アフターピル エラ。 エラは最新のアフターピルで最強の避妊率!(通称エラワン)

エラ(アフターピル )の副作用|「胸の張り、腹痛、頭痛、消退出血」はいつから?|お薬なび

アフターピル エラ

普段、妻と営みの時は、子供を作る予定は無いのでコンドームを使用しています。 以前、コンドームが行為の最中に破れている事に気づかず、行為が終わった後に気づいて妻と2人で真っ青になった事がありました。 妻が、アフターピルという行為後に避妊できるピルがあると知っていたので、翌日の土曜日の朝からアフターピルを探しました。 近所の薬局でアフターピルを購入したいと聞いたら、処方せんが必要な薬なので産婦人科などの病院じゃないと購入出来ない事を教えてもらいました。 すぐに近所の産婦人科を探しましたが、土曜日という事もありあいている病院がありませんでした。 月曜日にならないと何処も病院があかないので、土日でもアフターピルを処方してくれる病院を探しました。 繁華街に土日でもアフターピルの処方が可能という病院を見つけ、少し遠かったですが妻と一緒に行きました。 妻と一緒に診察を受け、性行為をした時間や避妊失敗した経緯などを話し、ノルレボ錠というアフターピルを処方して貰う事になりました。 副作用で吐き気が出ることがあり、飲んでから2時間以内に嘔吐して薬が体外に出てしまった場合、追加でもう1回分飲む必要があるから注意して下さいとの事。 使用するのが避妊に失敗した当日だったので、避妊率90%以上と高い効果が見込めるそうです。 3日以内に飲まなければならないそうで、これが3日目になると、避妊率が60%位まで下がってくると説明を受けました。 月曜日まで近所の産婦人科があくのを待たなくて正解だったと思いました。 もしもの時の為に、もう1回分欲しいとお願いをしましたが、必要な分以外の処方はおこなえないと断られてしまいました。 驚いたのが、かかった費用で診察費や薬代など含めて、なんと1回分が約1万5千円!! そんなにコンドームが破れるような事は頻繁に起こりませんが、保険が効かないとココまで高いのか!と夫婦揃ってびっくりした事がありました。 アフターピルを病院ではなく海外薬店(現メデマート))の通販で購入した理由 日本国内で医薬品を取り扱う場合は処方せんが必要ですが、海外の医薬品を個人輸入する場合には処方せん不要で購入する事が出来ます。 通販でアフターピルを購入する場合は必ず海外発送になります。 病院でアフターピルを処方してもらった際に、高いと感じた事が有ったので、色々アフターピルの事を調べて病院と個人輸入を比較してみました。 その場でアフターピルを服用したので、嘘をついてアフターピルを貰いに行っても意味が有りません。 必要が無いのに飲むことになってしまいますからね。 アフターピルの使用で1番大きい事は、避妊に失敗した性行為からいかに早くアフターピルを飲むかで避妊率に大きな差が出てきます。 それにも関わらず、アフターピルが必要になるタイミングは週末の深夜が多く、必要な時に限って殆どの病院が休みという悪循環。 海外では、薬局や自動販売機でもアフターピルが売っているようなので、こういった部分の整備は必要だと思いました。 予め手元に置いてけば、必要になった時にすぐに使う事が出来る為、避妊効果を最大限引き出して使う事が出来ます。 時間も気にせずネットから通販と同じ要領で注文する事が出来るし、営業時間内なら電話でも注文出来ます。 通販を選んだことに対して、私の場合、妻と一緒に一度病院に行っている事も大きいです。 病院で処方してもらった際に、注意点や疑問など医師と直接話しをしてから使う事が出来ているので、その点があったから妻も安心して通販を選んだようです。 費用は高いですが勉強料だと思い、安全に使うためにも一度は病院で処方してもらうというのも良いかもしれません。 病院のメリットは、医師に診察して貰うことが出来るので安心して使用する事が出来る事と、取扱のある病院に行けばその場でアフターピルを処方して貰うことが出来る点です。 ネットで海外医薬品通販を利用した場合、当日にはアフターピルは届きません。 Amazonや楽天などの通販で慣れた方だと、当日や翌日には荷物が届くのが当たり前ですが、処方せんの無いアフターピルを国内発送する事は薬事法で禁止されているので、法律違反です。 