煽り運転 警察から電話。 非接触事故で言いがかりをつけられたら?最も効果のある対策とは!

煽り運転が発生する原因とは?煽り運転に遭遇しないための対策もご紹介!|中古車なら【グーネット】

煽り運転 警察から電話

「じゃこの書類にサインして」声の主は総務部長。 目の前に「今後は自動車の運転には気を付けます」と書かれた誓約書。 サインをすれば、この誓約書はボスに回る。 そう思うと気が重くなった。 午後5時。 逃げ場はない。 僕は普段の運転を恥じながらサインした。 罪状は、あおり運転。 僕は無実だ。 なぜこんなことになったのだろう。 ボールペンを握る手に力が入った。 午後3時。 得意先に向けて営業車を走らせていると電話がかかってきた。 総務部長からだ。 「今すぐ社に戻ってくれ。 理由はあとで話す」声に緊張感があった。 コロナ対策の一環で営業部は原則直行直帰となっている。 「外回り営業はウイルスを持ち込んでくる可能性が高いから社に寄り付くな」と主張した総務部長直々の呼び出しに、嫌な予感がビンビンした。 総務部長は顔をあわせるやいなや、顎で僕を奥にある面談スペース、通称「懺悔室」にうながし、腰をおろすなり「通報を受けたY警察署から連絡があった。 あおり運転だ」と告げた。 「ついに部下の誰かがやらかしたか」、僕は天を仰いで、天井に容疑者候補を浮かべていった。 「君だよ」総務部長の声。 彼は「あおり運転をしたのは君だ」といってメモを出した。 僕が使っている営業車のナンバーと車種が走り書きされていた。 オーマイガー。 間違いなく僕であった。 なぜだ。 「今日の午後2時過ぎ、Y市のS図書館の近くにいなかったか?」「いました。 お客さんとアポがあったので」「そこで君からあおり運転をされたと警察に通報があったらしい」 違う。 僕はあおったのではなく、あおられたのだ。 午後2時。 営業車を走らせる僕の前で、ジャンパー姿のおっさんがバイクで蛇行運転とポンピングブレーキを繰り返していた。 どこに出しても恥ずかしくないほどのあおり運転である。 僕は平常心を守るための魔法の言葉をつぶやいてやりすごした。 距離を起きたかったが、後ろには湘南乃風メンバーに似た強面がハンドルを握る紫色のミニバンであったため、出来なかった。 二車線になった。 車線変更をしてオッサンのバイクを一気に抜いた。 少し先の信号で止まると、追い付いてきたオッサンが横で意味不明の言葉を叫んでいた。 目がやばかったので無視した。 ここまでで1~2分間。 それだけの出来事。 この行為のどこにあおり運転があるというのか。 「それだ!そいつが君から『あおり運転、幅寄せをされた』と警察に通報したらしい」きっつー。 あおったのではなくあおられたのだ。 そもそも幅寄せしていない。 警察からは、事件にも事故にもなっていないから、該当者にヒアリングして事実なら注意しておくよう言われたとのこと。 「ただ、運が悪いことに」総務部長は嬉しそうに続けた。 「私が警察から電話を受けたとき、ちょうど総務部に社長がおられて…」 事実確認後、後で報告に来るように言われたそうだ。 警察からの照会。 あおり運転。 ナンバー一致。 心証ワルっ! 「で、実際どうなの?」と総務部長は尋ねると、僕の答えを待たずに、「大ごとにするつもりはないから、誓約書にサインしろ。 証拠はないんだろう?」と彼は言った。 なげやりでムカついた。 お天道様に誓って、僕はあおっていない。 何で僕が。 証拠さえあれば。 あった。 「ドラレコがあります」「ドラレコの映像を確認して大丈夫か」「はい?」「大丈夫かっていってんの。 あおってなくてもヤバそうな相手に追い抜きをかけていたら、心証悪くなるだけだぞ。 それでもいいのか?」 このやりとりのなかで僕はとんでもないことに気づいて「やっぱドラレコはやめておきます。 事件にはなっていませんし、僕に落ち度があった気がしてきました。 反省します」と引き下がった。 総務部長は疑うような眼差しを一瞬僕にむけると「わかった」のひとこと。 さすがことなかれ主義の第一人者。 僕はドラレコを確認されたくなかった。 社長室で社長と総務部長と僕がいる情景を想像する。 しん、として耳がいたくなるような室内に再生されるドラレコ。 蛇行運転を繰り返すバイクの映像とそこに重なる僕の声。 おまじないの言葉。 「綾瀬はるかたんにピー(自主規制)」「深キョンにピピーー 自主規制 」。 想像するだけで地獄すぎた。 僕は人によってはあおり運転にとらえられかねない荒っぽい運転をしました。 自分に嘘をついて、偽りの罪を受け入れた。 男には汚名をかぶってでも守らなければならないピーな秘密があるのだ。

