せかほし 宝石。 How to Draw: Jewel Tutorials and Works In Progress

ほしジュエリー:当たる占い師・人気占い師の店デルフィー(東京都渋谷区恵比寿)

せかほし 宝石

詳細は「」を参照 宝石の定義としては主に「美しいものであること」「希少性があること」「耐久性があること」という3つの条件が挙げられる。 しかし硬度に劣る真珠などが古来宝石として認められてきたように、美しさが宝石と認めるに足るものであるという点が最も重要視されており、厳密に定義を当てはめることはあまりされず 、宝石の種類は100種とも200種とも言われる。 また、スフェーンのように通常あまり宝石とされることが無いような鉱石であっても、一部収集家向けにカットされ宝石として扱われるような場合もある。 本項では、そのような物も含め「宝石」として扱われることがあるものを広く取りあげた。 一覧 [ ] 検索用目次 [ ] 名称昇順ソート時のみ有効 名称 和名 組成 グループ 色 説明 画像 出典 ア / / / / / / / 菫青石 Mg 2Al 3 AlSi 5O 18 青 見る方向によって青色もしくは黄緑-無色に見える多色性を有した宝石。 ウォーターサファイアとも。 ・アウイン 藍方石 Na,Ca 4-8[Al 6Si 6 O,S 24] SO 4,Cl 1-2 青 を持つ青色の宝石。 数種類の鉱石の固溶体であるに含まれる鉱物の1つでもある。 SiO 2 石英 青 に金を被覆させた人工宝石。 藍玉 Be 3Al 2 SiO 3 6 ベリル 青 淡い青から濃青色ので、見る方向によっては無色にも見える多色性を有する宝石。 緑色を帯びたものは熱処理によって変色処理される。 瑪瑙 SiO 2 石英 () 多様 玉髄と蛋白石が交互に層を形成している縞模様の宝石であり、内包物や色調などによって紅縞瑪瑙(サードニックス)、苔瑪瑙(モスアゲート)など様々な名称で呼ばれる。 多孔質であることを利用して様々な色に着色することができるため、人工着色されたものも多い。 藍銅鉱 Cu 3 CO 3 2 OH 2 藍銅鉱 青 濃青色の宝石で、と共に産出することが多い。 燐灰石 Ca 5 PO 4 3F 多様 黄、緑、青、紫、 無色と様々な色の宝石が存在する。 5と宝石の中では軟らかく、産地によってはが見られる。 インド翡翠 SiO 2 石英 緑 が微細構造として含まれている水晶であり、きらめくように光が反射するを示す。 天河石 KAlSi 3O 8 長石 緑 緑から青緑色の宝石であり、などと同じ長石である。 紫水晶 SiO 2 石英 紫 微量成分であるの影響で紫色を呈する水晶。 黄紫水晶 SiO 2 石英 紫 、黄 アメシストとシトリンが合わさった宝石。 鉄礬柘榴石 Fe 3Al 2 SiO 4 3 赤 の中でも一般的なもので、強い光沢を持った独特な赤色を示す宝石である。 BeAl 2O 4 クリソベリル 緑 、赤 光源の種類によって色が変わるを示す、緑もしくは赤色の宝石。 中性長石 Na,Ca [Al Si,Al Si 2O 8] 長石 黄 、赤 、緑 、 オレンジ 黄、赤、オレンジ、緑色の宝石であり、に産出するアンデシンの中にはアレキサンドライト効果を示して赤色から緑色に変色をするものもある。 灰鉄柘榴石 Ca 3Fe 2 SiO 4 3 緑 、黄 とを含んだであり、アンドラダイト系ガーネットとして、緑色をしたや黄色をしたなどに細分される。 琥珀 化石 黄 のを用いた樹脂を示す宝石である。 モース硬度は2-2. 5と宝石の中でも特に軟らかい。 化石 虹色 のが元になっている宝石であり、によりのような虹色の輝きを持つ。 モース硬度4と軟らかい宝石である。 、ブルートルマリン Na LiAl 3Al 6Si 6O 18 BO 3 3 OH 4 電気石 青 青色を示すトルマリン。 Na LiAl 3Al 6Si 6O 18 BO 3 3 OH 4 電気石 赤 、緑 スイカのように外側が緑、内側が赤色をしたトルマリン。 灰クロム柘榴石 Ca 3Cr 2 SiO 4 3 緑 クロムを含み緑色を示す。 曹灰硼石 NaCaB 5O 6・5H 2O 無 繊維質の透明な結晶であり、画像を浮かび上がらせる性質を持つことからテレビ石とも呼ばれる。 翠玉 Be 3Al 2 SiO 3 6 ベリル 緑 やなどが不純物として含まれることで緑色を呈色するベリル。 天然のものは内部に傷を持つものが多いことからオイルに浸漬させる処理が行われる。 縞瑪瑙 SiO 2 石英 () 黒 、白 、茶 黒と白の縞模様を呈するアゲート。 蛋白石 SiO 2・nH 2O 虹色 虹色にきらめくを示す宝石。 石自体の色は黒や青、緑、乳白色などのものがあり、ブラックオパールやホワイトオパールと呼ばれる。 黒曜石 黒 ガラス質の黒色の宝石。 SiO 2 石英 白 水晶に白金もしくは銀を被覆させた人工宝石。 カ / / / / / / / 藍晶石 Al 2SiO 5 青 多色性を示す青色の宝石。 方解石 CaCO 3 多様 無色、赤、黄、オレンジ、青、緑など様々な色を呈する。 玉髄 SiO 2 石英 () 多様 不透明な潜晶質の石英であり、赤色を呈するや緑色を呈するなど様々な種類のものが含まれる。 柘榴石 X 3Y 2 SiO 4 3 多様 類似した組成を持つ鉱石のグループをとよぶ。 マグネシウムとアルミニウムを含む赤色のパイロープや、クロムを含む緑色のウヴァロヴァイトなど多くの種類のものが含まれる。 紅玉髄 SiO 2 石英 () 赤 赤みがかった色を呈する。 猫目石 BeAl 2O 4 黄 、 黄緑 、緑 黄から緑色を呈するクリソベリル。 猫の目のように宝石の表面に光の筋が現れるを示す。 キャッツアイ効果を示す宝石は他にも存在しており、それらと区別するためにクリソベリル・キャッツアイとも呼ばれる。 水晶 SiO 2 無 結晶性のよい無色の石英。 (紫水晶)や(黄水晶)など様々な色つきの水晶があり、透明なものの中でもその形状や内包物によって日本式双晶や草入り水晶など様々な種類に分類される。 緑玉髄 SiO 2 石英 () 緑 カルセドニーの一種であり、を不純物として含み青りんご色を呈する。 金緑石 BeAl 2O 4 黄緑 を主成分とする黄緑色の宝石であり、特殊な光学的現象を示すやはクリソベリルの変種である。 灰礬柘榴石 Ca 3Al 2 SiO 4 3 緑 とを含んだであり、グロッシュラー系ガーネットとして、緑色のや赤色のなどに細分される。 リシア輝石・スポジュメン LiAlSi 2O 6 リシア輝石 紫 リシア輝石のうち、桃色から紫色を示す宝石をクンツァイトとよぶ。 SiO 2 石英 青 水晶に金を含む複数の金属元素を被覆させた人工宝石。 珊瑚 赤 動物であるサンゴの骨格を利用した宝石であり、赤から桃色を示す。 SiO 2 石英 金 水晶に金を被覆させた人工宝石。 サ / / / / / / / 青玉 Al 2O 3 青 不純物として含まれるチタンや鉄の影響で青色に呈色するコランダム。 赤色を示すコランダムである以外のコランダムは全てサファイアに分類されるため、様々な色のコランダムがピンク・サファイアやイエロー・サファイアのように呼ばれる。 を示すものもあり、スターサファイアと呼ばれる。 日長石・ヘリオライト・太陽石 CaAl 2Si 2O 8 赤 オレンジがかった赤色を呈する宝石であり、を示す。 紅縞瑪瑙 SiO 2 石英 () 褐色 アゲートのうち赤い縞模様のものをサードニクスと呼ぶ。 サードニクスの赤色は鉄に起因しており、加熱によって色調が際立つ。 蛇紋石 Mg,Fe 3Si 2O 5 OH 4 緑 緑色を呈する宝石。 その蛇皮のような模様は宝石名の由来ともなっている。 黒玉 化石 黒 水中や沼地などで石炭化した化石に由来する黒色の宝石。 その利用は青銅器時代にまでさかのぼり、紀元前1500年頃にはイングランドで産出されていた。 しばしばやブラック・トルマリンと混同される。 貝 多様 多様な色形を有し古来から装飾品などに使われてきた生体由来の宝石。 炭酸カルシウムおよびタンパク質から成っており、真珠は貝殻の真珠層に由来する。 翡翠、硬玉翡翠 NaAlSi 2O 6 翡翠 緑 半透明から不透明な緑色の宝石。 軟玉翡翠と呼ばれるネフライトに似た宝石であるが別物であり、宝石としてはこちらの方が珍重される。 黄水晶 SiO 2 石英 黄 微量成分である鉄の影響で黄色を呈する水晶。 産出量は非常に少ないが、アメシストを加工することで黄色の宝石としたものが多く流通している。 碧玉 SiO 2 石英 (碧玉) 多様 のうち、含まれる不純物の影響で透明性を持たない宝石。 多様な色を示し、古代から利用されてきた。 鉄電気石 NaFe 3Al 6 BO 3 3Si 6O 18 OH,F 4 トルマリン 黒 黒色の宝石であり、トルマリンの中では最も一般的なものである。 風信子石(ヒヤシンス石) ZrSiO 4 多様 屈折率が高く金剛光沢を示す多様な色を呈する宝石。 日本ので発見され、南アフリカからも産出する。 名称は岩石学者であり発見者の杉健一から。 尖晶石 MgAl 2O 4 青 、赤 青色や赤色を示す宝石。 赤色のスピネルはと共に産出され、見た目も似ているために、しばしば混同される。 チタナイト・くさび石 CaTiSiO 5 多様 ダイアモンドよりもファイアが強く、 多様な色を示す宝石。 5と軟らかいため、宝石としてカットされるのは収集家向けなどに限られている。 満礬柘榴石 Mn 3Al 2 SiO 4 3 赤 を含んだであり、赤からオレンジ色を示す宝石。 煙水晶 SiO 2 石英 黒 、茶 不純物としてアルミニウムを含み黒色を示す水晶。 天青石 SrSO 4 無、 水色 無色から青色を呈する宝石。 産の青灰色のものが多く市場に出ている。 灰簾石・黝簾石 Ca 2Al 3 SiO 4 Si 2O 7 O OH 多様 多様な色を示す宝石であり、ピンク色のものはチューライト、緑色のものはアニョライトと呼ばれる。 青色をした宝石であるも灰簾石の一種。 ルビーを内包したものも産出される。 方ソーダ石 Na 4Al 3 SiO 4 3Cl 青 を構成する一成分でもある青色の宝石。 タ / / / / / / / 透輝石 CaMgSi 2O 6 白 、 黄緑 ケイ酸塩鉱石である透輝石のうち外観の美しいものが宝石として利用される。 スター効果を示すものもある。 虎目石 SiO 2 金色 、赤茶色 の繊維を含んだ石英であり、にすることでを示す。 安価であるため猫目石のイミテーションとして利用される。 金剛石 C 多様 金剛光沢を示す宝石。 10と非常に硬い宝石であるが、を有しているため一定方向に割れやすい。 ほとんどのダイヤモンドは無色から黄みがかった色を示すが、希に様々な色を有するダイヤモンドも産出される。 Ca 2Al 3 SiO 4 Si 2O 7 O OH 青 で産出するを加熱処理することで濃い青色とした宝石。 その色は微量元素として含まれる銅や鉄に起因しており、石によっては多孔質で退色しやすいものもある。 古代ペルシャでは魔除けとしても利用されていた。 () BeMgAl 4O 8 紫 スピネルに似た淡い紫色を示す宝石であり、1968年にスリランカの砂礫から発見されるまではカットされた4つの宝石のみしか確認されていなかったほどに希少な宝石だった。 現在ではスリランカやタンザニア、中国などで産出される。 名称は発見者であるオーストリア伯爵・アイルランド子爵のリヒャルト・ターフェ(オーストリア首相の孫)に由来する。 K Ca,Na 2Si 4O 10 OH,F ・nH 2O 紫 、白 、黒 強い紫色を示す宝石。 1947年にロシアで発見され、1978年に鉱物として認定された比較的新しい宝石。 