海外から荷物を送った場合、出国と入国の2回税関の手続きをおこなわなければなりません。 海外薬店(現メデマート)の様に即日発送を対応してくれたとしても、荷物の到着まで最短で4~5日程度、平均すると1週間程度かかるそうです。 実際に、アイピルを注文した時は、運が良かったのか4日で届きましたが、推奨期間の3日は過ぎてしまっていたので、すぐに使う目的でアフターピルを購入するなら、時間が経過しても避妊率が高いエラを購入したほうが良いでしょう。 何故なら単純に考えても、海外で1日、日本に届くまでに1日、国内で1日はかかり、それに通関の手続きが2回入るからです。 一度、DHLに問い合わせをしてみましたが、次の日に日本に届くような速達では送料だけで軽く超える1万円はそうです。 直ぐに届くと緊急用にアイピルを販売している業者には注意が必要です。 やはり妻と相談して購入を決めた時に、1番大きかった点は避妊率です。 アフターピルは使えば100%避妊が成功するという薬ではないので、どれだけ効果を高く使えるかが大事という結論でした。 避妊に失敗して妊娠してしまったら、費用は比べ物にならない位必要になりますし、中絶したら体への負担も大きいですらかね。 アフターピルの中でアイピルを選んだ理由 海外薬店(現メデマート)でも色々なアフターピルを取り扱っています。 大きく別けると下記の3種類。 初期のノルレボ錠は1回2錠タイプでしたが、現在は1回1錠タイプに変更されています。 2錠タイプは、最初の1錠服用して12時間後に2錠目を服用しなければならない為、飲み忘れによる失敗が多かった為、後に1錠タイプへ改良されました。 2錠タイプは1錠タイプに比べ、配合されている女性ホルモン量が1錠辺り半分になっているので、副作用がおきにくいといったメリットもあります。 飲み忘れては意味が無いので、ノルレボ1錠タイプの中から1番価格の安いアイピルを選択しました。 また、エラは日本未認可の最新のアフターピルで、ノルレボよりも高い避妊効果があります。 ノルレボは72時間以内に服用を推奨されており、エラは120時間以内に服用を推奨されています。 アイピルは1錠辺り700円~に対して、エラは1錠辺り3900円~と多少割高です。 行為後すぐに服用した場合、アイピルもエラも避妊効果はそこまで差がないので、予め持っておくならアイピルがコスト的にも効果的にもアイピルで十分だと思います。 しかし、時間が経過してから使う場合は、圧倒的にエラのほうが避妊率が高いので、すぐに使うアフターピルをこれから買うという場合は、エラのほうが良いでしょう。 アフターピルのアイピルを実際に使った効果は? まずは、どういった仕組みでアフターピルに避妊効果があるのか説明します。 妊娠するには、精子が卵子に入り込む事で受精卵に変化し、細胞分裂が始まり子宮へと降りてきます。 子宮内膜へ受精卵が着床し根を張ることで妊娠となります。 アフターピルには女性ホルモンが配合されており、ホルモンバランスを変えることで、生理を誘発します。 たとえ受精してしまったとしても、子宮内膜へ着床しなければ妊娠には至りませんので、生理を起こす事で着床を防ぎ避妊する仕組みになっています。 受精卵が子宮へ到着し着床するまでの時間は、およそ10日程度と言われております。 その間に、アフターピルを飲む事で生理を誘発するので、少しでも早く飲んだ方が避妊効果が高いのはそのためです。 中絶薬ではないので、着床した後にアフターピルを飲んでも意味がありませんが、服用推奨期間を過ぎてから飲んだとしても、効果が全く無くなるわけではありません。 少しでも避妊率を高めたいのであれば、時間が経過してからでもアフターピルを飲むことは有効です。 いざという時に使えるように、3箱のアイピルを購入していました。 複数持っているのは、上記でも説明した副作用によって飲んでから2時間以内に吐いた時は、追加でもう1回分が必要になるからです。 先日、ついに事が起こりました。 行為が終わってみると、コンドームが破けており中身が漏れていました。 すぐにその場で予め購入していたアイピルを、妻が使用しました。 飲んで3日後に、生理が起こりました。 一応、妊娠検査薬を約1ヶ月後に試してみましたが、陰性で無事避妊に成功しました。 予め用意しておいて、病院のように高い費用もかからず本当に良かったです。 