広島 駅 から 八本松 駅。 山陽本線(神戸-門司)八本松駅のアルバイト・バイト求人情報

【ホームズ】八本松駅の賃貸[賃貸マンション・アパート]物件一覧(広島県)|住宅・お部屋探し情報

広島 駅 から 八本松 駅

概要 [ ] この区間は、により(明治27年)に開通した。 同社は急勾配を避ける方針で路線を敷設したが、この区間に関しては経済性を優先して最短経路で敷設したことから、特に上り線は、瀬野駅から八本松駅に向かって22. 6(パーミル) の連続急勾配区間となった。 ルート決定に対し、別案として現在の沿いを通る緩勾配案や、を抜けるルートも検討されていた。 開業時の時代背景として、開戦直前で、軍部がルート変更をしてはいけないとする強い意向も存在した事実もある。 このため時代から現在のに至るまで、開業以来上り列車には(補機)を連結する区間となった。 からの間には「JR西日本 八本松変電所」と「JR西日本 瀬野変電所」の2か所の変電所が整備され、上り側はがになっている。 架線は下り側(手前側)はに対して、上り側(奥側)はになっている 運用 [ ] 現在は補機を連結するのは貨物列車のみであるが、かつては旅客列車や荷物列車にも補機が連結されたほか 、(平成14年)まで、一部列車では走行中補機解放が八本松駅構内下関側で行われていた。 このため補機専用機関車は、100番台をのぞき、解錠用テコにシリンダーを装備して走行中解放に対応したほか、EF61形200番台・EF67形基本番台の貨車連結側となる方にはデッキを装備している。 また、時代には上り列車だけでなく、勾配を降りる下り貨物列車にも貨車の制動能力不足を補うために補機を連結していたが、これは(昭和6年)の採用で廃止され、以後は上り列車のみ補機を連結し、八本松駅で列車から解放された補機は瀬野駅へ回送で折り返す形となった。 現在では補機の連結・解放は瀬野駅や八本松駅では行われておらず、で連結され、で解放している。 瀬野駅構内には、本区間で使用する補機を配置するがあったが(昭和62年)に廃止され、広島貨物ターミナル駅近くにあるに統合された。 (昭和37年)の後は、・を改造した・を投入。 従来ののみならず、のを使用した「」やによるにも、搭載するMT46形の1時間出力が100のため1:1では出力が不足することや、による主電動機の異常過熱が問題 となり、補機が連結された(「」の項目も参照)。 機関車は自動連結器(自連)、153系電車は密着連結器(密連)のため、神戸方を密連・下関方を自連としたアダプター的な意味合いのとした湘南色塗装のを連結した。 後に1時間定格出力120kWのMT54形主電動機が開発され、151系電車は181系電車に改造の際にMT54形に換装。 153系電車は一部が165系電車に置き換えられた他、引き続き153系が使用された列車は付随車を減車してMT比を3:2とすることで対応し、本区間での補機連結は発展的解消を遂げた。 しかし、国鉄末期の短編成化でMT比が1:1となって以降、本区間の営業運転にはとノッチ戻し制御を装備した車両に限定しているため、は平坦線用のではなくが投入されるほか 、かつてが瀬野で方面へ折り返していたのも同様の理由である。 2015年3月から広島地区に導入されたは、国鉄時代の車両に比べて出力が大幅に向上しており、抑速ブレーキも備わっていることから、瀬野八の通過に支障のない仕様となっている。 電力設備増強工事 [ ] 本区間周辺では、2002年度よりを事業主体とした電力設備等増強工事が行われた。 これは、JR貨物在籍電気機関車中で最大出力となる(1時間定格出力6,000kW)を用いて本区間で最大1,300tの重量級貨物列車の運転を行うためのもので、この工事により、従来変電設備の制約によりEF200形に課せられていた、EF66・EF210形と同等に抑えられる出力制限を解除する目的があった。 具体的な工事内容としては、八本松の変電能力増強工事のほか、EF67形電気機関車の解放作業・待避を行う西条駅のを1300t列車対応とするための延伸工事などである。 この工事は(平成19年)2月に完成し、同年のダイヤ改正より・EF200・による1,300t列車の運用が開始されたが、EF200形は出力制限を解除されることなく2019年3月28日をもって全車が運用から離脱した。 後部補機 [ ] 蒸気機関車時代の補機 [ ]• 2900形• 電気機関車時代の補機 [ ]• (0・200番台)• (0・100番台)• (300番台) ごく短期間だが、やの山陽本線 - 小郡(現・)間電化まで、東京 - 九州間特急牽引運用の昼間時間帯でも投入された。 イベントで展示中のEF210 301(2012年) 本区間を題材にした出版物 [ ]• 『特急殺人事件』() - 本区間での走行中解放をトリックに使用。 漫画『』(池田邦彦) - 第16話「セノハチ」 参考文献 [ ]• 高橋正雄「瀬野機関区物語」『鉄道ファン』交友社 1963年5月号 No. 23 pp. 16 - 19• 庄田秀「山陽本線 瀬野越え補機の回送と現況」『鉄道ファン』交友社 1974年8月号 No. 160 pp. 14 - 30• 椎橋俊之「「SL甲組」の肖像 第42回 瀬野機関区 西の函嶺を押し上げる」『』、2007年9月号 No. 288、pp. 51 - 68 関連項目 [ ]• - 勾配緩和のため増設されたの迂回経路にあった駅。 - かつて、の列車が同区間において補機を使用していた。 - かつて、の列車が同区間において補機を使用していた。 - かつて、同線(当時は東海道本線)の「函嶺越え」区間において補機を使用していた。 脚注 [ ] [] 補足 [ ]• 大山峠は近世山陽道にある峠で八本松町宗吉の南辺から、飯田、広島市安芸区上瀬野に至り(広島県文化百選5・道編 中国新聞社 p. 28を参照)、瀬野八よりも南に存在する。 広島ヨリ赤間関ニ達スル鉄道線路撰択ノ件には「七條椛坂」と「瀬野峠」の記載があるが、七條椛坂は瀬野川支流の椛坂川上流の地名である。 1000メートルあたり22. 6メートルの高低差。 (昭和28年)に運転を開始した特急「」など一部の優等列車は瀬野駅を通過するため、から補機を連結していた。 電動車を増やせば自力登坂も可能だが、編成が変わり、他の列車と共通使用できなくなる、電気を多く使用し不経済であるなどのデメリットや容量などでも問題があるため、補機連結策が採用された。 国鉄時代末期までは6両編成が基本でMT比が2:1だったため、抑速ブレーキのない・153・111/113系が瀬野八を超えていた。 出典 [ ].