灰礬柘榴石 Ca 3Al 2 SiO 4 3 緑 系のであり、クロムやバナジウムが不純物として含まれることで緑色を示す。 SiO 2 石英 () 緑 、白 白い石の中に緑色の内包物が含まれたアゲートであり、苔瑪瑙に類似している。 灰鉄柘榴石 Ca 3Fe 2 SiO 4 3 緑 系のであり、を持つ緑色の宝石である。 模樹瑪瑙 SiO 2 石英 () 白 、黒 、茶 樹状の内包物を有する玉髄。 内包物は通常である。 灰鉄柘榴石 Ca 3Fe 2 SiO 4 3 黄 系のであり、に似た黄色の宝石である。 黄玉 Al 2SiO 4 F,OH 2 多様 多様な色を示す宝石であるが無色から黄色のものが多く、黄玉の和名が差すように黄色い宝石の代名詞とされる。 赤からオレンジがかった黄色を示すトパーズは「インペリアルトパーズ」として珍重される。 へき開が完全であるため衝撃に弱く割れやすい。 青色のものは処理によって発色させた加工品も多く出回っている。 リシア輝石 LiAlSi 2O 6 リシア輝石 多様 多様な色彩を示すの強い宝石。 へき開が完全であるため脆い。 桃色を示すものはクンツァイト、緑色を示すものはヒデナイトなど、色によって様々な名称で呼ばれる。 異極晶のに由来して帯電する性質を有しているため電気石とも呼ばれる。 ナ / / / / / / / 軟玉、軟玉翡翠 Ca 2 Mg,Fe 5Si 8O 22 OH 2 翡翠 緑 、白 、黒 、茶 、黄 緑からクリーム色を示す角閃石であり、翡翠とは似て非なる宝石。 繊維が交差し合う構造を持ち非常に強靭なため加工しやすく、彫刻にも多用される。 ハ / / / / / / / 黄鉄鉱 FeS 2 黄 、金 「愚か者の金」と呼ばれるように、金によく似た色調を示す硫化鉄鉱石。 観賞用や宝石として長年利用されてきており、その黄金の輝きから金運をもたらすパワーストーンとしても利用されている。 苦礬柘榴石 Mg 3Al 2 SiO 4 3 赤 を含んだであり、血赤色を示す宝石。 ハックマン石 Na 8Al 6Si 6O 24 Cl. S 2 紫 無色から淡いピンク色の宝石であるが、紫外線の照射により赤みがかった紫色に変色する。 ソーダライトの希少種。 鋼玉 Al 2O 3 赤 、 オレンジ スリランカやベトナム、アフリカで産出されるオレンジ色を示すサファイア。 希少な宝石であり、中程度の彩度と明るい色調を有する。 Na Li,Al 3Al 6 BO 3 3Si 6O 18 OH 4 電気石 青 、緑 銅とマンガンによって鮮やかな水色を呈するトルマリン。 名称は産地であるブラジルのパライバから。 縞瑪瑙 SiO 2 石英 () 多様 同心円状の縞模様を呈するアゲートであり、白色や灰色、黄褐色などを示す。 真珠 多様 真珠光沢を有し多様な色を示す生物由来の宝石。 貝の体内に入った異物が真珠層で包まれることで形成される。 養殖による生産も行われており、プラスチックにタチウオの皮を貼りつけた模造品も生産されている。 スポジュミン・リシア輝石 LiAlSi 2O 6 リシア輝石 緑 不純物として含まれるクロムによって緑色を呈するリシア輝石。 緑と透明のを示す。 炎瑪瑙 SiO 2 石英 () 赤 、茶 、虹色() 主に茶色、赤、オレンジといった色を示すアゲート。 針鉄鉱や褐鉄鉱の層の上に石英の薄膜が層をなす構造をしているためが現れる。 黒蛋白石 SiO 2・nH 2O 虹色 によって虹色に光がきらめくオパールのうち、石の地の色が黒色のもの。 ブラックオパールはオパールの中でも希少性が高い。 、ヘリオトロープ 血玉石 SiO 2・nH 2O 石英 (碧玉) 緑 、赤 酸化鉄に由来する赤い斑点がみられる緑色の碧玉。 中世にはその赤い斑点がキリストの血であると考えられており、特別な力があると信じられていた。 羽瑪瑙 SiO 2 石英 () 赤 、茶 透明な玉髄中に羽のような内包物が含まれたアゲートであり様々な色を示す。 () 葡萄石 Ca 2Al AlSi 3O 10 OH 2 緑 緑色をした宝石。 南アフリカ産のものはケープ・エメラルドとも呼ばれる。 名称は発見者であるオランダの軍人プレーン大佐に由来する。 蛍石 CaF 2 多様 含まれる不純物によって多様な色を呈する宝石であり、紫外線によりを示すものもある。 4と軟らかくへき開が完全であるため、衝撃に弱く割れやすい。 灰礬柘榴石 Ca 3Al 2 SiO 4 3 赤 系のであり、鉄が不純物として含まれることで朱からオレンジがかった赤色を示す。 Cs Be 2Li Al 2Si 6O 18 赤 ベリルの変種であり赤色を示す宝石。 にすることでを示す。 2002年に発見された新しい宝石であり、名称はこの石を初めて調査したイタリアの鉱物学者であるフェデリコ・ペツォッタに由来する。 赤鉄鉱 Fe 2O 3 黒 黒から灰色の強い輝きを示す宝石であり「黒いダイアモンド」とも呼ばれる。 名称はギリシア語で「血のような」を意味する「haimatites」に由来し、しばしば石英中の内包物として血のような茶褐色を呈する。 Be 3Al 2Si 6O 18 ベリル 黄 を示す黄色のベリル。 同じベリルであるアクアマリンなどと同時に産出される。 橄欖石 Mg, Fe 2SiO 4 緑 不純物として含まれる鉄の影響でオリーブ色を呈する宝石であり、英名のオリビンや和名のカンラン石は共に石の色に由来する。 緑柱石 Be 3Al 2Si 6O 18 ベリル 多様 を主成分とした比重の軽い宝石。 緑色のものはエメラルド、 水色のものはアクアマリンと、含まれる不純物によって様々な色を呈し、それぞれ別の名称で呼ばれる。 SiO 2 石英 () 茶 、 褐色 、 灰色 蝋光沢を持つ灰色の縞瑪瑙。 名称はその発見地に由来する。 鷹眼石・青虎眼石 SiO 2 黒 、青 青色アスベストの繊維が内包されているため、により黒色から青色を示す石英。 その色合いは酸化鉄によるものである。 