下記に、時間経過後の避妊率を記載しました。 日本の産婦人科で処方されるアフターピルは殆どがノルレボ錠です。 アフターピルの取扱が無い産婦人科の場合、中用量ピルのプラノバールや低用量ピルを代用したヤッペ法などが用いられる場合があります。 費用はアフターピルよりも安くなりますが、避妊効果も下がり副作用もキツくなります。 エラは、海外で主流となっている最新のアフターピルで、日本では未認可の為に国内の産婦人科では処方されません。 週末などに必要になって休み明けの3日目に産婦人科でノルレボ錠を処方して服用するより、5日目にエラを服用したほうが避妊率は高くなります。 予めアフターピルを準備していない場合は、状況に応じて産婦人科に行くか、エラを購入するか選んだほうが良いでしょう。 ノルレボ錠を使用した際の、日本でおこなわれた臨床試験の結果を下記にまとめました。 アフターピルを飲んだ後に起こる生理は消退出血になります。 消退出血が起これば避妊が成功した合図でもあります。 しかし、妊娠後に子宮不正出血がおこる場合もある為、出血だけでは確実な判断が出来ませんので、必ず妊娠検査をおこないましょう。 また、嘔吐を防ぐ為に、薬局で市販されている酔い止めなどを服用する事でも効果はあります。 アフターピルの副作用がどうしてもキツイようであれば、旧ノルレボ錠の2錠タイプをオススメ致します。 飲み忘れに注意が必要ですが、上記でも解説したように1錠辺りに含まれているホルモン量が半分になるので、副作用が軽減されます。 アフターピルのまとめ 病院は、費用は1回1万5千円程度と高いが、医師の診察と当日に処方してもらう事が出来る。 しかし、常備薬としての処方はおこなっておらず、病院が休みの時は処方までの時間が経過してしまい、避妊率に影響を及ぼす。 海外薬店(現メデマート)のような個人輸入を利用して通販で購入した場合、価格は1回辺り700円~と安く抑える事が出来るが、海外発送の為に即日発送対応の最短でも4日~5日程度届くまでに時間がかかるので、常備用ならアイピル、緊急用ならエラが良い。 避妊効果を1番高い状態でアフターピルを使用するなら、予め常備用としてアイピルを購入しておく必要がある。 また、アイピルは以下のサイトの管理人さんが詳しく紹介してくださっていますので、よかったら参考にしてください。

次の

アフターピルを安く買うならベストケンコーがおすすめ

アフターピル エラ

普段、妻と営みの時は、子供を作る予定は無いのでコンドームを使用しています。 以前、コンドームが行為の最中に破れている事に気づかず、行為が終わった後に気づいて妻と2人で真っ青になった事がありました。 妻が、アフターピルという行為後に避妊できるピルがあると知っていたので、翌日の土曜日の朝からアフターピルを探しました。 近所の薬局でアフターピルを購入したいと聞いたら、処方せんが必要な薬なので産婦人科などの病院じゃないと購入出来ない事を教えてもらいました。 すぐに近所の産婦人科を探しましたが、土曜日という事もありあいている病院がありませんでした。 月曜日にならないと何処も病院があかないので、土日でもアフターピルを処方してくれる病院を探しました。 繁華街に土日でもアフターピルの処方が可能という病院を見つけ、少し遠かったですが妻と一緒に行きました。 妻と一緒に診察を受け、性行為をした時間や避妊失敗した経緯などを話し、ノルレボ錠というアフターピルを処方して貰う事になりました。 副作用で吐き気が出ることがあり、飲んでから2時間以内に嘔吐して薬が体外に出てしまった場合、追加でもう1回分飲む必要があるから注意して下さいとの事。 使用するのが避妊に失敗した当日だったので、避妊率90%以上と高い効果が見込めるそうです。 3日以内に飲まなければならないそうで、これが3日目になると、避妊率が60%位まで下がってくると説明を受けました。 月曜日まで近所の産婦人科があくのを待たなくて正解だったと思いました。 もしもの時の為に、もう1回分欲しいとお願いをしましたが、必要な分以外の処方はおこなえないと断られてしまいました。 驚いたのが、かかった費用で診察費や薬代など含めて、なんと1回分が約1万5千円!! そんなにコンドームが破れるような事は頻繁に起こりませんが、保険が効かないとココまで高いのか!