次の

今日の昼間に煽り運転したら警察から電話来たんだけどwwwww: GOSSIP速報

煽り運転 警察から電話

1、煽り運転に該当する具体的な行為例 まずは どのような行為が煽り運転になるのか、具体例を確認しましょう。 (1)車間距離を狭める・異常に近寄る・幅寄せ 危険な程度にまで前の車両との車間距離を狭めたり、異常に近くに寄ったり幅寄せしたりすると、典型的な煽り運転となります。 (2)進路を譲るように強要する 他車両に対し、無理に進路を譲るように強要する行為も煽り行為です。 (3)追い回す 相手の車両を追い回すと追突や接触の危険性が高く、煽り行為となります。 (4)割り込んだ後、急ブレーキをかける 他の車の間に割り込み、いきなり急ブレーキをかけて相手を威圧する行為も、煽り運転です。 (5)ハイビーム・パッシング・クラクション ハイビームを使ったりパッシングしたりすると、相手の車の運転者が周囲を見にくくなって危険です。 また、激しくクラクションを鳴らしてプレッシャーをかけることも煽り行為となります。 (6)罵声を浴びせる 窓を開けて、直接相手に罵声を浴びせたり脅したり暴言を吐いたりすることも、煽り行為となります。 2、警察では煽り運転の取締り強化に努めている 煽り運転は非常に危険性が高いので、警察も取り締まりの強化に努めています。 煽り運転の典型は、他車との車間距離を詰めすぎる「車間距離不保持」ですが、2017年には6139件もの人が、「高速道路上における車間距離不保持」によって検挙されています。 また、危険な煽り運転への規制を実効性あるものとするため、警察は道路交通法違反のみならず「暴行罪」による立件も検討していますし、煽り運転の結果交通事故が発生して被害者が死傷した場合には、「危険運転致死傷罪」によって立件し、重い罪を科すべきという見解も示されています。 引用 3、煽り運転によって適用される可能性のある罪 (1)道路交通法違反 煽り運転をすると、どのような罪が成立するのかみてみましょう。 まずは、 車間距離不保持として道路交通法違反となる可能性が高いです。 道路交通法は、同方向へ進行する他の車両や歩行者の後ろを進行する際、前の車両などが急に止まったときにも衝突しない程度の車間距離を空けるべきと定めています(道路交通法26条)。 煽り運転によって前の車との車間距離を詰めすぎると、車間距離保持義務違反となります。 高速道路における車間距離不保持は危険性が高いので 3か月以下の懲役または5万円以下の罰金が科されますし(119条1項1号の4)、 一般道の場合にも 5万円以下の罰金が課されます(同法120条1項2号)。 (2)暴行罪 煽り行為により、 暴行罪が成立することもあります。 暴行罪は、人に対する不法な有形力を行使したときに成立しますが、無理に幅寄せをして相手を威圧したり罵倒したりすることも、不法な有形力行使と認められるからです。 暴行罪が成立する場合、 刑罰は2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料です(刑法208条)。 (3)危険運転致死傷罪 危険な煽り運転によって交通事故が起こり、被害者が死傷した場合には 「危険運転致死傷罪」が成立する可能性があります。 危険運転致死傷罪は、著しく危険な運転により事故を起こした場合に適用される犯罪で、酒酔い運転や無免許運転の場合などに検討されることが多いです。 罰則は、被害者が負傷した場合には15年以下の懲役刑、被害者が死亡したときには1年以上の有期懲役刑となり、非常に重いです。 (4)殺人罪 煽り運転のあげくに被害者を死亡させた場合、 殺人罪が適用される可能性もあります。 現実に、バイクに追い抜かれて腹を立てた車両の運転者が、およそ1分間車間距離を詰めてバイクを煽り続けて最終的に追突して死亡させた事案において、殺人罪によって立件されたケースもあります。 殺人罪の刑罰は、 死刑又は無期若しくは5年以上の懲役刑です。 4、煽り運転の加害者と被害者には特徴がある 煽り運転には、 被害に遭いやすい人とそうでない人がいますし、 加害者になりやすい人とそうでないタイプもあります。 以下では 被害に遭いやすい人と加害者になりやすい人がどのような方か、説明します。 (1)被害者になりやすい人の特徴 被害者になりやすいのは、以下のようなタイプの人です。 初心者マークをつけていても、大目に見てもらえず煽られることはよくあります。 (2)加害者になりやすい人の特徴 加害者になりやすいのは、以下のような人です。 5、煽り運転の被害から守るために心がけたいこと 煽り運転になるべく遭わないようにするには、以下のようなことを心がけましょう。 (1)車間距離は十分にとる まず、 車間距離を充分にとり、他の車両に近づきすぎないことです。 車間距離を詰めていると前の車にプレッシャーを与えることになり、自分が煽り運転の加害者になってしまう可能性があります。 また、腹を立てた相手から反対に煽られる危険も発生します。 (2)急発進や急停車はしない 急発進・急停車をすると前後の車にプレッシャーをかけることになるので、相手が腹を立てて煽ってくる可能性が高まります。 (3)後続車が急いでいる場合は道を譲る ゆっくり運転したいとき、 後ろから車が来ていたら、譲って先に行ってもらいましょう。 低速であるにもかかわらずいつまでも前を走られると、後続車はイライラするので気性の荒い人でなくても煽り行為をしてしまいたくなります。 (4)ドライブレコーダーをつける 煽り運転被害に遭ったときに備えて、 車にはドライブレコーダーを搭載しておきましょう。 そうすれば、何かあったときにも相手の違法行為を立証できて適正な処罰を受けさせることができますし、交通事故になったときに、自分の過失割合を不当に高くされるおそれもなくなります。 6、煽り運転の被害に遭った場合の対処法 万一煽り運転の被害に遭ってしまったときには、以下のように対応しましょう。 (1)車の窓とドアの鍵を全て締める 相手が罵倒してきたり攻撃的な態度をとってきたりしたら、まずは 車の窓とドアを締めて鍵をかけましょう。 そうしないと、近づいてきた相手から、暴行を振るわれたりものを投げ込まれたりする危険があるからです。 (2)警察に通報する 相手が執拗に追いかけてきたり脅してきたりして身に危険を感じたら、 すぐに警察に通報しましょう。 今は、警察も煽り運転の危険性を重視して取り締まりを強化しているので、呼べば現場に来てくれる可能性が高いです。 警察が来たら、煽り行為も落ち着くでしょう。 (3)相手が攻撃してきても応じない 煽り運転の被害に遭ったとき、仕返しをしてはいけません。 やり返そうとすると、相手も余計に腹を立てて、互いの煽り運転が激化してしまうからです。 相手から車間距離を詰められたり無理な追い越しをされたりして煽られても、自分は気持ちを落ち着けて冷静に対応することが重要です。 また、 相手の要求に応じて高速道路で停車することも大変危険です。 2017年にニュースになった東名高速での煽り運転事故でもあったように、停車自動車に後続車が突っ込む可能性が大いにあります。 相手が過激な場合は、必ずその場で通報し、警察の到着を待ちましょう。 (4)安全な場所に一旦避難する 煽り運転の被害に遭い、このままでは交通事故になってしまう危険を感じるのであれば、いったん路肩などの 安全な場所に退避しましょう。 人気の無いところだと相手から何をされるかわからないので、 なるべく他の車両や人のいる場所で停車してください。 (5)記録に残す 煽り運転の被害に遭った時には、 ドライブレコーダーを作動させて、状況を一部始終残しておくことが大切です。 このことにより、後に交通事故になったときや相手が検挙されたときに、相手の違法行為を明らかにして適正に処罰してもらえます。 (6)示談交渉などは弁護士を交えて対応する 交通事故になったときには、煽り運転の加害者と示談交渉をしなければなりません。 しかし相手の煽り運転の危険性が高ければ、相手の保険会社が対応しない可能性もありますし、そもそも煽り運転をするような相手は、任意保険に入っていないケースもあります。 煽り運転の加害者と直接示談交渉を進めても、きちんと賠償金を払ってもらえる可能性は低く、むしろ相手から脅されるなどして、さらなる被害が発生する可能性もあります。 煽り運転の加害者と交通事故の示談交渉をするときには、弁護士に依頼した方がいいでしょう。 まとめ 煽り運転は非常に危険なので、絶対にしてはいけません。 また、被害に遭った時には冷静になって、車を停めたり警察を呼んだりして、なるべく被害の拡大を防ぎましょう。 万一交通事故が起こったときには、早期に弁護士に依頼することが重要です。 今後、車を運転するときの参考にしてみてください。 カテゴリー• 101• 153• 190• 129• 118• 135• 361•