マ / / / / / / / 孔雀石 Cu 2 CO 3 OH 2 緑 塩基性炭酸銅に由来する緑色の宝石であり縞模様を有する。 と共に産出することが多い。 古来から有名な銅の産地であったキプロスや日本などで銅と共に産出された。 現在はザイールで多く産出される。 灰礬柘榴石 Ca 3Al 2 SiO 4 3 黄緑から黄色を示す 黄 系のであり、で産出する。 月長石 Na,K AlSi 3O 8 長石 白 長石の多重層による光の干渉でを示す宝石。 また、にすることでを出すこともできる。 含チタン灰鉄柘榴石 Ca 3Fe 2 SiO 4 3 黒 系のであり、チタンを不純物として含んで黒色を示す。 苔瑪瑙 SiO 2 石英 () 緑 、白 、黒 、 褐色 玉髄の中に苔を思わせる内包物が含まれたアゲートであり、様々な色が存在する。 Be 3Al 2Si 6O 18 ベリル ピンク マンガンを不純物として含み、ピンクと無色のを示すベリル。 モルガナイトの名称は銀行家のに由来する。 ヤ / / / / / / / BeAlSiO 4 OH 青 、緑 、黄 、 無色 無色から青、緑色を示す希少な宝石。 へき開が良好で割れやすい性質を持ち、ユークレースという名称は「壊れやすい」という意味のギリシャ語に由来している。 ラ / / / / / / / 瑠璃 混合物 青 青金石のほか複数の鉱物が混ざった混合物であり、濃い紺色をした宝石。 産のものは由来の金色の粒が含まれ、方解石や長石由来の白い模様が入ったものもある。 曹灰長石 Ca,Na Al,Si 4O 8 長石 青 、緑 、黒 宝石自体の色は灰色であるが、長石の薄膜が層を成している構造のためにが起こり、虹色の光沢を示す。 、ブルー・ペクトライト NaCa 2Si 3O 8 OH 青 で産出される水色の宝石。 金紅石 TiO 2 黄 、赤 ダイヤモンドよりも高い屈折率を持ち、を示す宝石。 ブリリアントカットにされたものは代用ダイヤとしても利用される。 から人工的に製造した合成ルチルは、チタニアダイヤとも呼ばれる。 針状結晶が水晶などに内包物として含まれることも多く、サファイアなどに内包されるとを引き起こす。 紅玉 Al 2O 3 赤 不純物として3価のクロムを含み赤色を呈するコランダム。 結晶中にルチルが含まれるものはカットによってを示す。 Na LiAl 3Al 6Si 6O 18 BO 3 3 OH 4 電気石 赤 赤色を呈するトルマリン。 繊維状の組織を内包しており、キャッツアイ効果を示す。 縞瑪瑙 SiO 2 石英 () 多様 石全体に縞模様や渦模様、ジグザクなどの模様が現れているアゲート。 世界中の産地で様々な色、模様の物が産出されており、 水色のブルーレースアゲート、赤茶色のラグナレースアゲート、複雑な模様のクレイジーレースアゲート、など様々な名称で呼ばれている。 17番目、ブルーレースアゲート 灰鉄柘榴石 Ca 3Fe 2 SiO 4 3 虹 系のであり、虹色を示す宝石である。 Be 3Al 2Si 6O 18 赤 マンガンを不純物として含み赤色を示すベリル。 SiO 2 石英 赤 水晶に金や白金を蒸着させた赤色の人工宝石。 紅水晶 SiO 2 石英 ピンク 不純物などの影響でピンク色を呈する石英。 MnCO 3 ピンク 菱マンガン鉱からなるピンクから赤色の宝石。 中南米が主な産地であることから「インカのバラ(インカローズ)」とも呼ばれる。 赤 とを主な組成としたであり、紫がかった赤色を示す宝石。 ワ / / / / / / / 出典 [ ] []• 日本宝石協同組合. 2013年3月7日閲覧。 35頁。 菅原通済 1966. 新しい宝石. 保育社. 107. 121頁。 21頁。 269頁。 68頁。 mindat. org. 2012年9月20日閲覧。 mindat. org. 2012年3月13日閲覧。 76頁。 126頁。 79頁。 338頁。 16頁。 68頁。 16、177頁。 mindat. org. 2012年3月18日閲覧。 40頁。 262• mindat. org. 2012年3月18日閲覧。 139頁。 197頁。 44頁。 21頁。 46頁。 mindat. org. 2012年3月18日閲覧。 mindat. org. 2012年3月18日閲覧。 75頁。 158頁。 47頁。 46頁。 mindat. org. 2012年3月18日閲覧。 43頁。 mindat. org. 2012年3月24日閲覧。 19頁。 34-39頁。 mindat. org. 2012年3月24日閲覧。 37頁。 mindat. org. 2012年3月24日閲覧。 2012年3月24日閲覧。 292• 13、40-41頁。 8-9頁。 74頁。 264頁。 355頁。 Sandra Kynes 2002. Llewellyn Worldwide. 154. 鳥羽水族館. 2013年3月6日閲覧。 宮下知幸 2007. バイオミネラリゼーションとそれに倣う新機能材料の創製. シーエムシー出版. 35-37. 47頁。 120頁。 185頁。 Lance Grande, Allison Augustyn 2009. Gems and Gemstones: Timeless Natural Beauty of the Mineral World. University of Chicago Press. 165. 24頁。 80頁。 49頁。 121頁。 mindat. org. 2012年3月18日閲覧。 15-16頁。 352頁。 Robert Simmons 2009. Stones of the New Consciousness: Healing, Awakening and Co-creating with Crystals, Minerals and Gems. North Atlantic Books. 154-155. 49頁。 176頁。 