と夫婦揃ってびっくりした事がありました。 アフターピルを病院ではなく海外薬店(現メデマート))の通販で購入した理由 日本国内で医薬品を取り扱う場合は処方せんが必要ですが、海外の医薬品を個人輸入する場合には処方せん不要で購入する事が出来ます。 通販でアフターピルを購入する場合は必ず海外発送になります。 病院でアフターピルを処方してもらった際に、高いと感じた事が有ったので、色々アフターピルの事を調べて病院と個人輸入を比較してみました。 その場でアフターピルを服用したので、嘘をついてアフターピルを貰いに行っても意味が有りません。 必要が無いのに飲むことになってしまいますからね。 アフターピルの使用で1番大きい事は、避妊に失敗した性行為からいかに早くアフターピルを飲むかで避妊率に大きな差が出てきます。 それにも関わらず、アフターピルが必要になるタイミングは週末の深夜が多く、必要な時に限って殆どの病院が休みという悪循環。 海外では、薬局や自動販売機でもアフターピルが売っているようなので、こういった部分の整備は必要だと思いました。 予め手元に置いてけば、必要になった時にすぐに使う事が出来る為、避妊効果を最大限引き出して使う事が出来ます。 時間も気にせずネットから通販と同じ要領で注文する事が出来るし、営業時間内なら電話でも注文出来ます。 通販を選んだことに対して、私の場合、妻と一緒に一度病院に行っている事も大きいです。 病院で処方してもらった際に、注意点や疑問など医師と直接話しをしてから使う事が出来ているので、その点があったから妻も安心して通販を選んだようです。 費用は高いですが勉強料だと思い、安全に使うためにも一度は病院で処方してもらうというのも良いかもしれません。 病院のメリットは、医師に診察して貰うことが出来るので安心して使用する事が出来る事と、取扱のある病院に行けばその場でアフターピルを処方して貰うことが出来る点です。 ネットで海外医薬品通販を利用した場合、当日にはアフターピルは届きません。 Amazonや楽天などの通販で慣れた方だと、当日や翌日には荷物が届くのが当たり前ですが、処方せんの無いアフターピルを国内発送する事は薬事法で禁止されているので、法律違反です。 海外から荷物を送った場合、出国と入国の2回税関の手続きをおこなわなければなりません。 海外薬店(現メデマート)の様に即日発送を対応してくれたとしても、荷物の到着まで最短で4~5日程度、平均すると1週間程度かかるそうです。 実際に、アイピルを注文した時は、運が良かったのか4日で届きましたが、推奨期間の3日は過ぎてしまっていたので、すぐに使う目的でアフターピルを購入するなら、時間が経過しても避妊率が高いエラを購入したほうが良いでしょう。 何故なら単純に考えても、海外で1日、日本に届くまでに1日、国内で1日はかかり、それに通関の手続きが2回入るからです。 一度、DHLに問い合わせをしてみましたが、次の日に日本に届くような速達では送料だけで軽く超える1万円はそうです。 直ぐに届くと緊急用にアイピルを販売している業者には注意が必要です。 やはり妻と相談して購入を決めた時に、1番大きかった点は避妊率です。 アフターピルは使えば100%避妊が成功するという薬ではないので、どれだけ効果を高く使えるかが大事という結論でした。 避妊に失敗して妊娠してしまったら、費用は比べ物にならない位必要になりますし、中絶したら体への負担も大きいですらかね。 アフターピルの中でアイピルを選んだ理由 海外薬店(現メデマート)でも色々なアフターピルを取り扱っています。 大きく別けると下記の3種類。 初期のノルレボ錠は1回2錠タイプでしたが、現在は1回1錠タイプに変更されています。 2錠タイプは、最初の1錠服用して12時間後に2錠目を服用しなければならない為、飲み忘れによる失敗が多かった為、後に1錠タイプへ改良されました。 2錠タイプは1錠タイプに比べ、配合されている女性ホルモン量が1錠辺り半分になっているので、副作用がおきにくいといったメリットもあります。 飲み忘れては意味が無いので、ノルレボ1錠タイプの中から1番価格の安いアイピルを選択しました。 また、エラは日本未認可の最新のアフターピルで、ノルレボよりも高い避妊効果があります。 