくなっています。 それでも月給40万円を稼ぐドライバーもおりますし、平均しても20~30万は稼ぐことは可能です。 運送会社もドライバーにできるだけ長く働いてもらいたいと考えていますので、優遇された職業ではないかと思います。 ドライバーのお仕事特徴 ドライバーは、依頼を受けた指定の荷物を、荷揚げ場所から荷卸し場所まで配送する仕事です。 長距離を走る事が多く、トラックの中で睡眠をとることもあります。 多少の体力と経験が必要な職種ですが、人間関係のわずらわしさなどがないので、ストレスの少ない仕事と感じる人も多いようです。 大型免許、フォークリフト、玉掛けなどの資格をお持ちの方は採用に優遇されることがあります。

次の

トラックドライバーの平均年収(小型~大型)と給料アップの方法がまるわかり

小型ドライバー 求人

ドライバーの求人情報ならドライバージョブ ドライバージャパンジョブはトラック運転手の求人情報を扱う求人サイトです。 全国から様々な業種の求人情報を集めています! トラック運転手の転職動向 今、トラック運転手の需要がどんどん増えていることをご存知ですか? 配達の需要が急激に増えたことで、運送業界が深刻な人手不足に陥っていることが原因です。 運送会社がより多くの働き手を求める中、働き手であるドライバーは、自分にあった会社をしっかり選別することができるようになっています。 ドライバージョブで求人を調べ、自分にぴったりの会社を見つけましょう! トラック運転手の労働環境 トラック運転手の労働環境は、決していいものとは言えません。 普通の仕事に比べて長時間労働であったり、勤務時間が不規則だったりと、いわゆる「ブラック」と呼ばれることが多いです。 また、運送業界は企業によってその待遇が大きく異なります。 人手不足を受け、労働環境を改善している企業もあれば、過酷な労働環境でドライバーを働かせる企業もあります。 トラック運転手は今売り手市場です。 つまり、就職する側のトラック運転手は、運送会社を見極め、より好条件の企業を選ぶことができるのです。 人手不足の今だからこそ、しっかりリサーチして、自分にぴったりの企業を選ぶことが大切です。 トラック運転手の平均年収 トラック運転手の平均年収はどれくらいなのでしょうか?賃金構造基本統計調査によると、2015年のトラック運転手の平均年収は437万円でした。 これは、2010年に比べ30万円以上高くなっており、今後も上がっていくことが期待されます。 長距離ドライバーになると、月収の手取りが30万円を超えることもあります。 歩合制の会社が多いため、走れば走るほど給料が上がります。 ただし、会社によって給料の基準は異なるため、自分のスキルや仕事のスタイルにあった会社を選ぶ必要があります。 仕事内容のご紹介 長距離ドライバー 長距離ドライバーは、荷物を日本全国に届けるトラック運転手を指します。 一般的に大型トラックやトレーラーなど、大きな荷物を遠くまで運ぶ仕事です。 長距離ドライバーは長い時間運転するため、車内で休憩を取ったり食事をしたりすることが多くなります。 一人の時間が長く気楽な分、10時間以上運転し続けないといけないため、体力と精神力が求められる仕事です。 その代わり、トラック運転手の中でもっとも稼げる仕事です。 中距離ドライバー 中距離ドライバーは、日帰りでできる運送業務を行います。 主に個人宅への宅配や、スーパーやコンビニへの荷物配送が仕事になります。 中距離ドライバーになるには、普通免許または準中型・中型免許が必要になります。 小型トラックであれば普通免許でも運転できますが、より多くの荷物を運ぶためには中型免許が必要になります。 長距離ドライバーに比べ拘束時間が短く、生活が昼夜逆転することもないため、自分のライフスタイルに合わせた働き方をすることができます。 トレーラー トレーラーとは、運転手が乗るトラックとトレーラーと呼ばれる荷台が繋がったものを指します。 大量の荷物を遠くまで運ぶときに、非常に重宝されるトラックです。 トレーラーの運転は他のトラック運転に比べ高いスキルが求められ、必要な免許も多くなります。 「大型免許」はもちろん、トレーラーの総重量が750kgを超える場合は、「牽引免許」という免許も必要になります。 大型トラック 大型トラックは11t以上のトラックのことです。 大型トラック、ダンプカー、バス、タンクローリーなど、大型免許で様々な種類の大型車が運転できます。 月収が30万円を下回ることはないと言われるほど、大型トラック運転手は待遇のいい仕事が多いです。 これは、大型トラックが長距離を走れること、より多くの荷物を運ぶことができることが理由です。 中型トラック 中型トラックは7. 5t以上11t未満のトラックを指します。 普通免許を2年以上保持していれば、中型免許を取得することができます。 中型免許の取得により、運転できるトラックの範囲が広がり、長距離の運送も可能なため、給料アップが狙えます。 面接の時も、中型トラックを運転できることで有利になることが多いです。 小型トラック 小型トラックは、2〜3tのトラックを指します。 普通免許で運転ができるため、まだ資格はないけどトラック運転手に転職したい、という人におすすめです。 仕事内容は主に地域配送になります。 宅配便を届けたり、コンビニやスーパーに荷物を届けたりという仕事になります。 直接人に届ける仕事なので、他のドライバーに比べ人とコミュニケーションをとる機会が多い仕事です。 比較的小さい荷物を運ぶことから、小型トラック運転手は女性でもなりやすい仕事です。 準中型トラック 2017年より新しくできた免許が「準中型免許」です。 5t〜7. 5tの中型トラックを運転するための免許となります。 特徴として、18歳以上であれば免許取得できるという点と、普通免許を持っていなくても免許が取れるという点の2つが挙げられます。 運転経験が少ない高卒のドライバーにとって敷居が高かった「中型免許」ですが、「準中型免許」が誕生したことでより身近なものとなりました。 準中型トラックは宅配便やコンビニ配送などの近距離の配送に多く使われます。 フォークリフト フォークリフトは荷物の積み下ろし作業ができる重機のことです。 重い荷物を軽々と持ち上げることができるので、フォークリフト免許は作業現場で重宝される免許です。 実は国家資格であり、フォークリフト免許を一度とれば一生物の資格となります。 配送業だけでなく、建築業や産業廃棄物など様々な業種で潰しがきく免許です。 引っ越しドライバー 引っ越しドライバーは引越しの荷物を運ぶ仕事です。 荷物の運送だけでなく、引越し元から荷積みから、新しい部屋まで荷物を運ぶまでの作業を全て行います。 他のトラック運転手と比べ、体力が求められる仕事です。 引越しドライバーの利点は、日中の仕事がほとんどのため、規則正しい生活が保てることです。 また、1日何件と引越しの件数が決まっており、引越し作業が早く終われば早く帰ることができるため、時給にするとお得な仕事だったりします。

次の