73頁。 231頁。 51頁。 46-47頁。 MarijanDundek 2011. Daiyamondo. Marijan Dundek. 131頁。 186頁。 74頁。 245頁。 mindat. org. 2012年3月18日閲覧。 Arin Murphy-Hiscock 2010. The Way Of The Green Witch: Rituals, Spells, And Practices to Bring You Back to Nature. Provenance Press. 129. mindat. org. 2012年3月18日閲覧。 56頁。 mindat. org. 2012年3月18日閲覧。 40頁。 58-59頁。 98頁。 崎川範行 1985. 合成宝石の魅力. 保育社. 120頁。 45-46頁。 125頁。 Corrine Kenner 2011. Crystals for Beginners. Llewellyn Worldwide. 198. 17頁。 mindat. org. 2012年3月18日閲覧。 Terence E. Warner 2012. Synthesis, Properties and Mineralogy of Important Inorganic Materials. 245. Richard W. 46-47頁。 12-15頁。 53頁。 80-81頁。 123頁。 120頁。 46頁。 99頁。 73頁。 73頁。 2013年1月20日閲覧。 170-171頁。 66-67頁。 215頁。 mindat. org. 2012年3月18日閲覧。 2013年1月19日閲覧。 149頁。 mindat. org. 2013年1月19日閲覧。 189頁。 91頁。 42、77頁。 183-184頁。 153頁。 34頁。 168頁。 86頁。 126頁。 30-32頁。 82頁。 76頁。 68頁。 mindat. org. 2012年3月18日閲覧。 69頁。 78頁。 151頁。 mindat. org. 2013年1月19日閲覧。 20頁。 83-84頁。 79頁。 79頁。 220頁。 125頁。 43頁。 109-110頁。 21頁。 67-68頁。 186頁。 157頁。 38頁。 78頁。 mindat. org. 2012年3月18日閲覧。 参考文献 [ ] 和書 [ ]• キャリー・ホール『宝石の写真図鑑』日本ヴォーグ社、1996年。 斉藤貴子『366日 誕生石の本』日本ヴォーグ社、2010年、増補改訂版。 崎川範行『宝石のみかた』保育社、1980年。 崎川範行『宝石』保育社、1992年。 『「鉱物」と「宝石」を楽しむ本』〈PHP文庫〉、2009年。 村上雅人『元素を知る事典: 先端材料への入門』海鳴社、2004年。 青木貴彦『宝石選びの基礎知識』PHP研究所、2007年。 洋書 [ ]• Brenda Knigh 2003. Gem Magic: Crystals and Gemstones for Love, Luck, and Power. Fair Winds. Antoinette Leonard Matlins 2010. Gemstone Press. Michael O'Donoghue 2006. Gems, Sixth Edition. Butterworth-Heinemann. Patti Polk 2012. Collecting Rocks, Gems and Minerals: Identification, Values and Lapidary Uses. Krause Publications. Robert Simmons,Naisha Ahsian 2007. North Atlantic Books. Walter Schumann 2009. Gemstones of the World. Sterling Publishing Company, Inc.. Arthur Thomas 2008. Gemstones: Properties, Identification and Use. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

日本橋 讃岐うどん ほし野

せかほし 宝石

宝石、時計回り、合成、、と 宝石(ほうせき)とは、希少性が高く美しい外観を有する固形物のこと。 一般的に外観が美しく、などに使用されるを言う。 主に天然鉱物としての無機物を指すが、、のような数種の無機物の、、、のような、や、のような生物に起源するもの、のような人工合成物質など様々である。 古の圏では、価値のある石を「玉(ぎょく)」と呼んだが、非透明、あるいは半透明のものだけが珍重され、その中でもが代表的だった。 透明なものは「玉」として扱われず、石の扱いであった。 例えばを表す漢語は「金剛石」であり、玉ではない。 一方で西欧を含む非中華文明圏では、ダイヤモンドに代表される透明な鉱物が宝石として特に珍重された。 [ ] 目次• 条件 [ ] 宝石としての必須条件は何よりその外観が美しいこと、次に希にしか産しないこと(希少性)であるが、第三の重要な条件として、耐久性、とりわけ硬度が高いことが挙げられる。 これは、硬度が低い鉱物の場合、時とともに砂埃(環境に遍在するなど)による摩擦風化・劣化のために表面が傷ついたりファセットの稜が丸みを帯びたりして、観賞価値が失われてしまうためである。 例としては10、・はモース硬度9である。 石英のモース硬度は7であり、これらの宝石の硬度は石英のそれより高いことに注意されたい。 例外的に硬度が7以下であっても、、などはその美しさと希少性から宝石として扱われる。 硬度以外の耐久性の条件としては、衝撃により破壊されないこと()、ある程度の耐火耐熱性があること、、といった化学薬品に侵されないこと、経年変化により変色、退色しないことなどが挙げられる。 