ノルレボは72時間以内に服用を推奨されており、エラは120時間以内に服用を推奨されています。 アイピルは1錠辺り700円~に対して、エラは1錠辺り3900円~と多少割高です。 行為後すぐに服用した場合、アイピルもエラも避妊効果はそこまで差がないので、予め持っておくならアイピルがコスト的にも効果的にもアイピルで十分だと思います。 しかし、時間が経過してから使う場合は、圧倒的にエラのほうが避妊率が高いので、すぐに使うアフターピルをこれから買うという場合は、エラのほうが良いでしょう。 アフターピルのアイピルを実際に使った効果は? まずは、どういった仕組みでアフターピルに避妊効果があるのか説明します。 妊娠するには、精子が卵子に入り込む事で受精卵に変化し、細胞分裂が始まり子宮へと降りてきます。 子宮内膜へ受精卵が着床し根を張ることで妊娠となります。 アフターピルには女性ホルモンが配合されており、ホルモンバランスを変えることで、生理を誘発します。 たとえ受精してしまったとしても、子宮内膜へ着床しなければ妊娠には至りませんので、生理を起こす事で着床を防ぎ避妊する仕組みになっています。 受精卵が子宮へ到着し着床するまでの時間は、およそ10日程度と言われております。 その間に、アフターピルを飲む事で生理を誘発するので、少しでも早く飲んだ方が避妊効果が高いのはそのためです。 中絶薬ではないので、着床した後にアフターピルを飲んでも意味がありませんが、服用推奨期間を過ぎてから飲んだとしても、効果が全く無くなるわけではありません。 少しでも避妊率を高めたいのであれば、時間が経過してからでもアフターピルを飲むことは有効です。 いざという時に使えるように、3箱のアイピルを購入していました。 複数持っているのは、上記でも説明した副作用によって飲んでから2時間以内に吐いた時は、追加でもう1回分が必要になるからです。 先日、ついに事が起こりました。 行為が終わってみると、コンドームが破けており中身が漏れていました。 すぐにその場で予め購入していたアイピルを、妻が使用しました。 飲んで3日後に、生理が起こりました。 一応、妊娠検査薬を約1ヶ月後に試してみましたが、陰性で無事避妊に成功しました。 予め用意しておいて、病院のように高い費用もかからず本当に良かったです。 下記に、時間経過後の避妊率を記載しました。 日本の産婦人科で処方されるアフターピルは殆どがノルレボ錠です。 アフターピルの取扱が無い産婦人科の場合、中用量ピルのプラノバールや低用量ピルを代用したヤッペ法などが用いられる場合があります。 費用はアフターピルよりも安くなりますが、避妊効果も下がり副作用もキツくなります。 エラは、海外で主流となっている最新のアフターピルで、日本では未認可の為に国内の産婦人科では処方されません。 週末などに必要になって休み明けの3日目に産婦人科でノルレボ錠を処方して服用するより、5日目にエラを服用したほうが避妊率は高くなります。 予めアフターピルを準備していない場合は、状況に応じて産婦人科に行くか、エラを購入するか選んだほうが良いでしょう。 ノルレボ錠を使用した際の、日本でおこなわれた臨床試験の結果を下記にまとめました。 アフターピルを飲んだ後に起こる生理は消退出血になります。 消退出血が起これば避妊が成功した合図でもあります。 しかし、妊娠後に子宮不正出血がおこる場合もある為、出血だけでは確実な判断が出来ませんので、必ず妊娠検査をおこないましょう。 また、嘔吐を防ぐ為に、薬局で市販されている酔い止めなどを服用する事でも効果はあります。 アフターピルの副作用がどうしてもキツイようであれば、旧ノルレボ錠の2錠タイプをオススメ致します。 飲み忘れに注意が必要ですが、上記でも解説したように1錠辺りに含まれているホルモン量が半分になるので、副作用が軽減されます。 アフターピルのまとめ 病院は、費用は1回1万5千円程度と高いが、医師の診察と当日に処方してもらう事が出来る。 しかし、常備薬としての処方はおこなっておらず、病院が休みの時は処方までの時間が経過してしまい、避妊率に影響を及ぼす。 海外薬店(現メデマート)のような個人輸入を利用して通販で購入した場合、価格は1回辺り700円~と安く抑える事が出来るが、海外発送の為に即日発送対応の最短でも4日~5日程度届くまでに時間がかかるので、常備用ならアイピル、緊急用ならエラが良い。 避妊効果を1番高い状態でアフターピルを使用するなら、予め常備用としてアイピルを購入しておく必要がある。 また、アイピルは以下のサイトの管理人さんが詳しく紹介してくださっていますので、よかったら参考にしてください。