次の

煽り運転の通報は後日でも大丈夫?ドラレコで証拠を抑えておこう • やきいもやの学校・教育 情報発信ブログ

煽り運転 警察から電話

一般道(交差点)で進路を塞がれた経験があります。 (ノロノロ運転を追い越しただけ) 相手が降りてきて窓越しに喚いていましたが、心得ているのでしょう「手」は出しませんでした。 私は窓を叩くか車体を蹴るかして欲しかったのですがね。 交差点(2車線道路の右車線)のど真ん中でしたので、「後続に迷惑だからどきなさい」と言うと「道路の脇に寄せろ」と。 逃げるのも面白くなかったので、相手に付いて道路脇に寄せひと悶着。 しつこいので「警察を呼ぶよ」と電話したら「急行します」と対応してくれました。 「早く逃げないと警察が来るよ」と促すと、何か「捨て台詞」を吐いて逃げました。 警察が来て「何か被害がありましたか?」と問われたので「口だけ」と答えたら、「被害届を出しますか?」と聞かれましたよ。 実害は無かったので、「結構です」と覚えていたナンバーだけを伝え、お開きに。 「こういう場面に遭遇したら、いつでも通報してくださいね」と親切な対応でしたよ。 もっとも、被害が無ければ「逮捕」までは行かないと思いますがね。 事故にならないと動きません。 と言うより煽りを感じたかどうかは、ものすごく個人差の開きがあります。 私も含め貴方も煽った気がなくても煽ったと受け取った人は過去に自覚がないだけであると思います。 更にヤフーニュースの車間距離不保持と言う部分ですが前の車がブレーキで止まった時に止まれる距離と言うだけで明白な線がないんです。 教習所では100km走行なら100m速度に等しい距離が理想と教えていますが道路交通法でも何でもありません。 理想です。 それはスポーツカーの制動距離と荷を積んだトラックの制動距離では全く違う為に 本人が速度を守って安全運転と言ってしまえば車間距離の感覚は本人の意思となります。 1台1台スケールで距離を図りながら運転すると言うのも現実問題不可能だし。 各所に煽り測定審判員を配置と言うのも土台ムリな設計です。 ただ追突してしまえば実際に止まれないから追突した訳で煽りが原因と指摘できます 通勤ラッシュの首都高など私から見れば全員が前の車を煽っています。 携帯社会なので通報もあるでしょ。 全員逮捕しますか?と言う話になります。

次の