その他、大きさ、色彩、透明度などの鑑賞的価値、知名度などの財産的価値といった所有の欲求を満たす性質が重要である。 ただし、宝石と云う扱いを受けても、知名度があまり高くない石は、収集家やマニア向けの珍品逸品、いわゆるコレクターズアイテムの位置に留まり、見た目の美しさと希少性だけが取り上げられ、その他の条件についてはかなり緩くなっている場合が多い。 この手の石にはモース硬度2~5などといった傷つき易い石、空気中の湿気を吸い取ったり、酸化が進んで変質する石、紫外線を吸収して自然と退色する石、1カラットに満たない小さなそれしか取れない石、はてはお湯をかけるだけで溶けてしまう石などがあり、当然取り扱いには注意を要する。 知名度が高い石であっても取り扱いに注意を要する石もある。 例を挙げるとオパールやトルコ石は石内部に水を含んでいるため乾燥により割れたり、オパールの場合その一大特徴であるが消失することもある。 サンゴや真珠は酸には極端に弱く、汁やが付着しただけで変色する。 は高温に弱くすぐ溶ける。 は内部に無数の傷を抱えているので、とりわけ衝撃には弱くたいへん割れ易い。 資産価値 [ ] 鉱物の中でにあたり、希少性が高く化学反応やなどによる経年変化が著しく低い鉱物をといい、、などが該当する。 したがって、材質のみから資産価値を定めた場合、 換金性、実用用途に関しては貴金属の方が宝石よりおおよその場合優れている。 貴金属、とりわけ金は価格算定の根拠となる世界的に通用する評価基準が決められており、相場やが整備され、さらにという経済制度によって各国通貨の貨幣価値を超国家規模で並列化している事に対し、宝石はダイヤモンドこそ国際的な評価基準ルールや市場、相場が定められているものの、それ以外はどの宝石もその評価基準は厳密ではなく、国や民族によっても大きく異なっている。 具体的には、翡翠は東アジアの国々では高く評価されるが、欧米での評価はそれほどでもない(欧米で高く売買されるときは、最終的に中国に売り込むことが目論まれている)。 逆に真珠のように日本国内よりも海外の方が高額で取引される宝石も存在する。 が国によって異なるのもその辺の事情を物語っている。 一見貴金属並みの資産価値が確立されているように思えるダイヤモンドも、材質上の理由から火災などの高温環境にさらされると損傷を受け、資産価値が損なわれる可能性があるため、純資産として永続的に保有し続けるには難がある。 ただし、特定の宝石はや、のように、その歴史的経緯や由来により動産や美術・博物収集品として品質以上の価値をもつことがままある。 上記のように資産性においては宝石は貴金属より安定しないものの、貴金属が宝飾向け以外にも、金属特有の優れた電気電導性、に代表されるように著しい展延性を活かした加工、耐酸化・還元性を生かした工業用途で多々用いられるように、宝石もまた人工生産により安定供給されるものを含め、工業用製品の材料として用いられている。 例えばダイアモンドは、マシンのロッド、工具(バイト)などに使用され、サファイアはや高級の、の・、ルビーは機械式時計のや、ガーネットはルビー同様のおよびの、水晶はや各種製品、真珠はと個々の性質を生かして多様に用いられている。 命名 [ ] 宝石の名称は 地名やから名付けられることが多い。 特に古くから宝石として扱われてきたものには、ルビーとサファイア、とのように無機物としての組成は同一だが、微量に混入する不純物()により色が変わると名称も変わるものがある。 中でも水晶を代表とするを組成とするものは、その結晶形や昌質、色や外観が異なるだけで石英(クォーツ)、水晶(クリスタル)、アメシスト(紫水晶)、シトリン(黄水晶)、(カルセドニー)、(アゲート)、ジャスパー、、、など様々な名称で呼ばれている。 また近年宝石として評価されるようになった新発見の鉱物に関しては、やなど発見者や研究者の名に由来するものが多い。 分類 [ ] 詳細については「」を参照 価値の高い石を貴石とし、やや価値の低い石を半貴石、もっと低い石をとする。 貴石を宝石と呼ぶことがあるが、その場合半貴石は貴石と言い換えられる。 化学組成による分類 [ ] 鉱物結晶 ~ C、 S 実質ダイヤモンドのみで、硫黄は硬度が低い(モース硬度2)ため、としてしか扱われない。 ~ 、 ともに FeS 2、 CuFeS 2 など。 のイギリスなどでは多用されたが、時間と共に空中の湿気と反応してが浸み出る欠点がある。 現在では鉱物収集家のコレクターズアイテムとして扱われ、宝石として扱われることはほぼ無い。 ~ SiO 2、 MgAl 2O 4、 Al 2O 3 など。 ケイ酸塩鉱物と共に多くの種が含まれる。 ~ Be 3Al 2Si 6O 18 、 ZrSiO 4など。 よく知られた宝石は、これか酸化鉱物のいずれかである。 ケイ酸イオンの構造により、さらに細分化される。 ケイ酸塩及び ~ Na Li,Al 3Al 6 BO 3 3Si 6O 18 OH 4 エルバイトはの1種で、宝石質のトルマリンの大多数はこれに分類される。 トルマリンはエルバイト以外にも数種あり、その組成はまた異なる。 ケイ酸塩及びフッ化鉱物 ~ F-Type Al 2SiO 4F 2 フッ素 F が水酸基 OH に置換された OH-Type トパーズもある。 ~ CaF 2 NaF 2 など。 美しいものもあるが、一般にどれも硬度が低く希少性にも欠ける(ただしヴィヨーマイトは希少)。 それ以上に NaCl に代表されるように、水溶性の石が多くコレクターズアイテムか飾り石程度にしか扱われない。 ~ CaCO 3、 PbCO 3 など。 ハロゲン化鉱物に同じ。 ただし水に溶けてしまうようなことはあまりない。 多結晶に分類される石は、その全てが不透明~半透明であり、結晶と結晶の間に隙間を有する()ため、染料などで染めやすいといった特徴がある。 