次の

エラワン通販|避妊薬

アフターピル エラ

エラ 30mg 内容量 販売価格 ポイント 1箱単価 注文 1箱 5,450円 163 5,450円 カートに入れる 2箱 10,360円 310 5,180円 カートに入れる 3箱 14,720円 441 4,906円 カートに入れる 商品詳細 エラの特徴 エラは、先発薬であるエラワンと同一成分同一効果をもつジェネリック医薬品です。 服用により受精卵の着床を防ぐことが可能で、早めの服用で99%避妊に成功します。 5日以内(120時間以内)の服用でも高確率での避妊効果があるという、他のアフターピルと違う点が大きな特徴です。 性行為の途中で避妊具が破損した場合、避妊具の装着を怠った場合、合意のない性行為を強要された場合など、意志に反する妊娠を回避するために、日頃から緊急時の備えとしておすすめの商品です。 エラの効果 エラを摂取することにより、排卵・着床の抑制および精子通過の阻害、望まない妊娠を妨げる緊急避妊効果があります。 脳の錯誤によって黄体ホルモンを抑制、それにより子宮内膜の成長が抑制されることが効果発現のポイントとなります。 参考文献 エラについて詳しくはこちら エラの服用リミット 通常のアフターピルは性行為直後から24時間以内の服用が望ましいとされていますが、エラは 「5日以内(120時間以内)の服用」でも高い確率での避妊効果があります。 性行為から3日以内であれば95%、5日以内であれば85%の確率で避妊が可能になり、服用する 時間が早ければ早いほど避妊の成功確率が上昇します。 エラの適応症状 エラは、緊急避妊を必要とされる方のための医薬品です。 ・万が一の妊娠回避に備えておきたい方 ・他の避妊に失敗(もしくは失敗した可能性がある)、かつ妊娠を望まない方 ・予期せぬ性行為に苛まれ、妊娠を回避しなければならない方 ・中絶手術に至る以前に早期に望まない妊娠の不安を断ち切りたい方 エラの有効成分 エラの有効成分として含まれているウリプリスタール酢酸エステルは、子宮筋腫治療薬としても利用されている成分です。 子宮内膜、頸管粘液の状態を変化させることで、精子が子宮にまで入りにくくなり避妊が可能です。 参考文献 エラの有効成分(ウリプリスタール酢酸エステル)について詳しくはこちら エラの含有量・内容量 1箱に1錠1回分となります。 エラ1錠あたり、ウリプリスタール酢酸エステルとして30mgを含有しています。 製薬会社 アブディ・イブラヒム アブディ・イブラヒムはトルコ最大手の医薬品メーカーです。 GMPに則った生産設備を有しており、高品質な製品を生産しています。 アフターピル「エラワン」のジェネリック医薬品「エラワンジェネリック」は、世界中で支持されている商品です。 製薬会社 関連商品 その他のアフターピル エラと同じアフターピル商品です。 ・ WHO(世界保健機構)により必須薬として指定された信頼性の高い緊急避妊薬 ・ 望まない妊娠の不安がある性行為の後に服用する緊急避妊薬 ・ ノルレボのジェネリック医薬品で72時間以内に服用タイプの緊急避妊薬 この他のアフターピルはこちら その他の避妊薬 エラとは違ったタイプの避妊効果のある商品です。 ・ ホルモンバランスの変化に対応した副作用を発症するリスクが少ない低用量ピル ・ 有効成分を抑えて副作用を軽減した避妊や生理痛の改善に効果的な超低用量ピル ・ 膣内挿入タイプの女性用避妊フィルムでホルモンバランスを崩す心配のない商品 この他の避妊薬はこちら 同時服用におすすめのサプリメント 避妊薬で懸念される血栓症リスクの予防効果がある商品です。 ・ 血液をサラサラにする効果がある無臭性ソフトジェルタイプの健康サプリメント ・ 南極オキアミから抽出したクリルオイルに10種類のビタミンを配合した健康サプリメント 用法用量 エラの服用方法 望まない妊娠の可能性がある性行為後、 120時間以内に1錠服用します。 