次の

【アットホーム】八本松駅の中古住宅 購入情報(広島県)|中古住宅中古一戸建て・一軒家の購入

広島 駅 から 八本松 駅

価格未定を含める 間取り• 1LDK以下• 2DK• 2LDK• 3DK• 3LDK• 4DK• 4LDK• 5DK• 5LDK以上• 間取り未定の物件を含む 建物面積 土地面積 階数• 2階建て• 3階建て以上 建物構造• 鉄筋系• 鉄骨系• 指定なし• 本日公開• 3日以内に公開• 1週間以内に公開 アピール 「おすすめコメント」あり 画像• 間取図あり• 写真あり• パノラマあり• VRあり 人気のこだわり条件• 所有権• 駐車場 近隣含む• 駐車場2台分• 都市ガス• 上水道• 下水道• 追焚き機能• トイレ2ヶ所• 庭 選択中のこだわり条件.

次の

瀬野八

広島 駅 から 八本松 駅

概要 [ ] のの中では最も標高が高く(海抜255メートルで、の名所案内板にて記載されている)、隣のから当駅まで「」と呼ばれる急勾配区間 上り がある。 歴史 [ ]• (28年) - の - 間に新設開業。 旅客・貨物の取り扱いを開始。 当時は地上駅舎で、北口(磯松方面)側に駅舎・改札口があった。 当時の所在地表示は飯田であった。 (明治39年) - 山陽鉄道のにより、の駅となる。 (明治42年) - 制定。 の所属となる。 (31年) - 成立に伴い、所在地表示が広島県賀茂郡八本松町飯田になる。 (昭和43年) - 駅南口(飯田・向原地区)の急激な開発により、現在の駅舎に改築。 旧駅舎は事務舎として使用。 (昭和49年)• - 成立に伴い、所在地表示が広島県東広島市八本松町飯田になる。 - 貨物の取り扱いを廃止。 (昭和62年)• - 営業開始。 - により(JR西日本)に継承。 (11年) - 南口駅前広場の整備が完了(北口は今日も以前のまま)。 (平成12年) - (自動改札機の簡易版)導入。 (平成13年) - ダイヤ改正により、朝ラッシュ時に快速「」が、2本のみ新規停車。 (平成14年) - ダイヤ改正により、快速「山陽シティライナー」が全列車停車するようになる。 (平成17年)• 駅の利便性向上と対策として導入。 みどりの窓口営業時間短縮。 窓口閉鎖時間帯を導入。 (平成19年)• - 6月11日の自動改札機の導入準備のため入場印字機を撤去。 - 自動改札機設置工事開始、改札箱2つを撤去・改札口の横幅拡大。 - 導入(東広島市内のJR在来線では西条駅に次いで2番目)。 - 「」の利用が可能となる。 (平成22年) - 南口の歩道橋改修工事並びに駅前エレベーター設置工事が完成。 (平成23年) - キヨスクの位置が変更し拡張(駅入口付近からトイレ横の旧待合所の位置へ変更)。 (平成28年) - キヨスクがセブンイレブン・キヨスクに転換。 (平成30年)• - による業務委託駅となる。 - により営業休止。 - 中線に仮設ホームを設置し、 - 当駅間で暫定的な部分運転を実施。 - 中線の仮設ホームを撤去。 - 白市駅 - 瀬野駅間で運転再開。 駅構造 [ ] 2面2線を持つ。 中間にはホームの無い中線があり、かつては西条駅通過の上り貨物列車が当駅場内信号機内方でを走行中に解放し、その補機が中線からへ向けて折り返していた。 また、毎年1月の大学入試センター試験に伴う臨時列車( - 西条駅間)の待機にも使用されていた。 現在はレール輸送等の列車が使用している程度であるが、により山陽本線が被災した為、当駅 - 間で暫定的に運行再開するにあたり、中線に面する仮設ホームを設置した上で折り返し設備として使用されていた。 また、2番のりば南側に側線が数本敷設されていて保守車両が利用している。 