このような多結晶の石を集合体と呼び、構成する結晶粒の大きさにより、それぞれ顕晶質(結晶粒を肉眼で確認できる)、微晶質(結晶粒を顕微鏡下で確認できる)、潜晶質(顕微鏡下でのみ結晶粒が確認できる)と呼んで区別する。 単結晶 - ダイヤモンド、サファイアなどよく知られた透明な鉱物結晶宝石。 顕晶質集合体 - 水晶の群晶(クラスター)など。 置物などにはされるがあまり装身用のジュエリーにはならない。 微晶質集合体 - アヴェンチュリン、クォーザイトなど。 潜晶質集合体 - カルセドニー(玉髄)、ターコイズ(トルコ石)など。 固溶体(混晶) Mg,Fe 2SiO 4 ガーネット ~ 主に以下の6種のケイ酸塩鉱物の固溶体。 但し、比重の関係から下の3種(含カルシウム系)と上3種が混じりあうことは滅多にない。 ガーネットやペリドットは固溶体であるが、構成する物質はどれもケイ酸塩鉱物なのでケイ酸塩鉱物とも言える。 非晶質 、(オプシディアン)、、など。 主成分はどれも二酸化ケイ素 SiO 2。 生物由来(化石) 、、琥珀など。 生物由来(化石以外) サンゴ、真珠、、青貝、、、など。 象牙、鼈甲以外の主成分はどれも炭酸カルシウム CaCO 3。 象牙の主成分はヒドロキシアパタイト Ca 5 PO 4 3 OH で鼈甲は。 その他 キュービックジルコニア(と安定化剤の混合物)、など。 生成要因による分類 [ ] 天然宝石 カットや研磨を除き、(に対して)人の手が加わっていない宝石。 古くから王侯貴族が所有し、などに取り付けられている石、博物館などに収蔵されているものが多く、特に大きな石についてはといった固有名が付けられる。 宝石のなかでは確実に資産価値があり、現在でもごくまれに大きなものが産出されるが、種によっては非常に珍しいので高値で取引されることがある。 であるが、そのためには合成宝石や処理宝石でないことを証明する専門家の鑑定書などを要する。 なおどの石にどの程度の資産価値がつくかは石の種類、大きさ、美しさ、来歴(石の産地など)などにより異なる。 新鉱山発見などで資産価値が劇的に下がる場合もあるし、逆にニセモノと判明してもに付けられた石はジュエリーそのものの的、美術的価値が認められればそれほど下がらない場合もありえる。 処理宝石 天然宝石に外観の改良(エンハンスメント)・改変(トリートメント)処理が加えられた石。 天然宝石に含められることが多い。 宝石店で宝石として指輪やネックレスのトップに加工され、天然を謳っているものはたいていこの類で、身を飾る目的には合致するが資産価値は乏しい。 主な処理には加熱()、電磁波・放射線照射()、着色目的を含めたガラスやオイルの含浸(エメラルド)、貴金属類の(など)がある。 経年変化や長期にわたる紫外線曝露、ひどい場合はによる洗浄で処理前の姿に戻ってしまうことがある。 天然宝石と同一の成分から科学的に作り出された宝石。 天然宝石と化学成分・物理特性・内部構造が同じである。 合成手法により原価が大きく異なるので価格も変わり、で合成されたものは組成や結晶構造は全く同じにもかかわらず、単なる飾り石とされふつう宝石扱いされない。 熱水法やフラックス法はコストも時間もかかるので製造原価が嵩むが、それでも天然宝石や処理宝石に比較して価格は安い。 さらに、天然宝石にはしばしば見られる内包物(インクルージョン)やヒビ、傷がなく、見た目は天然宝石より美しいにもかかわらず一般に評価は低く、日本ではニセモノ扱いの域を出ず資産価値もないとされる。 ダイヤモンドの場合は採算性の問題からといった非常に特殊な需要を除き、宝石質の石が合成されることはほとんどない。 天然宝石とは異なる物質を使用して作り出された、天然宝石様の宝石。 もともとは工業用材料の開発において、偶然生み出されたものを宝石向けに転用したもの。 キュービック・ジルコニア CZ 、、スリージー GGG など。 本来はという鉱物であるが、単屈折にするために添加物を加えて(キュービック)とするなどによりに作為的に近づけたものである。 ・・・・などを使用して天然宝石を模したもの。 やの皮を貼った模造真珠、プラスチックパールなど。 関連項目 [ ]• 宝石の重さ• 宝石のカット• - ラウンドブリリアントカット、など• - エメラルドカット、スクエアカットなど• - シングルカボションカット、ダブルカボションカットなど• 宝石の硬さ• 宝石の光効果• (シャトヤンシー)、(アステリズム)、、(シーン)、(カラーチェンジ)• A (日本宝石共同組合) 関連文献 [ ]•

次の

オーダージュエリーと宝石・天然石のお店 ベルデライト

せかほし 宝石

美しいジュエリーは全て職人の手作業で作り出されます。 また、 特典注文が出来る石井ゆかりさんから貴方だけに向けたメッセージです。 ほしジュエリーシリーズは 全てがオーダーメイドの製品になっております。 土台となる リングの種類(シルバー・ゴールド等)と 当てはめる 石の種類を購入時に 自分好みのデザインでカスタマイズする事ができます。 申込方法は、お客様の希望に合わせて 3種類の方法があります。 イメージしている色味とは多少異なる場合がございます。 ほしゆびわ ~オリジナル~ ほしジュエリーシリーズの、最初の一歩「オリジナル」。 斜めに重なったリングが星の軌道を思わせる、ユニークなデザインです。 3つの星のうち、 小さな1つはダイヤ、ほかの2つは石を選ぶことができます。 石は、リストからお好きなものを「四葉の形」に入れられます。 デザインは、4種類の中からお選びいただけます。 石のふちは、ミル打ちしております。 アンティークのような雰囲気にしました。 デザインは全3種類で地金・石ともに様々なカスタマイズができます。 【 料金 】 使用する地金、石の種類のカスタマイズによって金額が変わります。 揺れる姿が美しいペンダントです。 石は、リストからお好きなものを「四葉の形」に入れられます。 