薬の副作用で吐き気や嘔吐する場合がありますが、服用後少なくとも3時間は、嘔吐で薬をはき出さないように注意してください。 エラの服用時の注意 薬を吐き出さないように注意 服用後、3時間以内に嘔吐してしまった場合は、薬の成分がしっかり体内に吸収されていない可能性があり、飲み直しをしなければなりません。 副作用の吐き気は、空腹で起こりやすくなります。 適度な軽食を取った後に薬を服用するとよいでしょう。 過度な飲食の後は、逆に食べ過ぎで吐き気や腹痛を起こしやすくなりますので控えましょう。 日常的な服用はNG 高確率で望まない妊娠を回避することが可能な医薬品ですが、女性の体に少なからず負担をかけることになります。 性行為のたびに服用するという使用方法は絶対に避けてください。 あくまでも緊急避妊薬として、非常事態が起きた際に使用することを心がける必要があります。 参考文献 エラの服用方法について詳しくはこちら 副作用 主な副作用 頭痛、吐き気、腹部または胃の痛み、めまい、疲労感、生理痛など エラを服用することで、一時的にホルモンバランスが急激に変化するため、副作用は少なからず生じます。 副作用は成分を体内に取り込むことで起こる一過性の症状ですので、時間の経過とともに症状は軽減されていきます。 個人差はありますが、服用して1~3日間程度、これらの症状が続く可能性もあります。 特に多い副作用 服用後の性器出血は多いとされている副作用です。 一般的に服用後の出血は、消退出血といわれる避妊成功の判断基準になる出血のことが多いようです。 しかしながら、消退出血と不正子宮出血の違いは一見わかりづらいものです。 生理周期をみながら異常や違和感がないかを見極め、気になることがあれば、医師の診察を受けるようにしましょう。 効果・副作用が強いと感じた場合 吐き気止め(酔い止め)の薬や頭痛薬であれば、併用しても飲み合わせには問題ありません。 その他の治療薬を服用する場合には、併用注意にあたる薬ではないかということを必ず確認するようにしてください。 参考文献 エラの副作用について詳しくはこちら 使用上の注意 重要な基本的注意 ・妊娠中の方は服用しないでください 既に妊娠している方への適応はありません。 (流産させるための薬ではありません。 ) ・異所性妊娠に注意してください 子宮外妊娠の既往歴がある方にも使用いただけますが、エラを服用した後の下腹部に痛みを感じる場合に、子宮外妊娠の可能性を考える必要があります。 エラを服用した後、健康状態や妊娠状態について何かしらの疑いがある場合は、かかりつけの医師による身体検査または骨盤検査をおすすめします。 ・繰り返し使用はしないでください エラは望まない妊娠を避けるために使用する緊急避妊薬です。 定期的な避妊の代用として使用してはいけません。 同一サイクル内での繰り返しの使用方法として、安全性および有効性が評価されていないため、同じ月経周期内でのエラの反復使用はしないでください。 ・CYP3A4誘導物質との併用は避けてください CYP3A4誘導物質であるリファンピンは、エラの血漿濃度を有意に低下させる働きがあります。 エラを服用する場合には、CYP3A4誘導物質と同時服用してはいけません。 ・使用後は受精能が急速に回復する可能性が高まります エラ使用後、受精能が急速に回復する可能性があるため、同じ月経周期で性交渉を行なう場合は、信頼度の高い避妊法を活用することをおすすめします。 ・月経周期への影響があります エラを摂取した後、月経が早くなったり遅くなったりする可能性があります(生理不順)。 ・性感染症に適応はありません。 エラを服用しても、HIV感染やその他の性感染症の治療効果はありません。 併用注意 ・CYP3A4を誘発する薬剤、薬草(ハーブ)またはそれらを含む食品は、エラの血漿濃度を低下させ、その有効性を低下させる可能性があります。 バルビツール酸塩、ボセンタン、カルバマゼピン、フレバメート、グリセオフルヴィン、オキシカルバゼピン、フェニトイン、リファンピン、セントジョンズワート、トピラメートなど これらの成分を含む医薬品および食品は、エラとの併用を避けてください。 ・プロゲスチン含む避妊薬は、排卵を遅延させるエラの能力を損なう可能性があります。 エラとそれらの成分を含む避妊薬の同時服用はしないでください。 