ホームは広島方面に向かって右にカーブしているため、乗降する際には足元に注意する必要がある。 が管理し、が駅業務を受託するである。 利用可能駅(相互利用可能はICOCAの項を参照)。 駅舎概要 [ ]• 簡易橋上方式(但しや歩行者専用の自由通路が無く、駅への連絡通路は自動車通行可能の市道扱い)• 落成:(昭和43年) 元々はであったが、磯松地区方面にしか出口がなかったため、原・吉川・宗吉・向原(現在の八本松南)・下西・下東地区の利用者にとっては利用しにくかった。 (40年)ごろからに急激に向原地区の住宅開発・造成が相次いで起こったことにより南側の人口も急激に増え始めたため、(昭和43年)に現在の橋上駅舎が完成した。 2005年には構内に、2010年には駅前にエレベーターが新設されている。 駅舎コンコース内 [ ]• 1箇所(自動改札(ICOCA利用可能))• 待合所• 1箇所(改札外1箇所・改札内無し)• コインロッカー(改札外)• 仮設ホームに停車中の(2018年9月2日) のりば [ ] のりば 路線 方向 行先 1 G 山陽本線 上り ・方面 2 下り ・・方面• 上下ホームの間にホームの無い中線がある。 そのため列車運転指令上、2番線は3番線とされている。 なお、この機器は広島駅と海田市駅に設置されている機器と同一のものである)。 以前は列車接近時にメロディが鳴るのみであったが、2012年3月頃に現行の接近放送(JR西日本新標準接近放送)に更新された。 接近メロディは以下の通り。 1番のりば:広島駅2・7番乗り場メロディ• 2番のりば:広島駅4・9番乗り場メロディ 利用状況 [ ] 1日の平均乗車人員は以下の通りである。 年度 1日平均 乗車人員 (平成14年) 4,758 (平成15年) 4,903 (平成16年) 4,941 (平成17年) 4,935 (平成18年) 4,932 (平成19年) 5,165 (平成20年) 5,101 (平成21年) 5,010 (平成22年) 5,011 (平成23年) 4,880 (平成24年) 4,714 (平成25年) 4,643 (平成26年) 4,529 (平成27年) 4,599 (平成28年) 4,451 (平成29年) 4,076 (平成30年) 3,787 駅周辺 [ ] 八本松駅前土地区画整理事業 [ ] 現在は、駅前整備を計画中。 は、八本松駅前交差点 - 中学校(八本松中学校)交差点間が整備されると4車線になるが未着工。 周辺道路 [ ]• 旧国道2号線。 南口広場に面している。 八本松東(下組地区)や宗吉(南部)とへ行くことができる。 広島県道67号 南口の交差点から飯田、原方面へ伸びている主要道。 同道経由で向原地区と吉川地区へ行くことができる。 広島大学へのアクセス道。 北口に面している。 駅周辺は道幅が狭く離合が難しい。 宗吉(北部)と志和町中心部へ行くことができる。 沿道には米軍がある。 周辺施設 [ ] 郵便局• 八本松駅前郵便局 宿泊施設• 石田旅館(民宿) 徒歩約3分弱 銀行• 八本松支店 徒歩約1分• 八本松支店 徒歩約1分• 八本松駅前出張所 徒歩約2分• 北口は商店街が在る。 バス路線 [ ]• ・方面行• 志和方面行(循環便)• 方面行(日祝日は全便運休)• 正力~篠経由小竹・上竹仁行• ・篠行(循環便)• 吉川工業団地行• 付記 [ ]• 当駅と瀬野駅の間の上り線では、がとなっている。 以前は当駅西側より分岐し北西にあった呉海軍の火薬庫へ向かう「呉海軍軍需部川上火薬庫線」と南東に向かい国鉄八本松材修場に至る「八本松材修場専用線」が存在した。 からまで、当駅 - 間にが存在していた。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の