石は、リストからお好きなものを「四葉の形」に入れられます。 【 料金 】 ¥550 直筆プチメッセージについて・・・直筆プチメッセージはジュエリー購入特典で石井ゆかりさんが お客さまのホロスコープを読みお客様に宛てて書き下ろしたメッセージです。 *プチメッセージが書かれる紙素材も石井ゆかりさんがご自身で用意した便箋やカード、 ポストカードなど何に書かれるかはその時次第です。 *複数人のホロスコープをみたメッセージが欲しいなどのご依頼には対応できません。 石井ゆかりのコメント ホロスコープは、生まれた年月日と場所によって決まる、生まれた瞬間の星のマップです。 そこには、その瞬間と空間だけに固有の、しかも無限の可能性が込められています。 「だまって座ればぴたりと当たる!」というような当て方は、私にはできないのですが、 星の象徴を私なりに、精一杯、言葉に置き換えていきます。 私が石を選ぶバージョンと、ご依頼者様が石を選ぶバージョンとでは、メッセージには差はありません。 ご依頼者様が石を選んでも、それが占いと全くズレた石になるとか、そういうことはありません。 ホロスコープはあくまで「その方のもの」なので、 その方が選べば、その方のホロスコープからも「納得」のものになるしかないし、 占いも不自然になったりすることはないと、私は考えています。 今までお受けした経験の中でも、それはブレたことがありません。 人生では、どんなテーマにおいても基本的には「自分で選ぶ」のが、私は、一番いいと思っています。 たとえ、誰かに勧められたり命令されたりして選ぶ場合でも、 最終的にはやはり、選び取っているのは「自分」なのだと思います。 時に、自分でも意外なものを自分で選び出すこともあるものだとおもいます。 対面占いとメッセージの違い ほしジュエリーシリーズの「占いバージョン」は、 個人のホロスコープをもとにしたメッセージがついています。 対面占いでも、同じように、 その人が生まれた瞬間のホロスコープをつくって、占いをします。 ですが、同じように「ホロスコープを読む」のでも、 そこで行われることは、まったく違っています。 ホロスコープというのは、いわば、 恐竜の化石のようなもの、といえるかもしれません。 どういうふうに肉が付き、どんな色で、どんな顔つきをしていたのかは 骨だけからは、想像はできても、ほとんど結論付けられません。 星は、人がそれをどう使うかによって、 成長を遂げたり、力の向かい方が反転したりします。 ホロスコープ「だけ」からわかるのは、 その骨格や可能性だけです。 実際、今その人が何をテーマにしていて、 どんなハードルを越えようとしているのかは、 ホロスコープだけからはほとんど見えてきません。 対面占いは、占い師という1人の人間が、 依頼者様に最大の関心をもって接し、たくさんの情報量の中で作る、 真のオーダーメードの占いです。 それに比して、このような、ホロスコープだけの占いは、 セミオーダーメードのような占い、といえるかもしれません。 10個の星、12星座、たくさんの角度、12ハウス。 ホロスコープには実に様々な情報が詰め込まれています。 この情報は、箇条書きに羅列できるようなものではなく、 象徴という独特の体系をもっています。 この象徴は、そのまま言葉にできるようなものではなくて、 あくまで生身の「その人」と接した時に発光する、 鍵穴のようなものなのです。 人がそこに触れたとき、ホロスコープは突然、輝いて見えるのです。 ですから、本当にオーダーメードの個人占いをご希望の方には 対面占いの方が合っているだろうと思います。 そうではなく、ざっとした抽象的なスケッチを概観する、 あるいは限定的なテーマを考えたいなら、 このようなメッセージの形でも、ご参考になるかもしれません。 自分のことについては、人は 「あたりまえ」 と感じて生きています。 でも、実際には、人はものすごく違っています。 そして、1人の人というのは、物凄く大きな情報量を持った存在です。 ですから、ホロスコープだけを見てお送りするメッセージには やはり、限界があります。 私が今も、対して上手でもないのに 少しでも対面占いを続けようとしているのは、 そんな「一人の人間が持っている圧倒的な情報量」に、 触れていたいからだと思います。 そこでこそ生み出せるものがあるだろうと思っているからなのです。 冴えた銀色の輝きがあります。 金色をしています。 優しいクリーム色の輝きがあります。 冴えた銀色の輝きがあり、金色感はありません。 たいていのホワイトゴールド製品は、色を見る限りではプラチナ製品と判断がつきませんが、 それはメッキがかかっているからです。 プラチナ製品は18金製品の価格より高くなってしまいますが、 ホワイトゴールド製ならば、18金製の価格と同じ様な値段帯で、白色の光沢を楽しむことができます。 プラチナは他の金属よりも耐久性があり、 変色しにくい・肌に優しいなどの特徴があります。 <3> 【当選&お見積もり】メールを受け取られたお客さまは注文内容、金額見積もりを確認して頂き 【注文承認メール】を指定のアドレスまで返信していただきます。 <4> ほしジュエリー受付アドレスまで 【注文承認メール】を頂いたところでご注文が確定いたします。 <5> 「メッセージ」と「ジュエリー」の製作にはいります。 なお、完全なオーダーメイドの為、商品の完成まで3ヶ月から6ヶ月ほどかかることをご了承ください。 *ご注文確定後のキャンセル・返品・交換・返金はできません <6> ほしジュエリーの発送準備がととのいましたら、製造販売元の華工舎よりご登録いただいた メールアドレスへ 納期お知らせのメールをさせていだたきます。 代引き精算でのお届けになりますので、料金のご用意をお願い致します。 万一、メールをお届けできない場合にはお電話でご連絡申し上げます。 <7> 配送は「ヤマト運輸の代金引換(現金決済のみ)」にてお届けいたします。 納品後、サイズ直しが必要な場合には、をご覧ください。

次の