またエラの摂取後、それらの成分が含まれた避妊薬を開始または再開したい場合は、5日以上日数を空けて行ない、次の月経まで信頼できる避妊法を併用してください。 ・イトラコナゾールまたはケトコナゾールのようなCYP3A4阻害剤は、エラの血漿濃度を増加させる可能性がありますので、併用しないでください。 参考文献 エラ(ウリプリスタール酢酸エステル)の併用注意について詳しくはこちら 保管方法と取り扱い上の注意 エラの保管方法 ・外箱に入れて、直射日光をさけて保管してください。 冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。 ・子供の手の届かないところに保管してください。 誤って服用する可能性は避けましょう。 エラの取り扱い上の注意 ・外箱を開封後、可能な限りすみやかに使用してください。 ・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください 効果が発現しない場合や、身体に影響を及ぼす恐れがあります。 商品情報 エラの商品分類 医療用医薬品:ジェネリック医薬品 ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。 ジェネリック医薬品について詳しくはこちら エラの形状・剤形 経口服用タイプの錠剤 エラの対象性別 緊急避妊を望む成人女性 参考文献 このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。 お薬通販部では正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。 医薬品情報サイト アメリカの国立バイオテクノロジー情報センターによる成分情報サイトです。 成分の概要から作用機序、構造式、分類など、より専門的な情報を閲覧できます。 作成日と変更日が記載されていて、新しい情報を常に確認できます。 病気や症状についての情報や日常生活における習慣など、健康に関するニュースが載っているサイトです。 医薬品の有効成分だけではなく、健康食品の検索も可能です。 また、BMI電卓やフィットネスカロリー・フードカロリーカウンター、排卵計算機などのツールも充実しています。 ウィキメディア財団が管理・運営しているインターネット百科事典(海外版)です。 詳細かつ、網羅的な情報を掲載しており、他の辞書サイトでは容易に確認できないような事柄についての記事を確認することが可能です。 製薬会社サイト アブディ・イブラヒムはトルコ最大手の医薬品メーカーです。 GMPに則った生産設備を有しており、高品質な製品を生産しています。 アフターピル「エラワン」のジェネリック医薬品「エラワンジェネリック」は、世界中で支持されている商品です。 行政機関サイト 生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。 医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。 梱包状態 差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。 発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。 不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。 外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。 梱包状態について詳しくはこちら 医薬品等の通販・個人輸入について 医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。 個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。 ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。 医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら• 参考文献 医薬品の個人輸入について詳しくはこちら.

次の